コスト削減 電気代

【三重県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

【三重県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

2016年の電力自由化によって、私たちは電力会社を自由に選ぶことができるようになりました。

三重県でも、中部電力だけでなく、多くの新電力会社から選ぶことができます。

ただ、各社、様々な特徴やサービスを提供していて、数が多くてわからないという方も多いと思います。

そこで、三重県にお住まいの方や、三重県にお引っ越しされる予定の方へ、各電力会社を比較して、三重県でおすすめ新電力会社TOP3をご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

【三重県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

【三重県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

まず、一人暮らしからファミリー層までの、1ヵ月の電気代の平均額を見てみましょう。

一人暮らし 約5,700円
二人暮らし 約9,700円
三人暮らし 約11,100円
四人暮らし 約11,800円
五人暮らし 約13,000円
六人暮らし 約16,000円

※出典
・総務省統計局|家計調査 家計収支編 2019年 年次報告|二人以上の世帯 表番号3-1 世帯人員別
・総務省統計局|家計調査 家計収支編 2019年 年次報告|単身世帯 表番号1(実数,構成比,増減率,寄与度)

電力会社の選び方|お得に新電力に切り替えるコツ

電力会社を選ぶ時、どこに重点を置くのかは非常に重要です。主に以下の7点を意識すれば問題ないでしょう。

・電気料金が安い
・電気の供給エリアをチェック
・支払い方法をチェック
・ポイント付与がある
・キャンペーンや特典をチェック
・セット割プランでよりお得に
・解約金の有無をチェック

詳しくはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!
電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!

電力会社の数は無数にあります。そのため、電力会社を切り替えたいと思っても、どれが良いのかさっぱりわからないですよね。 そこで今回は、自分に合った電力会社の選び方を知るために、「電気料金プランの種類には ...

続きを見る

【三重県】新電力会社ランキングTOP3|中部電力との電気料金比較

【三重県】新電力会社ランキングTOP3|中部電力との電気料金比較

電力自由化がされ、三重県で中部電力ミライズ(以下、中部電力)以外の企業も、電力を販売するようになりました。

大手電力会社の中部電力と比較して、三重エリアに住んでいる方が選ぶべき新電力会社、おすすめランキングTOP3を紹介します。

※三重県では、下記一部地域を除き、中部電力の管轄地域のため、本記事では中部電力と比較することとします
熊野市(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く)以南)

料金別おすすめの新電力会社

電気代/月 最安値の新電力会社
~5,700円 HTBエナジー
5,700円~ HTBエナジー
~9,700円 HTBエナジー
9,700円~ HTBエナジー
~11,100円 HTBエナジー
11,100円~ HTBエナジー
~11,700円 HTBエナジー
11,700円~ HTBエナジー

中部電力との比較

使用量 中部電力 HTBエナジー リミックスでんき シンエナジー
210Kwh 5,700円 5,364円 5,544円 5,441円
348Kwh 9,654円 8,891円 9,177円 9,081円
390Kwh 11,116円 9,902円 10,264円 10,398円
402Kwh 11,761円 10,342円 10,596円 10,991円

一人暮らしからファミリー層まで、世帯の人数に関わらず、HTBエナジーが、電力使用量を問わず最も安いです。

おすすめランキング1位. HTBエナジー

HTBエナジー(HISでんき)の解約方法&注意点を解説します。

中部電力の「従量電灯B」プランと、HTBエナジー(HISでんき)の料金を比較してみましょう。HTBエナジーは、契約容量によって、料金プランが分かれ、電気代の計算が異なってくるので、注意してください。

中部電力 ウルトラ30A ウルトラ40A ウルトラ50,60A
基本料金:30A 858円 806.52円 - -
基本料金:40A 1,144円 - 1052.48円 -
基本料金:50A 1,430円 - - 715円
基本料金:60A 1,716円 - - 858円
従量:~120kwh 21.04円 19.81円 19.38円 23.54円
従量:120~299kwh 25.51円 24.01円 23.50円
従量:300kwh~ 28.46円 26.79円 26.21円

メリット

・既存の電力会社からの乗り替えにかかる費用も0円、工事も不要
・支払いに、口座振替が利用できる
・HIS店舗で申し込みができる
・HISで申し込む旅行が、最大3000円割引される特典付き

デメリット

・1年未満の解約で、解約違約金2,000円(税抜)がかかる

HTBエナジーは、「毎月そこそこ電気を使用するから、電気代を安く抑えたい!」というかたにぴったりの、どんなご家庭にもバランスがいい新電力会社です。

HTBエナジーは、契約容量ごとに、主にふたつの料金プランが用意されています。

基本料金がかかりますが、いずれのプランでも数百円程度で、従量料金も、大手電力会社と比較して、低く設定されています。

また、あまり電気を使用しない一人暮らしのかたも、安く電気代を抑えることができます。

ただ、1年未満で解約する場合、2,000円(税抜)の違約金が発生するので、解約するタイミングは気をつけるようにしましょう。

HTBエナジーは、「ウルトラシリーズ」「プライムシリーズ」いずれの場合も、大手電力会社のプランより、基本料金、従量料金ともに安く抑えられています。

一人暮らしの方も、契約容量が20Aのプランも用意されていますし、特にファミリー層で電力使用量が多い方は、電気代をかなり安くすることができます

電気代を安くしたいけど、既存の電力会社のように、契約容量を選べる新電力会社に変えたい方は、HTBエナジーへの乗り換えを、ぜひ検討してみてください。

申し込みはコチラ

おすすめランキング2位. リミックスでんき

リミックスでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

中部電力の「従量電灯B」プランと、リミックスでんきの「使い得プラン」の料金を比較してみましょう。

中部電力 リミックスでんき
基本料金:10Aあたり 286円 0円
従量:~120kwh 21.04円 26.3円
従量:120~299Kwh 25.51円
従量:300Kwh~ 28.46円

メリット

・基本料金がかからない(一部プランでは、基本料金が発生)
・切り替え手数料、解約金が無料
・ネットマイルというポイントが貯まる

デメリット

・請求書や利用明細書を紙で発行する場合、明細書発行手数料が発生する
・他のプランに変更する場合、契約変更手数料が発生する

リミックスでんきは、「使用する電力量が比較的多く、電気代も安く抑えたい!」というかたにぴったりの、新電力会社です。

契約容量30A以上のサービスしか用意されていませんが、基本的にある程度電力を使用する方は、中部電力管轄エリアの中で、従量料金も安く設定されています。

また、利用金額に応じて「ネットマイル」というポイントが貯まり、貯めたネットマイルは、航空マイレージやTポイント、銀行への現金化などに交換することが可能です。

一方、契約期間中に、引っ越し等で他のプランに変更する必要がある場合、契約変更手数料として、330円(税込)が発生するので、注意してください。

また、今回紹介した「使い得プラン」の他にも、基本料金がかかるが大手電力会社より割安の「割引プラン」や、仮想通貨が付与される「仮想通貨プラン」といった、一風変わったプランも用意されています。

「ポイントを貯めながら、基本料金電気代を低く抑えたい方」は、リミックスでんきへの乗り換えを、ぜひ検討してみてください。

申し込みはコチラ

おすすめランキング3位. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

中部電力の「従量電灯B」プランと、シン・エナジーの「きほんプラン」の料金を比較してみましょう。

中部電力 シンエナジー
基本料金:30A 858円 824.95円
基本料金:40A 1,144円 1101.59円
基本料金:50A 1,430円 1375.25円
基本料金:60A 1,716円 1649.91円
従量:~120kwh 21.04円 20.4円
従量:120~299Kwh 25.51円 23.87円
従量:300Kwh~ 28.46円 25.24円

メリット

・大手電力会社と比較して、基本料金、従量料金いずれも低い
・既存の電力会社からの乗り換えにかかる費用も0円、工事も不要
・電気代200円ごとに、JALマイルが1ポイント貯まる特典付き

デメリット

・供給開始まで、少し時間を要する可能性がある

シンエナジーは、「はじめて電力会社を変えるけど、会社もプランもありすぎてわからない!」という方にぴったりで、大手電力会社を使用している方は、電力使用量に関係なく電気代が安くなる新電力会社です。

電力使用量が少ない方向けの「きほんプラン」、使用量が多い方で、日中の使用量が多い方向けの「昼生活フィットプラン」、夜に多く使う方向けの「夜生活フィットプラン」の、3種類のプランが用意されています。

また、電気代に応じて、JALマイルが1ポイント貯まる特典が付きますので、旅行をよくされる方、JALカードをお持ちの方には、特におすすめです。

これといって、目立ったデメリットはないのですが、電力供給開始まで、2週間から2ヵ月ほどかかるようで、申し込み時の状況によっては、少し時間がかかる場合があります。

シン・エナジーは、大幅に電気代を安くすることができますし、初期費用や解約手数料も無料なので、乗り換えのハードルはとても低いです。一人暮らしからファミリー層まで、どのようなご家庭にもおすすめです。

「テレワークが増えて、日中在宅の時間が多くなってきたから、電力会社の乗り換え考えたい方」は、シンエナジーを、ぜひ検討してみてください。

申し込みはコチラ

【三重県】電力会社を切り替える際の注意点

【三重県】電力会社を切り替える際の注意点

電力会社を、既存の電力会社から、新電力会社に切り替える際に、いくつか注意する点があります。

①2011年以前にオール電化を始めた場合は、変えないほうが安い

東日本大震災以前に、オール電化を始めた場合は、新電力会社に切り替えるよりも、割安なプランとなっているので、おすすめです。

新電力会社から、オール電化向けのプランを出している会社もありますが、三重でいえば、中部電力のような大手電力会社の、以前のオール電化プランのほうが安いので、切り替えによって、かえって電気代が高くなってしまうことがあります。

まとめ|三重県でもっとも安い新電力会社

三重でもっとも安い新電力会社は、電気使用量に関わらずHTBエナジーです。

電力自由化によって、多種多様な電力会社と契約することができるようになった反面、会社の数やサービスが多く、乗り換えが面倒だな、と感じてしまうこともあると思います。

ただ、乗り換えの手続きは、基本的にオンラインで済ますことができることに加え、工事や手数料といったものもかからず、新しい電力会社が切り替えの手続きをすべておこなってくれます。

また、プロパンガス(LPガス)を利用の方はこちらから自分にぴったりの安いプロパンガス会社を見つけてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。

どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.