パレット電気の口コミや評判|料金プランやメリット・デメリットなど徹底解説!

パレット電気の口コミや評判|料金プランやメリット・デメリットなど徹底解説!

・パレット電気の口コミや評判ってどうなの?
・パレット電気に切り替えるメリットやデメリットを知りたい
・パレット電気とシャーメゾンの関係性って何?

パレット電気とはどんな電気事業でどこの電力会社が運営しているのか、料金は高いのか安いのかといったことがわからず、不安を感じている人もいるはずです。

こちらの記事ではそんなパレット電気の料金プランや大手電力会社との料金比較、パレット電気のメリット・デメリットなどについて口コミ評判をふまえてまとめました。

パレット電気がいったいどんな電力事業なのか、料金は高いのか安いのかといったことについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をぜひ参考にしてください。

目次

パレット電気とは?会社概要や解約金、支払方法など紹介!

運営会社フラットエナジー株式会社
設立2017年1月1日
住所東京都新宿区新宿5丁目15-6 新宿光陽ビル9F
供給エリア電気沖縄を除く全国
解約金/違約金無料
支払い方法クレジットカード
申し込み方法web
問い合わせ問い合わせフォーム
電話:0120-176-754
受付時間:月~金曜日10:00~19:00(夏季休業/年末年始休業)
マイページhttps://flat-energy.denki-app.jp/Account/Login

パレット電気は大阪ガスと株式会社CDエナジーダイレクトが提供する電力供給事業であり、パレット管理が導入されているアパート・マンション専用の電力事業です。

パレット管理の賃貸では「パレットクラウド」というシステムを用いることで、住宅管理を総合的におこなっています。このような特定の人のみが利用できるサービスという点では、パレット電気は新電力のなかでも特殊といえるでしょう。

またパレット電気は固定単価であるため、市場連動型のプランのように市場価格の高騰に影響されることはありません。

パレット電気の料金プラン|大手電力と比較して安い?

パレット電気の料金プラン|大手電力と比較して安い?

パレット電気料金表を紹介します。

大手電力会社の料金とそれぞれ比較するので、パレット電気の料金が高いのか安いのかをこちらでチェックしましょう。

パレット電気の料金単価表|料金プランも紹介!

パレット電気は基本料金0円ですが、電気使用量が少ない1段階の従量単価が少し高めになっています。そのため電気料金は大手電力会社より少し安い程度であり、大きな差はありません

パレット電気の料金プランは、大手電力会社の従量電灯A~Cに対応する「パレット電気A~C」がある他、オール電化住宅向けの「パレット電気AE」があります。

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力

契約容量/使用量 北海道電力 パレット電気
基本料金:10Aあたり 341.0円 0円
従量:~120kwh 23.97円 30A:32.48円
40A:35.32円
50A:38.16円
60A:41円
従量:121~280kwh 30.26円 30.26円
従量:281kwh~ 33.98円 30.92円

契約容量/使用量 東北電力 パレット電気
基本料金:10Aあたり 330.0円 0円
従量:~120kwh 18.58円 30A:26.82円
40A:29.57円
50A:32.32円
60A:35.07円
従量:121~300kwh 25.33円 25.33円
従量:301kwh~ 29.28円 26.57円

契約容量/使用量 東京電力 パレット電気
基本料金:10Aあたり 286.0円 0円
従量:~120kwh 19.88円 30A:27.02円
40A:29.4円
50A:31.78円
60A:34.16円
従量:121~300kwh 26.48円 26.46円
従量:301kwh~ 30.57円 27.77円

契約容量/使用量 中部電力 パレット電気
基本料金:10Aあたり 286.0円 0円
従量:~120kwh 21.04円 30A:28.17円
40A:30.55円
50A:32.93円
60A:35.31円
従量:121~300kwh 25.51円 25.51円
従量:301kwh~ 28.46円 25.8円

契約容量/使用量 北陸電力 パレット電気
基本料金:10Aあたり 242.0円 0円
従量:~120kwh 17.84円 30A:23.86円
40A:25.87円
50A:27.88円
60A:29.89円
従量:121~300kwh 21.73円 21.73円
従量:301kwh~ 23.44円 21.21円

