コスト削減 電気代

九州電力とENEOSでんきの料金を徹底比較|福岡や熊本で安い電力会社とは?

九州電力とENEOSでんきの料金を徹底比較|福岡や熊本で安い電力会社とは?
福岡でENEOSでんきはおすすめ?
九州電力と比較してどのくらい安くなる?
九州でお得に使える新電力はどこ?

ENEOSでんきは九州エリアでも利用できる新電力会社ですが、他の新電力会社と比較してENEOSでんきの料金は高いのか安いのか、気になっている人もいるでしょう。

宮崎・福岡・熊本など九州エリアでは他にも利用できる新電力会社はたくさんあるので、乗り換える前によく料金をシミュレーションして安い電力会社を選ぶことが節約のコツです。

こちらの記事ではENEOSでんきの料金を大手電力会社と比較したうえで、口コミをふまえたENEOSでんきのメリット・デメリットについて解説します。

この記事を読んで実際の料金をシミュレーションし、ぜひお得な電力会社選びの参考にしてください。

ENEOSでんきとは?ポイント特典や支払い方法など紹介

eneosでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

運営会社 ENEOS株式会社
エリア 北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州
支払い方法 口座振替・クレジットカード
ポイント ・通常の支払い:Tポイント:1Point/200円
・エネオスカードでの支払い:ガソリン・灯油・軽油代が1円/ℓ割引
(エネオスカードCB・シナジーカードは毎月電気料金100円引き)
・各種クレジットでの支払い:(例)楽天ポイント:1Point/200円、dポイント:1Point/200円
申し込み方法 こちらから申し込み
電話番号:0120-77-8704
受付時間:午前9時〜午後5時(第3日曜日と年末年始を除く)
問い合わせ 電話番号:0120-77-8704
チャット
マイページ こちらからログイン

ENEOSでんきは、ガソリンスタンドで有名なENEOSが提供する電力事業です。

ENEOSでんきの特徴は、ENEOSカードで電気代を支払うとガソリン・灯油・軽油代が割引されるという特典。

そのため日常的に車を使う人などにとってはメリットが大きいでしょう。

また通常の支払でもTポイントが貯まるので、ENEOSカードユーザーでなくても特典のメリットはあります。

支払方法は口座振替も可能なので、提携しているクレジットカード等を使用しなくても特に問題ありません。

【九州エリア】ENEOSでんきの料金プラン|九州電力との比較表

【九州エリア】ENEOSでんきの料金プラン|九州電力との比較表

ENEOSでんきの各料金プランと実際の電気代のシミュレーションを表にまとめました。

こちらでは大手電力会社である九州電力と料金を比較しています。

基本料金・従量単価ともに九州電力よりも安く、電力使用量が多い家庭では年間10,000円以上も安くなることを確認しましょう。

【九州エリア】ENEOSでんきの料金プラン|Bプラン・Cプラン

九州電力エリアでのENEOSでんきの料金プランは以下の2つです。

料金プラン 詳細
九州Bプラン 従量電灯Bの方向け
九州Cプラン 従量電灯Cの方向け

ENEOSでんきの料金表

基本料金/従量料金 九州電力 ENEOSでんき
B/Cプラン
基本料金:10Aあたり 297円 297円
従量:~120kwh 17.46円 17.28円
従量:120~300kwh 23.06円 22.25円
従量:300kwh~ 26.06円 23.97円

またENEOSでんきの2ねんとくとく割に申し込みすると、1kwhあたり0.2円割引されます。

ENEOSでんきと九州電力の比較表|どのくらい安い?

では、九州電力と比較してどのくらい安くなるのか、いくつかのパターンでシミュレーションをしていきます。

自分の電気代と比較しながらチェックしてください。

使用量 九州電力
従量電灯B
ENEOSでんき
Bプラン
年間削減額
30A/100kwh 2,637円 2,619円 -216円
30A/150kwh 3,678円 3,632円 -550円
30A/200kwh 4,831円 4,744円 -1,036円
40A/250kwh 6,281円 6,154円 -1,522円
50A/400kwh 10,337円 9,960円 -4,516円
60A/600kwh 15,846円 15,051円 -9,532円

ENEOSでんきの2ねんとくとく割を適用させた場合

使用量 九州電力
従量電灯B
ENEOSでんき
2ねんとくとく割
年間削減額
2ねんとくとく割
30A/100kwh 2,637円 2,599円 -456円
30A/150kwh 3,678円 3,602円 -9,10円
30A/200kwh 4,831円 4,704円 -1,516円
40A/250kwh 6,281円 6,104円 -2,122円
50A/400kwh 10,337円 9,880円 -5,476円
60A/600kwh 15,846円 14,931円 -10,972円

【九州エリア】ENEOSでんきの評判や口コミ|メリットやデメリットを分析

ENEOSでんきのメリットやデメリット|評判や口コミ紹介!

メリット

・一人暮らしにおすすめ
・ポイント特典やガソリン代の割引がお得

ENEOSでんきは従量料金制なので電気使用量が少ない一人暮らし世帯などの場合、他の新電力会社よりも電気代が安くなりやすいです。

またガソリン代の割引はENEOSでんきならではの特典です。車をよく使うエネオスカードのユーザーにはメリットが大きいでしょう。

デメリット

・HTBエナジー・あしたでんきの方が安い
・にねんとくとく割には解約金が発生する

九州エリアで利用できるHTBエナジー・あしたでんきなら、ENEOSでんきよりもさらに安くなります。

また通常は解約金が発生しないENEOSでんきですが、にねんとくとく割だと契約期間中の解約で違約金として1,100円発生するので注意してください。

【最新】2021年キャンペーン情報

2021年6月現在、ENEOSでんきではキャンペーンを実施していません。

ちなみに直近では2021年3月31日までキャンペーンを実施しており、こちらは新規契約で基本料金が3ヶ月(加入プランによっては1年間)無料という内容でした。

ENEOSでんき他にも過去に、何度かキャンペーンを実施していたことがあります。

切り替えを検討している方はこまめにホームページなどをチェックして、キャンペーンが実施しているお得なタイミングで乗り換えるようにしましょう。

ENEOSでんき 公式HP

【九州エリア】ENEOSでんきよりも安いおすすめの新電力

おすすめ新電力会社

使用量/契約容量 ENEOSでんき
九州Bプラン
ENEOSでんき
2ねんとくとく割
HTBエナジー あしたでんき
150kwh/30A 3,632円 3,602円 3,457円 3,450円
250kwh/40A 6,154円 6,104円 5,778円 5,750円
400kwh/50A 9,960円 9,880円 8,970円 9,200円
600kwh/60A 15,051円 14,931円 13,233円 13,800円

一人暮らしや二人暮らしなどで電気使用量が少ない方はあしたでんきがおすすめです。

またファミリー層であればHTBエナジーがおすすめで、使用量600kwhの場合、年間約2万円もお得になります。

HTBエナジー 公式HP

あしたでんき 公式HP

ENEOSでんきの申し込み方法|その前に解約金はかかる?

ENEOSでんきは基本的に解約金・違約金等が発生しないので、気軽に乗り換えることができます。

ただし「にねんとくとく割」で申し込んだ場合、契約期間中に解約すると1,100円の解約金が発生するため注意しましょう。

こちらから簡単に申し込みできます。

ぴったりの電力会社をみつけて電気代を節約しましょう!

ENEOSでんきは大手電力会社の九州電力から切り替えることで、確実に電気代を安くすることができます

日常的に車を使うENEOSカードユーザーにとってガソリン代の割引は嬉しい特典でしょう。

ただし一人暮らしやファミリー層に関わらず、HTBエナジーあしたでんきのほうが電気代がお得に使えます。

そのためこちらの記事を参考にして実際にENEOSでんきの電気代をシミュレーションし、宮崎・福岡・熊本などの九州エリアで利用できる他の新電力ともよく比較・検討してみてください。

さらに、プロパンガス(LPガス)も合わせて安くしたい方はこちらをチェックしてみてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。

どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.