コスト削減 電気代

一人暮らしで冬の電気代1万円は高い?平均的な電気代や節約方法を解説!

一人暮らしで冬の電気代1万円は高い?平均的な電気代や節約方法を解説!

冬の電気代・ガス代といった光熱費は高くなりがちなので、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

特に電気代は二人暮らし以上の家庭では1万円~2万円程度かかってしまうことがありますが、一人暮らしの家庭でも1万円以上かかることはあります。

今回は一人暮らしで冬の電気代の平均額が高くなってしまう原因や、冬の一人暮らしにかかる平均的な電気代、そして冬の一人暮らしで電気代を節約する方法について解説します。

エアコンや暖房器具の使い方、契約プランの見直しなど具体的に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

冬の電気代が高い理由|一人暮らしで1万円は高い?

冬の電気代が高い理由|一人暮らしで1万円は高い?

冬の電気代が高い理由について紹介します。

一人暮らしでも月の電気代が1万円以上になる家庭もあると思いますが、一人暮らしで1万円は高いのか、どれくらいが平均的なのかについても紹介します。

冬の電気代が高い理由

冬の電気代が高いのには、以下のような理由があります。


エアコン暖房の消費電力量が多い
暖房器具の使用が増える(こたつやファンヒーターなど)
日照時間が短く照明を使用する時間が増える
洗濯ものが乾きにくいため乾燥機の使用が増える
室内が乾燥するため加湿器を使用する

エアコンの暖房は冷房以上に電気代がかかり、冬場の電気代を高くする原因になっています。

これはエアコンは立ち上げから設定温度にあげるときもっとも多くの電力を消費するため、内と外の気温差が大きい冬の方が電力消費量が多いからです。洗濯機の乾燥機能や浴室乾燥なども家庭のなかでは消費電力が高い方なので、使いすぎると電気代はかさむでしょう。

一人暮らしで冬の電気代1万円は高い?

もし一人暮らしで電気代が1万円以上かかっているとしたら、それは平均から考えても高い方といえます。

後ほど紹介するとおり、一人暮らしでもっとも月の平均電気代が高くなるのは冬の北海道・東北地方ですが、その場合でも電気代は一月で7,000円代です。もし現在一人暮らしで1万円以上の電気代がかかっているなら、きちんと節約して電気代を抑える必要があるでしょう。

冬の一人暮らしにかかる平均的な電気代

冬の一人暮らしにかかる平均的な電気代

一人暮らしにかかる平均的な電気代を、地方別・季節別にみてみましょう。

一人暮らし電気代 1~3月 4~6月 7~9月 10~12月
北海道・東北 7,288円 6,757円 5,480円 5,709円
関東 6,436円 5,621円 4,821円 4,883円
北陸・東海 7,131円 5,620円 5,805円 5,612円
近畿 6,294円 5,984円 4,979円 4,590円
中国・四国 6,550円 6,718円 5,373円 5,372円
九州・沖縄 5,608円 5,116円 5,814円 4,711円

総務省家計調査「家計収支編 単身世帯2020年」参照

まず季節ごとの電気代を比較すると、ほとんどの地域で1~3月の電気代がもっとも高くなっています

このように冬の電気代は、平均的にみて高くなっているということがわかるでしょう。また地域別にみると北海道・東北の電気代が他の地域に比べて高いということもわかります。

これは冬の電気代が高いのと同じように、他の地域と比べて気温が低い北海道・東北地方は暖房器具を多く使用するため、たくさん電気を消費するからです。

以上より冬の電気代は1年のなかでも高くなる傾向にあり、特に寒い地域ほどその傾向は顕著になるため、寒い季節や寒い地域ほどきちんと節約対策をして電気代を安くすることが大事であるといえます。

冬の一人暮らしで電気代を節約する方法

冬の一人暮らしで電気代を節約する方法

冬の一人暮らしで電気代を節約する方法としては、以下のようなものが挙げられます。


・エアコンの使い方を工夫する
・暖房器具の使い方を工夫する
・その他家電の使い方を工夫する
・電気契約プランを見直す
・電力会社を乗り換える

以上5つの節約方法について、順番に解説します。

冬の電気代を抑える方法1. エアコンの使い方を工夫する

立ち上げ時は効率よく室内を暖められる自動運転モードを使用し、設定温度は上げすぎないように適温に保つことで消費電力を抑えられます。また外出時はスイッチを切っておくべきですが、頻繁に付け消しするとつけっぱなしよりもかえって電気消費量が多くなるので注意しましょう。

エアコンは電化製品のなかでも消費電力量が多い機器であり、節約効果は大きいです。より詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

家庭用エアコンの電気代はどのくらい?節約方法も合わせて紹介します!

冬の電気代を抑える方法2. 暖房器具の使い方を工夫する

冬はエアコン以外にも、こたつや床暖房・ホットカーペット、ファンヒーターといった暖房機器を併用することが多いでしょう。これらの機器をうまく使い分け、効率的に部屋を暖めることも重要な節約対策です。

こたつやホットカーペットはつけっぱなしにせず使用時のみスイッチを入れるのがよいですが、床暖房はエアコンと同じく頻繁に付け消しを繰り返さずできるだけつけっぱなしにしてください。

また暖房効率を高めるためには、窓に断熱シートを張るといった対策も有効です。各暖房機器ごとの詳しい節約対策については、以下の記事をそれぞれ参考にしてください。

床暖房はつけっぱなしがお得?電気代を他の暖房器具と比較し節約方法も紹介します!

ホットカーペットの1ヶ月の電気代は?他の暖房器具と比較し節約方法も紹介!

ファンヒーターの電気代|エアコンなどの暖房器具との比較や節約方法も紹介します!

こたつは電気代が安い!他の暖房器具と比較、節約方法について解説します

冬の電気代を抑える方法3. その他家電の使い方を工夫する

暖房以外にもテレビ・冷蔵庫・洗濯機といった家電も比較的多くの電気を消費するため、意識的に節約対策をしましょう。冷蔵庫はもともと気温が低い冬場であれば、設定温度を「弱」にしても問題ありません

テレビは輝度を下げたりつけっぱなしを防ぐために「無信号自動オフ」の機能を使用したりすることで、無駄な電気の消費を避けられます。洗濯機はできるだけまとめ洗いをして使用頻度を減らし、夏は電気消費量の多い乾燥機能を使わないとい言うのも有効な節約方法です。

冬の電気代節約術15選!平均電気代やエアコン(暖房)の電気代削減方法も紹介!

冬の電気代を抑える方法4. 電気契約プランを見直す

電力料金はアンペア契約容量によって基本料金が変わるので、アンペア数を下げた低い容量で契約することが節約につながります。

たとえば東京電力のスタンダードプランでは、10A下げるごとに286円基本料金が下がります

また一人暮らしでは電気をほとんど使わないという方もいると思いますが、その場合にはアンペアを見直すより基本料金無料の電力会社に乗り換えてしまうのもおすすめです。

冬の電気代を抑える方法5. 電力会社を乗り換える

電気代を下げるのに最も簡単な方法は、電気契約プランを見直して電力会社を乗り換えることです。

電気の単価は電力会社ごとに決まっているため、大手電力会社よりも単価が安い電力会社を選べば、電気代を削減することができます。

以下の記事では地域別の安い電力会社を紹介しているので、電気代を節約したい方はぜひこちらを参考にしてください。

【コンサルが選ぶ】新電力会社おすすめランキングTOP10|地域別の料金比較も大公開!

一人暮らしにおすすめの新電力プラン

一人暮らしにおすすめの新電力プラン

一人暮らしにおすすめの新電力プランを紹介していきます。おすすめの電力会社はエリアによって異なりますが、以下で紹介している新電力であればほとんどのエリアに対応しているのでぜひ参考にしてみてください。

なお、以下は東京電力エリアでの料金表となります。

※2022年4月時点、電気代の高騰により複数の新電力会社で新規受付を停止している会社が増えてきています。以下おすすめの新電力も新規申し込みができない状況です。

【エルピオでんき/あしたでんき/Looopでんき/シンエナジー/楽天でんき/そらエネでんき/ジャパン電力/グリーナでんき/まちエネ/UQでんき/サニックスでんき/熊本電力/京葉ガスの電気】

以下の記事で申し込みができるおすすめの新電力を紹介していますので、こちらを参考に最適な電力会社に乗り換えてください。

2022年】新規受付停止の電力会社|電気代高騰の原因や申し込み可能なおすすめ新電力を紹介!

おすすめ新電力1. あしたでんき

基本料金無料のあしたでんき

使用量 東京電力 あしたでんき
30A/120kwh 3,244円 3,120円
40A/150kwh 4,324円 3,900円
50A/250kwh 7,258円 6,500円
60A/400kwh 11,925円 10,400円

あしたでんきは基本料金無料で、Looopでんきや楽天でんきよりも料金単価が安いのが特徴です。一人暮らしで電気をあまり使わない方は基本料金が0円になるので非常にお得な新電力です。

あしたでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!
あしたでんき安い?口コミや評判、メリット・デメリット、料金プランなど徹底解説!

・あしたでんきは本当にお得なの? ・Looopでんきや楽天でんきと比べてどっちが安い? ・一人暮らしですがあしたでんきに切り替えた方がいい? このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。 ...

続きを見る

あしたでんき 公式HP

おすすめ新電力2. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

使用量 東京電力 シンエナジー
きほんプラン
シンエナジー
シンぷるプラン
30A/120kwh 3,244円 3,128円 3,156円
40A/150kwh 4,324円 4,128円 3,945円
50A/250kwh 7,258円 6,862円 6,575円
60A/400kwh 11,925円 11,128円 10,520円

シンエナジーは料金プランが豊富で、基本料金無料の「シンぷるプラン」や、基本料金10%割引で従量料金もお得な「きほんプラン」などがあります。

そのほかにも電気を使う時間帯によってお得になる「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」もあり、大学生や社会人など日中家にいない方や電気を使う時間帯がほとんど固定されている方には非常におすすめです。

シンエナジーの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!
シンエナジー(旧:洸陽電機)の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

シンエナジーに切り替えるとどのくらい安くなるの? シンエナジーの口コミや評判は? シンエナジーに切り替えるメリット・デメリットは? シンエナジーのメリットやデメリットについて口コミや評判を元に解説して ...

続きを見る

以下のページで簡単にどのプランがおすすめなのかシミュレーションできるのでぜひチェックしてみてください。

シンエナジー 公式HP

おすすめ新電力3. Looopでんき

新電力でおすすめのループでんき

使用量 東京電力 Looopでんき
30A/120kwh 3,244円 3,168円
40A/150kwh 4,324円 3,960円
50A/250kwh 7,258円 6,600円
60A/400kwh 11,925円 10,560円

Looopでんきも基本料金無料のプランとなっており、北海道から沖縄まで電気供給しています。また、地球に優しいエコな電気を利用していることもあり、少しでも社会貢献したい方へもおすすめできる電力会社です。

Looopでんきの評判や口コミは?
Looopでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

・Looopでんきは本当にお得なの? ・Looopでんきに切り替えるメリットデメリットは? ・一人暮らしだとLooopでんきがおすすめ? このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。 Lo ...

続きを見る

Looopでんき 公式HP

冬の一人暮らしの電気代を効率よく節約しましょう

一人暮らしで冬の電気代の平均額が高くなってしまう原因や、冬の一人暮らしにかかる平均的な電気代、そして冬の一人暮らしで電気代を節約する方法について解説しました。

電気代を下げるためには家での過ごし方に工夫をすることが大事です。一人暮らしで1万円以上の電気代がかかっているなら、きちんとした節約対策を実践しましょう。

また節約方法はエアコンをはじめとした家電の使い方を工夫する以外にも、電力会社を乗り換えることで手間なく簡単に電気代を下げることができます。

電力会社の乗り換えは電気代を下げる根本的な対策になるので、一人暮らしで電気代が気になっている方はぜひ試してみてください。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

【一人暮らし】おすすめの新電力会社5選|安い電気会社の選び方や注意点など徹底解説!

福岡市の一人暮らしにかかる光熱費はいくら?生活費の内訳や節約方法も紹介

大阪での一人暮らしにかかる光熱費はいくら?生活費の内訳や相場、節約方法も解説

【神奈川】一人暮らしの平均的な光熱費はいくら?生活費の内訳や節約術も紹介

【札幌】一人暮らしの平均的な光熱費・生活費はいくら?北海道ならではの節約術を紹介!

埼玉で一人暮らしにかかる光熱費はいくら?費用相場や内訳、節約方法も紹介

【社会人】東京で一人暮らしにかかる費用相場|男性・女性、エリア別の生活費の内訳も紹介!

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2022 All Rights Reserved.