コスト削減 電気代

沖縄県で楽天でんきは安い?料金プランや特徴から徹底分析!

沖縄県で楽天でんきは安い?料金プランや特徴から徹底分析!
ワットくん
沖縄県で楽天でんきは安いの?
イグニスくん
楽天でんきに切り替えて高くなることはある?
アクアくん
沖縄で一人暮らしでも楽天でんきはおすすめなの?

楽天でんきは沖縄県も対象に、今や全国区で人気を集めている新電力会社です。

本州に比べて沖縄まで進出している新電力会社はまだ数が少ないため、楽天でんきへの乗り換えを検討している方も多いでしょう。

そこで、この記事では沖縄電力と楽天でんきのどちらが安いのか、もしくはどんなケースでどちらが高い料金になるのかを徹底比較していきます。

電力プランにはそれぞれお得な使い方があるため、世帯によっては同じプランがメリットとして感じられる場合もあれば、デメリットになることもあります。

乗り換えをしてから「安くなると思ったのに電気代が高くなった」ということが起きないよう、ぜひこの記事の内容を参考に、乗り換えを検討してみてください。

沖縄県で楽天でんきへ乗り換えると安くなる?特徴や比較表を紹介!

沖縄県で楽天でんきへ乗り換えると安くなる?特徴や比較表を紹介!

まずは沖縄電力から楽天でんきに切り替えると、本当に安くなるのか比較表を使って検討していきましょう。

両社は基本料金の有無など、料金体系も異なるためどういった違いがあるのか必見です。

また、それぞれの特徴も見ていきましょう。

楽天でんきの料金プランや特徴

基本料金/従量料金 楽天でんき
最低料金:~10Kwh 0円
従量:10~119Kwh 27円
従量:120~299Kwh
従量:300Kwh~

楽天でんきは、基本料金が一律0円で一切かかりません。

従量料金で使った分だけ電気代を支払うという、無駄のない料金システムがメリットです。

また、、楽天でんきは契約期間の縛りや解約金、違約金が一切かかりません。そのため転勤や引っ越しがあるかもしれない方にもおすすめです。

さらに楽天でんきは電気代をカードで支払うごとに、楽天ポイントが貯まります。ポイントを活用すればさらにお得に使えるでしょう。

契約内容 ポイント還元率 楽天カードで支払いの場合
楽天でんきのみ 200円=1ポイント 追加で100円=1ポイント
楽天でんきとガスセット 100円=1ポイント 追加で100円=1ポイント

沖縄電力と楽天でんきの比較表

沖縄電力と楽天でんきの比較表

使用量 沖縄電力 楽天でんき 年間差額
150kwh 3,796円 4,050円 +3,050円
250kwh 6,672円 6,750円 +935円
400kwh 11,102円 10,800円 -3,624円
500kwh 14,264円 13,500円 -9,172円

