駆除

シロアリの駆除方法|シロアリの見つけ方から自分でできる駆除の仕方を紹介します!

シロアリの駆除方法|シロアリの見つけ方から自分でできる駆除の仕方を紹介します!

住宅の木材を食べ尽くし、甚大な被害を発生させるシロアリ。

もしみつけたら、すぐに駆除したいところですが、正しい駆除の仕方がわからず、困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、正しくシロアリが駆除できるよう、シロアリの発生原因から巣の見つけ方、自分でできる駆除の方法までを解説します。

シロアリは賢い生物なので、間違えた方法で退治しようとすれば、安全な場所に逃げてしまい、なおさら駆除が困難になります。

こちらの記事を読んで、正しい駆除の仕方を学び、確実にシロアリを駆除できるようになりましょう。

シロアリの発生原因

シロアリの発生原因

シロアリの好物は湿った木材なので、湿った木材が多くある環境が発生の原因になります。

シロアリは、土の中を移動して床下にやってきます。そして、基礎にできた僅かな隙間、風呂場や洗面所の経年劣化したタイル・コンクリートの隙間から侵入してくるのです。

木造住宅は家ごとシロアリの餌になりますが、特に屋根裏から雨漏りや、窓が結露で壁や床、天井に使われている木材が湿ると、シロアリ発生の原因になります。

また、建物に使われる木材だけでなく、住宅内の畳や木製家具も発生の原因の1つ。例えば、畳や木製家具などを使っている場合、湿気を含むと十分にシロアリの餌になるのです。

シロアリ駆除は必要ないという考えは危ない!

シロアリ駆除は必要ないという考えは危ない!

「シロアリの好物は木材だから、鉄筋鉄骨の住宅なら対策は必要ないだろう」こういった考え方は、非常に危険です。

なぜなら、木造住宅でなくても、シロアリの食害になる可能性はあるからです。

そして、一度シロアリが発生すれば、たとえ鉄筋コンクリートの住宅であっても、大きな被害を受けます。そこで、具体的にどのような危険があるのかを紹介します。

鉄骨や鉄筋コンクリートでも被害にあう

鉄筋鉄骨なら対策は必要ないかと言えば、そんなことはありません。鉄骨住宅は、板や仕切りに木材を使用しているため、シロアリの餌になる木材が含まれるのです。

また、鉄筋コンクリートの住宅であっても、シロアリは発生します。シロアリは、僅かな隙間でもあれば侵入できるため、経年劣化でコンクリートに亀裂が入れば、その隙間から侵入してきます。

住宅内に侵入されれば、室内の畳や木製家具を食べるので、鉄筋造の住宅でも安全とは言えないのです。

シロアリの被害にあうとどうなる?

シロアリの被害は、建物全体に及び、放置しておけば取り返しのつかないことになります。初めは床下や外壁の内側など、目に見えない部分から被害にあうため、被害に気付きにくいです。

しかし、次第に床下だけでなく柱の内部まで食害が及び、家を支える機能が低下します。そして、和室の畳や木製家具など、室内の木材にも食害が及びます。

シロアリは乾燥した部分の木材を自分で湿らせて食べるので、こうして住宅内の木材すべてが被害にあうのです。

シロアリの巣の見つけ方

シロアリの巣の見つけ方

シロアリは食料がある近くに巣を作って住み着きます。なので、シロアリを駆除するためには、巣から根こそぎ駆除しなければなりません

しかし、シロアリは暗くて湿った場所を好むので、人目につく場所になかなか姿を現さないため、巣を探すのも難しいのです。

そこで、シロアリの習性など利用して巣を見つける方法があるので、ここではそれを紹介します。

シロアリの見つけ方1.蟻道をチェックする

シロアリは、光や風を嫌い、湿った環境を好む特徴があります。そこで、蟻道(ぎどう)という通路を自分たちで作り、その中を通って巣へと移動します。

つまり、この蟻道がつながる先をたどるという方法で、シロアリの巣を見つけることができるのです。

蟻道は、土壌や木くずなどをシロアリの分泌物で固めたもので、茶色っぽい土のような見た目の特徴があり、壁や柱に付着しています。

もしも住宅の付近で蟻道を見つけたら、シロアリの巣がある可能性が高いでしょう。

シロアリの見つけ方2.床や壁をチェック

シロアリの主な侵入経路は床下です。地中を通って床下に侵入し、床の木材を食べますが、そうすると、床の木材が弱くなります。

なので、もし床がきしむ音がしたり、沈むような感じがしたりしたら、シロアリに床が侵食されている危険があるのです。

また、壁の内側で木材が冷暖房による結露や雨漏りで湿っていると、シロアリの食害を受けている可能性があります。壁からきしんだ音がしたり、叩くと空洞音がする場合、壁もシロアリに侵食されているかもしれません。

このような方法を使い、床や壁を手がかりにするという見つけ方があります。

シロアリの見つけ方3.シロアリのふん

アメリカカンザイシロアリのふんを頼りに、シロアリの巣を見つけるという見つけ方です。アメリカカンザイシロアリは外来種のシロアリで、ふんを巣の外へ排出するという習性があります。

