京都の電力会社おすすめランキングTOP10|関電と比較して電気代が安いのはどこ?

京都のおすすめの電力会社

京都のおすすめ電力会社ランキングTOP10を紹介します。京都で選べる電力会社は多くありますが、自分に合った最適な電力会社の選び方を知っておくことで、よりお得な乗り換えが可能です。本記事では世帯別のおすすめ電力会社やプランごとのおすすめ電力会社、そしておすすめの電力会社を選ぶポイントなども解説します。

おすすめの電力会社を知り、乗り換え時のポイントをしっかり押さえて、電気代をお得にしましょう。

目次

【最新】京都の平均的な電気代はいくら?

近畿地方、京都の平均電気代

2022〜2023年にかけての京都府や近畿地方、全国の最新の平均的な電気代が以下になります。自身の電気代と比較して安いのか、高いのか参考にしてください。

【世帯別】近畿・京都府・全国の平均的な電気代

エリア:世帯人数平均電気代
近畿
一人暮らし
¥6,254
近畿
二人暮らし以上
¥12,784
京都市
二人暮らし以上
¥13,868
出典:総務省統計局/家計調査/家計収支編(2022)

京都府は、近畿地方と比べて平均電気代が高い傾向にあります。一人暮らしは全国の平均よりも安くなっています。

【季節別】近畿・全国の平均的な電気代

季節近畿地方平均電気代
春:2023年4~6月¥8,508
夏:2023年7~9月¥7,641
秋:2022年10~12月¥9,943
冬:2023年1~3月¥13,815
出典:総務省統計局/家計調査/家計収支編(2022)

近畿地方に限らず、秋〜冬の寒くなる時期には電気代が高くなる傾向があります。室内・室外の気温差が大きく、主にエアコンの電気代がかかってしまい高くなりますので、高いなと感じたら早めに電力会社を乗り換えるようにしましょう。

京都の電力会社おすすめランキングTOP10

京都のおすすめの電力会社

京都の電力会社おすすめランキングTOP10を紹介します。

クリックすると詳細までスクロールできます

おすすめ電力会社おすすめポイント
オクトパスエナジー京都府内で電気代の安さが上位。環境にやさしい電気を使用。
JAPAN電力電力市場が安いと、二人暮らし以上の世帯では京都府内で最安。
Pontaでんき電気の使用量に関係なく毎月150ポイントのPontaポイント付与。
Looopでんき電力需要が少ない時間帯の電気を使用して、効率的な節約が可能。
大阪ガスセット割がお得でプランが豊富。大手ならではの安心感。
TERASELでんき最大6,000円相当が還元されるキャンペーンあり。
ENEOSでんきガソリン・灯油・軽油代が1リットル1円割引き。長期割引あり。
idemitsuでんき自動車所有者向けの割引サービスあり。オール電化プランあり。
HTBエナジー主婦向けのママトクプランなど、プランが充実。オール電化プランあり。
コスモでんき電気使用量に応じてdポイントが貯まるプランあり。

各電力会社のプランの内容やおすすめポイントなどについて解説するので、自分に合った電力会社選びの参考にしましょう。

京都のおすすめ電力1. オクトパスエナジー

京都のおすすめの電力会社にオクトパスエナジー
使用量オクトパスエナジー
120kwh¥2,494
150kwh¥3,208
250kwh¥5,589
400kwh¥9,441
おすすめポイント

京都府内で電気代の安さが上位。環境にやさしい電気を使用。

オクトパスエナジーは、市場連動型の電力会社を除くと京都府内で電気代の安さが上位に入ります。

オクトパスエナジーのプランでは、実質再生可能エネルギー100%の「グリーンオクトパス」が一般家庭向けにおすすめ。そのほか、太陽光パネルを設置している家庭で夜間料金が割安になる「ソーラーオクトパス」や、EVオーナー向けの「EVプラン」などもあります。

オクトパスエナジーは、イギリスのオクトパス社と東京ガスが共同出資して設立したTGオクトパスエナジーが運営する電力サービスです。オクトパス社は、世界で720万近くの世帯に電力供給をおこなっている実績ある電力会社であり、外資系だからといって国内の電力会社より不便といったこともないので、安心して利用できます。

京都のおすすめ電力2. JAPAN電力

京都のおすすめの電力会社にJAPAN電力
使用量JAPAN電力
120kwh¥2,458
150kwh¥3,160
250kwh¥5,501
400kwh¥9,013
おすすめポイント

