コスト削減 電気代

【関西】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

【関西】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?
ワットくん
関西で電気代が安いおすすめの新電力会社は?
イグニスくん
関西電力から新電力に切り替えるとどのくらい安くなる?
アクアくん
色んなサイトで紹介してるが結局どこが一番お得なの?

このような疑問を持っている方も多いと思います。

この記事では、関西エリアでおすすめの新電力を電気の使い方や、一人暮らしやファミリー層に分けて紹介していきます。

また、関西電力から乗り換えるとどのくらい電気代が安くなるのかも比較表を元にわかりやすく解説しています。

結論、紹介する新電力に切り替えると、電気の使い方によって異なりますが、以下で紹介する平均電気代を元に計算すると年間5,000円~20,000円ほどは安くなります

もちろん、電気代が高いファミリー層の方などはもっと安くなりますので、どのくらい安くなるのか一度シミュレーションしてみましょう。

おすすめの方 おすすめ新電力
電気使用量が少ない(250kwh以下)
例:一人暮らし
シンエナジー
電気使用量が多い(250kwh以上)
例:二人暮らしやファミリー層
あしたでんき
電気使用量が多く(120kwh)、
キャンペーン重視の方
エルピオでんき

※クリックすれば各電力会社の解説まで移動します。

【関西】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

【関西】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

まずはご自身の電気代がそもそも高いのか?安いのか?を、世帯別の電気代の平均と比較しながらチェックしてみてください。

世帯人数 電気料金の平均
一人暮らし 約5,700円
二人暮らし 約9,700円
三人暮らし 約11,100円
四人暮らし 約11,700円
五人暮らし 約12,900円
六人暮らし 約16,000円

※弊社独自調べ。

【関西】新電力会社おすすめランキングTOP3|関西電力との電気料金比較

【関西】新電力会社ランキングTOP3|関西電力との電気料金比較

一人暮らしや電気の使用量が少ない方にはシンエナジー、それ以外の方はあしたでんきがお得に利用できることがわかります。

自身に当てはまる箇所を確認しておすすめの新電力を確認してください。

また、関西電力を利用している方は具体的にどのくらいお得になるのかも合わせてチェックしてみてください。

料金別おすすめの新電力会社

電気代/月 最安値の新電力会社
~5,700円 シンエナジー
5,700円~ あしたでんき
~9,700円 あしたでんき
9,700円~ あしたでんき
~11,100円 あしたでんき
11,100円~ あしたでんき
~11,700円 あしたでんき
11,700円~ あしたでんき

関西電力との比較

使用量 関西電力 エルピオでんき あしたでんき シンエナジー
245Kwh 5,700円 5,439円 5,390円 5,363円
389Kwh 9,654円 8,635円 8,558円 9,131円
440Kwh 11,116円 9,768円 9,680円 10,675円
462Kwh 11,761円 10,256円 10,164円 11,276円

おすすめランキング1位. あしたでんき

基本料金無料のあしたでんき

福岡県内でHTBエナジーに次いでおすすめしたい新電力会社は、あしたでんきです。

九州電力の「従量電灯B」プランと、あしたでんきの料金を比較してみましょう。

基本料金/従量料金 関西電力 あしたでんき
最低料金(最初の15Kwh) 341.01円 0円
従量:15~119Kwh 20.31円 22円
従量:120~299Kwh 25.71円
従量:300Kwh~ 28.70円

あしたでんきのメリット・デメリット

メリット デメリット
・基本料金が0円
・従量料金も関西エリアで最安水準
・違約金がかからない
・電気の使用量が少ないと割高になる可能性がある

あしたでんきの標準プランは、基本料金0円・電力量料金一律22円となっています。このため、電気使用量が多くなればなるほど大きなメリットが得られます。

また、契約期間の縛りはなく、いつ解約しても違約金がかからないのはいいですよね。

ただ、一人暮らしの方などで電気の使用量が少ない方は割高になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

シミュレーションはこちら

あしたでんき 公式HP

おすすめランキング2位. エルピオでんき

新電力おすすめのエルピオでんき

基本料金/従量料金 関西電力 エルピオでんき
最低料金(最初の15Kwh) 341.01円 0円
従量:15~119Kwh 20.31円 22.2円
従量:120~299Kwh 25.71円
従量:300Kwh~ 28.70円

エルピオでんきのメリット・デメリット

メリット デメリット
・一段階の料金設定で、シンプル
・基本料金が無料
・最大2万円のキャッシュバックキャンペーンを行なっている
・一人暮らしなど電気代が元々安い方は割高
・ポイント還元などのサービスがない

エルピオでんきはあしたでんきに次ぐ電気料金の安さを誇っています。ただ、あしたでんきと比較すると多少電気代が高いですね。

また、エルピオでんきはキャンペーンを定期的に行なっているので、ぜひチェックしてみてください。

シミュレーションはこちら

エルピオでんき 公式HP

おすすめランキング3位. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

基本料金/従量料金 関西電力 シンエナジー
最低料金(最初の15Kwh) 341.01円 304.41 円
従量:15~119Kwh 20.31円 19.81円
従量:120~299Kwh 25.71円 23.83円
従量:300Kwh~ 28.70円 27.30円

シンエナジーのメリット・デメリット

メリット デメリット
・関西電力と比較し、基本・従量料金ともに安いので必ずお得になる
・特に120kwh以下の使用量が少ない家庭でお得
・生活スタイルに合ったプランの利用が可能(昼プラン、夜プラン)
・JALマイルが付く
・大阪ガスエリア限定で電気とガスのセットプランあり
・関西電力との違いはわずかなため、お得感は小さい
・どんなに使用量が少なくても基本料金はかかる
・使用量が増えてくると、他の新電力に劣ってくる

どの家庭でも関西電力よりは安くなるため、切り替えることのデメリットが特にありません。

ただし、基本的に二人暮らし以上の家庭でなければあしたでんきの方が安いので、夜プランなど特定の生活スタイルに合ったプランを選ばないなら、シンエナジーを選ぶ理由はあまりないでしょう。

シミュレーションはこちら

シンエナジー 公式HP

電力会社の選び方やお得に切り替えるコツ|切り替える際の注意点

電力会社の選び方やお得に切り替えるコツ|切り替える際の注意点

電力会社を選ぶ時、どこに重点を置くのかは非常に重要です。主に以下の7点を意識すれば問題ないでしょう。

・電気料金が安い
・電気の供給エリアをチェック
・支払い方法をチェック
・ポイント付与がある
・キャンペーンや特典をチェック
・セット割プランでよりお得に
・解約違約金の有無をチェック

詳しくはこちらで解説しているので、チェックしてみてください。

まとめ|関西でもっとも安い新電力会社

以上のように、関西では一人暮らしなどの電気使用量が少ない家庭ではシンエナジーがおすすめですが、二人以上であれば、使用量が高ければ高いほどあしたでんきおすすめです。

その他キャンペーンを重視している方はエルピオでんきがぴったりです。

紹介した注意点もよく確認して、ご自身のご家庭にあった、最適な電力会社を選択してください。

また、都市ガスプロパンガス(LPガス)も合わせて安くしたい方はこちらからチェックしてみてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。

どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.