大東ガスの都市ガスと電気は高い?それぞれの料金プランや評判、比較表を用いてを徹底解説!

大東ガスの都市ガスと電気は高い?それぞれの料金プランや評判、比較表を用いてを徹底解説!

大東ガスは埼玉県南西部を中心にガス事業をおこなうガス会社です。大東ガスのエリアではガス自由化に伴いニチガスも使えるようになったため、乗り換えるべきかどうか悩んでいる方もいるでしょう。

また大東ガスは電気事業もおこなっていますが、セット割りを使っても料金が最安になるとは限らないので、本当にお得かどうかはきちんと計算してみなければなりません。

こちらの記事では大東ガスの料金プランやニチガスとの料金比較、そして大東ガスのメリット・デメリットについて口コミ評判をふまえてまとめました。大東ガスの料金が安いのかどうかを知りたい方は、ぜひこちらを参考にしてください。

目次

大東ガスとは?供給エリアや解約金、申し込み方法など紹介!

運営会社 大東ガス株式会社
設立 1961年10月9日
住所 〒354-8550
埼玉県入間郡三芳町大字藤久保字西1081番地1
供給エリアLP HPを参照
供給エリア都市ガス 埼玉県:南三芳町・朝霞市・志木市・富士見市・川口市(一部)・入間市(一部)・新座市(一部)・所沢市(一部)
東京都:日野市(一部)
神奈川県:座間市(一部)
解約金/違約金 なし
支払い方法 口座振替・クレジットカード・払込用紙
申し込み方法 webはこちら
電話:0120-122-362
AM 8:30~PM 5:00(年中無休)
問い合わせ web:https://daitogas.co.jp/contact/form/
マイページ https://www.daitogas.co.jp/mydaitogas/

大東ガスは大東ガス株式会社が運営するガス事業で、東京のベットタウンにあたる埼玉県の一部地域を中心にガスの供給をしています。

エリア内は東京ガスの範囲外の地域もありますが、ニチガスが供給をおこなっている地域が多いため、ガス代をお得にしたいなら大東ガスとニチガスをよく比較しましょう。

料金の支払い方法は、口座振替・クレジットカード・払込用紙が可能なので、自分に合った好きな方法を選ぶことができます。

大東ガスの都市ガスと電気の料金プラン|大手と比較して高い?

大東ガスの都市ガスと電気の料金プラン|大手と比較して高い?

大東ガスの都市ガス・電気(DAITOでんき)の料金表を紹介します。

都市ガスは同じエリアで供給しているニチガスと、電気は東京電力の料金とそれぞれ比較するので、大東ガスの料金が安いのかどうかチェックしましょう。

大東ガスの都市ガスの料金プラン|ニチガスとの比較表も紹介

大東ガスの都市ガスの料金プラン|ニチガスとの比較表も紹介

まず大東ガスとニチガスの料金表は、以下のとおりです。

使用量 大東ガス
基本料金
ニチガス
基本料金
大東ガス
従量料金
ニチガス
従量料金
~5㎥
799.7円
1,485円
156.33円
0円
5~20㎥ 795.3円 130.47円
20㎥~80㎥ 1,289.20円 1,077.57円 131.85円 116.35円
80㎥~200㎥ 1,751.20円 1,244.77円 126.08円 114.25円
200㎥~500㎥ 2,979.53円 1,871.77円 119.93円 111.13円
500㎥~800㎥ 5,464.72円 6,051.77円 114.96円 102.77円
800㎥~ 10,288.43円 11,903.77円 108.93円 95.45円

そして上記の料金表をもとに、一定の使用料ごとのガス料金を比較すると、年間差額は以下のようになります。

使用量 大東ガス ニチガス 年間差額
10㎥ 2,363円 2,100円 3,156円
20㎥ 3,926円 3,405円 6,259円
30㎥ 5,245円 4,568円 8,120円
50㎥ 7,882円 6,895円 11,840円

