【札幌市】一人暮らしの平均的な光熱費・生活費はいくら?北海道ならではの節約術を紹介!

【札幌】一人暮らしの平均的な光熱費・生活費はいくら?北海道ならではの節約術を紹介!

札幌市でこれから一人暮らしを始める、もしくは現在一人暮らしの新卒社会人・大学生の方で、毎月の光熱費がどのくらいかかるのか気になっている方も多いでしょう。

北海道は特に他の地域と比べて電気代が高くなりがちなので、札幌市の平均的な光熱費の金額を知ったうえで、きちんとした対策を立てることが重要です。

今回は札幌市で一人暮らしをしている、もしくはこれから引っ越しして一人暮らしをする方に向け、札幌市の平均的な電気代・ガス代・水道代やその他の生活費の内訳について紹介します。

さらに光熱費を安く抑える節約方法も解説していますので、札幌市での一人暮らしを考えている新社会人や大学生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

【札幌市】一人暮らしの平均的な水道光熱費はいくら?

【札幌市】一人暮らしの平均的な水道光熱費はいくら?
光熱費内訳費用相場
電気代6,417円
ガス代3,667円
水道代2,000円
その他光熱4,083円

北海道札幌市の一人暮らしの平均的な光熱費は、約16,000円です(株式会社LIFULL「住まいインデックス」参照)。

北海道の一人暮らしにかかる平均的な光熱費が15,094円なので、札幌市の平均も北海道と同じくらいと考えてよいでしょう。

一方光熱費は全国平均が11,686円であり(総務省「家計調査・家計収支編2020年」参照)、これと比較すると札幌市の光熱費の平均額はかなり高額になっています。これは寒い地域では冬場にエアコンなどの暖房機器をたくさん使用することが理由です。

以上の札幌市の平均額を一つの目安として、自分の家庭の光熱費が地域の平均と比較して高いのか安いのかをチェックしてみてください。

ちなみに北海道におけるプロパンガス料金の平均的な相場や適正価格など、二人暮らしや四人暮らしの家族など世帯別に紹介していますのでぜひ参考にしてください。

【北海道】一人暮らしの水道光熱費を抑えるおすすめの節約方法

【北海道】一人暮らしの水道光熱費を抑えるおすすめの節約方法

北海道の一人暮らしの水道光熱費を抑えるためには、以下のような節約方法があります。

・エアコン冷暖房の使い方を工夫する
・暖房器具の使い方を工夫する
・灯油の暖房器具を利用する
・電気料金プランを見直す
・ガス会社切り替え
・水道の使い方を工夫する
・オール電化住宅に引越しする

以上7つの節約方法について、順番に解説します。

節約方法1. エアコン冷暖房の使い方を工夫する

エアコンは家電のなかでも電気消費量が多い機器ですが、特に北海道のような寒い地域では年間を通して暖房を使う時間が長いためしっかりとした節約対策をしなければなりません。

たとえば設定温度を上げすぎずに適温に保つためには、自動運転モードを使うのが効果的です。また使用時間が長いとフィルターの汚れも溜まりやすいので、こまめに清掃等のメンテナンスをするようにしましょう。

フィルターに埃が溜まると部屋が暖まりづらく、無駄に多くの電気を消費してしまいます。エアコンの節約方法についてより詳しく知りたい方は、下記の記事も参考になります。

節約方法2. 暖房器具の使い方を工夫する

北海道ではエアコンだけでなくこたつや床暖房・ホットカーペット、ファンヒーターといった暖房機器を併用することが多いでしょう。これらの機器をうまく使い分け、効率的に部屋を暖めることも重要な節約対策です。

こたつやホットカーペットのような体を直接温める暖房機器は、使用時のみスイッチを入れることで電気の消費を抑えられます。一方床暖房は頻繁に付け消しを繰り返すとかえって電気消費量が増えてしまうので注意してください。

またファンヒーターはもともと電気消費量が多い暖房機器なので、部分的に温めたい場所でのみ使用するのがおすすめです。各暖房機器ごとの詳しい節約対策については、以下の記事をそれぞれ参考にしてください。

床暖房の節約方法はこちら

ホットカーペットの節約方法はこちら

ファンヒーターの節約方法はこちら

こたつの節約方法はこちら

節約方法3. 灯油の暖房器具を利用する

2021年12月20日現在、灯油の価格は18ℓあたり1,997円です(資源エネルギー庁「石油製品価格調査」参照)。

一人暮らし用の石油ストーブの場合3.5ℓくらいで満タンになり、燃焼継続時間が16時間程度なので、1日10時間使用するとすれば1ヶ月あたりの光熱費は約8,000円になります。

エアコンやガスファンヒーターなどであれば光熱費が1万円以上になることも多いので、灯油ストーブの方が光熱費をお得にできる可能性が高いのです。ただし灯油の値段は変動するリスクが大きく、常に灯油がお得であるとは限らないことに注意してください。

節約方法4. 電気料金プランを見直す

一人暮らしでも簡単にできる節約方法としておすすめなのは、現在の電力会社との契約プランを見直して安い電力会社に乗り換えをすることです。

札幌市のような寒い地域ではつい暖房をたくさん使用してしまいますが、電力会社・ガス会社の乗り換えならこれまでの生活を何も変えずに電気代を節約できるので、社会人・大学生問わずおすすめの方法といえます。

節約方法5. ガス会社切り替え|都市ガス・プロパンガス

ガス会社には都市ガス・プロパンガスの2種類があるので、まず住んでいる物件が都市ガス・プロパンガスのどちらなのかを確認しましょう。そのうえで都市ガス・プロパンガスそれぞれについて、北海道でガスの供給をおこなっている安い会社を探します。

そして安いガス会社がみつかったら今のガス会社から乗り換えることで、ガスの単価を下げられます。おすすめの安いガス会社や使用量を減らす節約対策についてもっと知りたい方は、ぜひ以下の記事も参考にしてください。

節約方法6. 水道の使い方を工夫する

水道代は電気やガスとは違い、契約する会社を自分で選ぶことができません。つまり水道料金の単価を下げることはできないので、水道代を節約するためには水の使用量を減らしましょう

以下の記事では風呂・トイレ・キッチンといった部屋の場所ごとの水道代の節約方法について解説しているので、具体的な節約方法については以下の記事を参考にしてください。

節約方法7. オール電化住宅に引越しする

札幌市のようにたくさん暖房機器を使う地域では、ガスを使わないオール電化住宅のほうが光熱費が安くなることも多いので、オール電化住宅に引越しするというのも一つの手段でしょう。

また、すでにオール電化住宅に住んでいる方は、先述したように電力会社を切り替えるのもおすすめです。ただし注意しなければいけないのは、「オール電化プランに対応している」電力会社に切り替えないと電気代が高くなってしまうという点です。

そのため切り替える際は、オール電化に対応しているかどうかを事前にチェックするようにしてください。

【札幌市】一人暮らしの生活費はいくら?家賃相場や初期費用も紹介

【札幌市】一人暮らしの生活費はいくら?家賃相場や初期費用も紹介

札幌市の一人暮らしの平均的な光熱費はいくらなのか、平均的な金額を紹介します。

光熱費だけでなくその他の生活にかかる費用の平均についても紹介するので、これから一人暮らしをはじめる人はどのくらいの費用が必要なのかをあらかじめ知っておきましょう。

またすでに一人暮らしをしている方は、自分の家庭が平均と比べてどうなのかをチェックしてください。

札幌市の家賃相場や初期費用|他のエリアとも比較

札幌市の住居費の平均は28,083円ですが、函館市の平均は約23,416円で、小樽市の平均は約20,333円です(株式会社LIFULL「住まいインデックス」参照)。

これらの比較から、札幌は北海道のなかでも住居費が高いということがわかります。またこれから引っ越しを考えている方の場合、月々の家賃だけでなく引っ越しの際の初期費用がかかることも忘れないようにしましょう。

初期費用は家賃を基準にして決まるため、札幌市に引っ越す場合は県内の他の地域よりも少し高くなることが予想されます。このような初期費用を少しでも抑えるためには、下記の引っ越し費用を安く済ませる方法をぜひ参考にしてください。

札幌市の一人暮らしにかかる生活費

北海道札幌市の一人暮らしの主要な生活費の平均額をまとめると、以下のとおりです。

生活費費用相場
食費45,417円
住居費28,083円
水道光熱費16,000円
医療費6,917円
趣味・娯楽21,083円
その他諸雑費27,333円
交通・通信費22,167円

株式会社LIFULL「住まいインデックス」参照

食費・交通費の北海道全体の平均はそれぞれ35,840円、19,750円であり、上記の表と比較すると札幌市は北海道全体の平均額を超えていることがわかります。つまり札幌市は光熱費や住宅費だけでなく、他の費用も北海道のなかでは高めであるということです。

そのため札幌市は県内のなかでもそれなりに生活費が多くかかるということは、頭に入れておきましょう。

同じ北海道のなかでも函館市・苫小牧市などの主要都市では多少生活費の平均額が下がるので、これから引っ越しを考えている方は他の地域への引っ越しを検討してみるのもよいかもしれません。

北海道での一人暮らしを快適に過ごしましょう!

札幌市での生活費・光熱費の平均費用や、北海道の一人暮らしの水道光熱費抑えるおすすめの節約方法について紹介しました。

札幌市のような寒い地域では電気代などの光熱費が高くなりがちであるため、これから引っ越しを考えている新卒社会人や大学生の方は、しっかり節約を意識することが大事です。

ただし引っ越しには多くの初期費用がかかるため、その後の生活を考えるならきちんと節約して初期費用分を取り戻すことが重要です。

電気代・ガス代・水道代それぞれの節約対策を実践し、光熱費を削減すればゆとりのある快適な一人暮らしの生活を送ることができるでしょう。

ぜひ本記事を参考にして光熱費を節約し、札幌市での快適な一人暮らしをしてください。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

北海道はエアコン暖房つけっぱなしの方が良い?他の暖房器具の場合や節約方法も紹介!

インターネット回線の選び方や契約方法の流れ|申し込み時のトラブル事例も紹介!

一人暮らしの平均的な電気代|季節別・エリア別、効果的な節約方法を解説!

【北海道】プロパンガス(LPガス)の平均料金と適正価格|安く利用できるガス会社は?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる