エアコン暖房はつけっぱなしが安い?こまめに消す時の電気代との比較や節約術など紹介!

エアコン暖房はつけっぱなしが安い?こまめに消す時の電気代との比較や節約術など紹介!

エアコン暖房は、つけっぱなしにした方が節約になると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。家庭によってはペットのためにエアコンをつけっぱなしにしているという方もいると思いますが、場合によってはこまめに消す方が節約になることもあります。

エアコン暖房をうまく活用して電気料金を少しでも抑えるためには、付け消しのタイミングに関して正しい知識を身に付けておくことが重要です。

そこでこちらの記事では、エアコン暖房のつけっぱなしは本当にお得なのかどうか、電気代の比較やつけっぱなしのメリット・デメリット、エアコン暖房をお得に使う方法について解説します。

冬場のエアコン暖房は電気料金が多くかかるため、少しでも節約したい人はぜひ参考にしてください。

目次

エアコン暖房のつけっぱなしは本当にお得?

エアコン暖房のつけっぱなしは本当にお得?

エアコンや床暖房などの暖房器具は、頻繁に付けたり消したりするとかえって電気代がかかるといわれます。これは立ち上げから設定温度まで上げるときに最も電力を消費するからです。

そのため頻繁にスイッチを入れたり消したりするより、つけっぱなしにしておいた方が消費電力を抑えて電気料金を安くすることができます。

ただし何時間のあいだエアコンを切っておくのかということや、スイッチを付ける回数によっても消費電力量が異なるため、ずっとつけっぱなしにしておくのがお得とは一概にいえません

たとえば仕事などで日中ずっと外出するのであれば、エアコンを一度切った方が電気代は抑えられるでしょう。このように基本的にはつけっぱなしにすることで節電効果がありますが、長時間切ることができるのであればいったん切っておくというのが最も節電効果の高い使い方です。

エアコン暖房のつけっぱなしとこまめに消す時の電気代比較

エアコン暖房のつけっぱなしとこまめに消す時の電気代比較

エアコン暖房をつけっぱなしにした場合と、こまめに消す場合の電気料金を、時間帯別に比較してみましょう。

こまめに消す場合に関しては①30分間隔で付け消しを繰り返す場合、②外出時と夜寝るときだけ消す場合の2パターンに分け、それぞれつけっぱなしにした場合と比較します。

また電気代は「消費電力量(kWh)× 単価(円/kWh)× 使用時間」によって計算できますが、電気の値段である電気単価は電力会社ごとに異なるため目安単価である27円/kWhを用いて1時間あたりの電気料金を計算しています。

つけっぱなしの1日・1ヶ月の電気代

時間帯
つけっぱなし 30分間隔でこまめに消したりつけたりする
1日の電気代 1ヶ月の電気代 1日の電気代 1ヶ月の電気代
23:00~06:00 135円 4,185円 230円 7,130円
06:00~18:00 211円 6,541円 302円 9,362円
18:00~23:00 89円 2,759円 113円 3,503円
合計 435円 13,485円 645円 19,995円

参照リンク:DAIKIN

30分間隔でこまめに入り切りをした場合の方が、どの時間帯においても消費電力が多くなっています。この結果からはやはり、頻繁につけ消しを繰り返すとつけっぱなしにするよりも電気代が高くなるということがわかるでしょう。

電気代でいえば1日あたり約200円、1ヶ月あたり約6,000円もの差が出ているので、頻繁につけ消しを繰り返すとかなり無駄が多いことがわかります。

こまめに消す時の1日・1ヶ月の電気代

時間帯
つけっぱなし 外出時などに消す
1日の電気代 1ヶ月の電気代 1日の電気代 1ヶ月の電気代
23:00~06:00 95円 2,945円 8円 248円
06:00~18:00 154円 4,774円 240円 7,440円
18:00~23:00 92円 2,852円 65円 2,015円
合計 341円 10,571円 313円 9,703円

参照リンク:DAIKIN

外出時と夜寝るときエアコンを消す場合については、1日5回程度30~90分の外出をするというスケジュールを想定しています。その結果、つけっぱなしにするよりも外出時と夜寝るときのみ消す場合の方が1日あたり約30円、1ヶ月あたり900円ほど電気代が安くなりました

時間帯ごとの電気代をみると、頻繁に付け消しを繰り返す日中は電気代が高くなっていますが、逆に長時間消している夜間23:00~6:00の間に電気代がかなり抑えられています。夜間は寝室のエアコンも切り、完全に停止することが節電に繋がるのです。

エアコン暖房のつけっぱなしのメリット・デメリット

エアコン暖房のつけっぱなしのメリット・デメリット

エアコン暖房のつけっぱなしには、メリット・デメリットの両方があります。

電気代だけでなくその他の点も考慮に入れたうえで、つけっぱなしにするべきかどうかを自分なりに考えてみましょう。

暖房をつけっぱなしにするメリット

暖房をつけっぱなしにするメリットとしては、以下のようなものが考えられます。

・頻繁に付けたり消したりするよりも節電になる
・いつでも快適な室温で過ごすことができる
・スイッチを入れたり消したりする手間が省ける
・暖房を付けるべきか消すべきか、迷う必要がない

先ほど説明したとおり、頻繁に付け消しをするよりはつけっぱなしにしておいた方が節電効果があります。特に北海道など寒い地域では室温がすぐに下がるので、つけっぱなしの節電効果は高いです。

またつけっぱなしにしておけば室温は一定に保たれるので、一人暮らしの家庭で家に帰って来たときもすぐに快適な室温で過ごすことができるでしょう。スイッチをどのタイミングで付けるべきかを考え、実行する手間も省けます。

暖房をつけっぱなしにするデメリット

暖房をつけっぱなしにするデメリットとしては、以下ようなものあります。

・適切なタイミングで切る場合と比較すれば、電気代が高くなる
・部屋が乾燥する
・環境に悪い
・エアコンの経年劣化が早まる
・火事の危険がある

最も節約になるのは、長時間外出するときや就寝時だけスイッチを切っておくという使い方です。つけっぱなしに節電効果があるのは事実ですが、最も電気代が安くなる節約方法ではありません。

またエアコン暖房を常に使用していると部屋が乾燥し、喉や肌に悪いということもあります。これに対処するため加湿器などを長時間使用すれば、かえって電気代が高くなることも考えられるでしょう

エアコン暖房をつけっぱなしにするかどうかは、これらのメリット・デメリットをよく比較して検討してください。

エアコン暖房をつけっぱなしにする時の注意点

エアコン暖房をつけっぱなしにする時の注意点

注意点としてはまず、デメリットでも説明したとおりエアコンをつけっぱなしにしておくと部屋の空気が乾燥してしまうことです。そのため寝ている間に喉を傷めたり肌荒れしたりする可能性があるうえ、ウイルスに感染するリスクも高まります

また昔のエアコンは今よりも省エネ性能が悪く、10年以上前の機種にもなると電気代に大きく差が出るので注意しましょう。他にも気密性が高い鉄筋構造の住宅や日当たりのよい南向きの住宅の方が、電気消費量が少なく済みます。

ちなみに暖房器具の使用時はやけどや火災のリスクも気になりますが、エアコン単体だけではやけどしたり火災が発生したりする危険は少ないでしょう。

【結論】暖房はつけっぱなしにすべき?こまめに切るべき?

【結論】暖房はつけっぱなしにすべき?こまめに切るべき?

エアコン暖房を常につけっぱなしにしておくのではなく、長時間の外出時と就寝時にだけ切るというのが最も電気代が安くなる節約方法です。

エアコン暖房は基本的につけっぱなしの方が消費電力が少ないのですが、24時間つけっぱなしはおすすめできません。たとえば仕事や用事などで日中あるいは夜間、ほとんど家にいないという場合は消しておいた方がよいでしょう。

一方買い物や散歩といったちょっとした外出であれば、つけっぱなしにしておいた方が電気代を抑えられます

もっとも電気代の節約以外にも、エアコンをつけっぱなしにしておくことで室温を一定に保ち、スイッチの付け消しの手間を省けるというようなメリットもあります。逆につけっぱなしにすると空気が乾燥したり、環境負荷がかかるといったようなデメリットもあります。

以上より、どちらにすべきかはメリット・デメリットを比較したうえで自分のライフスタイルに合わせて選ぶのがよいでしょう。

エアコン暖房の電気代をお得に使うポイント

エアコン暖房の電気代をお得に使うポイント

暖房をつけっぱなしにするということ以外にも、エアコン暖房の電気代をお得に使うポイントはあります。代表的なものをいくつか紹介しましょう。

・設定温度をあげ過ぎない
・自動運転モードにする
・カーテンや断熱シートで室温を調整する
・エアコン暖房とサーキュレーターを併用する
・室外機の近くにものを置かない

設定温度が高いほど消費電力も多くなるので、設定温度は低めにするか自動運転モードを使用しましょう。またカーテンや断熱シートで熱が外に逃げないようにすることも重要です。

そのほかの方法についてもさらに詳しく知りたい人は、下記の記事もぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
家庭用エアコンの電気代はどのくらい?節約方法も合わせて紹介します! 本記事では、家庭用エアコンの電気代がどのくらいかかっているのか?平均的な電気代はどのくらいなのか?また、どのような対策をすればエアコンの電気代を削減すること...

簡単に節約!最適な電力会社に乗り換え

簡単に節約!最適な電力会社に乗り換え

エアコン暖房の電気料金を抑えるためには、電気料金の単価を下げるという方法もあります。つまりもともとの電気代が安い電力会社を選べば、節電に繋がるのです。

新電力会社は自由に選ぶことができますが、住んでいるエリアによっておすすめの新電力会社も異なります。そこで下記の記事ではエリアごとのおすすめ新電力会社を紹介しているので、電気代をさらに節約したい人はぜひこちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
【コンサルが選ぶ】新電力会社おすすめランキングTOP10|地域別の料金比較も大公開! このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。電気代は必ず支払う費用なので、どうせだったら少しでも低価格で安心して利用できる電力会社と契約したいで...

まとめ

エアコン暖房は常につけっぱなしにしておくのではなく、長時間の外出時と就寝時にだけ切るというのが一番の節約になります。

もっとも電気代の節約以外にも、エアコンをつけっぱなしにしておくことで室温を一定に保ち、スイッチの付け消しの手間を省けるというようなメリットもあります。

逆につけっぱなしにすると空気が乾燥したり、環境負荷がかかるといったようなデメリットもあるので、どちらにすべきかは自分のライフスタイルに合わせて考えましょう。

エアコン暖房の電気代をお得に使うには、設定温度を低めにしたり窓に断熱シートを張るという方法もあるので、こちらも合わせて実践してみてください。

また新電力会社への乗り換えも節約のためには重要です。電気代を根本的に安くするために、ぜひ新電力会社への乗り換えも検討してみるとよいでしょう。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

暖房つけっぱなしで寝るときの電気代|つけたまま寝るメリットや注意点なども紹介!

こたつは電気代が安い!他の暖房器具と比較、節約方法について解説します

冬の電気代節約術15選!平均電気代やエアコン(暖房)の電気代削減方法も紹介!

床暖房はつけっぱなしがお得?電気代を他の暖房器具と比較し節約方法も紹介します!

エアコン暖房をつけっぱなしにすると火事になる?原因や事例、電気代など解説!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる