河原実業の都市ガスの評判や口コミ|電気やLPガスのメリットやデメリットも紹介!

河原実業の都市ガスの評判や口コミ|電気やLPガスのメリットやデメリットも紹介!

河原実業では供給エリアが限られていますが、住んでいる地域がエリア内であれば乗り換えでお得になる可能性があります。

そのため河原実業の料金をきちんと確認したうえで実際にシミュレーションをし、本当に料金が安いのかを検証してみましょう。

こちらの記事では河原実業のLPガス(プロパンガス)・都市ガス・電気事業それぞれの料金プランを紹介し、実際の電気代・ガス代をシミュレーションして大手電力会社などと比較しました。

河原実業が気になっている方は、ぜひこちらの記事を参考にして電気代・ガス代の節約に役立ててください。

目次

河原実業とは?エリアや支払い方法なども紹介!

運営会社河原実業株式会社
設立昭和46年11月
住所〒120-0012 東京都足立区青井1-13-12
供給エリア都市ガス東京ガス・東部ガス・鷲宮ガス・秦野ガス・大東ガスエリア
供給エリアLPガス茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
供給エリア電気茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
解約金/違約金なし
支払い方法コンビニエンスストア払い、口座振替、クレジットカード払い
申し込み方法都市ガス:https://kawahara-jitsugyou.com/apply/Initial/
問い合わせ本社電話番号:.03-3849-4411
マイページなし

河原実業株式会社は、現在上記の1都6県で電気・ガス事業を展開しています。

知名度はそこまで高くありませんがLPガス事業が長く、最近では電気・都市ガス事業も開始してました。

河原実業の料金プラン|LPガス・都市ガス・電気

河原実業の料金プラン|LPガス・都市ガス・電気

河原実業にはLPガス・都市ガス・電気の3事業があるので、まずはそれぞれの料金プランを確認しておきましょう。

河原実業のLPガスの料金プラン

河原実業のLPガスの料金プラン

河原実業のLPガスでは、ファミリータイプとワンルームタイプでそれぞれ料金プランが設定されています。

標準A料金標準B料金

戸建住宅と集合住宅(ファミリータイプ)向け

1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
〜30㎥ 1,980円 627円
30〜50㎥ 594円
50㎥〜 539円

ワンルームマンション等の賃貸借集合住宅向け

1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
〜30㎥ 2,420円 682円
30〜50㎥ 649円
50㎥〜 594円

このように河原実業の料金プランは公表されていますが、実は多くのプロパンガス会社は料金を公表していません。そのためきちんと料金を公表してるのは、プロパンガス会社の中では珍しいことです。

河原実業の都市ガスの料金プラン

河原実業の都市ガスの料金プラン

都市ガスは東京ガス・東部ガス・鷲宮ガス・秦野ガス・大東ガスのエリアでそれぞれ供給されています。

各エリアにおける料金表は、以下のとおりです。

東京ガス東部ガス鷺宮ガス秦野ガス大東ガス

1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
A表 ~80㎥ 1,023円 122.61円
B表 80㎥~200㎥ 1,188.44円 120.54円
C表 200㎥~500㎥ 1,808.84円 117.44円
D表 500㎥~ 4,195.84円 112.67円

1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
A表 ~5㎥ 1,859円 0円
B表 5㎥~24㎥ 924円 187円
C表 24㎥~102㎥ 1,184.3円 176.15円
D表 102㎥~501㎥ 1,363.82円 174.39円
E表 ~501㎥ 3,546.18円 170.03円

1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
A表 ~5㎥ 1727円 0円
B表 5㎥~25㎥ 803円 184.8円
C表 25㎥~80㎥ 1,255.65円 166.69円
D表 80㎥~200㎥ 1,581.25円 162.62円
E表 200㎥~500㎥ 4,054.05円 150.26円
F表 500㎥~ 5,929.55円 146.5円

1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
A表 ~8㎥ 2,618円 0円
B表 8㎥~25㎥ 946円 209円
C表 25㎥~80㎥ 1,646.15円 180.99円
D表 80㎥~255㎥ 2,334.31円 172.39円
E表 255㎥~ 5,938.73円 158.25円

1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
A表 ~10㎥ 2,398円 0円
B表 10㎥~10㎥ 836円 156.2円
C表 20㎥~80㎥ 1,329.68円 131.51円
D表 80㎥~200㎥ 1,540円 128.88円
E表 200㎥~500㎥ 2,776.4円 122.7円
F表 500㎥~800㎥ 5,322.9円 117.61円
G表 800㎥~ 9,089.3円 112.9円

河原実業の電気の料金プラン

河原実業の電気の料金プラン

河原実業では、東京電力と電力販売代理契約を締結することでの電気事業を実現しています。

つまり河原実業は東京電力の「販売代理店」という位置づけなので、料金プラン自体は東京電力のプランと変わりません

また河原実業にも電気とLPガスのセット割引制度がありますが、こちらは東京電力の料金プランと河原実業のLPガスをセットにすることで割引が適用されます

河原実業の都市ガスや電気は安い?東京ガスと東京電力との比較表

河原実業の都市ガスや電気は安い?東京ガスと東京電力との比較表

上記の料金表をもとに、一定の使用量ごとにガス・電気を計算してみましょう。計算結果を東京ガス・東京電力と比較すると、以下のようなことがわかります。

・東京ガスよりも河原実業のほうがガス代は安い
・東京電力と河原実業の電気料金は同じ

河原実業の都市ガスと東京ガスの比較

河原実業の都市ガスと東京ガスを比較し使用量が少ない場合は、東京ガスが安いですが、一定の使用量以上は河原実業の方がお得ということがわかりますね。

使用量東京ガス河原実業年間差額
10㎥2,212円2,249円-444円
20㎥3,665円3,475円2,280円
30㎥4,969円4,701円3,222円
50㎥7,579円7,153円5,106円

河原実業の電気と東京電力の比較

河原実業の電気は東京電力の代理店なので、料金自体は同額になります。

使用量(アンペア)東京電力河原実業
120kwh(30A)3,243円3,243円
200kwh(40A)5,646円5,646円
400kwh(50A)11,635円11,635円
500kwh(60A)14,692円14,692円

河原実業の口コミや評判|メリットやデメリットも紹介!

河原実業の口コミや評判|メリットやデメリットも紹介!

河原実業のメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

実際に利用する人の口コミも交えて説明するので、こちらもぜひ参考にしてください。

河原実業のメリット|良い口コミや評判

河原実業のメリットをまとめると、以下のような点が挙げられます。

・料金が安い
・電気とガスのセット割ができる
・ポイントがもらえる
・電気のかけつけサービスがついている
・新規でプレミアムS/Lに2年契約に申し込むと8,000ポイント付与

https://twitter.com/murohiroki0409/status/1295905276718018560

口コミでは料金の安さに定評がありました

河原実業の知名度はそこまで高くありませんが、他社と比較すると実はかなり料金が安いという評価が多いです。

また電気・ガスを河原実業で一つにまとめるとセット割引が適用され、電代1,000円ごとに5ポイント還元、新規でプレミアムS/Lに申し込んだときに8,000ポイント付与などキャンペーンもあります。

このようなサービス前提として、料金面で河原実業を選ぶメリットは十分にあるといえるでしょう。

河原実業のデメリット|悪い口コミや評判

デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

・LPガスの料金が高い
・web明細が使えない

口コミでも料金が高いという意見はみられましたが、こちらはLPガスに関する口コミのようです。

基本的に都市ガスと比べて料金が高額になりがちなLPガスですが、河原実業でもLPガスを使うと料金は高くなってしまうでしょう。

それ以外にはサービス面として、web明細が使えないのが不便という口コミもみられました。

最近ではweb明細を使える方が一般的になっているので、いまだに紙の請求書しかないというのは利便性の面でやや難点があるといえます。

河原実業よりも安いおすすめの都市ガス会社

河原実業よりも安いおすすめの都市ガス会社

レモンガスは電気とセット割で月330円の割引、エルピオ都市ガスはキャンペーンで5,000円のキャッシュバックが適用されます。使用量によっておすすめのガス会社は異なりますので、以下のシミュレーションを参考に検討してみてください。

使用量河原実業 レモンガスエルピオ都市ガス
10m32,249円2,175円2,226円
30m34,701円4,759円4,735円
70m39,605円9,716円9,695円
150m319,269円19,484円19,682円
1位レモンガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら
2位エルピオ都市ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら

河原実業よりも安いおすすめのLPガス

河原実業よりも安いおすすめのLPガス

河原実業ではきちんとLPガスの料金が公開されていますが、実は多くのプロパンガス会社は料金を公開していません。そのため河原実業の料金がわかったとしても、自分で他社の料金を調べて比較することは難しいのです。

そこでおすすめなのが、比較サイトを利用してシミュレーションをするという方法です。比較サイトを使えば大まかな相場や自分に合ったLPガス会社がわかるので、河原実業よりも安いLPガス会社を選びたいときはぜひ活用してください。

河原実業よりも安いおすすめの電力会社

河原実業よりも電気代が安いおすすめの新電力を紹介します。

おすすめ新電力1. 東京ガス

運営会社東京ガス株式会社(東京瓦斯株式会社)
供給エリア東京電力エリア
解約金/違約金無し
支払い方法口座振替、クレジットカード払い、払込み
契約容量/使用量河原実業東京ガス年間削減額
30A/120kwh¥4,486¥4,260¥2,712
40A/150kwh¥5,879¥5,564¥3,780
50A/250kwh¥9,834¥9,223¥7,332
60A/400kwh¥16,028¥14,769¥15,108

東京ガスは言わずと知れた大手企業で、資本力もありそうそう電気供給サービスの停止も他の新電力と比較して考えにくいでしょう。また、電気とガスもセット契約でき東京電力よりもお得に利用できるのもメリットです。

また電気の基本料金1ヶ月無料になるため、検討している方は早めの切り替えがいいでしょう。

まとめ

河原実業のLPガス・都市ガス・電気それぞれの料金プランを確認したうえで電気代・ガス代を計算し、メリット・デメリットも紹介しました。

河原実業は供給エリアが限られているものの、都市ガスに関しては特に料金が安いと口コミでも評判です。

逆にLPガスの方は料金が高額になりがちで、利用者からの評判も良くありませんでした。

本記事を参考に、ぴったりの会社へ乗り換えて光熱費をお得に使いましょう。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

【関東】新電力会社おすすめランキングTOP15|東京電力と比較してどのくらい安い?

プロパンガス(LPガス)の節約術15選|確実にガス代を安くする方法をレクチャー!

水道代の節約術15選|水道料金を簡単に安くする効果的な方法をご紹介!

東京の都市ガス会社おすすめランキングTOP10|関東で人気の都市ガス料金を徹底比較!

【2021年】新電力おすすめ人気ランキングTOP5|安く使える電力会社を徹底比較! 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次