コスト削減 電気代

【新潟】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

【新潟】新電力会社おすすめランキングTOP3|電気料金が一番安い会社はどこ?

2016年の電力自由化により、従来の大手電力会社にこだわる必要がなくなり、新電力会社を含めて自由に契約先を選べるようになりました。

しかし電力自由化以降、新電力会社はどんどん増え、今では日本全国に600社以上も存在します。

そのため、電力会社の乗り換えを検討する際に「どの会社が本当に安いのかわからない」「選択肢が多すぎて調べるだけで疲れてしまう」という方も多いでしょう。

今回は、新潟県に焦点を当てて、料金が安い新電力会社TOP3をランキングにまとめました。

料金が最安の新電力会社も紹介しますので、新潟県で電力自由化による電力会社の乗り換えを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

【新潟】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

【新潟】平均電気代|一人暮らしからファミリー層

新潟県の1ヵ月間の平均電気代は、家庭の人数別に下記の通りです。

一人暮らし 約6,000円
二人暮らし 約11,000円
三人暮らし 約12,000円
四人暮らし 約13,000円
五人暮らし 約14,000円
六人暮らし 約17,000円

新潟県では、日本の他の地域と比較しても1ヵ月間の平均電気代が高めです。東北・北陸地方では平均電気代が高い地域が多く、冬場の寒さが厳しく光熱費がかかりやすい地域ほど、平均電気代も高くなると考えられます。

電力会社の選び方|お得に新電力に切り替えるコツ

電力会社を選ぶ時、どこに重点を置くのかは非常に重要です。主に以下の7点を意識すれば問題ないでしょう。

・電気料金が安い
・電気の供給エリアをチェック
・支払い方法をチェック
・ポイント付与がある
・キャンペーンや特典をチェック
・セット割プランでよりお得に
・解約金の有無をチェック

詳しくはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!
電力会社の選び方|料金プランの種類や選ぶポイントを紹介します!

電力会社の数は無数にあります。そのため、電力会社を切り替えたいと思っても、どれが良いのかさっぱりわからないですよね。 そこで今回は、自分に合った電力会社の選び方を知るために、「電気料金プランの種類には ...

続きを見る

【新潟】新電力会社ランキングTOP3|東北電力との電気料金比較

【新潟】新電力会社ランキングTOP3|東北電力との電気料金比較

同じ新電力会社でも料金は地域ごとに設定されており、新潟県を含む東北電力エリアは、多くの電力会社で料金が高めに設定されていることが特徴です。

ここでは、電気料金が高くなりがちな新潟県でも、基本料金と従量料金をあわせた電気代が特に安くなりやすいおすすめの新電力会社TOP3をご紹介します。

料金別おすすめの新電力会社

契約容量 電気代/月 最安値の新電力会社
30A ~6,000円 HTBエナジー
6,000円~ HTBエナジー
40A ~11,000円 エルピオでんき
11,000円~ エルピオでんき
50A ~12,000円 HTBエナジー
12,000円~ HTBエナジー
60A ~13,000円 HTBエナジー
13,000円~ HTBエナジー

東北電力との比較

使用量 東北電力 HTBエナジー エルピオでんき リミックスでんき
240Kwh(30A) 6,265円 5,954円 6,364円 6,312円
400Kwh(40A) 11,047円 10,484円 10,305円 10,520円
430Kwh(50A) 12,256円 10,903円 11,241円 11,309円
450Kwh(60A) 13,171円 11,624円 12,036円 11,835円

おすすめランキング1位. HTBエナジー

HTBエナジー(HISでんき)の解約方法&注意点を解説します。

東北電力 HTBエナジー
基本料金:30A 990円 940.50円
基本料金:40A 1,320円 1240.80円
基本料金:50A 1,650円 825円
基本料金:60A 1,980円 990円
従量:~119Kwh 18.58円 17.66円
従量:120~299Kwh 25.33円 24.07円
従量:300Kwh~ 29.28円 27.82円

メリット

・一律割引があり、電気使用量が少ない家庭でも電気代が安くなる
・オンラインに加えて、全国のHIS店舗や提携代理店で対面で申し込める
・HISを利用した旅行代金が割引になる
・毎日2時間従量料金が無料になるプランがある

デメリット

・初年度に解約すると2,000円(税抜き)の違約金がかかる
・電話での問い合わせは平日の昼間のみ可能・ポイント還元なし
・電気料金の確認がマイページのみ

HTBエナジーは、旅行会社HIS傘下の新電力会社です。新潟県に対応する他の新電力会社と比較しても電気代が安く、加入すればHISを利用した旅行の際に優待を受けられます。

また、数ある新電力会社の中でも、新潟県での電気代がトップクラスに安い点がメリットです。

電気使用量が少なくてもしっかり割引を受けられるので、一人暮らし・夫婦・同棲カップルといった少人数の家庭にも向いています。

デメリットは、初年度の解約に違約金がかかる点です。電話での問い合わせの受付時間が平日の昼間に限られており、不便さを感じる場合があります。

htbエナジーの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!
HTBエナジー(HISでんき)の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

目次HTBエナジー(HISでんき)とは?会社概要とサービス内容会社概要|どんな会社なの?供給可能エリアは?事務手数料・解約違約金は?支払い方法は?HTBエナジーのメリット・デメリットとは?口コミや評判 ...

続きを見る

おすすめランキング2位. エルピオでんき

新電力おすすめのエルピオでんき

東北電力 エルピオでんき
基本料金:30A 990円 743.52円
基本料金:40A 1,320円 937.04円
基本料金:50A 1,650円 1,171.29円
基本料金:60A 1,980円 1,497.22円
従量:~119Kwh 18.58円 23.42円
従量:120~299Kwh 25.33円
従量:300Kwh~ 29.28円

メリット

・全体的な電気代が安い
・解約金なし
・お得なキャンペーンあり

デメリット

・ポイント還元なし
・電気料金の確認がマイページのみ

エルピオでんきは新電力会社のなかでも、電気料金が全体的に安いのが魅力です。引っ越しなどで急にほかの新電力会社に乗り換える際にも、解約金などは発生しません。

期間内に申し込みほかの新電力会社から乗り換えると、最大で2万円キャッシュバックのお得なキャンペーンもあります。

デメリットは電気料金の支払いなどでたまるポイント還元システムがないことです。

また、電気使用量や電気料金の確認はマイページにログインする必要があります。アプリなどでさっと確認することができないので、やや手間があります。

エルピオでんきの評判や口コミは?
エルピオでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

・エルピオでんきに切り替えることで電気代は安くなる? ・エルピオでんきに切り替えるメリット・デメリットは? ・エルピオでんきのリアルな口コミや評判は? 自由に電力会社を切り替えるようになりましたが、「 ...

続きを見る

おすすめランキング3位. リミックスでんき

リミックスでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

東北電力 リミックスでんき
基本料金:10Aあたり 330円 0円
従量:~119Kwh 18.58円 26.3円
従量:120~299Kwh 25.33円
従量:300Kwh~ 29.28円

メリット

・一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭でも電気代が安くなる
・東証二部上場企業で安定感がある
・解約手数料なし
・電気代を仮想通貨で還元するプランがある

デメリット

・支払い方法がクレジットカードのみ

リミックスでんきは、新潟県で基本料金無料の「使い得プラン」、基本・従量料金5%オフの「電気代割引プラン」、電気代の一部をビットコインで還元する「仮想通貨プラン」という3つのプランを提供する新電力会社です。

3つのプランの使い分けによって、電気使用量が多い家庭と少ない家庭どちらも割引を受けられる点がメリットです。

また、電気代の一部を仮想通貨で還元するプランがあるので、仮想通貨に興味がある方にも向いています。

一方、リミックスでんきは支払い方法が限られてしまいますので、その点はネックですね。

リミックスでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!
リミックスでんきの電気の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

目次リミックスでんきとは?会社概要とサービス内容会社概要|どんな会社なの?供給可能エリアは?事務手数料・解約金や違約金は?支払い方法は?申し込み方法は?リミックスでんき専用アプリはある?リミックスでん ...

続きを見る

【新潟】電力会社を切り替える際の注意点

【新潟】電力会社を切り替える際の注意点

電力自由化を活かして電力会社を乗り換えるなら、まずは候補となる電力会社が住んでいるエリアに対応しているかどうかを確かめましょう。新潟県の場合「東北電力エリア」に対応していれば問題ありません。

また、自宅に適したプランを提供しているかどうかも要チェックです。中にはオール電化住宅向けなど、普通の住宅では加入できないプランもあります。

また、時間帯によって料金が変わるプランや、基本料金0円のプランなど、会社ごとに提供するプランの内容はさまざまです。

電力会社を乗り換える時は、自宅に対応していることをしっかりと確認した上で、自分のライフスタイルにもっとも合ったプランを探しましょう。

まとめ|新潟でもっとも安い新電力会社

複数の新電力会社の料金を比較した結果、HTBエナジーが新潟県でもっとも安い新電力会社であることがわかりました。

電力自由化を活かして電力会社の乗り換えを検討している方は、ぜひHTBエナジーを候補に入れてみてください。

電力会社をしっかりと比較して乗り換えれば、家庭の電気代を今より大幅に安くできる可能性があります。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.