武州ガスは高い?電気料金プランや評判・口コミ、東京電力&東京ガスとの比較表も紹介

武州ガスの評判

武州ガスは埼玉の埼玉県の一部市域でガス事業をおこなうガス会社です。武州ガスのエリアではガス自由化に伴いニチガスも使えるようになったため、乗り換えるべきかどうか悩んでいる方もいるでしょう。

また武州ガスは電気事業もおこなっていますが、セット割りを使っても料金が最安になるとは限らないので、本当にお得かどうかはきちんと計算してみなければなりません。

本記事では武州ガスの料金プランやニチガスとの料金比較、そして武州ガスのメリット・デメリットについて口コミ評判をふまえてまとめました。武州ガスの料金が安いのかどうかを知りたい方は、ぜひこちらを参考にしてください。

目次

武州ガスとは?供給エリアや解約金など紹介!

武州ガスとは
運営会社武州ガス株式会社
設立大正15年10月29日
住所川越市田町32番地12
供給エリアLP公式HP参照
供給エリア都市ガス埼玉県川越市・所沢市・狭山市・ふじみ野市・鶴ケ島市・日高市・飯能市・東松山市・深谷市・熊谷市・川島町・吉見町・毛呂山町・小川町・寄居町・嵐山町・ときがわ町
解約金/違約金なし
支払い方法口座振替・クレジットカード・払込用紙・スマートフォンアプリ
申し込み方法電話:049-241-6611
(日・祝日・年末年始を除く 8:30~17:15)
webはこちら
問い合わせwebからはこちら
049-241-9000
マイページこちらからログイン

武州ガスは武州ガス株式会社が運営するガス事業で、川越市・所沢市など埼玉県の一部地域を中心にガスの供給をしています。エリア内は東京ガスの範囲外の地域もありますが、ニチガスが供給をおこなっている地域が多くあります

そのためガス代をお得にしたいなら、武州ガスとニチガスをよく比較して料金をシミュレーションしてみましょう。料金の支払い方法は口座振替・クレジットカード・払込用紙が可能なので、自分に合った好きな方法を選ぶことができます。

武州ガスの都市ガスと電気の料金プラン|大手と比較して高い?

武州ガスの電気とガスの料金プラン

武州ガスの都市ガス・電気(武州でんき)の料金表を紹介します。

都市ガスは同じエリアで供給しているニチガスと、電気は東京電力の料金とそれぞれ比較するので、武州ガスの料金が安いのかどうかチェックしましょう。

武州ガスの都市ガスの料金プラン|東京ガス・ニチガスとの比較表も紹介

武州ガスの都市ガスの料金プラン

武州ガスと東京ガス・ニチガスの料金プランは、以下のとおりです。

スクロールできます
使用量武州ガス
基本料金
東京ガス
基本料金
武州ガス
従量料金
東京ガス
従量料金
~20㎥814円759円172.35円145.31円
20㎥~50㎥1,329円1,056円146.55円130.46円
50~80㎥1,632円140.5円
80㎥~200㎥1,632円1,232円140.5円128.26円
200㎥~450㎥3,214円1,892円132.6円124.96円
450㎥~500㎥5,402円127.72円
500㎥~750㎥5,402円6,292円127.72円116.16円
750㎥~800㎥10,847円120.48円
800㎥~10,847円12,452円120.48円108.46円

そして上記の料金表を参考に武州ガスとニチガスの料金を比較すると、年間差額は以下のようになります。

使用量武州ガス東京ガス
10㎥2,538円2,212円
20㎥4,261円3,665円
30㎥5,726円4,969円
50㎥8,657円7,579円

表を見てわかるとおり、武州ガスの料金はニチガスより高く、使用量が多くなるにつれ料金差は大きくなっていきます。

武州ガスには一般契約の他にも下記のようなプランがあります。

・オーバー75プラン
・浴だんプラン
・床だんプラン
・発電プラン

武州ガスではガス温水浴室暖房乾燥機・ガス温水床暖房等の機器を使っている家庭や、ガスを月75m3以上使う家庭で料金がお得になるプランがあります。自宅の状況に合わせて適切なプランを選ぶことで、ガス料金をお得にすることができるでしょう。

武州ガスの電気の料金プラン|東京電力との比較表も紹介

武州ガスの電気の料金プラン

武州ガスの電気と東京電力の料金プランは、以下のとおりです。

・Bプラン(東京電力「従量電灯B」相当)
・Cプラン(東京電力「従量電灯C」相当)
・動力プラン(東京電力「低圧電力」相当)

各プランはそれぞれ東京電力のプランにである従量電灯B、従量電灯C、低圧電力に相当する内容です。

基本/従量料金東京電力武州ガス電気
基本料金:10Aあたり295.24円295.24円
従量:~120kwh30円29.90円
従量:120~300kwh36.6円35.41円
従量:300kwh~40.69円37.48円

そして上記の料金表を参考に武州ガスと東京電力・東京ガスの料金を比較すると、年間差額は以下のようになります。

スクロールできます
使用量(アンペア)東京電力武州ガス電気東京ガス
120kwh(30A)4,486円4,474円4,260円
150kwh(40A)5,879円5,831円5,564円
2500kwh(50A)9,834円9,668円9,223円
400kwh(60A)16,028円15,481円14,769円

どの使用量でも武州ガスの電気は東京電力よりも安いため、東京電力からの乗り換えで確実にお得になります。ただし、東京ガスの方がよりお得に利用することが可能です。

埼玉県でおすすめの電力会社はこちら

武州ガスの電気とガスのセット割プラン

武州ガスの電気とガスのセット割プラン

武州ガスは電気とガスをセットにすると、毎月の電気料金が275円割引されるセット割りがあります。武州ガスの電気・ガスのセット料金と、東京電力・ニチガスをそれぞれ契約した場合の料金を比較してみましょう。

使用量(アンペア)武州ガス
武州ガス電気
ニチガス
東京電力
ガス:10㎥2,538円2,100円
電気:120kwh(30A)4,474円¥4,486円
ガス:20㎥4,261円3,405円
電気:150kwh(40A)5,831円5,879円
ガス:30㎥5,726円4,568円
電気:250kwh(50A)9,668円9,834円
ガス:50㎥8,657円6,895円
電気:400kwh(60A)15,481円16,028円

武州ガスはもとのガス料金がニチガスよりも高いため、セット割りを適用してもトータル料金はそこまで安くなりません。結果的に東京電力・ニチガスをそれぞれ契約する方が料金はお得です。

武州ガスのメリット・デメリットとは?口コミや評判も紹介!

武州ガスのメリットやデメリット

ここでは都市ガスのメリット・デメリット、武州でんきのメリット・デメリットをそれぞれ解説し、口コミ評判も紹介します。

乗り換えを検討するのであれば、それぞれのメリット・デメリットをきちんとおさえたうえで、評判も参考にして本当にお得になるのかどうかをよく検討してください。

武州ガスの都市ガスのメリット・デメリット

武州ガスの都市ガスのメリットやデメリット

武州ガスの都市ガスのメリット・デメリットについて説明します。それぞれ関係する口コミ評判も紹介するので、口コミによるリアルな声も参考にしてください。

武州ガスの都市ガスのメリット

武州ガスの都市ガスには、以下のようなメリットがあります。

・電気とのセット割プランがある

武州ガスとガス及び電気の同時契約を行うと、一月270円値引きされる。おおよそ、東京電力ベースで1月9000円以上使っている電気契約は武州ガスへ切り替えると節約出来るようだ。そこらへんは武州ガスが…


武州ガスは電気とガスをセットにすれば電気料金275円の割引も適用されるので、お得な料金になると評判。武州ガスの電気はもともと東京電力よりも安い料金ですが、セット割りを適用することでさらに安くなり、この点は口コミでも評判です。

料金に関わらず一律275円割引されるので、一人暮らしでも電気使用量の少ない家庭でもセット割りのお得感を実感しやすいでしょう。

武州ガスの都市ガスのデメリット

武州ガスの都市ガスには、以下のようなデメリットもあります。

・ニチガスの方が安い

ニチガスは武州ガスよりも料金が安いので、基本的にはニチガス乗り換えた方がお得です。武州ガスをお得に利用するなら、電気とのセット割りや乗り換えキャンペーンをうまく活用しなければなりません。

武州ガスの電気のメリット・デメリット

武州ガスの電気のメリットやデメリット

武州ガスの電気事業である武州でんきのメリット・デメリットについて説明します。大東ガスの電気に乗り換えを検討している人は、メリットとデメリットをよく比較して検討してください。

武州ガスの電気のメリット

武州ガスの都市ガスには、以下のようなメリットがあります。

・電気の基本料金が3ヶ月無料
・JCBギフトカード2,000円分がもらえるキャンペーンがある
・電気トラブルサポートがある

武州でんきには現在2つの新規申し込みキャンペーンがあります。まず1つは、電気の基本料金が3ヶ月間無料になるというキャンペーン。基本料金は電気容量が10アンペア増えるごとに高くなるので、アンペア数が多い家庭ほどお得になるキャンペーンです。

そしてもう1つはJCBギフトカード2,000円分がもらえるキャンペーン。こちらは基本料金3ヶ月無料と併用の併用も可能です。ただしギフトカードの方は2021年6月23日(水)〜9月30日(木)までの期間限定なので注意してください。

キャンぺーンの評判はよく、乗り換えをする場合にはぜひ期間中の申し込みでお得に活用しましょう。その他、停電やブレーカーの不具合などのトラブル対応が無料でできる「電気トラブルサポート」も評判です。

武州ガスの電気のデメリット

武州ガスの都市ガスには、以下のようなデメリットがあります。

・他の新電力の方が安い

武州でんきは東京電力と比較して料金が安いのは事実ですが、新電力会社の中で最安というわけではありません武州でんきの供給地域には他にも選ぶことができる新電力会社がいくつかあり、そのなかで武州でんきよりもお得な新電力会社がいくつかあります。

後ほど武州でんきに代わるおすすめの新電力会社を紹介するので、武州でんきに乗り換える前に他の新電力会社もチェックしておきましょう。

武州ガスの申し込み方法や解約金・違約金は?

武州ガスの申し込み方法

武州ガスの申し込みは下記のフォームか電話番号からおこなえます。

電話:049-241-6611(日・祝日・年末年始を除く 8:30~17:15)

解約金・違約金は発生しないので、着替えるに乗り換えることができます。

武州ガスの電気よりも安いおすすめの新電力会社!

武州ガスより安いおすすめの電力会社

東京ガスは言わずと知れた大手企業で、資本力もありそうそう電気供給サービスの停止も他の新電力と比較して考えにくいでしょう。また、電気とガスもセット契約でき東京電力よりもお得に利用できるのもメリットです。

さらに、電気とガスをまとめると1ヶ月間、基本料金が無料。電気の契約容量によって割引される金額は異なりますが、ざっくり800~2,000円ほど安くなります

運営会社東京ガス株式会社(東京瓦斯株式会社)
供給エリア東京電力エリア
解約金/違約金無し
支払い方法口座振替、クレジットカード払い、払込み
契約容量/使用量武州ガス電気東京ガス年間削減額
30A/120kwh¥4,474¥4,260¥2,568
40A/150kwh¥5,831¥5,564¥3,204
50A/250kwh¥9,668¥9,223¥5,340
60A/400kwh¥15,481¥14,769¥8,544

\1ヶ月電気代の基本料金無料/

まとめ

武州ガスはニチガスよりも料金が高いため、ガス単体でみればニチガスの方がお得です。また武州ガスには電気料金275円割引のセット割りがありますが、セット割りを適用してもニチガスより安くなることはありません。

そのため武州ガスの電気は東京電力より安いのですが、トータルで見ると東京電力・ニチガスをそれぞれ契約する方が料金はお得です。そして武州ガスの供給エリアにも他に選ぶことができる新電力会社はいくつかあります。

武州ガスの電気に乗り換える前に、他の新電力会社もチェックしておきましょう。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

電気とガスのおすすめセットプラン|エリア別に紹介します!

【埼玉】プロパンガス(LPガス)の平均料金と適正価格|安く利用できるガス会社は?

ニチガスでんきの口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します!

ニチガスと東京ガスの料金比較!電気と都市ガスのセット割はどっちが安い?

水道代の節約術15選|水道料金を簡単に安くする効果的な方法をご紹介!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次