コスト削減 電気代

【沖縄県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

【沖縄県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

電力自由化で、沖縄県でも新電力会社を自由に選べるようになりました。

「沖縄県ではどこの新電力会社が安い?」「一人暮らしでも安いプランはある?」今回はこんな疑問に答えを出していきます。

一人暮らしからファミリーまで、沖縄県での平均電気代を参考に比較していきましょう。いちばん安い新電力会社から、おすすめの新電力会社まで、ランキングで詳しくご紹介します。

電力自由化の恩恵を受けるために、新電力会社のお得な電気料金を徹底的に比較して活用しましょう。沖縄県で新電力会社に乗り換える際の注意事項もありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【沖縄県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

沖縄県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

まずは自身の電気代が平均より高いのか安いのかをチェックしましょう。

一人暮らし 約4,000円
二人暮らし 約8,000円
三人暮らし 約9,000円
四人暮らし 約10,000円

電力会社の選び方|お得に新電力に切り替えるコツ

電力会社を選ぶ時、どこに重点を置くのかは非常に重要です。主に以下の7点を意識すれば問題ないでしょう。

・電気料金が安い
・電気の供給エリアをチェック
・支払い方法をチェック
・ポイント付与がある
・キャンペーンや特典をチェック
・セット割プランでよりお得に
・解約金の有無をチェック

詳しくはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!
電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!

電力会社の数は無数にあります。そのため、電力会社を切り替えたいと思っても、どれが良いのかさっぱりわからないですよね。 そこで今回は、自分に合った電力会社の選び方を知るために、「電気料金プランの種類には ...

続きを見る

【沖縄県】新電力会社ランキングTOP3|沖縄電力との電気料金比較

【沖縄県】新電力会社ランキングTOP3|沖縄電力との電気料金比較

シンエナジーは、沖縄電力より0.1~6.4%の割引になります。

HTBエナジーは、基本料金が沖縄電力の半額。一人暮らしから大家族まで、幅広くお得を感じられるでしょう。

Looopでんきは契約容量が大きく使用量が少ない方に特におすすめです。

料金別おすすめの新電力会社

契約容量 電気代/月 最安値の新電力会社
30A ~4,000円 HTBエナジー
4,000円~ シンエナジー
40A ~8,000円 シンエナジー
8,000円~ シンエナジー
50A ~9,000円 シンエナジー
9,000円~ シンエナジー
60A ~10,000円 シンエナジー
10,000円~ シンエナジー

沖縄電力との比較

使用量 沖縄電力 Looopでんき シンエナジー HTBエナジー
150Kwh(30A) 3,778円 4,050 3,740円 3,664円
250Kwh(40A) 6,625円 6,750 6,426円 6,426円
300Kwh(50A) 8,049円 8,100 7,646円 7,807円
400Kwh(60A) 11,094円 10,800 9,984円 10,536円

おすすめランキング1位. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

沖縄電力 シンエナジー
最低料金:~10Kwh 402.40円 361.57円
従量:10~119Kwh 22.95円 22.92円
従量:120~299Kwh 28.49円 27.50円
従量:300Kwh~ 30.47円 28.52円

メリット

・40A以上は沖縄県で最安の電気料金
・沖縄電力より電気代が0.1~6.4%お得に
・解約手数料0円、途中解約による違約金なし

デメリット

・一人暮らしや電気をあまり使わない夫婦二人暮らし世帯は、沖縄電力と電気代がほぼ変わらない
・昼プランや夜プランにした場合、バランスが変わると電気料金が今より上がる可能性も

シンエナジーは違約金や解約手数料がないので、電力自由化で新電力会社に乗り換えを検討している方にもチャレンジしやすいでしょう。

2~3人以上のファミリーなど、40A以上では沖縄県で最安の電気代です。一人暮らしで電気をあまり使わない方は、お得を感じにくい場合も。

生活スタイルにあわせてプランを選べますが、適用時間帯以外は割高になるので、使い方次第で電気代が予想外に高くなる可能性もあります。

シンエナジーの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!
シンエナジー(旧:洸陽電機)の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

ワットくんシンエナジーに切り替えるとどのくらい安くなるの? イグニスくんシンエナジーの口コミや評判は? アクアくんシンエナジーに切り替えるメリット・デメリットは? シンエナジーのメリットやデメリットに ...

続きを見る

おすすめランキング2位. HTBエナジー

HTBエナジー(HISでんき)の解約方法&注意点を解説します。

沖縄電力 HTBエナジー
最低料金:~10Kwh 402.40円 201.20円
従量:10~119Kwh 22.95円 26.50円
従量:120~299Kwh 28.49円
従量:300Kwh~ 30.47円

メリット

・基本料金が沖縄電力の半額
・従量料金が一律26.5円で電気代が計算しやすい
・30A以下では沖縄県で最安の電気代

デメリット

・沖縄電力の電気料金とそこまで差がないため、乗り換えのお得感を感じにくい
・プランがひとつしかなく選べない

HTBエナジーは、基本料金が沖縄電力の半額で、30A以下では沖縄県で最安になるので、一人暮らしや電気をあまり使わない同棲カップルにもおすすめです。

従量料金が一律で電気代が計算しやすく、乗り換えの比較もかんたんにできるでしょう。たくさん使っても割引がないため、沖縄電力の電気代と比較しても大きな差が出にくいのが惜しいところ。

プランはひとつしかないので、昼でも夜でも電気代は変わらず、お得を感じにくいところもデメリットでしょう。

おすすめランキング3位. Looopでんき

新電力でおすすめのループでんき

沖縄電力 Looopでんき
最低料金:~10Kwh 402.40円 0円
従量:10~119Kwh 22.95円 27.0円
従量:120~299Kwh 28.49円
従量:300Kwh~ 30.47円

メリット

・基本料金0円、わかりやすい一律の従量料金制
・「ソーラー割り」「でんち割り」「EV割り」など、選べるプランが豊富
・契約期間に関わらず、解約金はかからない

デメリット

・2020年の年末でポイント機能が廃止
・各種割引プランなしの状態では、沖縄電力の電気料金より高くなる

Looopでんきは基本料金が0円、どれだけ使っても一律の従量料金制で電気代の計算がわかりやすくなります。

でんち割りやソーラー割りなどの割引プランもあり、電気自動車と設備がある方向けのEV割りなど、種類も豊富。解約手数料がかからないため、気軽に乗り換えを試せるでしょう。

ただし、割引プランなしの状態では、沖縄電力より電気代が高くなるという結果に。

アプリを使ったポイント機能も廃止されたため、割引プランを使わない方にはお得が感じられにくいところがデメリットでしょう。

Looopでんきの評判や口コミは?
Looopでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

・Looopでんきは本当にお得なの? ・Looopでんきに切り替えるメリットデメリットは? ・一人暮らしだとLooopでんきがおすすめ? このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。 Lo ...

続きを見る

【沖縄県】電力会社を切り替える際の注意点

【沖縄県】電力会社を切り替える際の注意点

沖縄県で新電力会社への乗り換えを考えているなら、まず最初にエリアの確認を行いましょう。本州では供給が開始されていても、沖縄県周辺の離島によっては供給されていない場合もあります。

お住まいの地域に対応しているか、新電力会社のお問い合わせ窓口などで確認することが大切です。

供給エリアが確認できれば、次にプランを選びましょう。割引率が高いプランは、オール電化や蓄電池などの特別な条件が必要なものも。

希望するプランが対応しているか、事前に確認してみましょう。

引っ越しシーズンはとくに、新電力会社への乗り換えが混雑します。申し込みから切り替えまで1~2か月かかるので、計画を立ててすすめましょう。

まとめ|沖縄県でもっとも安い新電力会社

沖縄県でもっとも安い新電力会社は、シンエナジーです。

生活スタイルにあわせて昼プランや夜プランを使うと、もっとお得な使い方も可能です。解約手数料0円なので、電力自由化による乗り換えがはじめてという方でも気軽に試せるのも嬉しいところ。

沖縄電力より電気代を下げられるので、一人暮らしから大家族まで幅広くおすすめです。固定費を減らすことは、家計の節約にとっていちばん有効なこと。

電力自由化のメリットを最大限に活用して、電気代をお得に節約しましょう。

また、プロパンガス(LPガス)を利用の方はこちらから自分にぴったりの安いプロパンガス会社を見つけてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.