コスト削減 電気代

【北陸】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

【北陸】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

北陸地方へ引っ越すため安い新電力会社を探している、すでに在住であるが北陸電力よりも安い新電力会社へ乗り換えを検討しているなど、様々な場面で新電力会社への乗り換えを検討することはあるのではないでしょうか。

どうせ契約するなら最安で信頼できる電力会社を選びたいですよね。しかし電力自由化で各社が出しているプランが多すぎてどのように比較をすればいいのか分かりづらいです。

「北陸エリアでおすすめの新電力会社はどこなの?」
「おすすめの新電力会社のメリットデメリットはなに?」

このような疑問を持っている方に向けて北陸電力エリアでおすすめの新電力会社3社を比較しランキング形式でご紹介します。

【北陸】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

【北陸】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

北陸地方は全国と比べると電気消費量が多く、電気料金単価が安いという特徴があります。1つずつその特徴を見ていきましょう。

まず、一人暮らしから六人以上のファミリー層までの世帯別の電気代を見てみましょう。

一人暮らし 約7,000円
二人暮らし 約11,800円
三人暮らし 約13,700円
四人暮らし 約14,500円
五人暮らし 約16,000円
六人暮らし 約19,700円

電力会社の選び方|お得に新電力に切り替えるコツ

電力会社を選ぶ時、どこに重点を置くのかは非常に重要です。主に以下の7点を意識すれば問題ないでしょう。

・電気料金が安い
・電気の供給エリアをチェック
・支払い方法をチェック
・ポイント付与がある
・キャンペーンや特典をチェック
・セット割プランでよりお得に
・解約金の有無をチェック

詳しくはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!
電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!

電力会社の数は無数にあります。そのため、電力会社を切り替えたいと思っても、どれが良いのかさっぱりわからないですよね。 そこで今回は、自分に合った電力会社の選び方を知るために、「電気料金プランの種類には ...

続きを見る

【北陸】新電力会社ランキングTOP3|北陸電力との電気料金比較

【北陸】新電力会社ランキングTOP3|北陸電力との電気料金比較

北陸電力エリアでおすすめの新電力会社3社を1位から3位までランキング形式で紹介していきます。

電力自由化で各社様々なプランを提供しています。あなたの生活スタイルに合ったプラン選びの参考にしてください。

現在の電気代の利用明細があるなら以下の表にまとめている最安となる新電力会社をまずチェックしてください。

電気代/月 最安値の新電力会社
~7,000円 エルピオでんき
Looopでんき
7,000円~ エルピオでんき
Looopでんき
~11,800円 エルピオでんき
Looopでんき
11,800円~ HTBエナジー
~13,700円 HTBエナジー
13,700円~ HTBエナジー
~14,500円 HTBエナジー
14,500円~ HTBエナジー

夫婦二人暮らしから大家族まで幅広い層でLooopでんきが最安であることがわかりますね。

もう少し具体的にイメージを持てるよう以下の4つの条件の場合に、北陸電気と新電力会社3社でいくら電気代に差があるのか比較してみました。

使用量 北陸電力 エルピオでんき Looopでんき HTBエナジー
310Kwh(30A) 7,018円 6,603円 6,603円 6,672円
500Kwh(40A) 11,714円 10,650円 10,650円 10,780円
580Kwh(50A) 13,831円 12,354円 12,354円 12,153円
600Kwh(60A) 14,542円 12,780円 12,780円 12,672円

ここからはおすすめしたい新電力会社、エルピオでんき・Looopでんき・HTBエナジーの3社を詳しく紹介していきます。

おすすめランキング1位. エルピオでんき

新電力おすすめのエルピオでんき

北陸電力 エルピオでんき
基本料金:10Aあたり 242円 0円
従量:~120kwh 17.84円 21.3円
従量:120~299Kwh 21.73円
従量:300Kwh~ 23.44円

エルピオでんきのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・基本料金が0円
マイページから電気の使用量が確認できる
・定期的にキャッシュバックキャンペーンを行なっている
・事務手数料や解約違約金なし

デメリット

・一人暮らしで利用量120kwhを下回る方は割高になる
・ポイントサービスがない
・契約容量(A)が小さいとメリットが出にくい

エルピオでんきは料金単価、基本料金ともにLooopでんきと同様ですが、キャンペーンを含めるとお得感が増すことから北陸電力エリアでランキング1位と非常におすすめです。

ただ、使用量が多いファミリー層の方は、HTBエナジーが最安値になるので、自分の電気代をあらかじめチェックしていきましょう。

エルピオでんき公式HP

おすすめランキング2位. Looopでんき

新電力でおすすめのループでんき

北陸電力 Looopでんき
基本料金:10Aあたり 242円 0円
従量:~120kwh 17.84円 21.3円
従量:120~299Kwh 21.73円
従量:300Kwh~ 23.44円

Looopでんきのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・基本料が0円
・契約者の手続きインターネットで申込するだけ
・スマホでリアルタイムで電気利用量を確認できる
・事務手数料や解約違約金なし

デメリット

・クレジットカード決済のみ
・一人暮らしで利用量120kwhを下回る方は割高になる
・ポイントサービスがない

エルピオでんき同様、基本料金が無料なので、電気使用量が少ない一人暮らしの方や、契約容量が大きい大家族の方も削減効果が期待できます。

ただ、エルピオでんきにはキャンペーンがあり、それを含めるとLooopでんきよりもお得に利用することができるのでランキングは2位という結果になりました。

Looopでんき公式HP

おすすめランキング3位. HTBエナジー

HTBエナジー(HISでんき)の解約方法&注意点を解説します。

北陸電力 ウルトラ30A ウルトラ40A ウルトラ50,60A
基本料金:30A 726円 689.7円 - -
基本料金:40A 968円 - 890.56円 -
基本料金:50A 1,210円 - - 605円
基本料金:60A 1,452円 - - 726円
従量:~120kwh 17.84円 16.96円 16.42円 19.91円
従量:120~299kwh 21.73円 20.66円 20円
従量:300kwh~ 23.44円 22.28円 21.57円

HTBエナジーは契約容量により基本料と従量単価が異なります。北陸電気とウルトラシリーズとプライムシリーズを比較した表を以下に列記載します。

HTBエナジーのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・豊富なプラン
・オール電化にも対応している
・支払い方法はく3つから選択可能

デメリット

・1年の縛りがあり、解約金が2,000円発生する
・契約容量が小さく、電気の使用量が少ないと割高

ウルトラシリーズ・プライムシリーズでは、北陸電気よりも基本料と従量単価ともに安く設定されています。

しかし50A,60Aかつ120kwh以下では北陸電気よるも高くなってしまうので選ぶプランには注意しましょう。

プライムシリーズを選ぶ場合には、大家族であり電気使用量が多いご家庭ほど削減効果が大きいです。

また2時間無料となるママトクプランやオール電化対応プランなど豊富なプランもHTBエナジーの特徴です。

HTBエナジー 公式HP

【北陸】電力会社を切り替える際の注意点

【北陸】電力会社を切り替える際の注意点

電力自由化により利用できる電力会社は増えましたが、申込みをする前に注意しなければならない点が2つあります。

①居住エリアで利用可能な新電力会社であるか
②オール電化など特別なプランの申込み予定か

このような注意点があります。

エリアはもちろん、オール電化など特別なプランであれば対応していない電力会社もあります。なので、特殊なプランに加入している方は事前に確認しましょう。

まとめ|北陸でもっとも安い新電力会社

今回は北陸電力エリアで乗り換えるべきおすすめの新電力会社をランキング形式で紹介しました。

結果、一人暮らしや二人暮らしの方など比較的電気の使用量が少ない方は、エルピオでんきLooopでんきがおすすめです。

一方電気の使用量が多いファミリー層の方ですと、HTBエナジーが最安値となりました。

自身の電気代とj比較しながら、最適な新電力会社を選び、少しでも電気代を安く済ませるようにしましょう。

また、プロパンガス(LPガス)を利用の方はこちらから自分にぴったりの安いプロパンガス会社を見つけてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.