コスト削減 電気代

北海道の新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社は?

【北海道】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?
北海道でおすすめの電力会社はどこ?
北電から切り替えたらどのくらい安くなるの?
一人暮らしでも電気代って安くなるのかな?

北海道は全国平均と比較しても電気代が高い傾向にあります。

本記事では、北海道のおすすめの新電力をランキング形式に紹介するのはもちろん、平均的な電気代や切り替える際の注意点も紹介します。

通常、一人暮らしや二人暮らし、ファミリー層など電気の使い方や契約容量などでおすすめの電力会社は異なりますが、北海道ではどうなのか?どのくらい安くなるのか?もしっかり解説していきます。

【北海道】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

【北海道】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

まずは自身の毎月の電気代が、平均と比べて安いのか高いのかをチェックしてみましょう。

一人暮らし 約5,700円
二人暮らし 約9,700円
三人暮らし 約11,100円
四人暮らし 約11,700円
五人暮らし 約12,900円
六人暮らし 約16,000円

電力会社の選び方|お得に新電力に切り替えるコツ

以下の5点を意識して電力会社を選ぶことをおすすめします。

・電気料金が安い
・基本料金が無料
・支払い方法をチェック
・キャンペーンや特典をチェック
・解約金の有無をチェック

北海道電力から乗り換える際、とにかく安い新電力に切り替えたいですよね。

最近では電気とガスのセット割プランがでたりなど魅力的なプランもありますが、セット割が必ずしも安くなるとは限りません

事前にシミュレーションをしてしっかりと電気代を節約できる会社を選びましょう。

【北海道】新電力会社ランキングTOP3|北海道電力との電気料金比較

【北海道】新電力会社ランキングTOP3|北海道電力との電気料金比較

北海道は、北陸や東北地方に続いて平均電気代が高く、北海道電力の基本料金や従量料金も東京電力などと比較して高いです。

そのため、基本料金が無料で従量料金が安い電力会社を選択するのがポイントです。

料金別おすすめの新電力会社

契約容量 電気代/月 最安値の新電力会社
30A ~5,700円 ジャパン電力
5,700円~ ジャパン電力
40A ~9,700円 ジャパン電力
9,700円~ ジャパン電力
50A ~11,100円 ジャパン電力
11,100円~ ジャパン電力
60A ~11,700円 ジャパン電力
11,700円~ ジャパン電力

北海道電力との比較

使用量/アンペア 北海道電力 ジャパン電力 Looopでんき 親指でんき
179Kwh/30A 5,700円 5,191円 5,280円 5,280円
307Kwh/40A 9,654円 8,874円 9,056円 9,056円
329Kwh/50A 11,116円 9,501円 9,705円 9,705円
338Kwh/60A 11,761円 9,758円 9,971円 9,971円

おすすめランキング1位. ジャパン電力(japan電力)

基本料金/従量料金 北海道電力 ジャパン電力
基本料金:10Aあたり 341円 0円
従量:~119Kwh 23.97円 29円
従量:120~249Kwh 30.26円
従量:250~279Kwh 28.5円
従量:280~399Kwh 33.98円
従量:400Kwh~ 27.5円
メリット デメリット
・基本料金が無料
・解約金/違約金が無料
・使用量が多いほどお得
・Looopでんきや楽天でんきよりも安い
・初期費用無料で太陽光発電の設置可能
・ポイント特典がない
・Looopでんきなどと比べて知名度がない

ジャパン電力の特徴はなんと言っても使えば使うほど電気代がお得になるというところです。

特に電気使用量が400kwh以上であればLooopでんきや親指でんきと比べて単価が2円も安くなります。

また、基本料金も無料なので一人暮らしの方はもちろん、電気をたくさん使うファミリー層の家庭でも非常のおすすめです。

ただ、まだまだ知名度がないので知っている会社がいいという方はLooopでんきの方がいいかもしれませんね。

ジャパン電力 公式HP

おすすめランキング2位. Looopでんき

新電力でおすすめのループでんき

基本料金/従量料金 北海道電力 Looopでんき
基本料金:10Aあたり 341円 0円
従量:~119Kwh 23.97円 29.5円
従量:120~279Kwh 30.26円
従量:280Kwh~ 33.98円
メリット デメリット
・基本料金が無料
・解約金/違約金が無料
・アプリで電気代の管理ができる
・自然エネルギーで地球にやさしい
・オール電化プランがある
・支払い方法がクレジットカードのみ

Looopでんきは基本料金無料で従量料金の単価が一律なのが特徴です。

北海道電力は基本料金が高いので、例えば40Aの家庭が切り替えるだけで、年間の基本料金を約16,000円節約することができます。

また、オール電化プランもあるのも魅力的ですよね。

都市ガスのセットプランは東京ガスエリアのみになるので注意してください。

Looopでんき 公式HP

おすすめランキング3位. 親指でんき

基本料金/従量料金 北海道電力 親指でんき
基本料金:10Aあたり 341円 0円
従量:~119Kwh 23.97円 29.5円
従量:120~279Kwh 30.26円
従量:280Kwh~ 33.98円
メリット デメリット
・基本料金が無料
・解約金/違約金が無料
・料金プランが豊富
・ポイント特典がない
・解約金がかかるケースもある

親指でんきは、ランキング2位のLooopでんきと料金単価は全く同じです。

また、料金プランも豊富でオール電化住宅にも対応しているのも魅力的ですよね。

ただ、親指でんきはWEB以外の方法で申し込みをすると2年間の契約の縛りが発生してしまいます。

契約期間中に解約すると解約金が3,500円かかってしまうのはデメリットですね。

親指でんき 公式HP

【北海道】電力会社を切り替える方法や手順

新電力に切り替えるのは特に面倒なことはなく、まずは以下を準備しましょう。

・契約者情報(住所や氏名、電話番号)
・お客様番号
・供給地点番号
・クレジットカード情報
・もしくは口座情報

現在契約している電力会社への解約手続きや連絡は不要で、新しく乗り換える電力会社が代行してくれます。

なので面倒な手続き等はなく、安い新電力に公式HPから申し込むだけになります。

ぴったりの新電力会社に切り替えて電気代を安くしましょう!

北海道電力エリアは基本料金や従量料金の単価が他の地域と比較して高いです。

なので、今回紹介した基本料金が無料の新電力に切り替えることで、一人暮らしからファミリー層まで簡単に節約することができます。

特にジャパン電力(japan電力)は他の新電力と比べても料金単価が安いのでおすすめです。

また、オール電化住宅にお住まいの方もLooopでんき親指でんきへ申し込みすることが可能です。

さらに、プロパンガス(LPガス)も安くしたい方はこちらから簡単にシミュレーション、相見積もりができるのでぜひ試してください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.