PinTでんきは高い?口コミや評判、料金プランや解約方法など徹底解説!

PinTでんきは高い?口コミや評判、料金プランや解約方法など徹底解説!

PinTでんきに切り替えるメリットやデメリットは?解約金はかかる?
実際のところPinTでんきは東京電力と比較して高いの?安い?
PinTでんきのリアルの口コミや評判は?

PinT(ピント)でんきを検討している方や現在利用している方もいることでしょう。

今回は、PinT(ピント)でんきのサービス概要や料金プラン、実際に利用している方の口コミや評判などからわかるメリット、デメリットを紹介します。本記事で、PinTでんきに乗り換えるべきかどうかがわかりますのでぜひチェックしみてください。

結論、一人暮らしからファミリー層など電気代に関わらず、PinTでんきよりも安い会社はあります。大手電力会社との比較表はもちろん、おすすめの新電力に変更することでどのくらい節約できるのか具体的に解説していきます。

目次

PinT(ピント)でんきとは?会社概要や供給エリア、解約金の有無など紹介!

PinT(ピント)でんきとは?会社概要や供給エリア、解約金の有無など紹介!
運営会社名株式会社PinT
関連会社東京電力エナジーパートナー株式会社
株式会社パネイル
設立2018年4月2日
会社住所東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル fabbit大手町
資本金8億円(資本準備金含む
供給エリア沖縄と、一部離島を除く北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・四国・中国・九州電力エリア
解約金/違約金無し
支払い方法口座振替、クレジットカード払い、コンビニ払い。契約の途中でも、支払い方法の変更が可能
マイページ(アプリ)アプリはないがマイページで明細などチェック可能。

PinTでんきは、2018年4月に、「一人一人にピントのあったエネルギーを」をコンセプトに設立された株式会社PinTが提供しますお得な電力供給サービスです。供給する電力は、一般家庭向けプラン、電気を多く使われる事務所や飲食店さん向けのプラン、そして動力の3パターンを提供しています。

東京電力グループの「東京電力エナジーパートナー株式会社」と、人工知能とビッグデータを利用した電力需給プラットフォーム企業「株式会社パネイル」が共同で設立したのが「株式会社PinT」です。

社名のPinTは、東京電力エナジーパートナーの「T」、パネイルの「P」が共に手を取り、インターネットテクノロジー「in」を駆使し、「新しい価値を創出する存在になる」という決意がこもっています。電気以外にもPinTガス(都市ガス)、TEPCOひかり(光回線)の販売も行っております。

また、PinTでんきは「PinT with 賃貸」というサービスで、全国の管理物件の電気契約をまとめて管理することができます。なので、大東建託のマンションなどでは、初めからPinTでんき契約になっていたりしますよね。

PinT(ピント)でんきの料金プラン|大手電力会社と比較して高いor安い?

PinT(ピント)でんきの料金プラン|大手電力会社と比較して高いor安い?

PinTでんきは、使用料金の明細の合計金額からの割引によってお得な電気料金になるプランです。東京電力の料金プランと比較して安くなる場合もありますし、あまり変わらないケースもあります。

東京電力との違いも確認できますので、電気の使い方を再度チェックして検討してみてください。

PinTでんきの料金プラン

PinTでんきの料金プランは大きく分けて3つになっています。

料金プラン詳細
PinTでんきA契約容量が10A~60Aの方向け。一人暮らしからファミリー層向けの一般的な料金プラン
PinTでんきB契約容量が10A~60Aの方向け。一人暮らしからファミリー層向けの一般的な料金プラン
PinTでんきC契約容量が6kVA~の方向け。事務所や飲食店などで電気の使用量が多い方向けの料金プラン
PinTでんき動力低圧電力(動力)を契約している方向け

※関西・中国・四国電力エリアは、従量電灯A相当が「PinTでんきA」、従量電灯B相当が「PinTでんきB」となっています。

PinTでんきは高い?大手電力会社との比較表

PinTでんきは、大手電力会社の料金単価と全く同じで違いはないですが、利用料金の合計金額によって割引率が異なります。エリアに関わらず一定ですので、下記表を参考にしてください。

PinTでんきと大手電力会社の料金単価比較表

北海道東北関東中部北陸関西中国四国九州
基本料金/従量料金 北海道電力 PinTでんきB
契約容量:30A 1,023円 1,023円
契約容量:40A 1,364円 1,364円
契約容量:50A 1,705円 1,705円
契約容量:60A 2,046円 2,046円
従量:~119kwh 23.97円 23.97円
従量:120~279kwh 30.26円 30.26円
従量:280kwh~ 33.98円 33.98円
基本料金/従量料金 東北電力 PinTでんきB
契約容量:30A 990 990
契約容量:40A 1,320 1,320
契約容量:50A 1,650 1,650
契約容量:60A 1,980 1,980
従量:~119kwh 18.58 18.58
従量:120~299kwh 25.33 25.33
従量:300kwh~ 29.28 29.28
基本料金/従量料金 東京電力 PinTでんきB
契約容量:30A 858 858
契約容量:40A 1,144 1,144
契約容量:50A 1,430 1,430
契約容量:60A 1,716 1,716
従量:~119kwh 19.88 19.88
従量:120~299kwh 26.48 26.48
従量:300kwh~ 30.57 30.57
基本料金/従量料金 中部電力 PinTでんきB
契約容量:30A 858 858
契約容量:40A 1,144 1,144
契約容量:50A 1,430 1,430
契約容量:60A 1,716 1,716
従量:~119kwh 21.07 21.07
従量:120~299kwh 25.54 25.54
従量:300kwh~ 28.49 28.49
基本料金/従量料金 北陸電力 PinTでんきB
契約容量:30A 726 726
契約容量:40A 968 968
契約容量:50A 1,210 1,210
契約容量:60A 1,452 1,452
従量:~119kwh 17.85 17.85
従量:120~299kwh 21.74 21.74
従量:300kwh~ 23.45 23.45
基本料金/従量料金 関西電力 PinTでんきA
最低料金:~15kwh 341.02 341.02
従量:15~119kwh 20.32 20.32
従量:120~299kwh 25.80 25.80
従量:300kwh~ 29.29 29.29
基本料金/従量料金 中国電力 PinTでんきA
最低料金:~15kwh 337.37 337.37
従量:15~119kwh 20.79 20.79
従量:120~299kwh 27.47 27.47
従量:300kwh~ 29.59 29.59
基本料金/従量料金 四国電力 PinTでんきA
最低料金:~11kwh 411.40 411.40
従量:11~119kwh 20.37 20.37
従量:120~299kwh 26.99 26.99
従量:300kwh~ 30.50 30.50
基本料金/従量料金 九州電力 PinTでんきB
契約容量:30A 891 891
契約容量:40A 1,188 1,188
契約容量:50A 1,485 1,485
契約容量:60A 1,782 1,782
従量:~119kwh 17.46 17.46
従量:120~299kwh 23.06 23.06
従量:300kwh~ 26.06 26.06

PinTでんきのPinTアカウント割引率

電気+ガス+光回線の合計金額割引率
~5,000円の1円につき1%
5,000~20,000円の1円につき3%
20,000~50,000円の1円につき5%
50,000円~の1円につき7%

シミュレーション①:毎月の合計金額が15,000円の場合

5,000円分×1% =50円
5,001円~20,000円に対し15,000円分×3% =450円
合計割引額=500円

シミュレーション②:毎月の合計金額が30,000円の場合

5,000円分×1% =50円
5,001円~20,000円に対し15,000円分×3% =450円
20,001円~30,000円に対し10,000円分×5% =500円
合計割引額=1,000円

PinT(ピント)でんきのメリット・デメリットとは?料金プランから分析!

PinT(ピント)でんきのメリット・デメリットとは?料金プランから分析!

現在契約している電力会社からPinTでんきへ乗り換えると、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、PinTでんきへ変更するデメリットについてみていきましょう。

PinT(ピント)でんきの3つのメリット|口コミや評判も紹介!

PinT(ピント)でんきの3つのメリット|口コミや評判も紹介!

PinT(ピント)でんきのをお得に使うためには、いくつかの組み合わせがあり、うまく組み合わせると電気料金がより安く使うことができます。

では、具体的にメリットを口コミや評判を交えながらみていきましょう。メリットは大きく3つあります。

・PinTアカウント割引で電気料金が高いほど安くなる
・電気とガスのセット割ができる
・電気・ガス・インターネットを一括契約できる

メリット① PinTアカウント割引で電気料金が高いほど安くなる

口コミ

離れている家族と共有して割引が受けられるのはいいサービスです

PinT(ピント)でんきには、PinTアカウント割引というお得なシステムがあります。わかりやすくいうと、まとめ割引です。

例えば、家族が一人暮らしをしていたとして、そこの電気代も同じアカウントでまとめるだけで割引が受けられるというものです。

大東建託のマンションなどにはPinT(ピント)でんきが通常で契約されているようです。そして、PinTアカウントでの合計金額が増えれば増えるほど割引率もアップしていきます。

メリット② 電気とガスのセット割ができる

口コミ

ガスも一緒にまとめることができるのでお得で管理が楽!

株式会社PinTは、お得な都市ガスも提供しています。

PinT(ピント)でんきを提供している地域で電気、ガスを一緒に契約すれば、先ほど紹介したPinTアカウント割で、電気とガス料金が一緒に計算されますので、さらに家計にも優しいですね。

PinTアカウント割は、合計金額が高ければ高いほど割引率も大きくなるので、電気とガスを別々で契約しているのでしたら、この機会にガスもPinTにまとめるとより安く電気代ガス代を抑えることができます。

インターネットサービスも提供していますので、全てまとめるとメリットも大きくなります。

ウォーターサーバーもPinT(ピント)でんきで販売してくれれば、全てPinTアカウントにまとめられるのにと口コミもあり、今後に期待ですね。

メリット③ 【日本初】電気・ガス・インターネットを一括契約|新サービスPinT with WeChat

口コミ:-

株式会社PinTは、2021年1月28日に日本初となるWeChatPayで電気・ガス・インターネット回線の利用料金が自動決済可能になるサービスをリリーズしました。

最新サービスなので、口コミや評判はないですが、全て中国語で手続きができてしまうので、外国人の方にとっては非常にありがたいサービスですね。

詳しくはこちらから確認してみてください。

PinT(ピント)でんきの4つのデメリット|口コミや評判も紹介!

PinT(ピント)でんきの4つのデメリット|口コミや評判も紹介!

電気をあまり使わずに、月々の電気代が安いご家庭や、長期契約やその他特典で割引率が既に高いお客様などはメリットを感じにくいです。PinTでんきに契約変更する前に、現在の契約と照らし合わせながら確認してみてください。デメリットは大きく3つあります。

・電気料金は大手電力会社と全く同じ
・5,000円以下の方にはメリットがほぼない
・他の新電力会社と比較して高い
・ネット上での口コミや評判が悪い

デメリット① 電気料金は大手電力会社と全く同じ

口コミ

普段から電気をあまり使わない家庭だとお得感はない

PinT(ピント)でんきの基本料金は、大手電力会社と全く同じ料金単価です。PinT(ピント)でんきは、使用量に対しての割引ですので、最初から安い訳ではないので注意が必要です。

一人暮らしなどの場合は、もともと電気料金が安いので、他の新電力会社の方がお得に使うことができます。

デメリット② 5,000円以下の方にはメリットがほぼない

口コミ

電気料金が5,000円以下だと割引率は1%だけだから、あまりお得な感じがないのよねぇ

電気料金が安い場合は、他の新電力会社がおすすめです。また、電気をたくさん使うご家庭でも、オール電化の場合などは注意が必要です

PinT(ピント)でんきの料金プランにはオール電化プランがないので、割引率と比べても、料金が高くなってしまう可能性があります。

デメリット③ 他の新電力会社と比較して高い

口コミ

PinTでんきの電気料金って特に安い訳じゃないから他の電力会社を検討するか

PinTでんきは基本料金・従量料金が大手電力会社と同じ料金単価です。その為、他の新電力会社の方が最初からお得な価格で設定していたりしますので、高いと感じる方も多いようです。

後ほどPinTでんきよりも安い新電力会社を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

デメリット④ ネット上での口コミや評判が悪い

PinTでんきに関する口コミをSNS上で探してみたところ、以下のような口コミが複数見受けられました。料金はもちろん、対応などしっかり見極めて契約するかどうか判断すべきですね。

PinT(ピント)でんきより安い!おすすめの新電力会社

PinT(ピント)でんきより安い!おすすめの新電力会社

PinTでんきより安いおすすめの電力会社を紹介していきます。また、どのような方におすすめなのかについても解説。なお下で紹介しているのは、東京電力エリアでの比較となっています。

おすすめ新電力1.HTBエナジー

  • キャンペーン:無し
  • ガスとセット契約:有り(東京・東方・大阪ガスエリア)
  • 事務手数料や解約違約金:1年未満の解約で2,200円の違約金発生
  • ライフスタイル:全般
  • 支払い方法:口座振替、クレジットカード、コンビニ払い(手数料200円)
契約容量/使用量PinTでんきHTBエナジー年間削減額
30A/120kwh 3,212円3,178円-408円
40A/150kwh4,281円4,202円-948円
50A/250kwh7,041円6,896円-1,740円
60A/400kwh11,568円11,329円-2,868円
※PinTアカウント割適用済みの価格となります。

HTBエナジーは全国エリアに対応しており、大手電力会社と比較した際、基本料金・従量料金ともに5%お得になります。そのため、一人暮らしや二人暮らしなど電気使用量に関わらず安くなります。

また、都市ガスとのセット割も可能で、東京・東邦・大阪ガス圏内であればまとめることが可能です。エリアによって割引率は異なりますが、2~5%はお得になり、セット割で毎月102年割引されます。

おすすめ新電力2.東京ガスの電気

  • キャンペーン:無し
  • ガスとセット契約:有り(東京ガスエリアのみ)
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:全般
  • 支払い方法:銀行口座振替、クレジットカード、振り込み
契約容量/使用量PinTでんき東京ガス年間削減額
30A/120kwh 3,212円3,232円+240円
40A/150kwh4,281円4,276円-60円
50A/250kwh7,041円7,091円+600円
60A/400kwh11,568円11,378円-2,280円
※PinTアカウント割適用済みの価格となります。

東京ガスの電気はPintでんきと比較するとほとんど変わらない価格になっています。また、エリアは東京電力エリアのみ。

そのため、電気とガスをまとめたい東京ガスエリアにお住まいの方におすすめと言えます。大手という安心感もメリットの1つでしょう。また、現在電気とガスをまとめると電気代の基本料金が3ヶ月無料になるキャンペーンを実施しています。告知なしでキャンペーンが終わることもあるため、検討している方はなるべく早めに乗り換えることをおすすめします。

都市ガス・プロパンガスも合わせて安くしたい!

都市ガス・プロパンガスも合わせて安くしたい!

電気と合わせて、都市ガスも合わせて安くしたい方へエリア別におすすめの新ガス会社を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。プロパンガス(LPガス)使用中の方はこちらでぴったりのガス会社を見つけてください。

東京ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

東京ガスエリアの方は、エルピオ都市ガス・レモンガスが特に安い料金プランを提供しています。特にエルピオ都市ガスは5,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのでおすすめです。

使用量東京ガスレモンガスエルピオ都市ガス
10m32,212円2,139円2,226円
30m34,970円4,759円4,735円
70m310,188円9,716円9,695円
150m320,471円19,484円19,682円

表を見比べると大きな差はありませんが、全体を通してレモンガス・エルピオガスの料金の方が安くなっているのがわかります。

1位エルピオ都市ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら申し込みはこちら
2位レモンガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら申し込みはこちら

東邦ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

東邦ガスエリアの方は、エルピオ都市ガス・まじめなガス・カテエネガスが特に安い料金プランを提供しています。

使用量東邦ガスエルピオ都市ガスまじめなガスTOKAI都市ガス
10m32,864円2,694円2,720円2,778円
30m36,659円6,265円6,326円 6,460円
70m313,323円12,505円12,749円12,924円
150m326,332円24,755円26,332円25,543円
1位エルピオ都市ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら申し込みはこちら
2位まじめなガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら申し込みはこちら
3位TOKAI都市ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら申し込みはこちら

大阪ガスエリアでおすすめの都市ガス会社

大阪ガスエリアの方は、関電ガス・まじめなガスが特に安い料金プランを提供しています。

使用量大阪ガス関電ガスまじめなガス
10m32,864円2,346円2,456円
30m35,700円4,9595,586円 
70m311,372円9,883円10,803円
150m322,281円19,519円21,166円
1位関電ガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら申し込みはこちら
2位まじめなガス料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら申し込みはこちら

PinT(ピント)でんきの申し込み方法&解約方法|問い合わせ先も紹介

PinT(ピント)でんきの申し込み方法&解約方法|問い合わせ先も紹介

PinTでんきの申し込み方法は、電話、WEBの2種類あります。

電話でのお申し込み(問い合わせ先)

カスタマーサポート:050-2018-8555
受付時間:10-17時(土日祝日、年末年始を除く)

WEB申し込みは24時間365日受付可能です。現在ご契約中の「電気料金のお知らせ(検針票)」を準備しておくと、申し込みがスムーズに行えます。申し込み後はマイページで明細等の各種確認ができます。

また、PinTでんきに限らずですが解約する際は切り替え先の電力会社が手続きを代行してくれるので特にPinTでんきへ解約の連絡などは不要です。ただ、引越しの際、継続する場合はマイページなどから手続きが必要なので注意してください。

自分にぴったりの新電力に変更して電気代を安くしましょう!

PinTでんきは、一人暮らしや単身赴任などで家族がバラバラに住んでいる場合、PinTアカウントでまとめることができ、割引率が高くなるのでおすすめです。しかし、電気やガスなどの合計金額が5万円以上でないと正直お得感はないです。

今回紹介した東京ガスやHTBエナジーはガスのセット割があるので、電気代も安く、セットで安くなるのでこちらの方がおすすめですね。年単位にすると、電力会社を切り替えるだけで数千円〜数万円安くなることはザラなので、この機会にぜひ検討してみてください。

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

また、ガスに関しても、お客さまの利用状況に合わせて最適なガス会社を提案しておりますので、合わせてお気軽にお問い合わせください。

【関連記事】この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

【コンサルが選ぶ】新電力会社おすすめランキングTOP10|地域別の料金比較も大公開!

一人暮らしにおすすめの新電力会社7選|選び方や比較方法も紹介します。

【神奈川】一人暮らしの平均的な光熱費はいくら?生活費の内訳や節約術も紹介

福岡市の一人暮らしにかかる光熱費はいくら?生活費の内訳や節約方法も紹介

社会人の一人暮らしにかかる費用相場は?家賃や初期費用、生活費の内訳や節約術を解説!

オール電化におすすめ新電力会社TOP5|料金プランが安い人気の電力会社はどこ?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる