コスト削減 電気代

【福井県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

【福井県】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

電力自由化以降、福井県で新電力会社への乗り換えを検討している人は多いことと思います。なぜならば、福井県の電力消費量は全国トップクラスであり電気代も非常に高いからです。

電力消費量を減らすのは難しいですが、新電力会社の切り替えによって、同じ消費量で電気代を大幅に下げることも可能です。

とはいえ、電力自由化以降たくさんの新電力会社が参入しており、各社が提供しているプランにも色々あるため、どの会社に乗り換えるか迷ってしまうものです。

そこで本稿では、福井県の電力事情を踏まえたうえで、電気料金が最も安くなる可能性が高い新電力会社を、ランキング形式で紹介していきます。

【福井県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

【福井県】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

福井県でお得な新電力会社を検討するにあたって、まずは安い・高いの基準を知る必要があります。そこで、福井県の平均電気代を居住人数ごとに見てみましょう。

一人暮らし 約7,800円
二人暮らし 約13,100円
三人暮らし 約15,100円
四人暮らし 約16,000円
五人暮らし 約17,600円
六人暮らし 約21,800円

福井県は、全国的に見て電力消費量が非常に大きいことで有名です。

総務省の「家計調査年報(2019年・都道府県庁所在市別)」によれば、一世帯当たりの年間の平均電気代のTOP3は以下のようになっています。

第1位:福井市 7317kWh
第2位:金沢市 7170kWh
第3位:富山市 6487kWh

なお、全国平均は4724kWh/年ですから、福井市の平均電力消費量は全国の約1.5倍であることが分かります。当然電気代も高いため、新電力会社に乗り換えることで得られる節約効果も高いといえます。

電力会社の選び方|お得に新電力に切り替えるコツ

電力会社を選ぶ時、どこに重点を置くのかは非常に重要です。主に以下の7点を意識すれば問題ないでしょう。

・電気料金が安い
・電気の供給エリアをチェック
・支払い方法をチェック
・ポイント付与がある
・キャンペーンや特典をチェック
・セット割プランでよりお得に
・解約金の有無をチェック

詳しくはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!
電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!

電力会社の数は無数にあります。そのため、電力会社を切り替えたいと思っても、どれが良いのかさっぱりわからないですよね。 そこで今回は、自分に合った電力会社の選び方を知るために、「電気料金プランの種類には ...

続きを見る

【福井県】新電力会社ランキングTOP3|北陸電力との電気料金比較

【福井県】新電力会社ランキングTOP3|北陸電力との電気料金比較

福井県でおすすめの新電力会社ランキングTOP3を選ぶために、二通りの方法で検証していきます。

※ここで用いる表では、北陸電力と比較しています。福井県の一部(三方郡美浜町以西)は関西電力エリアであることに注意してください。

まず、候補となる3社の電気料金を北陸電力と比較してみましょう。比較の対象は、以下になります。

・エルピオでんき
・Looopでんき
・HTBエナジー

福井県の平均電気代から平均的な電力消費量を逆算し、各社の電気代を計算すると以下のようになります。

使用量 北陸電力 エルピオでんき Looopでんき HTBエナジー
344Kwh(30A) 7,810円 7,327円 7,327円 7,429円
560Kwh(40A) 13,115円 11,928円 11,928円 12,074円
635Kwh(50A) 15,115円 13,526円 13,526円 13,247円
663Kwh(60A) 16,013円 14,122円 14,122円 13,926円

この表の通り、新電力会社3社全てが北陸電力より安いことが分かります。

また、電力消費量が大きい福井県の特性によって、基本料金0円プラン(契約容量に関係なく一定の電力量単価で電気代を算出するプラン)を提供しているエルピオでんき・Looopでんきが全ての場合でシンエナジーより安い傾向があります。

【契約容量と現状の電気代から比較する】

次に、福井県の平均電気代と自分の平均電気代を比較し、契約容量別におすすめの新電力会社を考えてみます。

契約容量 電気代/月 最安値の新電力会社
30A ~7,800円 エルピオでんき
Looopでんき
7,800円~ エルピオでんき
Looopでんき
40A ~13,100円 エルピオでんき
Looopでんき
13,100円~ HTBエナジー
50A ~15,100円 HTBエナジー
15,100円~ HTBエナジー
60A ~16,000円 HTBエナジー
16,000円~ HTBエナジー

福井県の一人暮らしや二人暮らしの方で比較的電気の使用量が少ない家庭は、基本料金0円プランを提供しているエルピオでんき・Looopでんきがおすすめです。

また、ファミリー層の方などで電気の使用量が多い家庭はHTBエナジー一択ですね。

こちらは、電力消費量が大きいほどお得になるため、一人暮らしよりもカップルの同棲や夫婦だけの二人暮らしのほうがお得になり、ファミリー世帯や大家族ではさらにお得になります。

おすすめランキング1位. エルピオでんき

新電力おすすめのエルピオでんき

エルピオでんきと北陸電力の電気料金を比較してみましょう。

北陸電力 エルピオでんき
基本料金:30A 726.00円 0円
基本料金:40A 968.00円
基本料金:50A 1210.00円
基本料金:60A 1452.00円
従量:~119Kwh 17.84円 21.30円
従量:120~299Kwh 21.73円
従量:300Kwh~ 23.44円

119kWhまでの電力量料金は北陸電力より高いのですが、120kWh以上になるとお得です。福井県の電力消費量は大きいため、大幅な節約になるケースも珍しくありません。

エルピオでんきは、契約容量に関係なく基本料金が0円であり、電力量料金だけで電気代を計算します。

基本料金0円プランは、電力消費量が大きくなればなるほどお得になっていくプランです。このため、電力消費量が大きい福井県では基本料金0円プランの新電力会社がおすすめです。

したがって、本稿で候補とした新電力会社3社のうち、エルピオでんきとLooopでんきのいずれかが1位となるわけですが、この両社はどちらも電力量料金が21.3円で全く同じであるため甲乙つけがたいです。

強いていうならば、エルピオでんきは最大20,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しているため、Looopでんきよりおすすめといえます。
ただし、電力消費量が少ない場合には、契約容量を小さく抑えた従量電灯プランのほうがお得になること多いため注意が必要です。

申し込みはコチラ

おすすめランキング2位.Looopでんき

新電力でおすすめのLooopでんき

Looopでんきと北陸電力の電気料金を比較してみましょう。

北陸電力 Looopでんき
基本料金:30A 726.00円 0円
基本料金:40A 968.00円
基本料金:50A 1210.00円
基本料金:60A 1452.00円
従量:~119Kwh 17.84円 21.30円
従量:120~299Kwh 21.73円
従量:300Kwh~ 23.44円

特徴はエルピオでんきと同じです。電力消費量が大きくなるほどお得感が高まります。

Looopでんきも、基本料金0円プランを提供しています。電力消費量が多い福井県だからこそ、Looopでんきのプランがお得です。

電力量料金はエルピオでんきと全く一緒であるため、キャンペーンを実施していないLooopでんきの方がやや魅力に欠けます。

とはいえ、Looopでんきは新電力会社の中でも特に人気が会社でもあります。

2020年2月の「電力会社についてのアンケート(サンケイリビング)」では「顧客満足度」と「サービス満足度」で第1位に輝いています。

このため、初めて新電力を利用する人など、不安を感じてしまう人にはおすすめです。

ただし、電力消費量が少なく契約容量も小さく抑えられる人は、基本料金0円プランよりも従量電灯プランの方がお得になることがあるため慎重に検討しましょう。

申し込みはコチラ

おすすめランキング3位. HTBエナジー

HTBエナジー(HISでんき)の解約方法&注意点を解説します。

北陸電力 ウルトラ30A ウルトラ40A ウルトラ50,60A
基本料金:30A 726円 689.7円 - -
基本料金:40A 968円 - 890.56円 -
基本料金:50A 1,210円 - - 605円
基本料金:60A 1,452円 - - 726円
従量:~120kwh 17.84円 16.96円 16.42円 19.91円
従量:120~299kwh 21.73円 20.66円 20円
従量:300kwh~ 23.44円 22.28円 21.57円

HTBエナジーは契約容量により基本料と従量単価が異なります。北陸電気とウルトラシリーズとプライムシリーズを比較した表を以下に列記載します。

HTBエナジーのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・豊富なプラン
・オール電化にも対応している
・支払い方法はく3つから選択可能

デメリット

・1年の縛りがあり、解約金が2,000円発生する
・割高になるケースがある

ウルトラシリーズ・プライムシリーズでは、北陸電気よりも基本料と従量単価ともに安く設定されています。

しかし50A,60Aかつ120kwh以下では北陸電気よるも高くなってしまうので選ぶプランには注意しましょう。

プライムシリーズを選ぶ場合には、大家族であり電気使用量が多いご家庭ほど削減効果が大きいです。

また2時間無料となるママトクプランやオール電化対応プランなど豊富なプランもHTBエナジーの特徴です。

申し込みはコチラ

【福井県】電力会社を切り替える際の注意点

【福井県】電力会社を切り替える際の注意点

電力会社の乗り換えを検討するとき、まず確認したいのは対応エリアです。

本稿で挙げた3社は全て福井県エリアに対応しているため問題ありませんが、ほかの電力会社も含めて検討する人は対応エリアのチェックが欠かせません。

また、解約金もチェックしておきましょう。引っ越しに伴う解約の際、解約金がかかってしまうともったいないので、解約金無料の電力会社を選んで乗り換えるのがベターです。

このほか、エルピオでんきとLooopでんきを比較したときのように、プラスアルファのメリットにも注意を払いましょう。オール電化の場合にさらにお得になったり、キャンペーンでキャッシュバックが受けられたりすることがあります。

以上の点に注意しながら、乗り換えを進めてください。

まとめ|福井県でもっとも安い新電力会社

世帯ごとの居住人数やライフスタイルの違いによって、最も安い新電力会社は変わります。

しかし、本稿で挙げたエルピオでんきLooopでんきHTBエナジーの3社は、特におすすめしたい新電力会社です。

福井県のように電力消費量が多い地域では、新電力会社の乗り換えによって得られる節約効果も大きいです。月平均で数千円、年平均では数万円の節約になるケースも多いです。

ぜひ乗り換えを検討し、電力自由化の流れに乗ってほしいと思います。

また、プロパンガス(LPガス)を利用の方はこちらから自分にぴったりの安いプロパンガス会社を見つけてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.