SNS

Twitter(ツイッター)とは何か?メリット・デメリットをわかりやすく解説!

Twitter(ツイッター)とは何か?メリット・デメリットをわかりやすく解説!
Twitterとは?
始めることでビジネスにどんな効果があるの?
初心者でも簡単にできることはなのかな?

新型コロナウイルスの影響で、企業や個人の働き方や過ごし方が変わったここ数年。

そんな中、企業の宣伝や、店舗の集客、個人のライフスタイルを知るために注目を集めたのはSNSを使った情報収集・発信でした。

本記事ではSNS初心者の方でも気軽に始めやすい「Twitter(ツイッター)」について、その仕組みからメリット・デメリットも含めわかりやすくお話しいたします。

ぜひ本記事を参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)とは何か?仕組みや機能をわかりやすく解説します!

Twitter(ツイッター)とは何か?仕組みや機能をわかりやすく解説します!

Twitter(ツイッター)とは、

「ここでランチ食べたんだけど、すごく美味しかった!」
「暑すぎて外出るのが億劫になるよね。。」

など日々のつぶやきを140文字以内で投稿できるサービスです。

スマートフォンのアプリ、PCの両方から投稿することができ、写真や動画を貼り付けて発信することもできます。

また公開設定を非公開にしなければ、全世界でTwitterを投稿している人に自分の投稿を見てもらうことができ、また自身も世界中の人の投稿を閲覧することができます。

個人の発信を閲覧することができるのはもちろんですが、企業が自社サービスの宣伝行ったり、ターゲットとなる年齢層、男女層が普段何を考えているかなどを知るきっかけに繋がります。

さらに、実際にサービスを利用している人のコメントを探したりなど、多岐に渡り利用できるアプリです。

【初心者向け】Twitter(ツイッター)関連の用語集一覧

【初心者向け】Twitter(ツイッター)関連の用語集一覧

ツイッターでよく見かける用語を一覧表にまとめました。

数は多いと感じるかもしれませんが、難しいものではありません。

わかりやすく簡単に説明しているのでチェックしてみてください。

Twitter用語集
用語 詳細
ツイート Twitterに投稿されたメッセージは「ツイート」と呼ばれます。
RT(リツイート) 自身または自身以外のアカウントが発信している情報を拡散したいときに使える機能です。
引用リツイート RTをしつつ、さらに自身のアカウントでツイートをできる機能です。
ブックマーク 気になる情報をいつでも見れるように保存しておける機能です。
フォロー 自身以外のアカウントをタイムラインで閲覧したい時に行う機能です。Facebookで言う友人申請です。
フォロワー 自身のアカウントをフォローしている(タイムラインで閲覧している)アカウントのことです。
リプライ 他のユーザーがツイートに返信することです。 これを繰り返すことで Twitter 上で公開された会話ができます。
TL(タイムライン) Twitter にログインするとホームタイムラインが表示されます。 ホームタイムラインにはTwitterでフォローしているアカウントのツイートが一連の流れで表示されます。
フォロバ Twitterでは、フォローしてくれたアカウントに対して自身もフォローを返すことを「フォロー返し」や「フォロバ」と言います。
リムる 「リムーブする」の略。リムーブとは英語のremove(=取り除く)のことで、フォーローしていた相手をフォローから解除することです。
いいね(ファボ) いいねは小さなハートマークで表示され、ツイートに対する好意的な気持ちを示すために使われます。
バズる インターネットやSNSなどを介し、急激に、消費者の口コミで話題が拡散し注目が集まることを意味する言葉です。
鍵アカ 非公開アカウントのことです。自身のツイートを閲覧できる人を制限することができます。
DM Twitter内で使用できるダイレクトメールのことです。DM(ディーエム)と読みます。
モーメント 「いま」話題のツイートをまとめたものです。 モーメントを使えば、オリジナルのストーリーを簡単に作れます。
カルーセル スワイプやクリックで複数の画像をスライド表示させるデザインを指します。
アンケート Twitterの投稿時にアンケート機能があります。フォロワーに意見を聞きたい場合に利用すると良いです。
検索 気になるアカウントや情報を調べるときに使える機能です。
メンション 特定のアカウントを指定して、そのアカウントを自動で検索できる機能です。
ハッシュタグ(#) 趣味・関心の似たユーザー同士で話題を共有したりすることが可能となるのが「#」です。ハッシュタグの後に特定のキーワードを付与することで投稿がタグ化されます。
タグ付け 画像付きでツイートした際に、その画像に誰が写っているのかアカウントの名前(表示名)をツイート内に表示させる機能です。
トレンド 「現在」話題となっているトピックをピックアップする機能ですが、過去に注目を浴びたトレンドをチェックしたり、地域ごとの比較などを確認できる便利なサイトもあります。
インプレッション ユーザーがTwitterでこのツイートを見た回数です。
エンゲージメント ユーザーがこのツイートに反応した回数のことです。

【個人】Twitter(ツイッター)のメリットやデメリット|口コミや評判も紹介

【個人】Twitter(ツイッター)のメリットやデメリット|口コミや評判も紹介

Twitterとは何か、各用語の意味が理解できたところで、実際に使う中でどのようなメリット・デメリットがあるのかを確認していこうと思います。

Twitterは自由に発言をすることができる場所だからこそ、その場の利点や注意点をよく理解しながら、自身の目的に合わせてTwitterを使っていきましょう。

自身が投稿する中でどのような発言が良好であるかを意識しながら、チェックしてみてください。

【個人】Twitter(ツイッター)のメリットや利点

主に以下の7つのメリットがあります。1つずつみていきましょう。

・情報やトレンドを入手できる
・興味や趣味が合う人と繋がれる
・情報を拡散できる
・気軽にコミュニケーションが取れる
・リアルタイムで情報を入手できる
・個人のブランディングができる
・災害時の緊急連絡の手段として使える

・情報やトレンドを入手できる

見たかったTV番組、楽しみにしていた東京オリンピックの開会式の話など、現在リアルタイムに行われている事を瞬時に検索して、それに関する情報発信をしている方のつぶやきなど見ることができます。

・興味や趣味が合う人と繋がれる

例えば、大好きなアイドルやアーティストのライブ情報やTV番組情報。リアルタイムでそれを見た感想をつぶやくと、たくさんの同じ趣味の方からの反応をもらえます。

釣りやバイク、ハイキング、ゲームなど運動や在宅での趣味に関しても、個人で思うことを共有することで、同じ価値観を持った方とコミュニケーションを取るきっかけになります。

・情報を拡散できる

自身の投稿を「リツイート」という形で、拡散することが可能です。

拡散された情報はさらに他の方によって拡散されることで、自身の知らないアカウントまで情報を届けることができます。

・気軽にコミュニケーションが取れる

どんな年齢層でも、どんな性別でも、自由に発信できつぶやきに対してコメントなどで交流を持てるところもいい点です。

・リアルタイムで情報を入手できる

現在進行形で行われているイベントや、今旬な映画に関しての最新情報を無料で手に入れることができるのもTwitterの大きなちからです。

検索時はハッシュタグを使うとより効率的に情報収集をすることができます。

・個人のブランディングができる

フリーランスで仕事をしている方、企業で広報を担当いている方が、自社HPを使わなくても、自由に自己ブランディングすることができます。

・災害時の緊急連絡の手段として使える 

例えば、地震が起きたときにTwitterを開いて情報を検索すると、今どの都道府県で震度何度の地震が起きたかを知ることができます。

また震災に合ったときに、災害情報を発信や収集すれば救済の一手や自分を守ることに役立ったりすることもあります。

【個人】Twitter(ツイッター)のデメリットや注意点

デメリットは以下の4つが挙げられます。

・文字数制限がある
・情報の信憑性にかける
・気を使う(マナー重要)
・フォロワーが少ないと反応が薄い

・文字数制限がある

Twitterは1つのつぶやきで、140文字以内でしか投稿することができません。

その代わり1日何件投稿しても無料ですし、URLリンクを張ったり、画像や動画を貼り付けることも可能です。

・情報の信憑性にかける

個人が自由に発信できる分、情報の信憑性に欠ける部分があります。

中にはわざと悪評を流したり、誹謗中傷に当たるような行為をする人もいたりします。

・気を使う(マナー重要)

自由に投稿できるといっても、文章の内容には気をつけなくてはなりません。

上記で誹謗中傷という言葉を出しましたが、自身が投稿した内容によっては名誉毀損で訴えられることもありますので、言葉遣いや内容には注意した上でマナーを守り発信することが大事です。

・フォロワーが少ないと反応が薄い 

フォロワーが少ない=周りへの影響力が少ないとも見られます。

自身のことをフォローしてくれる人が多いほど、見てくれている人が多いということになりますので、ファロワーを増やすことで反応してもらいやすい環境を作ることができます。

【企業】Twitter(ツイッター)のメリットやデメリット|口コミや評判も紹介

【企業】Twitter(ツイッター)のメリットやデメリット|口コミや評判も紹介

Twitterは、自由に自身のコメントや会社のサービスについて発信できる分、その口コミや評判も自由に書くことも可能です。

人に迷惑をかけない発信であれば問題ないのですが、発信方法を間違えると誹謗中傷と取られることもあります。

そこでここから先は、Twitterに関してのメリット・デメリットを意識しながら投稿する方法についてご紹介します。

【企業】Twitter(ツイッター)のメリットや利点

企業がTwitterを使うメリットは主に以下の9つが挙げられます。

・集客につながる
・宣伝できる
・採用にも活用できる
・最新情報を共有できる(キャンペーンや営業時間など)
・拡散してもらえる可能性がある
・若年層を取り込むことができる
・ユーザーとコミュニケーションが取れる
・マーケティングに活用できる(ユーザーの反応や素直な意見を聞ける)
・費用がかからない

・集客につながる

イベントを開催したり、飲食店やショップの集客をしたい場合にTwitterはとても便利です。

自身が持つサービスについて、写真や動画を通じて紹介することが可能ですし、URLを貼り付ければ自社HPを見てもらえるきっかけにもなります。

・宣伝できる

集客に同じく、自社サービスを知って頂くために利用できるのもTwitterのよいところです。

一度発信をすると、そのサービスについてコメントがもらえたり、またハッシュタグを利用すればそのサービスを欲している人に、直接自身のサービスを見つけてもらうきっかけにもなります。

・採用にも活用できる

企業の採用にSNSを利用している会社も多いです。求めている人材を探すのに転職サイトを利用するとお金がかかりますよね。

Twitterでは、どれだけたくさんの投稿をしても無料ですので、上手に使えば素敵な人材と出会うきっかけにもなります。

・最新情報を共有できる(キャンペーンや営業時間など)

自身の好きなお店や、大好きなアーティスト、大好きなゲームなど、Twitterをしていると趣味に関する最新情報を手に入れることもできます。

Twitter限定キャンペーンなども行なう企業さんや個人もいらっしゃったりしますので、見逃さずにチェックです。

・拡散してもらえる可能性がある

自身の発信を「いいね!」と感じた人は、その投稿を拡散してくれたりします。

同業種や、同じ趣味を持ったひとと繋がるきっかけになるのはいいですよね。

・若年層を取り込むことができる

SNSは10代〜の若者から利用しているため、若年層と繋がるきっかけにもなります。

・ユーザーとコミュニケーションが取れる

さまざまな投稿から、それを見て共感してくれる方と自由にコミュニケーションを取ることができるのもTwitterの大きなメリットです。

ハッシュタグや投稿しているキーワードから検索をかけると、興味関心を持っているユーザーとコミュニケーションが撮れるのは非常に有効的ですよね。

・マーケティングに活用できる(ユーザーの反応や素直な意見を聞ける)

Twitterで検索をかけると自社サービスや、同業他社サービスの口コミ、自身が買いたいものの口コミを知ることもできます。

・費用がかからない 

Twitterはどれだけ投稿しても無料です。1日に投稿して良い回数が決まっていませんし、投稿できる時間は24時間いつでも大丈夫です。

無料で自己ブランディングや、自社サービスの展開をすることから、お金を掛けずにブランデイングをしたり、マーケティングに活用できたりします。

【企業】Twitter(ツイッター)のデメリットや注意点

では企業がTwitterを使う際のデメリットや注意点を見ていきましょう。

・フォロワーが増えるまで時間がかかる
・投稿内容に注意が必要
・文字数制限がある
・高齢者へのアプローチには向いていない

・フォロワーが増えるまで時間がかかる

自身の投稿に対して「いいね!」と思ってくれる人を増やすまでに時間がかかります。

著名人であれば、その私生活を見たいという人も多いのでフォロワーがすぐ集まったりしますが、誰でも何アカウントでも持つことができるTwitterにおいては、1個人のアカウントをフォローするのに時間を要してしまいます。

・投稿内容に注意が必要

投稿内容が過激過ぎると、Twitter運営側からアカウントを強制的に利用停止になってしまったり、名誉毀損で個人から訴えられることもあります。

自由に発信ができる場ではありますが、言葉遣いやマナーに気をつけて発信をしなくてはなりません。

・文字数制限がある

Twitterでの1つぶやきは、140文字までしか投稿ができません。

しかし140文字以内に入る文字で人の心に届くものがあれば、一気にフォロワーが増えるきっかけになります。

・高齢者へのアプローチには向いていない

高齢者の方はそもそもスマートフォンを持っていなかったり、PCでSNSをしている割合が低いので、Twitterで商品をアプローチするのは適していないですね。

まとめ:Twitterのメリットやデメリット、仕組み

Twitterに関してメリット・デメリットを上げて説明しましたが、いかがでしょうか?

企業にとっては顧客やターゲット層にアプローチをかけたり、個人でもさまざまな発信ができるのがTwitterの良さですね。

その反面、何でも自由に書き込める分、個人や企業に関する悪い口コミや根も葉もない嘘や誹謗中傷ともとれる悪評が書かれることも分かったかと思います。

しかし、使い方さえ間違わなければ、発信者にとっても受け手にとってもメリットが多いSNSです。

ぜひこれを機会に、自身の発信で新たなつながりを広げたり、自社サービスの新たな展開を目指してTwitterを開設・活用してみてくださいね。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-SNS

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.