電力市場が安いと、二人暮らし以上の世帯では京都府内で最安。

JAPAN電力は2023年12月時点での市場価格であれば、二人暮らし以上の世帯では京都でもっとも電気代が安い電力会社です。ただし市場連動型の料金プランなので、電力市場の影響を受けて電気代が上下し、値上がりするリスクもあります。

また、解約・違約金があり、1年未満に解約をすると3,300円の違約金が発生します。そのため電気代の安さで乗り換えたものの電力市場の高騰ですぐに別の電力会社に乗り換えることになった場合、かえって損をする可能性もあるのがデメリット。

JAPAN電力のような市場連動型の電力会社を選ぶ場合、電力市場をよくチェックしたうえで適切なタイミングで乗り換えをしましょう。

京都のおすすめ電力3. Pontaでんき

京都のおすすめの電力会社にPontaでんき
使用量Pontaでんき
120kwh¥2,565
150kwh¥3,336
250kwh¥5,906
400kwh¥10,060
おすすめポイント

電気の使用量に関係なく毎月150ポイントのPontaポイント付与。

Pontaでんきは電気代の支払いを通してPontaポイントを貯められる、Pontaポイントユーザー向けの電力サービスです。Pontaポイントの還元分を電気代から差し引いて計算すると、京都府内でも安さで上位に入ります。

Pontaでんきの特徴は、電気の使用量に関係なく毎月150ポイントのPontaポイントが貯まるという点です。電気代の金額に応じてポイントが付与される電力会社が多いところ、Pontaでんきでは電気代が安い家庭でも一律で150ポイント貯まるため、電気使用量が少ない家庭には大きなメリットがあります。

新規申し込みで2,000ポイントが付与されるため、契約から最初の12ヶ月間は合計3,800ポイント貯まります。

京都のおすすめ電力4. Looopでんき

京都のおすすめの電力会社にLooopでんき
おすすめポイント

電力需要が少ない時間帯の電気を使用して、効率的な節約が可能。

Looopでんきは市場連動型の電力サービスであり、京都府内では市場連動型を採用している電力会社のなかでJAPAN電力の次に電気代が安くなります。ただしJAPAN電力と同じく、電力市場の動向次第でオクトパスエナジーや大阪ガスなど固定価格の電力会社より料金が高くなる可能性があります。

Looopでんきではアプリを使って時間帯ごとの電力単価をグラフでチェックでき、電力需要が多く電気代が高い時間帯の電力使用を極力避ける「ピークシフト」を推奨しています。平日の朝・晩など一日の時間で電力需要が集中する時間を避け、効率よく安い時間帯の電気を使用することで、上手く電気代を下げられるでしょう。

京都のおすすめ電力5. 大阪ガス

京都のおすすめの電力会社に大阪ガス
使用量大阪ガス
120kwh¥2,510
150kwh¥3,257
250kwh¥5,747
400kwh¥9,775
おすすめポイント

セット割がお得でプランが豊富。大手ならではの安心感。

大阪ガスは電気とガスのセット割があり、セットで契約すると従量料金が安くなるため、電気だけで契約するよりも電気代を安くできます。京都では電気を関西電力と契約している家庭も多いので、電気だけ乗り換えれば手間なく簡単にセット契約が可能です。

大阪ガスの電気はプランが多いのも特徴。一般家庭向けの「ベースプラン」のほか契約期間中「ABEMAプレミアム」の年間利用料が実質無料になる「ウィズABEMAプラン」などがあります。

大阪ガスでは「スタイルプランP」の新規加入でAmazonギフトカードが1,000円分当たるキャンペーンや、「スタイルプランD」の新規契約でdポイント1,000ポイント分が付与されるキャンペーンを実施しています。

京都のおすすめ電力6. TERASELでんき

京都のおすすめの電力会社にTERASELでんき
使用量TERASELでんき
120kwh¥2,566
150kwh¥3,301
250kwh¥5,752
400kwh¥9,368
おすすめポイント

最大6,000円相当が還元されるキャンペーンあり。

TERASELでんきには2つのプランがあり、電気使用量が多い家庭向けの「超TERASELでんきプラン」、電気使用量が少ない家庭向けの「TERASELでんきプラン」のなかから選ぶことができます。四人世帯以上の家庭では固定価格型の電力会社のなかでもっとも安いため、ファミリー層にはおすすめの電力会社といえるでしょう。

電気代200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるため、楽天ポイントをお得に貯めたい人にもおすすめです。

2024年2月29日までの申し込みキャンペーンをおこなっており、期間中の契約で最大6,000円相当が還元されるので、新規契約のキャンペーンを重視する人にもおすすめです。

・楽天ポイントやアマゾンギフト券など、7種類のなかから1つ選べるポイント4,000ポイント相当
・抽選で10名に一人、楽天ポイント2,000ポイントがもらえる

京都のおすすめ電力7. ENEOSでんき

京都のおすすめの電力会社にENEOSでんき
使用量ENEOSでんき
120kwh¥2,512
150kwh¥3,232
250kwh¥5,632
400kwh¥9,513
おすすめポイント

ガソリン・灯油・軽油代が1リットル1円割引き。長期割引あり。

ENEOSでんきは、サービスステーションで有名なENEOSが運営している電力サービスです。電気使用量の多いファミリー世帯では電気代の安さで上位に入るほか、Eガソリン関係の特典があるのが特徴。

ENEOSでんきの契約者がENEOSカードで電気代を支払うと、ガソリン・灯油・軽油代が1リットル1円割引きされます。さらにENEOSカードCBを利用して電気代を支払うと、毎月の電気料金が100円割引きされます。

またENEOSでんきには長期契約者向けの「にねんとくとく割」があります。ENEOSでんきと2年以上契約すると電気使用料1kWhあたり0.2円割引きされ、3年目以降は1kWhあたり0.3円割引きされるので、長期で契約するほど電気代が安くなります。

京都のおすすめ電力8. idemitsuでんき

京都のおすすめの電力会社にidemitsuでんき
使用量idemitsuでんき
120kwh¥2,566
150kwh¥3,296
250kwh¥5,730
400kwh¥9,616
おすすめポイント

自動車所有者向けの割引サービスあり。オール電化プランあり。

idemitsuでんきは石油元売大手である出光興産の電力事業です。電気使用量の多い家庭では電気代の安さで上位に入ります。

一般家庭向けの「暮らしのSプラン」ではガソリンコースとEVコースを選ぶことができ、ガソリンコースはガソリン代が1リットルあたり2円割引きされ、EVコースは電気代が200円割引きされます。このような自動車所有者に向けた割引サービスがあるのが、idemitsuでんきの特徴です。

また、オール電化プランもあるので、オール電化住宅に住んでいる方でも利用可能です。環境に配慮した実質再生可能エネルギー100%の電気を使用しているため、環境にやさしい電気を使いたい人にもおすすめ。

京都のおすすめ電力9. HTBエナジー

京都のおすすめの電力会社にHTBエナジー
使用量HTBエナジー
120kwh¥3,092
150kwh¥3,881
250kwh¥6,511
400kwh¥10,456
おすすめポイント

主婦向けのママトクプランなど、プランが充実。オール電化プランあり。

HTBエナジーは2022年10月より「電源調達調整費」を電気代に含めたプランになり、電力市場と連動して電気代が上下する料金システムをとっています。そのため電力市場が安いときに契約すれば、よりお得に電気代を安くできます。

また、HTBエナジーは他の電力会社にはない独自のプランなど豊富なプランが選べるのが特徴です。例えば「ママトクプラン」は一日のうち2時間は電気代が無料になるプランであり、家事などで毎日一定の時間に電気を多く使用する家庭に向いているサービスです。

ほかにもオール電化住宅向けの「ぜんぶでんき」や、実質再生可能エネルギー100%の電気料金プラン「LOVE地球」などもあります。

京都のおすすめ電力10. コスモでんき

京都のおすすめの電力会社にコスモでんき
使用量コスモでんき
120kwh¥2,566
150kwh¥3,337
250kwh¥5,908
400kwh¥10,064
おすすめポイント

電気使用量に応じてdポイントが貯まるプランあり。

コスモでんきは石油元売大手のコスモ石油グループの電力サービスです。一般家庭向けの「スタンダード」、dポイントが貯まる「ポイントプラス」、動画サービスなどとセットでお得に契約できる「セレクト」、エコな電気を使える「グリーン」の4つから好きなプランを選べます。

ポイントプラスでは電気料金5,500円未満で1%、5,500円~8,800円で3%、8,800円以上で5%のdポイントが還元されます。

「セレクト」はドコモの動画配信サービス「Leminoプレミアム」や雑誌閲覧サービス「dマガジン」などをお得に契約できるプランです。

【世帯別】京都のおすすめ新電力会社

京都で世帯別におすすめの電力会社

電気代は、使用量や料金プランの内容によって異なります。また、世帯人数によっておすすめの電力会社も変わります。ここでは京都府のおすすめ電力会社を世帯別に紹介するので、自分に合った電気がどこなのかをチェックしましょう。

おすすめ電力一人暮らし|単身世帯におすすめの電力会社

京都で一人暮らしにおすすめの電力会社
おすすめ電力年間削減額の目安申し込む
Pontaでんき※2-¥1,813公式HP
オクトパスエナジー-¥1,547公式HP
JAPAN電力※1-¥1,295公式HP
大阪ガス-¥672公式HP
Looopでんき※1-¥622公式HP

※関西電力従量電灯Aと比較した際の差額。
※使用量120kwhで電気代を算出しています。
※燃料調整費(2023/12時点の単価)を含んでおります。
※再エネ賦課金は含んでおりません。
※1:市場連動型プランを採用している電力会社です。
※2:毎月150Pontaポイントが貯まるため反映しています。

Pontaでんきは電気使用量が少なくても毎月150ポイント貯まるため、一人暮らしではもっともお得です。さらに2,000ポイントもらえるキャンペーンも実施しているためおすすめ。

おすすめ電力二人暮らし|同棲や夫婦におすすめの電力会社

京都で二人暮らしにおすすめの電力会社
おすすめ電力年間削減額の目安申し込む
JAPAN電力※1-¥2,123公式HP
Pontaでんき※2-¥1,816公式HP
Looopでんき※1-¥1,618公式HP
オクトパスエナジー-¥1,547公式HP
大阪ガス-¥964公式HP

※関西電力従量電灯Aと比較した際の差額。
※使用量150kwhで電気代を算出しています。
※燃料調整費(2023/12時点の単価)を含んでおります。
※再エネ賦課金は含んでおりません。
※1:市場連動型プランを採用している電力会社です。
※2:毎月150Pontaポイントが貯まるため反映しています。

京都で二人暮らしの方は、市場連動型プランのJAPAN電力がおすすめ。固定価格プランならPontaでんきが最安です。

京都の三人以上|子供がいる家族やシェアハウスにおすすめの電力会社

京都で三人以上〜におすすめの電力会社
おすすめ電力年間削減額の目安申し込む
JAPAN電力※1-¥4,883公式HP
Looopでんき※1-¥4,218公式HP
オクトパスエナジー-¥3,827公式HP
ENEOSでんき-¥3,316公式HP
idemitsuでんき-¥2,137公式HP

※関西電力従量電灯Aと比較した際の差額。
※使用量250kwhで電気代を算出しています。
※燃料調整費(2023/12時点の単価)を含んでおります。
※再エネ賦課金は含んでおりません。
※1:市場連動型プランを採用している電力会社です。

京都で三人暮らし以上の方は、市場連動型ならJAPAN電力、固定価格プランならオクトパスエナジーが最安です。

京都の四人以上|大家族にもおすすめの電力会社

京都で四人以上〜におすすめの電力会社
おすすめ電力年間削減額の目安申し込む
JAPAN電力※1-¥12,611公式HP
TERASELでんき-¥8,352公式HP
Looopでんき※1-¥8,000公式HP
オクトパスエナジー-¥7,475公式HP
ENEOSでんき-¥6,610公式HP

※関西電力従量電灯Aと比較した際の差額。
※使用量400kwhで電気代を算出しています。
※燃料調整費(2023/12時点の単価)を含んでおります。
※再エネ賦課金は含んでおりません。
※1:市場連動型プランを採用している電力会社です。

他の世帯と同じくJAPAN電力が最安です。固定価格プランでは電気使用量が多い家庭ほどお得なTERASELでんきが最安。日頃から車を運転する方はENEOSでんきもおすすめです。

【セット割】京都のおすすめ会社

京都で電気・都市ガスセットのおすすめの電力会社
世帯人数/使用量関西電力大阪ガス
一人暮らし
電気:120kwh・ガス:5m3
¥4,067¥4,143
二人暮らし
電気:150kwh・ガス:10m3
¥5,617¥5,764
三人暮らし
電気:250kwh・ガス:20m3
¥9,724¥10,002
四人暮らし以上
電気:400kwh・ガス:30m3
¥15,134¥15,475
※関西電力のセット割引:電気代2%割引を適応済み

京都府でセット割がお得なのは、関西電力と大阪ガスです。電気とガスをセットで契約すると、関西電力は電気代が2%割引きされ、大阪ガスはガスのみのプランより電気の従量料金が安くなります。

それぞれ関西エリアの大手なので、電気とガスどちらかを乗り換えるだけでセットになる家庭も多いでしょう。セット割がある電力会社・ガス会社を選びたい場合、関西電力か大阪ガスを選ぶのがおすすめです。

また、それぞれ独自のキャンペーンをいくつか打ち出しているので、ぜひチェックしてみてください。

【オール電化】京都のおすすめ電力会社

京都でオール電化プランがおすすめの電力会社
基本/従量料金関西電力HTBエナジーコスモでんき
基本料金最初の10kWまで(1契約)¥2,409.40¥2,068¥2,409.40
10kWをこえる1kWにつき¥416.94¥396¥416.94
従量料金デイタイム(昼間時間)夏季¥28.87¥27.22¥28.87
その他季¥26.24¥24.75¥26.24
リビングタイム(生活時間)¥22.80¥21.52¥22.80
ナイトタイム(夜間時間)¥15.37¥14.29¥15.37

京都でおすすめのオール電化プランは上記2社です。HTBエナジーは関西電力よりも料金単価が安くお得に利用できます。注意点としては、電力市場によっては価格が変わるので動向を確認しておきましょう。

コスモでんきは、関西電力と同じ料金単価ですが、4つのお得なオール電化プランを用意しています。3%の割引やdポイントが貯まるプラン、1%割引の環境にやさしいプランなどがあります。目的に合わせて選択できるのがおすすめです。

京都では電気とガスを別々にするのがお得!?

京都でおすすめの都市ガス・プロパンガス会社

電気とガスをセットにすると割引きがある場合もありますが、光熱費をもっとも効率的に下げられるのは、電気とガスをそれぞれ最安の会社に乗り換えることです。おすすめのガス会社を都市ガスとプロパンガスにわけて紹介するので、電気と合わせてガスの乗り換えも検討しましょう。

京都でおすすめの都市ガス

京都でおすすめの都市ガス会社
使用量大阪ガス関西電力エルピオ都市ガス
5m3¥1,633¥1,552¥1,549
10m3¥2,507¥2,346¥2,379
20m3¥4,255¥3,934¥4,038
30m3¥5,700¥5,272¥5,409

京都でおすすめの都市ガス会社は「関西電力」「エルピオ都市ガス」です。関西電力はセットプランもあり、電気とガスをまとめたい方におすすめ。エルピオ都市ガスも電気とまとめることはできますが、電気代はそこまでお得ではないです。そのため都市ガス会社だけお得な会社に乗り換えたいという人におすすめと言えるでしょう。

また、エルピオ都市ガスは現在キャンペーン実施中で、お得に乗り換えできますので、ぜひ検討してみてください。京都での都市ガス対象エリアは以下になりますので、事前にチェックしましょう。

八幡市、向日市、乙訓郡、久世郡、京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、綴喜郡、京田辺市、木津川市、相楽郡

京都でおすすめのプロパンガス

京都でおすすめのプロパンガス会社

京都のプロパンガス料金は1m3あたり約580円が平均ですが、大阪ガスのA料金が1mあたり約174円であるのと比較すると400円以上の差があります。このようにプロパンガスは基本的に都市ガスよりも高額な場合が多いため、プロパンガスのエリアに住んでいる人は少しでも安いプロパンガス会社を選ぶことが重要です。

ただし、プロパンガス会社は料金を公表していない場合も多く、自分で比較して選ぶことが難しいので、乗り換えには比較サイトの利用がおすすめです。比較サイトなら住んでいる地域や電気使用量を入力するだけで、優良なプロパンガス会社を紹介してもらえるため、乗り換えによってガス代を下げることができます。

比較サイトに関しての詳細はこちら▽

京都電力は安い?料金プランや特徴を紹介

京都電力は安いのか料金プランをチェック
最低料金/使用量関西電力京都電力
最低料金¥433.41¥482.33
従量:15~120kwh¥20.31¥24.27
従量:121~300kwh¥25.71¥24.27
従量:301kwh~¥28.70¥24.27

京都電力は株式会社京都電力が運営する新電力事業で、京都だけでなく全国で電力供給をおこなっています。京都電力の一般家庭向けプランは「京電プラン S」で、料金プランは基本料金482.33円、従量料金は使用量に関わらず24.27円です。

基本料金は関西電力より高いものの、従量料金が一定であるため電気使用量が多い家庭ほどお得な料金プランになっています。そのため京都電力は、比較的電気使用量の多いファミリー世帯などにおすすめの電力会社といえるでしょう。

オール電化プランがなく、ポイントなどの特典も特にないので、他社と比較して電気代が安くなることを確認してから乗り換えをするのがおすすめです。

京都でお得な電力会社を選ぶ際のポイント

京都でお得な電力会社を選ぶ際のポイント

京都でお得な電力会社を選ぶポイントを解説します。こちらのポイントを押さえれば、さきほど紹介したおすすめの電力会社のなかから自分に合った最適なプランを選べます。

自分の電気代がどれくらいか確認する

電気代がどれくらいかかっているかで最適な電力会社は異なるので、電力会社を乗り換える前に自分の電気代がどれくらいかを確認しましょう。例えば現在の電気代が高すぎると感じる場合、乗り換えの際にはできるだけ電気代が安い電力会社を選ぶ必要があります。

また世帯人数の割には電気代が高いという場合、最適なプランを選択できていない可能性があるので、プランを見直してみるのもよいでしょう。

電気代は電力会社のマイページや検針票で簡単に確認できるので、まずは現在いくらくらいの電気代がかかっているのか把握しておくことが重要です。

解約・違約金を確認する

電力会社によっては解約・違約金がかかる場合があるので、契約前に解約・違約金の有無を確認しておきましょう。解約・違約金がある電力会社は契約期間に一定の縛りがあり、更新期間外に解約すると違約金が発生します。契約期間や違約金の金額は電力会社ごとに異なるので、契約期間が長く違約金が高額の場合には特に注意しましょう。

解約・違約金があると電力会社を気軽に乗り換えることができないので、試しに電力会社を変更してみたいという場合には解約・違約金がかからない電力会社がおすすめです。

電力会社のプラン形態を確認する

電力会社にはさまざまなプランがあるので、自分が契約するプランの内容をしっかり理解してから契約しましょう。電力会社の料金システムには、大きくわけて固定価格プランと市場連動型プランがあります。市場連動型プランは電力市場によって電気代が左右され、契約期間中に電気代が安くなったり高くなったりします。

電力市場が安いときに効率よく電気代を抑えたい人には市場連動型がおすすめですが、できるだけ電気代が変動するリスクを減らしたい人には固定価格プランがおすすめです。また固定価格プランのなかにも「燃料調達費」など独自の調整金が電気代に含まれている電力会社もあるので、料金の計算方法は契約前にチェックしましょう。

そのほか世帯人数別におすすめのプランやオール電化住宅向けのプランなどがあり、住んでいる住環境によって最適なプランを選ぶことも重要です。

【結論】京都でおすすめの電力会社|目的別に紹介

本記事で紹介したおすすめ電力会社を参考にして、自分に合った最適な電力会社を選びましょう。まずは現在自分がどれくらい電気代がかかっているのかをチェックし、正しいプランを選択することで、電気代を安くできます。

市場連動型プランの場合、電気代が電力市場に左右されるため、契約時に安かったとしてもあとから値上げする場合があります。安いときに契約すればメリットが大きいですが、電気代が変動するリスクを避けたい人には固定価格型の電力会社がおすすめです。

解約・違約金がかからない電力会社ならリスクなく乗り換えが可能なので、まずは気軽な乗り換えから始めてみましょう。

とにかく電気代を安くしたいJAPAN電力
オクトパスエナジー
Looopでんき
ポイントを効率よく貯めたいPontaでんき(Pontaポイント)
TERASELでんき(楽天ポイント)
コスモでんき(dポイント)
キャンペーン・特典重視で決めたいTERASELでんき
Pontaでんき
電気とガスをまとめたい大阪ガス
関西電力
ENEOSでんき
市場連動型プランではない会社にしたいオクトパスエナジー
TERASELでんき
大阪ガス
オール電化プランを申し込みたいコスモでんき
HTBエナジー

【関西地方】都道府県別のおすすめ電力会社

関西電力が対象地域のおすすめの電力会社ランキングを大公開!

関西地方の大阪、兵庫、滋賀、三重、和歌山、奈良のおすすめの電力会社についてはこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次