コスト削減 電気代

【福岡県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

【福岡県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

電力自由化以降、多くの世帯で電気代の節約が可能となりました。福岡県でも、電力自由化の恩恵を受けたいと考える人は多いはずです。

しかし新電力会社は、大手電力会社と比較して料金設定が安い場合が多いものの、会社ごとに料金プランが異なるため、比較が難しく迷ってしまうことが多いのが難点です。

また、単純な電気代の比較に加えて、キャンペーンや違約金なども含めて比較するとなると、ますます混乱してしまうことと思います。

そこで本稿では、福岡県での新電力会社選びをお助けするべく、複数社の電気料金を詳細に比較しながら、おすすめランキングTOP3を紹介していきます。

【福岡県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

【福岡県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

お得な新電力会社を選ぶ際には、福岡県の平均電気代を世帯人数別に確認しておくことが欠かせません。

現在、自分の電気代が平均より高い人は、新電力会社に乗り換えることで節約できる余地は大きいといえます。

また、平均より安い場合にも、新電力への乗り換えでさらなる節約が可能です。

節電だけで節約できる金額にはどうしても限界があるものですが、新電力への乗り換えによって基本料金や電力量料金を抑えることで電気代を下げることができます。

福岡県の世帯人数ごとの平均電気代は、以下の通りです。

一人暮らし 約3,700円
二人暮らし 約6,300円
三人暮らし 約7,300円
四人暮らし 約7,700円
五人暮らし 約8,500円
六人暮らし 約10,500円

電力会社の選び方|お得に新電力に切り替えるコツ

電力会社を選ぶ時、どこに重点を置くのかは非常に重要です。主に以下の7点を意識すれば問題ないでしょう。

・電気料金が安い
・電気の供給エリアをチェック
・支払い方法をチェック
・ポイント付与がある
・キャンペーンや特典をチェック
・セット割プランでよりお得に
・解約金の有無をチェック

詳しくはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!
電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!

電力会社の数は無数にあります。そのため、電力会社を切り替えたいと思っても、どれが良いのかさっぱりわからないですよね。 そこで今回は、自分に合った電力会社の選び方を知るために、「電気料金プランの種類には ...

続きを見る

【福岡県】新電力会社ランキングTOP3|九州電力との電気料金比較

【福岡県】新電力会社ランキングTOP3|九州電力との電気料金比較

福岡県エリアの大手電力会社と比較した場合、料金的なメリットが特に大きい新電力会社を検証したところ、以下の3社であることがわかりました。

・あしたでんき
・リミックスでんき
・HTBエナジー

世帯人数ごとの福岡県の平均電気代から電気使用量を逆算し、電気使用量に応じた九州電力と上記3社の電気料金を比較すると、以下のようになります。

料金別おすすめの新電力会社

契約容量 電気代/月 最安値の新電力会社
30A ~3,700円 HTBエナジー
3,700円~ HTBエナジー
40A ~6,300円 HTBエナジー
6,300円~ HTBエナジー
50A ~7,300円 あしたでんき
7,300円~ HTBエナジー
60A ~10,500円 あしたでんき
10,500円~ HTBエナジー

九州電力との比較表

使用量 九州電力 HTBエナジー あしたでんき リミックスでんき
160Kwh(30A) 3,789円 3,674円 3,680円 3,728円
270Kwh(40A) 6,292円 6,203円 6,210円 6,291円
300Kwh(50A) 7,191円 6,914円 6,900円 6,990円
420Kwh(60A) 10,615円 9,530円 9,660円 9,786円

この表から、3社の料金が九州電力に比べて安くなっていることが分かります。

後述の通り、自分にとって最適な新電力会社を選ぶには複数の要素から比較する必要がありますが、まずは自分の世帯人数を当てはめてみて、最も安くなる新電力会社に目星をつけておくのがポイントです。

各社ごとの特徴は考慮せず、単純に電気料金だけで比較した場合には、世帯人数別の最適な新電力会社は以下のようになると考えられます。

おすすめランキング1位. HTBエナジー

HTBエナジー(HISでんき)の解約方法&注意点を解説します。

福岡県で最もおすすめの新電力会社は、HTBエナジーです。

九州電力の「従量電灯B」プランと、HTBエナジーの料金を比較してみましょう。

九州電力 ウルトラ30A ウルトラ40A ウルトラ50,60A
基本料金:30A 891円 837.54円 - -
基本料金:40A 1,188円 - 1,092.96円 -
基本料金:50A 1,485円 - - 742.5円
基本料金:60A 1,782円 - - 891円
従量:~120kwh 17.46円 16.41円 16.06円 20.57円
従量:120~299kwh 20.06円 21.68円 21.22円
従量:300kwh~ 26.06円 24.5円 23.98円

HTBエナジーのメリット

・大手電力会社や他の新電力会社に比べて基本料金と電力量料金が安い
・電気代基本料金が3ヶ月間無料になるキャンペーンを実施している(HTBエナジーへの乗り換えと同時にブランディアへのブランド品買取を申し込むことが条件)

などです。

HTBエナジーの料金設定は他の新電力会社に比べて特殊です。

・20~40アンペア限定の「ウルトラシリーズ」
・50~60アンペア限定の「プライムシリーズ」

があり、プランごとに基本料金と電力量料金が細かく設定されています。

特に、50~60Aの基本料金・電力量料金が大幅に安いため、大家族などの電気使用量が多い世帯では大きなメリットが得られます。

HTBエナジーのデメリット

・1年未満の解約で違約金2,000円がかかる

引っ越しを伴わず1年未満で解約する場合、2,200円の違約金が発生することに注意してください。違約金があるため、短期間で解約する可能性がある人にはおすすめできません。

もちろん、短期間で解約する場合でも、電気使用量が多い世帯では違約金以上の節約メリットが得られるため、最終的にどちらがお得であるかをよく検討する必要があります。

申し込みはコチラ

おすすめランキング2位. あしたでんき

基本料金無料のあしたでんき

福岡県内でHTBエナジーに次いでおすすめしたい新電力会社は、あしたでんきです。

九州電力の「従量電灯B」プランと、あしたでんきの料金を比較してみましょう。

九州電力 あしたでんき
基本料金:10Aあたり 297円 0円
従量:~120kwh 17.46円 23円
従量:120~299Kwh 20.06円
従量:300Kwh~ 26.06円

あしたでんきのメリット

・電力量料金が一定であり、世帯人数の多い家庭では節約効果が大きくなる
amazonギフト券8,000円プレゼントキャンペーンを実施している
・違約金がかからない

ということです。50A・60Aで300kWh前後の場合、あしたでんきはHTBエナジーより安い料金で利用できます。

あしたでんきの標準プランは、基本料金0円・電力量料金一律23.00円となっています。このため、電気使用量が多くなればなるほど大きなメリットが得られます。

また、契約期間の縛りはなく、いつ解約しても違約金がかからないのはいいですよね。

あしたでんきのデメリット

・電気使用量が大きくなるにつれて、あしたでんきが最安値ではなくなる

基本料金が0円なのはメリットですが、契約容量が小さいと元々基本料金が安く設定されてますのでそこまでお得感はないです。

また、HTBエナジーと比較した際、料金単価が高く設定されているので、使用量が多いファミリー層の家庭であれば最安値ではなくなるのがデメリットですね。

申し込みはコチラ

おすすめランキング3位. リミックスでんき

リミックスでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

福岡県内で3番目におすすめしたい新電力会社は、リミックスでんきです。

九州電力の「従量電灯B」プランと、リミックスでんきの「使い得プラン」の料金を比較してみましょう。

九州電力 リミックスでんき
基本料金:10Aあたり 297円 0円
従量:~120kwh 17.46円 23.3円
従量:120~299Kwh 20.06円
従量:300Kwh~ 26.06円

リミックスでんきのメリット

・電力量料金が一定であるため、電気使用量が大きいほど安くなる
・解約の際に違約金が不要である
・運営会社が東証二部上場企業で安心感がある

リミックスでんきも、あしたでんきと同じく基本料金が0円、電力量料金が一定であることを売りにしています。これにより、電気使用量が多い世帯では大きなメリットが得られます。

リミックスでんきのデメリット

・キャンペーンがない
・HTBエナジー、あしたでんきと比較するとどの家庭でも最安値にならない

料金設定はあしたでんきやHTBエナジーに劣り、このデメリットをカバーできるキャンペーンなども実施していません。

特に、同棲や夫婦のみの二人暮らし世帯では、電気代が九州電力とほとんど変わりません。

したがって、特に安心感を求めておらず、料金の安さだけを追求している人にはおすすめできません。

申し込みはコチラ

【福岡県】電力会社を切り替える際の注意点

【福岡県】電力会社を切り替える際の注意点

福岡県で新電力会社に乗り換える際には、対象エリアに注意してください。

上記で挙げた3社は、全て福岡県に対応しています。しかし、会社によっては福岡県を供給対象外としていることもあるため、他の新電力会社も検討したい人は注意しておく必要があります。

また、プランごとの細かな設定や制限にも注意してください。

例えば、HTBエナジーではオール電化の世帯に通常プランが適用されず、より高い特別プランが設定されています。

選べるプランが制限される場合には、想定していた節約効果が得られないこともあるため、しっかり確認することが大切です。

まとめ|福岡県でもっとも安い新電力会社

本稿で比較した通り、福岡県で最も安い新電力会社は、あしたでんきHTBエナジーであることが分かりました。

アンペア数や使用量によって最も安い会社が変わってくるため、まずは自身の電気の使い方をチェックしてみてください。

また、キャンペーンの適用や違約金の設定など、メリット・デメリットを総合的に比較することで、より大きな節約効果が得られます。

ぜひ、最適な新電力会社に乗り換えて、電気代の節約につなげてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.