契約容量/使用量 関西電力 パレット電気
最低料金 341.01円 0円
従量:15~120kwh 20.31円 20.6円
従量:121~300kwh 25.71円 25.71円
従量:301kwh~ 28.7円 26.17円

契約容量/使用量 中国電力 パレット電気
最低料金 336.87円 0円
従量:15~120kwh 20.76円 20.96円
従量:121~300kwh 27.44円 27.44円
従量:301kwh~ 28.7円 26.9円

契約容量/使用量 四国電力 パレット電気
最低料金 411.4円 0円
従量:11~120kwh 20.37円 21.92円
従量:121~300kwh 26.99円 26.99円
従量:301kwh~ 30.5円 27.79円

契約容量/使用量 九州電力 パレット電気
基本料金:10Aあたり 297.0円 0円
従量:~120kwh 17.46円 30A:24.87円
40A:27.34円
50A:29.81円
60A:32.28円
従量:121~300kwh 23.06円 23.06円
従量:301kwh~ 26.06円 23.61円

パレット電気は大手電力会社と比較して安い?高い?

上記の料金表をもとに、一定の使用量ごとの料金を大手電力会社と比較してみましょう。

電気使用量が多くなるに従い、大手電力会社よりも電気代がお得になっています。また基本料金0円なので、電気使用量が少ない家庭でも大手電力会社より高くなることはあまりありません。

つまりパレット電気は、大手電力会社からの乗り換えでお得になる可能性が高い電力会社であるということです。

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力

契約容量/使用量 北海道電力 パレット電気
30A/120kwh 3,899円 3,898円
40A/150kwh 5,148円 5,146円
50A/250kwh 8,515円 8,513円
60A/400kwh 13,842円 13,472円

契約容量/使用量 東北電力 パレット電気
30A/120kwh 3,220円 3,218円
40A/150kwh 4,310円 4,308円
50A/250kwh 7,173円 7,171円
60A/400kwh 11,697円 11,450円

契約容量/使用量 東京電力 パレット電気
30A/120kwh 3,244円 3,242円
40A/150kwh 4,324円 4,322円
50A/250kwh 7,258円 7,253円
60A/400kwh 11,925円 11,665円

契約容量/使用量 中部電力 パレット電気
30A/120kwh 3,383円 3,380円
40A/150kwh 4,434円 4,431円
50A/250kwh 7,271円 7,268円
60A/400kwh 11,679円 11,415円

契約容量/使用量 北陸電力 パレット電気
30A/120kwh 2,867円 2,863円
40A/150kwh 3,761円 3,756円
50A/250kwh 6,176円 6,171円
60A/400kwh 9,848円 9,609円

使用量 関西電力 パレット電気
120kwh 2,474円 2,472円
150kwh 3,245円 3,243円
250kwh 5,816円 5,814円
400kwh 9,971円 9,717円

使用量 中国電力 パレット電気
120kwh 2,517円 2,515円
150kwh 3,340円 3,338円
250kwh 6,084円 6,082円
400kwh 10,326円 10,144円

使用量 四国電力 パレット電気
120kwh 2,652円 2,630円
150kwh 3,462円 3,440円
250kwh 6,161円 6,139円
400kwh 10,560円 10,268円

契約容量/使用量 九州電力 パレット電気
30A/120kwh 2,986円 2,984円
40A/150kwh 3,975円 3,973円
50A/250kwh 6,578円 6,575円
60A/400kwh 10,634円 10,396円

パレット電気のメリット・デメリット|口コミや評判は?

パレット電気のメリット・デメリット|口コミや評判は?

パレット電気のメリット・デメリットを解説し、口コミ評判も紹介します。

乗り換えを検討するのであればメリット・デメリットをきちんとおさえたうえで、口コミ評判も参考にして本当にお得になるのかどうかをよく検討してください。

パレット電気のメリット4つ|評判や口コミも紹介

パレット電気のメリット4つ|評判や口コミも紹介

パレット電気には、以下のようなのメリットがあります。

・支払いは使った分の電気代だけ|基本料金0円
・電気使用量が多い家庭ほどお得
・ガスとのセット割りがある|電気代0.5%割引
・解約金・違約金0円

それぞれ関係する口コミも紹介するので、実際に利用している人の評判も参考にしましょう。

メリット①支払いは使った分の電気代だけ|基本料金0円

パレット電気は基本料金0円の料金設定なので、電気を使用した分の料金しかかりません。そのため電気使用量が少ない一人暮らしの家庭などでも、無駄に基本料金がかからずに済みます。

このような基本料金0円や従量料金一定のプランは、どの電力会社でも評判がよいプランの一つです。

メリット②電気使用量が多い家庭ほどお得

パレット電気の従量料金は、電気使用量300kwh(北海道は280kwh)を超えると大手電力会社より料金単価が安くなります。そのため電気使用量が多い家庭ほどお得になる料金設定なのです。

つまりパレット電気は電気使用量の少ない一人暮らしなどの世帯より、電気使用量が多いファミリー世帯におすすめの電力会社といえるでしょう。

メリット③ガスとのセット割りがある|電気代0.5%割引

パレット電気はガス事業もおこなっており、ガスと電気をセットにすることで電気代が0.5%割引されます。大手電力会社と比較して電気代が安いうえ、セット割りを適用すればさらに電気代がお得になるということです。

セット割りプランは電力会社の提供するサービスのなかでも評判が良いサービスなので、活用できる場合にはぜひ活用しましょう。

メリット④解約金・違約金0円

パレット電気は解約金・違約金が0円なので、乗り換えを気軽におこなうことができます

新電力会社のなかには契約期間内に解約すると1~2万円の解約金が発生することもあるので、解約金の有無は重要な要素といえるでしょう。

パレット電気のデメリット4つ|評判や口コミを紹介

パレット電気のデメリット4つ|評判や口コミを紹介

パレット電気にはいくつかのデメリットもあります。

・利用できるのはパレット管理が導入されている物件だけ
・シャーメゾン等の賃貸物件で利用を強制されることがある
・キャンペーンや特典がない
・他の新電力と比較して高い

関係する口コミや評判も参考にして、どのようなデメリットがあるのかも知っておきましょう。

デメリット①利用できるのはパレット管理が導入されている物件だけ

パレット電気はパレット管理が導入されている物件においてのみ利用できるサービスなので、それ以外の物件に住んでいる場合には利用できません。

そのため料金がお得になるからといって誰でも利用できるわけではないので、この点はあらかじめ理解しておきましょう。

デメリット②シャーメゾン等の賃貸物件で利用を強制されることがある

シャーメゾンは電気会社指定があるのも謎 パレット電気

— ポッポ (@poppinpoppo) April 7, 2021

積水ハウスの賃貸住宅であるシャーメゾンなどの一部賃貸マンションでは、パレット電気の利用を強制されるということがあります。電力会社の選択は本来利用者が自由にできるものなので、利用が強制されるということは通常ありません。

そしてきちんと探せばパレット電気より電気代を安くできる新電力会社がみつかることもあるため、電力会社を強制されるのはパレット電気のデメリットといえるでしょう。

※シャーメゾンなどの一部賃貸マンションではパレット電気の利用を強制されるケースもありますが、他の新電力に申し込んだり既にパレット電気を契約している方でも切り替えることができます。

デメリット③キャンペーンや特典がない

新電力会社では、新規申し込みでのキャッシュバックキャンペーンを実施しているところも多くあります。なかには1~2万円の高額キャッシュバックもあるため、乗り換えにおいてキャッシュバックの有無は重要なポイントです。

しかしパレット電気にはキャッシュバック等のキャンペーンがないので、お得感では他社に見劣りすることもあるでしょう。

デメリット④他の新電力と比較して高い

電気代が月24000円って、やっぱパレット電気高すぎる!

— kumo (@yusuke19870728) March 10, 2022

パレット電気は大手電力会社と比較すれば料金が安いため、乗り換えることで電気代をお得にすることができます。もっとも大手電力会社との金額差はそこまで大きくないので、あまりお得感を実感できないかもしれません。

新電力会社のなかには大手電力会社より大きく電気代が下がる電力会社もあるため、他の電力会社と比較すると高く感じることがあるでしょう。

【最新:2023年】おすすめの新電力会社!

新規申し込みができるおすすめの新電力会社

各エリアごとにおすすめの新電力会社は異なります。また、一人暮らしや二人暮らし、ファミリー層など電気の使い方や料金プラン(オール電化など)によっても違います。

以下ではエリアごとにおすすめの新電力を紹介。世帯別や特典別などさまざまな観点からおすすめの電力会社を紹介し、地域の大手電力との比較シミュレーションを用いてどのくらい安くなるのかを解説しています。ぜひ自分が住んでいる地域で最適な電力会社を見つけてください。

【関東】東京電力エリアでおすすめの新電力会社

【中部】中部電力エリアでおすすめの新電力会社

【関西】関西電力エリアでおすすめの新電力会社

おすすめのガス会社|プロパンガス・都市ガス

ガス代も合わせて安くしたい|おすすめガス会社を紹介!

ここでは、都市ガス・プロパンガス(LPガス)にわけておすすめの会社を紹介します。

おすすめの都市ガス|エリアごとに紹介

おすすめ都市ガス

都市ガスに関しては地域によって提供しているガス会社が大きく異なります。また、電力と同じでガスの使い方やプランによっても違ってきます。

以下では関東・中部・関西エリアでおすすめの都市ガス会社について徹底解説しています。地域の大手都市ガス会社との比較表や各会社の特徴、キャンペーン情報、特典など詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

【関東】東京ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

【中部】東邦ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

【関西】大阪ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

おすすめのプロパンガス

人気のプロパンガス会社は?比較サイトを使うのがおすすめ!

プロパンガス会社はホームページに料金を載せていない場合が多いので、各社に問い合わせをして見積もりを出してもらわなければ料金比較ができません。そこでおすすめなのが、比較サイトを活用する方法です。

比較サイトとは複数のプロパンガス会社に一括で無料見積もりを依頼して、内容を比較できるサイトです。数十社以上のガス会社の見積もりを比較できるため、大変参考になるでしょう。

以下3つは非常に人気でキャンペーンがあったり保証がついていたりとお得に切り替えることができます。またガス屋の窓口は簡単にシミュレーションをすることができるので、ぜひ一度試してみてください。

スクロールできます
項目エリア料金・返金保証キャンペーン問い合わせ
ガス屋の窓口一部エリア対象外あり紹介1名につき1万円
紹介・契約者双方
ガスチョイス全国なし最大3万円(現金)
WEB申し込み限定
エネピ全国なしAmazonギフト券5,000円

ぴったりの新電力を見つけて電気代を安くしよう!

パレット電気はパレット管理が導入されているアパート・マンション専用の電力事業です。

電気使用量が多くなれば従量料金は安くなりますが、大手電力会社と比較してもそこまで電気代は変わりません。キャンペーンの実施もないので、乗り換えることで大きなお得感は得られないでしょう。

また積水ハウスのシャーメゾン等に引っ越しをした場合に加入を強制される可能性もあるので、できれば事前に確認をしておきたいところです。

電気代をお得にするにはきちんと料金をシミュレーションし、他社とも比較して検討することが大事です。乗り換えを検討している人はパレット電気以外の電力会社とも比較して、自分にぴったりの新電力会社をみつけてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

電気とガスのおすすめセットプラン|エリア別に紹介します!

一人暮らしにおすすめの新電力会社7選|選び方や比較方法も紹介します。

大阪での一人暮らしにかかる光熱費はいくら?生活費の内訳や相場、節約方法も解説

【社会人】東京で一人暮らしにかかる費用相場|男性・女性、エリア別の生活費の内訳も紹介!

【東京】大学生の一人暮らしの生活費はいくら?費用相場から節約術まで解説!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる