コスト削減 電気代

くらしでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

くらしでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

今回は、「くらしでんき」を検討している方へ、サービス内容から料金プランなどを踏まえて、メリット・デメリットに分けて詳しく解説していきます。どのような方におすすめできるのか、またはおすすめできないケースはあるのか紹介しています。くらしでんきが最適な電力会社ではないと感じた場合のおすすめの新電力会社も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

くらしでんきとは?会社概要とサービス内容

会社概要|どんな会社なの?

引用元:くらしでんき

大手通信会社の「ソフトバンク株式会社」が販売している電気が、「くらしでんき」です。2019年12月からスタートしたソフトバンク電気から出た新しいプランで、一般家庭向けに提供するサービスです。

供給可能エリアは?

北陸電力を除く、北海道・東北・東京・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力エリアが対象となります。

事務手数料・解約違約金は?

契約期間に関わらず、解約手数料が、500円かかります。

支払い方法は?

口座振替クレジットカード払いから選べます。

くらしでんき料金プラン

ここではくらしでんきの料金プランを東京電力の料金プランと比較しながらどのくらい安くなるのか?を解説していきます。

くらしでんきは使用量によって割引率が変わってくるので、細かくチェックしていきましょう。

くらしでんき料金プラン

エリアに関わらず、使用量に合わせて、従量料金が1〜5%削減できます。

割引率
従量:〜119kwh 1%
従量:120〜299kwh 3%
従量:30kwh〜 5%

東京電力との比較

具体的にどのくらいの削減ができるのか、東京電力の料金単価と比較してみましょう。

東京電力 くらし電気
基本料金(10Aあたり) 286円 286円
従量:〜119kwh 19.88円 19.68円
従量:120〜299kwh 26.48円 25.68円
従量:30kwh〜 30.57円 29.04円

くらしでんきのメリット・デメリットとは?口コミや評判を交えて解説!

くらしでんきに切り替えるにあたって、どのようなメリット&デメリットがあるのかを口コミと評判と合わせて紹介していきます。

くらしでんきのメリット|口コミと評判と合わせて紹介

まず、くらしでんきのメリット部分について紹介していきます。

メリット① Tポイント

引用元:くらしでんき

口コミ:普段通り電気代を払っているだけでTポイントがつくのはありがたい

ソフトバンクでんきのプランは3つありますが、唯一くらしでんきだけTポイントが付与されます。還元率は、「1,000円=5ポイント」です。事前にMy SoftBankへTカード番号を登録すれば、ご利用いただけますし、付与されたTポイントはMy SoftBankで確認できます。なお、ポイントの有効期限は1年間となっておりますのでご注意ください。

メリット② 使えば使うほどお得

引用元:くらしでんき

口コミ:料金が高いほど削減額も大きくなるので、夏場、冬場も安心です

使用量が増えれば増えるほど、削減率が上がるはありがたいですね。よりたくさんの電気を使う家庭であれば節約の効果はより大きくなります。

メリット③ 水漏れや鍵の紛失時の対応が2年間無料

引用元:くらしでんき

口コミ:通常10,000円以上鍵の紛失の対応も無料で行ってくれて助かりました

水のトラブル、鍵の紛失、ガラスの破損に関して30分以内の作業で完了するものであれば無料で行ってくれるサービスがあります。くらしでんき加入者であれば誰でも受けられるサービスです。2年間無料で受けられます。

くらしでんきのデメリット|口コミと評判と合わせて紹介

次に、デメリット部分について紹介していきます。

デメリット① 携帯電話やガスなどのセット割がない

口コミ:スマホやネットのセット割がないのは残念

携帯電話やインターネットとのセット割がないので、ソフトバンクユーザーからすると、メリットは感じられないですね。その分Tポイントがつきますが、月に5,000円の電気代だとしても、Tポイント25ポイントなのでセット割の方がお得だと感じる人が多いようです。

デメリット② 解約金がかかる

口コミ:解約金500円がかかった


解約金無料の会社も多数ある中、契約期間に関わらず解約金500円がかかってしまいます。満足できる削減ではなく、他の電力会社に切り替える場合ネックにはありますが、解約金を考えてもさらにお得な電力会社もありますので検討してみてもいいかもしれませんね。

デメリット③ 使用量が少ない場合は料金メリットを感じにくい

口コミ:使用量が少ないとほぼメリットがない

使用量によっては最大5%の割引ができるが、毎月3,000前後の電気代の方であれば1%の割引にしかならないので、そこまでメリットを感じないかもしれませんね。そういう方には、使用量が少なくても確実に安くなるおすすめの電力会社を下で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

くらしでんきより安くなる?おすすめの電力会社3選!

くらしでんきよりさらに安く使えて、解約金もかからない電力会社を紹介します。また、どのような方におすすめなのかについても解説していきます。

比較表

くらし電気 エルピオ電気 Looop電気 シンエナジー
基本料金(10Aあたり) 286円 268.84円 0円 256.11円
従量:〜119kwh 19.68円 18.69円 26.40円 19.67円
従量:120〜299kwh 25.68円 23.03円 26.40円 24.78円
従量:300kwh〜 29.04円 25.78円 26.40円 27.71円

おすすめ新電力1. エルピオでんき

新電力おすすめのエルピオでんき

おすすめポイント!

  • とにかく電気代が安い!
  • エルピオガス管内でガスを使っている人はセット割有り
  • 24時間365日電気トラブル時に駆けつけサービス有り
  • キャンペーン:3ヶ月間15%割引 + 最大20,000円キャッシュバック
  • ガスとセット契約:有り
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:全般
  • 支払い方法:銀行口座振替、クレジットカード
くらし電気 エルピオ電気
150kwhの場合 4,282円 4,013円
250kwhの場合 6,850円 6,316円
400kwhの場合 11,041円 10,048円

※契約容量は40A、基本料金と従量料金のみで算出しています。

詳しくはコチラ

おすすめ新電力2. Looopでんき

新電力でおすすめのループでんき

おすすめポイント!

  • 基本料金0円なので、電気をあまり使わない一人暮らしの人におすすめ
  • ガスと電気のセット割有り
  • アプリで電気の使用量をリアルタイムで確認できる
  • キャンペーン:-
  • ガスとセット契約:有り
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:一人暮らし、契約容量が大きい人
  • 支払い方法:クレジットカード
くらし電気 Looop電気
150kwhの場合 4,282円 3,960円
250kwhの場合 6,850円 6,600円
400kwhの場合 11,041円 10,560円

※契約容量は40A、基本料金と従量料金のみで算出しています。

詳しくはコチラ

おすすめ新電力3. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

おすすめポイント!

  • 基本料金が10%オフ
  • JALマイルが貯められる
  • 環境負荷の低い再生可能エネルギーを利用
  • キャンペーン:ギフト券をプレゼント
  • ガスとセット契約:有り
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:全般
  • 支払い方法:銀行口座振替、クレジットカード
くらし電気 シンエナジー
150kwhの場合 4,282円 4,133円
250kwhの場合 6,850円 6,611円
400kwhの場合 11,041円 10,624円

※契約容量は40A、基本料金と従量料金のみで算出しています。

詳しくはコチラ

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2020 All Rights Reserved.