そのため、このシロアリのふんがみつかった場合、近くに巣がある可能性があります。

シロアリのふんは、顆粒状で乾いているという特徴的な見た目をしており、活動が活発になると大量にふんが排出されます。もしもふんがみつかったら、シロアリの存在を十分に警戒しましょう。

シロアリの見つけ方4.シロアリの羽あり

シロアリは、巣が大きくなって維持しきれなくなると、新しい場所に巣を作るため羽ありを飛ばします。つまり、羽ありが発生したら、その近くに巣があるということです。

羽ありは短い期間で大量発生し、ヤマトシロアリは4月~5月の午前中イエシロアリは6月~7月の夕方以降、それぞれ羽ありになります。

夏や秋に発生する羽ありは多くがクロアリですが、外来種のアメリカカンザイシロアリの羽ありは一年中発生するので、注意してください。

シロアリの駆除方法|自分でできる駆除の仕方を紹介します!

シロアリの駆除方法|自分でできる駆除の仕方を紹介します!

被害が大きい上に、発見するのも困難なシロアリ。できることなら、自分で駆除したいものです。

自分でする駆除の仕方としては、ベイト工法とバリア工法という2通りの方法があります。

それぞれの内容と手順を紹介するので、比較して適切な手段を検討し、退治の仕方の参考にしてください。

駆除方法①ベイト工法

ベイト工法とは、毒餌を用いた駆除の方法です。蟻は餌を巣に持ち帰るという習性があるため、これを利用して毒餌を巣に持ち帰らせ、巣にいるシロアリごと駆除するのです。

この方法は、毒餌を設置するだけで巣から根こそぎ駆除することができるというメリットがあります。また、散布するための器具を用意したり、壁に穴を開けたりする必要もなく、素人でも手軽に行うことができます。

ただし、餌を食べて巣に持って帰るまで待たなければいけないので、即効性がないことと、シロアリが食べるよう設置場所を工夫しないと効果を発揮しないというデメリットも。

ベイト工法の手順

まずは、シロアリの生息する場所や通り道を、調査することです。蟻道のような明確な証拠が見つかればよいですが、調べても蟻道が見つからないこともあります。

その場合、被害の受けやすい湿気が溜まりそうな場所や、水回りを中心にベイト剤を設置しておきます。シロアリは警戒心が強いため、あまり頻繁にベイト剤を取り替えると、危険を感じて寄り付かなくなる恐れがあります。

そのためこの方法をとるときは、できるだけシロアリを刺激しないよう、交換の頻度は1年に1回程度が適切です。

駆除方法②バリア工法

薬剤の散布によって、シロアリを駆除する方法で、シロアリが侵入する経路である床下に薬剤を散布したり、木材の中に注入したりします。

侵入経路を断つことでシロアリを駆除するとともに、薬剤からシロアリが嫌いな臭いを放つ忌避剤で、侵入を防ぐ効果も発揮

この方法を使えば、シロアリを退治しつつ、侵入経路を絶ってそれ以上シロアリが侵入することも防ぐため、即効性があります。

ただし、侵入を防ぐことが主な方法なので、既に住宅で巣を作っているシロアリへの効果は低いです。

また、住宅床下の木部にドリルで穴を開けたり、住宅を傷つける場合があるうえ、使う薬剤の成分によっては人体に被害を与え場合もあります。

バリア工法の手順

バリア工法の手順は、住宅の建つ土壌部分と、住宅の木部に分かれます。

土壌処理は、土壌の表面に薬剤を散布して、シロアリが土壌から建物に侵入することを防ぎます。木部には薬剤を散布するだけでなく、木材の内部にも薬剤を注入します

床下部分に入れない風呂場や玄関などは、室内から床に穴を開け、床下へ薬剤を散布することもあります。場合によっては、外周に薬剤を散布することもあり、侵入経路や侵入状況に応じて、様々な手段を取ることになります。

シロアリ駆除の注意点

シロアリ駆除の注意点

シロアリはとても賢い生物なので、対応を誤ると危険を回避してしまい、別の場所に巣を作って住み着きます。そこで、誤った処置をしないよう、シロアリを駆除するときの注意点を紹介します。

こちらで紹介する注意点をよく読み、家の中でシロアリを発見しても冷静に対策を考え、適切な駆除を実施するようにしましょう。

その場で駆除しない

シロアリは警戒心が強く、危険な場所だと判断すると、別の場所で新たに巣を作ります

シロアリを見つけたとき、直ちに殺虫スプレーで退治すれば、その場にいるシロアリは駆除できるかもしれません。

しかし、表に出てきているのはほんの一部で、巣に残った大量のシロアリは危険な場所だと判断して、別の場所に移動してしまいます。

シロアリが発生したら放置はしておけませんが、すぐにスプレーを吹きかけるのではなく、できるだけベイト工法かバリア工法で対処しましょう。

巣から駆除する

たまたま発見できたシロアリを退治しても、巣に残ったシロアリがいる以上再発します。

シロアリは壁の内側・天井・床など、目に見えないあらゆるところに潜んで巣を作っているので、現れたシロアリだけ駆除しても、抜本的な解決にはなりません。

よって、シロアリを退治するには、巣ごと一気にまとめて駆除するべきです。現状を正しく把握して、ベイト工法で、抜本的な対策の仕方を考えましょう。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-駆除

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.