沖縄県で楽天でんきがおすすめできるケース

沖縄県で楽天でんきがおすすめできるケース

どんな新電力会社にも、メリットとデメリットが両方あるものです。

楽天でんきについては、電気使用量によってお得に使えるかどうかが決まります。

そこでここからは、沖縄で楽天でんきをお得に使う条件についてご紹介します。

電気使用量が313kwh以上

電気使用量が毎月313kwh以上ある場合は、楽天でんきで電気代を節約できます。

自宅でどのくらい電気を使っているかどうかは、電力会社から送られてる検診票を確認してみましょう。

2人暮らしや、お子さんのいる家庭、2世帯住宅などでは313kwh以上の電力を使っている可能性が高いです。

ただし季節によって電気の使用量は変化するため、毎月コンスタントに313kwhを超えていれば確実に安い電気代を実現できるといえるでしょう。

楽天ポイントを貯めている方

楽天でんきを支払うと、楽天ポイントが手に入ります。

楽天ポイントは楽天市場や各種提携店舗などで支払いに充当できるお得なポイントです。

楽天ブックスや楽天トラベルなど、楽天グループの各種サービスにも利用できます。

この楽天ポイントを集めている方は、電気代を支払うだけで楽天ポイントが貯まるためお得です。

たとえば月の電気代が5,000円だと50ポイント。年間にして600ポイントの楽天ポイントが手に入ります。

沖縄県で楽天でんきに切り替えるデメリットや注意点

沖縄県で楽天でんきに切り替えるデメリットや注意点

楽天でんきに乗り換えることで、デメリットが生じる場合もあります。

ではここから、沖縄で楽天でんきに切り替えるデメリットや注意点について見ていきましょう。

事前にデメリットを知っておけば、後になって後悔することもありません。

電気使用量が312kwh以下だと電気代が高くなる

毎月に電気使用量が312kwh以下の場合、楽天でんきに切り替えるとかえって電気代が高くなる場合があります。

たとえばアパートやマンションに一人暮らししている方などは電気使用量が313kwh未満の可能性が多いにあります。

一人暮らしの方や日中は仕事に出ていて基本的には夜の数時間しか電気を使わないという方は電気代が高くなる可能性が高いです。

電気使用量を検針票やホームページで確認の上、沖縄電力と楽天でんきのどちらがお得なのかシミュレーションしましょう。

オール電化住宅は電気代が高くなる可能性が高い

楽天でんきには、オール電化住宅向けの電力プランがありません

なので、沖縄電力のオール電化プラン「Eeホームフラット」などを契約している方は注意が必要です。

Eeホームフラットを例にあげてみてみると、夜間の料金単価が11.18円と非常に安いのがメリットです。

楽天でんきは時間やシーズンに関係なく使った分だけ30円の従量料金がかかることを考えると、オール電化住宅の場合は沖縄電力のオール電化専用プランを選んだ方がお得といえるでしょう。

オール電化住宅の方はこちらでおすすめのオール電化プランを紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

沖縄県で楽天でんきよりも電気代が安いおすすめの新電力

おすすめ新電力会社

沖縄県で電気代を安くできる新電力会社は、楽天でんきだけではありません。

実は沖縄にエリアを広げている新電力会社は複数あり、中でもシンエナジー・HTBエナジーは非常に電気代が安いことで人気です。

使用量別に比較しているので、どの新電力会社が最も自分の使用状況においてお得になるか検討してみてください。

おすすめ1. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

使用量 楽天でんき シンエナジー 年間差額
150kwh 4,050円 3,707円 -4,116円
250kwh 6,750円 6,457円 -3,516円
400kwh 10,800円 10,684円 -1,392円
500kwh 13,500円 13,536円 +432円
メリット デメリット
・沖縄電力より電気代が0.1~6.4%お得に
・解約手数料0円、途中解約による違約金なし
・JALマイルが貯まる
・時間帯別の料金プランがある
・電気使用量が少ないと沖縄電力と電気代がほぼ変わらない

シンエナジー 公式HP

おすすめ2. HTBエナジー

使用量 楽天でんき HTBエナジー 年間差額
150kwh 4,050円 3,911円 -1,668円
250kwh 6,750円 6,561円 -2,268円
400kwh 10,800円 10,536円 -3,168円
500kwh 13,500円 13,186円 -3,768円
メリット デメリット
・基本料金が沖縄電力の半額
・従量料金が一律26.5円で電気代が計算しやすい
・一人暮らしにおすすめ
・旅行代が安くなる特典がある
・プランがひとつしかなく選べない

HTBエナジー 公式HP

【結論】沖縄県で新電力に切り替えるならここ!

沖縄で楽天でんきに切り替える際のメリットや、注意点についてご紹介しました。

313kwh以上毎月電気を使っている場合、楽天でんきに切り替えることで電気代を安くできます。

しかし、使用量に関わらずシンエナジーHTBエナジーの方がお得になります。

自分の電力使用状況に合わせて各社の料金をシミュレーションの上、納得のいく電力会社の乗り換えを実現してみてください。

また、電気と合わせてプロパンガス(LPガス)も安くしたい方はこちらから簡単にシミュレーション、相見積もりができるのでぜひ試してください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。

どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

詳しくはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.