グランデータ電気の口コミや評判|メリット&デメリットや電気料金プランも大公開!

グランデータ(ひまわりでんき)の口コミや評判|メリット&デメリットや電気料金プランも大公開!

・グランデータの電気のデメリットやメリットは?
・グランデータの電気は高い?安い?
・グランデータの電気は解約金・違約金かかる?

このような疑問を持っている方も多いと思います。この記事では、グランデータの電気(旧:ひまわりでんき)のメリット・デメリットについて口コミや評判を元に紹介します。

また、大手電力会社からグランデータの電気へ乗り換えるとどのくらい電気代が安くなるのかも比較表を見ながらわかりやすく解説しています。

結論、一人暮らしや二人暮らしなどでグランデータの電気に切り替えてもほとんどメリットはありません。例えば、40Aで電気使用量が400kwhの場合で年間3,000円ほどの節約になる程度。その他おすすめの新電力会社についても紹介していますので、比較検討し最適な電力会社を見つけてください。

目次

グランデータ(ひまわりでんき)とは?会社概要とサービス内容

グランデータ(ひまわりでんき)とは?会社概要とサービス内容
運営会社名株式会社グランデータ
設立2018年7月13日
会社住所東京都豊島区南大塚2丁目33-10
資本金240,775,000円(2019年11月末日現在)
供給エリア北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力エリア
支払い方法口座振替、クレジットカード払い
事務手数料
解約金/違約金
基本的に事務手数料や解約金/違約金はかかりません。
ただし、AmebaでんきやNEXTでんきベーシックプランを契約している方に限り更新月以外での解約で3,850円の違約金が発生。
また、不正に電気を使用し料金の全部または一部の支払いを免れた場合に、その免れた金額の3倍に相当する違約金を支払わなければいけない。
申し込み方法お問い合わせページから申し込みが可能。切替時は現在の電力会社でのお客様番号と供給地点特定番号が必要。わからない場合は、現在契約中の電力会社に先に問い合わせおくとスムーズに進めることができる。
アプリ(マイページ)現在アプリは無し。契約後に毎月の電気料金や電気使用量いつでも24時間確認できるマイページが用意されています。
マイページへのログインはこちら

グランデータの電気は株式会社ひまわりでんきとして2018年に電力の小売事業を開始しました。その後2020年4月28日に株式会社ひまわりでんきから株式会社グランデータに商号変更されています。

様々な商材と電力を組み合わせたプラン提供されており、電力会社の新たな価値を創られています。また、グランデータが提供する電気の種類は豊富で、後ほど料金プランと主に詳しく解説。さらに東京・東邦・大阪ガスエリアで都市ガスの供給(電気とガスのセット)もしているのでその点にも触れて紹介していきます。

グランデータのメリット・デメリット|料金プランやサービスから分析!

グランデータの電気のメリット・デメリット|料金プランやサービスから分析!

ここからはグランデータの電気のメリットとデメリットを口コミの評判、料金プランから分析していきます。

家電修理付きなど付帯サービスプランを多く用意されていますが、他の新電力会社よりも比較的料金が高めに設定されています。また、ネット上の口コミの評判がとても悪いので、自分もそうなってしまうのではないかという不安があるという声が多いです。

グランデータのメリット5つ|口コミと評判も交えて紹介!

グランデータの電気のメリット5つ|口コミと評判も交えて紹介!

グランデータの電気のメリットをまとめると5つあります。

・大手電力会社よりも電気料金が安い
・電気とガスのセット割りプランがある
・家電修理付きプランがあり、安心できる
・WEBで電気の使用量などが確認できる
・Abemaプレミアムが実質無料で利用できる

グランデータの電気は、大手電力会社からの乗り換えを考えている方であれば、電気料金を確実に安くすることができます。大手電力会社と比較して10%程度基本料金が安く設定されているためです。

また家電修理付きのプランがあることもメリットの1つ。何かあったときはエアコン・冷蔵庫・洗濯機などを無償で修理してくれるので、家電に保険をかけたい方におすすめですよ。では順番にメリットを見ていきましょう。

メリット① 大手電力会社よりも電気料金が安い

口コミ:月々10%電気料金安くなるって言ってたんだけど、そんなことないのかな?だれか知りませんか?

地域の大手電力会社(東京電力や関西電力)と比較して、基本料金が10%安くなっており、従量料金もプランによって削減額は異なりますが、確実に電気料金を安くすることができます。電気を多く使う家庭であればお得に使うことができるでしょう。

メリット② 電気とガスのセット割りプランがある

口コミ:電気とガスのセット割でさらにお得に使えるようになった

都市ガス事業にも参入しており、現在は東京、東邦、大阪ガスエリアの方は電気とガスのセット割プランに申し込むことができます。請求がまとまり管理しやすいのはもちろん、まとめることによりガス料金から毎月100円の割引が受けることができます。

電気ガスは生活には必要不可欠なので、どうせ契約するならまとめたほうが支払いや管理が楽なほうがいいですよね。

メリット③ 家電修理付きプランやトラブル駆けつけサービスがある

口コミ:家電に対して保証がつくのは嬉しい

グランデータの電気には、料金が安くなるプランだけでなく「つながる修理サポート」という家電修理付きのプランがあります。購入してから10年以内のエアコン・冷蔵庫・洗濯機の修理を無料(これら以外の電気設備も有償で可)で行ってくれるサービスです。発送修理と出張修理があり、発送修理の場合は片側の発送料が無料になります。

保証の上限金額はありますが、利用回数は無制限なので、何回でもお願いすることが可能。家電が壊れるというのは思っている以上に困るものです。家電に保険をかけたい方におすすめのプランです。

また「いつでも書店」や、月額980円でガラスが割れた際や水道の水漏れ時などに駆けつけてくれる「トラブル駆けつけサービス」などのオプションサービスもあり充実しています。

メリット④ マイページで電気の使用量などが確認できる

口コミ:電気の使用量がWEBで確認できるので節約意識が高まって良い

グランデータの電気には利用者専用のマイページがあり、電力使用量や請求の明細を確認することができます。気になる時に、スマホやパソコンでサクッとチェックすることができるので便利ですね。

メリット⑤ Abemaプレミアムが実質無料で利用できる

口コミ:ABEMAが見放題で電気代も安くなる

グランデータにはAbemaでんきプレミアムプランがあり、通常月額960円かかるサービスが実質無料で利用することができます。Abemaオリジナル作品やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルを楽しむことができます。

Abemaプレミアムを検討している方にとっては非常におすすめのプランですね。

グランデータのデメリット4つ|口コミと評判を交えて解説!

グランデータの電気のデメリット4つ|口コミと評判を交えて解説!

続いてグランデータの電気には以下の3つのデメリットが挙げられます。

・他の新電力会社と比較して高い
・有料オプションでさらに高くなることもある
・プランによって解約金がかかる
・ネットでの口コミや評判が悪い

グランデータの電気は大手電力会社と比較すると安くなりますが、他の新電力会社と比較すると高い場合が多いです。また、ネット上での口コミの評判が悪く、契約の検討中に見るとためらってしまうものが多いです。電気料金を可能な限り抑えたいという方であれば、他の新電力会社を検討する方が良いかもしれません。

デメリット① 他の新電力会社と比較して割高

口コミ:ひまわり電気、電気代安くなりますよって訪問してきたので契約したが、逆に高くなった上解約金があるので非常に悲しい。

メリットのところで、大手電力会社より10%ほど安いとご紹介しましたが、これは他の新電力会社に比べると明らかに高い水準です。

他の新電力会社であれば基本料金ゼロや、オール電化割引をしていたり、従量料金の割引もある所も多いです。金額の面だけで言うなら、あえてグランデータの電気(旧:ひまわりでんき)を選ぶメリットは無いと言えるでしょう。

デメリット② 有料オプションでさらに高くなることもある

口コミ:オプションの無料期間が終了していたのに気付かず料金が高くなっていた。

グランデータのオプションは非常に豊富で、いざというときに便利です。

しかし以上の口コミのように最初は無料期間ということもあり加入していたが、気づいたら有料になっていた方や、そもそも連絡しても繋がらないという口コミも見受けられました。

デメリット③ プランによって解約金がかかる

口コミ:違約金かかるけど電気代高いからもう無理

グランデータの電気はプランによって3,850円の解約金がかかるケースもあります。AbemaでんきやNEXTでんきベーシックプラン、HTBエナジーが電力供給元のプランが対象です。

現在では解約金が無料の新電力が多い中、違約金がかかってしまうのでデメリットですね。切り替える前にしっかり検討してから申し込むようにしましょう。

デメリット④ ネット上での口コミの評判が悪い

口コミ:え、まって、なんか、不動産屋からひまわり電気ってとこ安くなるから電気会社オススメですよって言われたから、じゃあそれでお願いしますって言ったんだけど、今検索してみたら不安になるようなことばっかり言われてて怖い…

グランデータの電気のネット上での口コミの評判は悪いです。

「突然来て説明もなしに契約書にサインを迫られる」「詐欺」「カスタマーセンターの対応が悪い」の他、「引越しした日に電気がつかない」などの口コミが多数あります。

冬の寒い時期に電気がつかないことを想像すると恐ろしいですね…。「間違って契約してしまったけど解約したい」という声もあります。実際に経験されたことが書かれているネット上での口コミの評判が悪いのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

グランデータ電気の料金プラン|大手電力会社と比較して安い?高い?

グランデータ電気の料金プラン|大手電力会社と比較して安い?高い?

基本料金、従量料金ともに安くなりますので、東京電力などの大手電力会社と比較したら確実に安くなります。

ただ、プランによっては、従量料金が一律になっているものなどもあるので、プラン選びを誤ってしまうと高くなるケースもあるので注意しましょう。

グランデータ電気の料金プラン

料金プラン詳細
スタートプランB大手電力会社と比較して10%従量料金が安くなっているプランです。付帯サービスの付いていないシンプルなプランなので、電気の使用量が300kwh以上の方であればお得に使用することができます。
ONEでんきフリープラン基本料金無料プラン。従量料金が一律の単価となっているので契約容量が大きい人におすすめ。
レギュラープラン通常従量料金の単価は1~3段目と使えば使うほど高くなりますが、レギュラープランは逆で、使えば使うほど料金単価が安くなります。また、こちらのプランは更新月以外に解約すると解約金が3,850円がかかりますので注意してください。
シンプルプランB・C基本料金が10%割引され、従量料金の単価が一律のプランです。
AbemaでんきプレミアムプランAbemaプレミアムが実質無料で利用できるプラン。大手電力と比較して基本料金は高いが300kwh以上の従量料金が割安
どうぶつでんきサポートプラン毎月の電気代から動物福祉団体へ寄付できたり、ペット賠償責任保険がついてくるプラン。下記で詳しく解説しています。
オンデマンドプラン最新映画のレンタルや、マンガの購入、 映画チケットとの引換に使えるポイントが毎月1,200ポイント付与される。月額料金が電気料金に含まれています。
NEXTでんきベーシックプランシンプルプラン、デジタルコンテンツプラン、エンタメプラン、オンデマンドプランの4つから選ぶことができる。下記で詳しく解説しています。
ハッピープラン2019年7月25日で新規申し込み受付終了

その他、さまざまなプランもありますが、以上が代表的にプラントなります。さらに詳しく知りたい方はこちらのページのAIチャットで「料金プラン」と入力していただければ確認ができますのでチェックしてみてください。

どうぶつでんきとは?口コミや評判、メリット・デメリット、料金プランなど徹底解説!

NEXTでんき(ネクスト電気)の口コミや評判|料金プランやメリット・デメリットなど紹介!

また、グランデータのオプション一覧も紹介します。本当に必要であれば検討するくらいで大丈夫だと思います。

オプション詳細
つながる修理サポートメーカー問わず家電やガス機器の修理をしてくれるサービス
トラブル駆けつけサービス水道管からの水漏れなどに対応してくれるサービス
お財布サポートbyえらべる倶楽部JTBベネフィットがサービス提供をしている福利厚生サービス
スマートシネマ(U-NEXT)U-NEXTの17万本以上の映像、70冊以上の雑誌が見放題になったり、対象作品が24時間×7回分見放題できるサービス
music.jp映画コンテンツが購入できるポイントが毎月1,500ポイント付与
いつでも書店本が無料で見れたり、書店の月額プランがいつでも利用できる
AbemaプレミアムABEMAプレミアムのみ視聴可能なコンテンツを見ることができる

グランデータ電気と東京電力の比較して高い?

東京電力とグランデータ電気の各料金プランを比較していきましょう。

スタートプランフリープランシンプルプランBシンプルプランCレギュラープランABEMAでんきプレミアムプランNEXTでんきプラン
基本料金/従量料金 東京電力 グランデータの電気
スタートプラン
基本料金:10Aあたり 286円 280.28円
従量:~119kwh 19.88円 19.88円
従量:120~299kwh 26.48円 26.48円
従量:300kwh~ 30.57円 27.51円
基本料金/従量料金 東京電力 グランデータの電気
フリープラン
基本料金:10Aあたり 286円 0円
従量:~119kwh 19.88円 26.4円
従量:120~299kwh 26.48円
従量:300kwh~ 30.57円
基本料金/従量料金 東京電力 グランデータの電気
シンプルプランB
基本料金:10Aあたり 286円 257.4円
従量:~119kwh 19.88円 25.2円
従量:120~299kwh 26.48円
従量:300kwh~ 30.57円
基本料金/従量料金 東京電力 グランデータの電気
シンプルプランC
基本料金:1kVAあたり 286円 257.4円
従量:~119kwh 19.88円 25円
従量:120~299kwh 26.48円
従量:300kwh~ 30.57円
基本料金/従量料金 東京電力 グランデータの電気
レギュラープラン
基本料金:10Aあたり 286円 271.7円
従量:~119kwh 19.88円 25.77円
従量:120~299kwh 26.48円 25.16円
従量:300kwh~ 30.57円 23.43円
基本料金/従量料金 東京電力 グランデータの電気
Abemaでんきプレミアムプラン
基本料金:20A 572円 1,150.56円
基本料金:30A 858円 1,430.84円
基本料金:40A 1,140円 1,711.12円
基本料金:50A 1,430円 1,991.40円
基本料金:60A 1,716円 2,271.68円
従量:~119kwh 19.88円 19.88円
従量:120~299kwh 26.48円 26.48円
従量:300kwh~ 30.57円 27.51円
契約容量/使用量 東京電力 グランデータの電気
NEXTでんき
基本料金:10Aあたり 286円 257.4円
従量:~120kwh 19.88円 25.2円
従量:121~300kwh 26.48円
従量:301kwh~ 30.57円

その他のエリアの方はこちらのページのチャットへ「〇〇電力」と入力していただければ各地域の大手電力会社の単価が確認できます。

グランデータ電気より安くなる!おすすめの電力会社2選

おすすめの電力会社

グランデータの電気より安いおすすめの電力会社を紹介していきます。また、どのような方におすすめなのかについても詳しく解説していきます。

※以下、東京電力エリアでのシミュレーションです。

おすすめ新電力1.HTBエナジー

運営会社HTBエナジー株式会社
供給エリア全国
解約金/違約金1年未満の解約で2,200円発生
支払い方法口座振替、クレジットカード払い、コンビニ払い(手数料200円)
使用量グランデータ電気
スタートプラン
グランデータ電気
シンプルプランB
HTBエナジー
30A/120kwh
一人暮らし
3,226円3,796円3,178円
40A/150kwh
二人暮らし
4,301円4,809円4,202円
50A/250kwh
三人暮らし
7,229円7,587円6,896円
60A/400kwh
ファミリー層
11,584円11,624円11,329円

HTBエナジーは全国エリアに対応しており、大手電力会社と比較した際、基本料金・従量料金ともに5%お得になります。そのため、一人暮らしや二人暮らしなど電気使用量に関わらず安くなります。

また、都市ガスとのセット割も可能で、東京・東邦・大阪ガス圏内であればまとめることが可能です。エリアによって割引率は異なりますが、2~5%はお得になり、セット割で毎月102年割引されます。

おすすめ新電力2.東京ガス

運営会社東京ガス株式会社(東京瓦斯株式会社)
供給エリア東京電力エリア
解約金/違約金無し
支払い方法口座振替、クレジットカード払い、払込み
使用量グランデータ電気
スタートプラン
グランデータ電気
シンプルプランB
東京ガスの電気
30A/120kwh
一人暮らし
3,226円3,796円3,232円
40A/150kwh
二人暮らし
4,301円4,809円4,276円
50A/250kwh
三人暮らし
7,229円7,587円7,091円
60A/400kwh
ファミリー層
11,584円11,624円11,378円

東京ガスは言わずと知れた大手企業で、資本力もありそうそう電気供給サービスの停止も他の新電力と比較して考えにくいでしょう。また、電気とガスもセット契約でき東京電力よりもお得に利用できるのもメリットです。

さらに、電気とガスをまとめると3ヶ月間、基本料金が無料になるキャンペーンを実施しています。電気の契約容量によって割引される金額は異なりますが、ざっくり3ヶ月で2,000~5,000円ほど安くなるはずです。

※時期によってキャンペーンを実施していなかったり内容が違ったりするケースもあるので事前にチェックしておきましょう。

おすすめの都市ガス・プロパンガス会社

おすすめのガス会社

電気と合わせて、都市ガスも合わせて安くしたい方へエリア別におすすめの新ガス会社を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。プロパンガス(LPガス)使用中の方はこちらでぴったりのガス会社を見つけてください。

東京ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

東京ガスエリアの方は、レモンガス・エルピオ都市ガスが特に安い料金プランを提供しています。エルピオ都市ガスに関しては1万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

使用量東京ガスレモンガスエルピオ都市ガス
10m32,212円2,139円2,226円
30m34,970円4,759円4,735円
70m310,188円9,716円9,695円
150m320,471円19,484円19,682円

表を見比べると大きな差はありませんが、全体を通してレモンガス・エルピオガスの料金の方が安くなっているのがわかります。

1位エルピオ都市ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら
2位レモンガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら

東邦ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

東邦ガスエリアの方は、エルピオ都市ガス・まじめなガス・カテエネガスが特に安い料金プランを提供しています。

使用量東邦ガスエルピオ都市ガスまじめなガスカテエネガス
10m32,864円2,694円2,720円2,804円
30m36,659円6,265円6,326円 6,305円
70m313,323円12,505円12,749円12,423円
150m326,332円24,755円26,332円24,248円
1位エルピオ都市ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら
2位まじめなガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら
3位カテエネガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら

大阪ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

大阪ガスエリアの方は、関電ガス・まじめなガスが特に安い料金プランを提供しています。

使用量大阪ガス関電ガスまじめなガス
10m32,864円2,346円2,456円
30m35,700円4,9595,586円 
70m311,372円9,883円10,803円
150m322,281円19,519円21,166円
1位関電ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら
2位まじめなガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら

ぴったりの電力会社に切り替えて電気代を節約しましょう!

今回まとめた内容から、数ある新電力会社の中で、グランデータ電気をあえて選ぶ必要性は特になさそうですね。一人暮らしの方始め、二人暮らしやファミリー層の方でも、エルピオでんきやLooopでんき、シンエナジーに切り替えた方が確実に安く電気を使うことができるでしょう。

また、東京ガス・東邦ガス・大阪ガスエリアの方へおすすめの都市ガスも紹介しました。エリアによって自分に合っている会社は異なりますのでぜひチェックしてください。この機会にぜひ電力会社・ガス会社の見直しましょう。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

また、ガスに関しても、お客さまの利用状況に合わせて最適なガス会社を提案しておりますので、合わせてお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる