コスト削減 電気代

暖房つけっぱなしで寝るときの電気代|つけたまま寝るメリットや注意点なども紹介!

暖房つけっぱなしで寝るときの電気代|つけたまま寝るメリットや注意点なども紹介!

冬の寒い時期は寝るときも寝室のエアコン暖房をつけっぱなしにしたいと思うものです。

しかしこまめに消す方が電気代が安くなるのではないか、またつけっぱなしだと部屋の空気が乾燥したり火災の危険もあるのではないかということを気にしている方も多いでしょう。

そこで本記事では、暖房をつけっぱなしで寝るときの電気代や暖房をつけっぱなしで寝るメリット・デメリット・注意点、そして暖房代の節約方法について解説しています。

寒い冬、寝ている間の暖房代が心配な方、また暖房の電気代を節約したいという方はぜひ参考にしてください。

暖房をつけっぱなしで寝るときの電気代は?

暖房をつけっぱなしで寝るときの電気代は?

エアコン暖房をつけっぱなしで寝ると、どのくらいの電気代がかかるのでしょうか。1時間当たりの電気使用量をもとにして、電気料金を計算してみましょう。

ホットカーペット・ファンヒーターなど他の暖房機器についても同じように計算するので、それぞれ比較してみてください。

エアコン暖房をつけたまま寝るときの電気代

エアコンは1時間あたり13.5円程度の電気代がかかります。これをもとに夜間23:00~7:00の8時間つけっぱなしにした場合の電気代を計算すると、以下のようになります。

13.5(円)× 8(時間)=108円
※1kWhあたりの単価については、電気代の目安単価である27円/kWhを用いて計算

このようにエアコン暖房をつけたまま寝た電気代は1日あたり108円程度、つまり1ヵ月で3,000円以上かかるのです。

他の暖房器具をつけたまま寝るときの電気代

他の暖房器具をつけたまま寝るときの電気代も計算してみましょう。

たとえば2畳用のホットカーペットの場合、温度設定を「中」にしておくと1時間当たりの電気代が約5.6円になります。これをもとにして、夜間23:00~7:00の8時間つけっぱなしにした電気代は、以下のとおりです。

5.6(円)× 8(時間)=44.8円

ホットカーペットの1ヶ月の電気代は?他の暖房器具と比較し節約方法も紹介!
ホットカーペットの1ヶ月の電気代は?他の暖房器具と比較し節約方法も紹介!

ホットカーペットは一人暮らしからファミリー世帯まで使える暖房器具ですが、電気代がどれくらいかかるのか、つけっぱなしにしておいてもよいのかよく知らないという人も多いでしょう。またホットカーペットはエアコ ...

続きを見る

ファンヒーターの場合も、同じように計算してみましょう。セラミックファンヒーターは1時間あたり約27円です。

27(円)× 8(時間)=216円

ファンヒーターの電気代|エアコンなどの暖房器具との比較や節約方法も紹介します!
ファンヒーターの電気代|エアコンなどの暖房器具との比較や節約方法も紹介します!

ファンヒーターは持ち運びにも便利な暖房器具として人気がありますが、電気代がどれくらいかかるのか知りたい人も多いでしょう。ファンヒーターは他の暖房器具と併用することも多いため、上手く活用して節電に活かし ...

続きを見る

暖房をつけっぱなしで寝るメリットやデメリット

暖房をつけっぱなしで寝るメリットやデメリット

暖房をこまめに消すのではなくつけっぱなしにして寝るのには、メリット・デメリットの両方があります。両者をよく比較して、自分にはどちらの方がよいかを考えてみましょう。

暖房をつけたまま寝るメリット4つ

エアコンをこまめに消すのではなくつけたまま寝るメリットとしては、以下の4つがあります。

・睡眠の質を維持できる
・体を冷やすことがない
・風邪をひきにくい
・節電効果がある

人の体は気温が低下し過ぎると睡眠の質が低下してしまうので、寒い日はエアコン暖房によって睡眠の質を維持できます。特に真冬の夜間は室温10度以下になることも多く、布団の中でも体を冷やすことがありますが、エアコンを付けたままにしておけばその心配もありません。

またしっかり体を暖めることができれば、風邪をひく可能性も低くなるでしょう。そして節電効果があるというのも、暖房をつけたまま寝るメリットです。

暖房は室温が低下している立ち上げ時に最も電力を消費するため、頻繁に付けたり消したりすることで電気代がかえって高くなってしまいます。ただし節電効果についてはどのくらい長時間つけておくかにもよるので、睡眠時間が長いときは消した方が節電になる場合もあります。

暖房をつけたまま寝るデメリット4つ

暖房をつけたまま寝るのには、以下のようなデメリットもあります。

・喉が渇いたり痛んだりする
・肌が荒れる
・電気代が高くなる
・必要以上に汗をかく

エアコンを付けっぱなしにすると部屋の空気が乾燥するため、喉が渇いたり傷んだりする原因になります。また同じように部屋が乾燥することが原因で起こるのが、肌荒れです。

冬場はただでさえ空気が乾燥しているので、エアコンをつけっぱなしにすると肌荒れが悪化することもあります。

そして電気代については節電効果があるというメリットとは逆に、エアコンを付けることで電気代が高くなるというデメリットもあるのです。つけっぱなしで節電効果があるのは確かですが、長時間のつけっぱなしはかえって電気代が高くなる原因になります

また部屋の乾燥を防ぐために加湿器などの器具を使えば、そのぶんの電気代もかかるでしょう。あとは温度設定を高くし過ぎると必要以上に汗をかくため、逆に睡眠の質が低下することにもなりかねません。

エアコン暖房はつけっぱなしが安い?こまめに消す時の電気代との比較や節約術など紹介!
エアコン暖房はつけっぱなしが安い?こまめに消す時の電気代との比較や節約術など紹介!

エアコン暖房は、つけっぱなしにした方が節約になると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。家庭によってはペットのためにエアコンをつけっぱなしにしているという方もいると思いますが、場合によってはこ ...

続きを見る

暖房をつけっぱなしで寝るときの注意点

暖房をつけっぱなしで寝るときの注意点

注意点としてはまず、デメリットでも説明したとおりエアコンをつけっぱなしにしておくと部屋の空気が乾燥してしまうことです。そのため寝ている間に喉を傷めたり肌荒れしたりする可能性があるうえ、ウイルスに感染するリスクも高まります

寝るときに暖房をつけっぱなしにするなら、加湿器などの器具を併用するのがよいでしょう。

その他に注意しなければならないことは、やけどや火災のリスクです。エアコン単体だけではやけどしたり火災が発生したりする危険は少ないですが、ストーブやファンヒーターといった器具を併用するときは注意が必要です。

寝ている間、無意識にヒーターに触ってしまうとやけどの危険がありますし、ストーブを倒して絨毯などに引火すれば火災が発生する危険もあるので注意してください。

暖房をつけっぱなしで寝るときでもできる節約方法

暖房をつけっぱなしで寝るときでもできる節約方法

暖房をつけっぱなしで寝るときでもできる節約方法としては、以下のようなものがあります。

・設定温度を調整する
・自動運転にする
・電気の料金単価を下げる

以上の3点について、順番に解説します。

節約方法1. 設定温度を調整する

エアコンの設定温度が高いほど電気代も高くなるため、設定温度を低めに調整することで電気代の節約効果があります。

経産省が推奨するエアコン暖房の適温は20度であり、エアコンの設定温度を21度から20度に下げることで年間の電気消費量を53.08kWh抑えることができるとされています(経済産業省資源エネルギー庁HP参照)。

電気単価を目安単価27円/kWhとして、設定温度を1度下げたときの年間電気代節約料金を計算すると約1 ,433円となります。つまり1度温度を下げるだけでもひと月あたり100円以上の節約になるということです。

設定温度を上げすぎることなく、できるかぎり20度以下をこころがけるとよいでしょう。

節約方法2. 自動運転にする

自動運転にすると、エアコン立ち上げ時に強風で一気に室温を上げて、設定温度に近づくにつれ風が弱くなります。電力消費量は室温が下がっている立ち上げ時に最も多くなりますが、自動運転であれば最短で室温を上げられるため消費電力量も少なく済むのです。

そのため自動運転にすれば効率よく部屋を暖めることができ、電気代も節約することができます。

節電のためにはずっと弱風にしているのが良いような気がしてしまいますが、実は最初のうちは強風で一気に室温を上げてしまった方が節電効果が高いということを覚えておきましょう。

節約方法3. 電気の料金単価を下げる

エアコン暖房の電気代を抑えるためには、電気料金の単価を下げるという方法もあります。つまり電気料金自体が安い電力会社を選べば電気代も下がり、節電効果があるということです。

新電力会社は自由に選ぶことができますが、住んでいるエリアによっておすすめの新電力会社も異なります。そこで下記の記事ではエリアごとのおすすめ新電力会社を紹介しているので、電気代をさらに節約したい人はぜひこちらも参考にしてください。

新電力会社おすすめランキングTOP10|地域別おすすめ電力会社も紹介します!
【コンサルが選ぶ】新電力会社おすすめランキングTOP10|地域別の料金比較も大公開!

結局どこの電力会社がいいのかわからない... とにかく電気代が安いおすすめの新電力に乗り換えたい 一人暮らしにおすすめの新電力会社は? このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。電気代は ...

続きを見る

まとめ

エアコン暖房をつけたまま寝たときの電気代は、1日あたり108円程度、1ヵ月で3,000円以上かかります。

暖房をつけっぱなしにしておくと睡眠の質が良くなったり、風邪をひきにくいといったメリットがありますが、逆に喉を傷めたり肌が荒れるといったデメリットもあります。

またエアコン単体ではやけどしたり火災が発生したりする危険性は低いですが、ストーブやファンヒーターを併用しているときは注意してください。

そして暖房をつけっぱなしにすると電気代が多くかかってしまうので、意識的に節電対策を取り入れましょう。たとえば設定温度を20度以下に設定したり、電気の料金単価を下げたりするのが有効な対策になります。

新電力会社の切り替えは暖房代以外の電気代も節約できるので、電気代を安くしたい方はぜひ検討してみてください。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2022 All Rights Reserved.