表を見てわかるとおり、大東ガスの料金はニチガスより高く、使用量が多くなるにつれ料金差は大きくなっていきます。

大東ガスには一般契約の他、下記のようなプランがあります。

  • 家庭用ガス温水浴室暖房乾燥機契約
  • 家庭用ガス暖房契約
  • 家庭用ガス温水床暖房契約
  • 家庭用空調契約
  • 家庭用コージェネレーションシステム契約 
  • 小型空調契約
  • 空調夏期契約

このように大東ガスでは、ガス温水浴室暖房乾燥機・ガス暖房・ガス温水床暖房等の機器を使っている家庭用に様々な料金プランがあるのが特徴。自宅の状況に合わせて適切なプランを選ぶことで、ガス料金をお得にすることができます。

大東ガスの電気(DAITOでんき)の料金プラン|東京電力との比較表も紹介

大東ガスの電気(DAITOでんき)の料金プラン|東京電力との比較表も紹介

まず大東ガスの電気と東京電力の料金表は、以下のとおりです。

基本料金/従量料金 DAITOでんき 東京電力
基本料金:10Aあたり 286円 286円
従量:~120kwh 20.78円 19.88円
従量:120~300kwh 26.28円 26.48円
従量:300kwh~ 27.5円 30.57円

そして上記の料金表をもとに、一定の使用料ごとの電気料金を比較すると、年間差額は以下のようになります。

使用量(アンペア) DAITOでんき 東京電力 年間差額
120kwh(30A) 3,351円 3,243円 1,296円
200kwh(40A) 5,740円 5,648円 1,104円
400kwh(50A) 11,404円 11,639円 -2,820円
500kwh(60A) 14,440円 14,982円 -6,504円

DAITOでんきは使用量が増えると東京電力より安くなりますが、料金差はそこまで大きくありません。

DAITOでんきでは、下記のプランの中から好みのプランを選ぶことができます。

  • プラン1(東京電力「従量電灯B」相当)
  • プラン2(東京電力「従量電灯C」相当)
  • プラン3(東京電力「低圧電力」相当)
  • 検針票不要割

プラン1~3は、それぞれ東京電力のプランにある従量電灯B、従量電灯C、低圧電力に相当する内容。検針票不要割は、口座振替またはクレジットカード払いで検針票発行不要にしていると適用される付帯割引のプランです。

大東ガスの電気とガスのセット割プラン

大東ガスの電気とガスのセット割プラン

大東ガスは電気とガスをセットにすると、ガス料金が2%割引されるセット割りがあります。

大東ガスの電気・ガスのセット料金と、東京電力・ニチガスをそれぞれ契約した場合の料金を比較してみましょう。

使用量(アンペア) 大東ガス
DAITOでんき
ニチガス
東京電力
年間差額
ガス:10㎥ 2,316円 2,100円 2,589円
電気:120kwh(30A) 3,352円 3,244円 1,296円
ガス:20㎥ 3,848円 3,405円 5,317円
電気:200kwh(40A) 5,740円 5,348円 4,704円
ガス:30㎥ 5,140円 4,568円 6,861円
電気:400kwh(50A) 11,404円 11,339円 780円
ガス:50㎥ 7,724円 6,895円 9,948円
電気:500kwh(60A) 14,440円 14,682円 -2,904円

もともとのガス料金がニチガスよりも高い大東ガスですが、セット割りを適用してもニチガスより安くなることはありませんそしてDAITOでんきも東京電力より高いため、結果的に東京電力・ニチガスをそれぞれ契約する方が料金はお得です。

大東ガスのメリット・デメリットとは?口コミや評判も紹介!

大東ガスのメリット・デメリットとは?口コミや評判も紹介!

ここでは大東ガスの都市ガスのメリット・デメリット、電気のメリット・デメリットをそれぞれ解説し、口コミ評判も紹介します。

乗り換えを検討するのであれば、それぞれのメリット・デメリットをきちんとおさえたうえで、評判も参考にして本当にお得になるのかどうかをよく検討してください。

大東ガスの都市ガスのメリット・デメリット

大東ガスの都市ガスのメリット・デメリット

大東ガスの都市ガスのメリット・デメリットについて説明します。

それぞれ関係する口コミ評判も紹介するので、口コミによるリアルな声も参考にしてください。

大東ガスの都市ガスのメリット

大東ガスの都市ガスのメリットは、以下のとおりです。

  • 電気とのセット割がある
  • 安心サポートがある
  • My大東ガスで料金や使用状況を確認できる

大東ガスの電気は、一定の使用料を超えると東京電力より料金が安くなりますそのため電気使用量の多い家庭では、東京電力からの乗り換えで料金を安くすることができるでしょう。

またガスをセットで申し込めばセット割りも適用されるので、さらにお得になります。

その他にも、保安体制が確立されているためガス漏れの24時間サポートがあり、月々の料金等をオンラインで確認できる「My大東ガス」などの充実したサービスも評判。

大東ガスの都市ガスのデメリット

大東ガスの都市ガスには以下のようなデメリットもあります。

  • ニチガスと比較して料金が若干高い

大東ガスはニチガスよりも料金が高いので、電気とセットで申し込まないければお得にはなりません。

料金の高さは口コミでも評判が悪い点です。大東ガスにするなら、セット割りを活用して料金を安くしましょう。

大東ガスの電気(DAITOでんき)のメリット・デメリット

大東ガスの電気(DAITOでんき)のメリット・デメリット

大東ガスの電気のメリット・デメリットについて説明します。

大東ガスの電気に乗り換えを検討している人は、メリットとデメリットをよく比較して検討してください。

大東ガスの電気(DAITOでんき)のメリット

大東ガスの電気のメリットは、以下のとおりです。

  • ガスとのセット割がある
  • 使用量が多い家庭であればよりお得
  • My大東ガスで料金や使用状況を確認できる

大東ガスの電気は東京電力よりも料金が安く、使用量が多いほど料金差は大きくなります。そのため電気使用量の多い家庭ほどメリットが大きいのです。

さらにセット割りを適用すればガス代も割引される点は評判。大東ガスのガス代はニチガスよりも高いので、基本的に大東ガスのみでは乗り換えのメリットがあまりありません。

ただし電気使用量の多い家庭で大東ガスの電気に乗り換える場合には、セット割りをうまく活用するためにガスも合わせて大東ガスへの乗り換えを検討してみても良いでしょう。

大東ガスの電気(DAITOでんき)のデメリット

大東ガスの電気は、以下のようなデメリットもあります。

  • 一人暮らしなどは電気代が高い
  • 他に安い新電力会社がある

大東ガスは電気使用量の多い家庭ほど料金がお得になりますが、逆に電気使用量が少ない家庭の場合東京電力よりも料金が高くなることもあります。

そのため一人暮らしなどの電気使用量が少ない家庭では乗り換えのメリットがあまりないので、評判も良くありません。大東ガスの供給エリアでは、他にも選ぶことができる新電力会社はいくつかあります。

後ほど大東ガスの電気に代わるおすすめの新電力会社を紹介するので、大東ガスの電気に乗り換える前に他の新電力会社もチェックしておきましょう。

大東ガスの申し込み方法や解約金・違約金は?

大東ガスの申し込み方法や解約金・違約金は?

大東ガスの申し込みは下記のフォームか電話番号からおこなえます。

電話:0120-122-362(AM 8:30~PM 5:00年中無休)

解約金・違約金は発生しないので、着替えるに乗り換えることができます。

大東ガスの電気(DAITOでんき)よりも安いおすすめの新電力会社3選!

おすすめの電力会社3選!

大東ガスの電気より安く、解約金も発生しないおすすめの電力会社を紹介していきます。一人暮らし・ファミリー・店舗を運営している人など人によって電気の契約プランや使用量は大きく変わってきますので、ここではどのような方におすすめなのかについても解説していきますね。

また、おすすめの新電力会社はエリアによって異なりますので、東京電力エリア以外の方はこちらでおすすめを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
【コンサルが選ぶ】新電力会社おすすめランキングTOP10|地域別の料金比較も大公開! このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。電気代は必ず支払う費用なので、どうせだったら少しでも低価格で安心して利用できる電力会社と契約したいで...

おすすめ新電力1. エルピオでんき

新電力おすすめのエルピオでんき

おすすめポイント!

  • とにかく電気代が安い!
  • エルピオガス管内でガスを使っている人はセット割有り
  • 24時間365日電気トラブル時に駆けつけサービス有り
  • キャンペーン:セット割プランで最大30,000円キャッシュバック
  • ガスとセット契約:有り(東京ガスエリアのみ)
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:全般
  • 支払い方法:銀行口座振替、クレジットカード
使用量 DAITOでんき エルピオでんき
30A/120kwh 3,352円 3,394円
40A/150kwh 4,426円 4,038円
50A/250kwh 7,340円 6,598円
60A/400kwh 11,690円 10,574円
あわせて読みたい
エルピオでんきの口コミや評判|メリット&デメリット・料金プランも解説! このような疑問を持っているかも多いと思います。今回は、エルピオでんきに切り替える際のメリット・デメリットや口コミや評判、切り替えたらどのくらい安くなるのかを...

エルピオでんき 公式HP

おすすめ新電力2. Looopでんき

新電力でおすすめのループでんき

おすすめポイント!

  • 基本料金0円なので、電気をあまり使わない一人暮らしの人におすすめ
  • ガスと電気のセット割有り
  • アプリで電気の使用量をリアルタイムで確認できる
  • キャンペーン:-
  • ガスとセット契約:有り(東京ガスエリアのみ)
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:一人暮らし、契約容量が大きい人
  • 支払い方法:クレジットカード
契約容量/使用量 DAITOでんき Looopでんき
30A/120kwh 3,352円 2,808円
40A/150kwh 4,426円 3,510円
50A/250kwh 7,340円 5,850円
60A/400kwh 11,690円 9,360円
あわせて読みたい
Looopでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します! このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。 Looopでんきは非常に評判が良く、どのサイトでもランキング上位に入っていますが、本当はどうなのか? 本記...

Looopでんき 公式HP

おすすめ新電力3. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

おすすめポイント!

  • 料金プランが豊富
  • JALマイルが貯められる
  • 環境負荷の低い再生可能エネルギーを利用
  • キャンペーン:無し
  • ガスとセット契約:無し
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:全般
  • 支払い方法:銀行口座振替、クレジットカード
使用量 DAITOでんき シンエナジー
きほんプラン
シンエナジー
シンぷるプラン
30A/120kwh 3,352円 3,128円 3,156円
40A/150kwh 4,426円 4,128円 3,945円
50A/250kwh 7,340円 6,862円 6,575円
60A/400kwh 11,690円 11,128円 10,520円
あわせて読みたい
シンエナジー(旧:洸陽電機)の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します! シンエナジーのメリットやデメリットについて口コミや評判を元に解説しています。また、シンエナジーに乗り換えることでどの食う電気代が安くなるのかも比較表を元に紹...

シンエナジー 公式HP

まとめ

大東ガスはニチガスよりも料金が高いため、ガス単体でみればニチガスの方がお得です。また大東ガスにはガス料金2%割引のセット割りがありますが、セット割りを適用してもニチガスより安くなることはありません。

そして大東ガスの電気も東京電力より料金が高く、結果的には東京電力・ニチガスをそれぞれ契約する方が料金はお得です。

大東ガスの供給エリアにも他に選ぶことができる新電力会社はいくつかあるので、大東ガスの電気に乗り換える前に他の新電力会社もチェックしておきましょう。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

【埼玉】プロパンガス(LPガス)の平均料金と適正価格|安く利用できるガス会社は?

電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!

【関東】新電力会社おすすめランキングTOP15|東京電力と比較してどのくらい安い?

東京の都市ガス会社おすすめランキングTOP10|関東で人気の都市ガス料金を徹底比較!

【東京】プロパンガス(LPガス)の平均料金と適正価格|安く利用できるガス会社は?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる