今すぐ使いたい!電気の即日開通ができる安い電力会社3選。当日や土日の対応方法を解説

電気の即日開通ができる安い電力会社

引越し先で今すぐ電気を使いたいが即日開通できる電力はある?

急遽引越しが決まったが電気の切り替えや即日開通を今すぐしたい

引っ越しなどに伴って電気の開通手続きを忘れてしまうことも少なくありません。

本記事は以下について徹底解説しています。

即日開通できる安い電力会社
即日開通するまでの流れ
即日開通する際の注意点
即日開通する際のよくある質問

手続きを忘れていたとしても焦らずに対処できるようになるので、転勤や引っ越しなどで急遽電気の開通が必要になった方はぜひ参考にしてください。

スクロールできます
おすすめの即日開通ができる電気当日開通するための申し込み方法問い合わせ先
楽々でんき
全国(沖縄以外)対応
当日15時まで
電話orWEB申し込み
0800-700-9777
WEBで申し込み
CDエナジーダイレクト
関東対応
当日16時まで
電話申し込み
0120-811-792
大阪ガス
関西対応
当日12時まで
電話申し込み
※WEB申し込みの場合は
翌日の13時以降から可能
大阪市:0120-0-94817
大阪市以外の方はこちら

今日中に電気を使いたい!引っ越し当日でも即日開通は可能?

電気を今すぐ使いたいが当日開通できる?

結論として、引っ越し当日でも電気の即日開通は可能です。

ただし、メーターの種類によって開通の手順が異なるので、まずは以下の2種類のメーターの違いがあることを押さえておきましょう。

アナログメーター
スマートメーター

アナログメーターとスマートメーターの違い

    アナログメーターは、回転式ディスプレイで電気の使用量が確認できるメーターであり、訪問による検診を行います。

    スマートメーターは数値が液晶で表示されるメーターであり、通信機能が備わっているため、訪問による検診が必要ありません。

    現在国が主導でアナログメーターをスマートメーターに交換している最中であり、スマートメーターの普及が進められていますが、一部地域ではまだアナログメーターが使用されている場合もあります。

    以下では、それぞれのメーターで当日に開通する際の流れについて解説します。

    引っ越し先がアナログメーター

    アナログメーターの場合、引っ越し前に開通手続きをしていなくても電気を使うことができます。

    開通先でブレーカーを上げて通電すればすぐに電気を使用できるため、電気が使えなくて困るということはありません。

    もし開通手続きの前に電気を開通した場合、すぐに電力会社へ連絡して開通の手続きをおこなってください。

    申し込みは電話で行うか、WEBの申し込みフォームからおこなえる電力会社もあります。

    引っ越し先がスマートメーター

    スマートメーターはアナログメーターと違い、事前に開通手続きをしていないと電気を使用できません

    スマートメーターは電力会社が遠隔操作で電気を供給する仕組みであるため、開通手続きをしたあとに電気を使用できるようにします。

    使用開始当日まで手続きをしていなかったとしても、速やかに電力会社へ連絡して開通手続きを行えば、即日開通も可能。

    ただし、大手電力会社のカスタマーセンターは繋がりにくいことも多く、年末年始、土日・祝日は営業していない場合もあります。

    そのため、スマートメーターでも即日開通は可能ではありますが、常にできるとは限らないことに留意しておきましょう。

    大手よりも安い?電気の即日開通ができるおすすめ電力会社3選

    電気の即日開通ができる安い電力会社

    東京電力や関西電力よりも安く、当日でも即日開通できる電力会社は以下3つです。

    供給エリアや問い合わせ方法、いつまでに申し込めばいいのかなどポイントを紹介しています。

    また各電力会社の料金単価や大手と比較してどのくらい安いのかなどをまとめていますので、今日中に電気を使いたい方はぜひ参考にしてください。

    電力会社をクリックすると詳細までスクロール可能

    スクロールできます
    おすすめ電力会社詳細
    楽々でんき・電話申し込み:0800-700-9777
    ・WEB申し込み:こちら
    ・供給エリア:全国(沖縄を除く)
    15時までに申し込めば当日の開通が可能
    CDエナジーダイレクト0120-811-792
    ・供給エリア:東京電力エリア
    16時までに申し込めば当日の開通が可能
    大阪ガス・大阪市:0120-0-94817(大阪市以外の方はこちら
    ・供給エリア:関西電力エリア
    12時までに申し込めば当日の開通が可能

    即日開通できる安い電気1.楽々でんき。大手電力との比較表

    電気の即日開通ができるおすすめ電力会社に楽々でんき

    大手電力会社と楽々でんきの比較シミュレーション

    スクロールできます
    世帯人数東京電力楽々でんき
    新生活安心プラン
    年間削減額
    一人暮らし¥4,511¥4,475431円お得
    二人暮らし¥5,915¥5,6643,008円お得
    三人暮らし¥9,867¥8,97310,727円お得
    四人暮らし~¥16,048¥13,79527,025円お得

    ※容量拠出金相当額単価を含んでおります。(3.28円/kwh)
    以下で電気代を算出
    一人暮らし:30A/120kwh・二人暮らし:40A/150kwh・三人暮らし:50A/250kwh・四人暮らし:60A/400kwh

    ※電力調達調整費は含んでいません。

    大手電力会社と楽々でんきの料金単価

    契約容量/使用量東京電力楽々でんき
    新生活安心プラン
    基本料金:10Aあたり¥311.75¥280.575
    従量:~120kwh¥29.80¥27
    従量:121~300kwh¥36.40
    従量:301kwh~¥40.49

    楽々でんきは、当日15時までに電話・WEB申し込みすることですぐ電気の利用をすることが可能です。土曜日・日曜日でも対応可。沖縄を除く全国エリアで電気の供給を行っています。

    電話が繋がらない場合でも、WEBで申し込みできるのはメリットといえるでしょう。

    申し込むと当日中に折り返しの連絡がくるため、必ず対応してください。対応しないとすぐに開通できなくなります。

    料金プランは基本料金が大手よりも10%安く、従量料金も使用量に関わらず安い価格。そのため大手電力会社と比較して電気代は安いです。ただし、「中部・関西・九州電力エリア」では、電気代が高くなる傾向にあります。

    また市場価格によって料金が変動するため注意も必要。2024年は市場も落ち着いているため電気代が高騰するリスクは以前と比べて低いといえるでしょう。

    通常契約手数料3,850円がかかりますが、当サイト経由であれば無料で申し込むことが可能です。

    ライトシンプルプランは2年自動更新で、タイミングが合わないと5,000円の解約金がかかるため、新生活安心プランを選ぶといいでしょう。

    即日開通できる安い電気2.CDエナジーダイレクト。東京電力との比較表

    電気の即日開通ができるおすすめ電力会社にCDエナジーダイレクト
    スクロールできます
    世帯人数東京電力CDエナジー
    ベーシックでんき
    年間削減額
    一人暮らし¥4,511¥4,4191,111円お得
    二人暮らし¥5,915¥5,7631,820円お得
    三人暮らし¥9,867¥9,5993,211円お得
    四人暮らし~¥16,048¥15,3068,903円お得
    以下で電気代を算出
    一人暮らし:30A/120kwh・二人暮らし:40A/150kwh・三人暮らし:50A/250kwh・四人暮らし:60A/400kwh

    関東で今すぐ電気を使いたい方はCDエナジーダイレクトがおすすめです。

    即日開通するには、当日の16時までに電話で申し込む必要があります。

    CDエナジーダイレクトはプランが豊富ですが、電気代を抑えたい方は「ベーシックでんき」に申し込むようにしましょう。

    オール電化プランにも対応していますが、引っ越し先がオール電化住宅の場合は「スマートでんき」を選択してください。

    またCDエナジーダイレクトは都市ガスとのセット割プランもあるため、ガスもまとめたい方は一緒に申し込みしましょう。

    比較表を見てもわかるように、一人暮らしや二人暮らしなど電気の使用量に関わらずお得になるためどの世帯でもおすすめです。

    即日開通できる安い電気3.大阪ガス。関西電力との比較表

    電気の即日開通ができるおすすめ電力会社に大阪ガス
    スクロールできます
    世帯人数関西電力大阪ガス電気
    ベースプランA-G
    年間削減額
    一人暮らし¥2,645¥2,589672円お得
    二人暮らし¥5,974¥5,8131,936円お得
    三人暮らし¥10,113¥9,6795,218円お得
    四人暮らし~¥15,831¥15,2237,306円お得
    以下で電気代を算出
    一人暮らし:120kwh・二人暮らし:150kwh・三人暮らし:250kwh・四人暮らし:400kwh

    引越しして今日から電気を使いたい!という関西の方は大阪ガスの電気がおすすめです。

    当日の12時までに電話申し込みすることで、即日開通することができます

    電話が繋がらなかったり、開通が今日ではなく翌日からでもよかったりする場合はWEB申し込みも可能。翌日の13時以降に対応してくれます。

    大阪ガスは電気とガスをまとめることができ、セットプランだと電気料金もよりお得になります。

    料金プランは豊富にありますが、時間がなくとりあえず電気代が安いものを契約したい方は「ベースプランA-G(電気+都市ガス)」「ベースプランA(電気のみ)」を選ぶといいでしょう。

    また後々プラン変更をすることもできるため、ポイントを貯めたいなど希望がある場合でも安心。

    さらに抽選で最大10,000円が当たるキャンペーンも実施中です。

    電気代に関しては一人暮らしからファミリー層まで関西電力よりも安くなるためぜひ検討してください。

    電気の即日開通までの流れ。当日から使うための手順や必要情報

    電気の即日開通するための流れ

    電気を即日開通するまでの流れを、手順に従って解説します。

    それぞれどのような手続きをすればよいか、押さえておきましょう。

    ①引っ越し先で使用する電力会社を決める
    ②必要情報を準備して電力会社を申し込む
    ③電気が開通するのを待つ

    引っ越し先で使用する電力会社を決める

    まずは引っ越し先で使用する電力会社を決めます。引っ越し先ではこれまで契約していたる電力会社から切り替えることも可能です。

    電力自由化によって使用する電力会社を自分で選べるようになったため、電気の使用状況に合わせて最適な電力会社を選びましょう。

    ただし電力会社ごとに供給エリアが決まっているので、乗り換える際は住んでいる地域が供給エリアに入っているかを確認する必要があります。

    また即日開通できるかどうかも電力会社によって異なるため、即日開通を希望する場合は本記事で紹介した電力会社の中から選ぶのがおすすめです。

    必要情報を準備して電力会社を申し込む

    電力会社が決まったら申し込みをおこないます。申し込みの際は、以下の必要情報を準備しておきましょう。

    ・契約者名義
    ・電話番号
    ・電気を開通する住所
    ・使用開始日
    ・支払い方法
    ・契約プラン
    ・アンペア数

      プランは電力会社ごとにさまざまなので、自分に合ったプランを選ぶことで電気代の節約が可能です。

      また契約するアンペア数も電気代に影響するため、家庭の電気使用量に合わせて契約するアンペア数を調整しましょう。

      電気が開通するのを待つ

      申し込みが完了したら、電気が開通するのを待ちましょう。問題なく手続きが完了していれば、開通予定日に電気が開通します。

      基本的には申し込んだ電力会社から連絡がくるので、申し込み後に対応する必要があります。対応が遅れて開通予定日を過ぎてしまうと、当日開通できなくなる可能性もあるため注意してください。

      また電気を開通する際は、あらかじめ使用する場所のブレーカーをONにしておきましょう。

      電気を即日開通する際の注意点や気をつけるべきポイント

      電気の即日開通の注意点

      電気を即日開通する際の注意点などについて解説します。

      あとから気付くと即日開通できなくなってしまう可能性もあるので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

      電力会社の供給エリアをチェック
      オール電化の場合は対象プランを選択
      土日や繁忙期で電話が繋がらないことも

      電力会社の供給エリアを確認する

      電気は自由に選べますが、電力会社ごとに供給エリアが決まっており、エリア外の場合には契約ができません

      すべての電気が全国エリアで供給しているわけではないので、乗り換えを検討するうえではまず始めに電力会社の供給エリアを確認するようにしましょう。

      また同一の都道府県内でも対応エリア外の地域があるので、この点も注意してください。

      引っ越し先がオール電化の場合は対象プランへ申し込む

      オール電化住宅には専用のプランがあるので、乗り換える際は必ずオール電化プランへ乗り換えるようにしてください。

      オール電化住宅は夜間の電気をメインで使うという特徴があり、通常のプランに申し込むと電気代が割高になってしまいます。

      またオール電化プランがない電力会社もあるので、オール電化住宅に住んでいる場合には必ずオール電化プランがある電力会社を選びましょう。

      土日や繁忙期で電話が繋がらないケースもある

      大手電力を含み、その他電力会社でも土日や引っ越しシーズンの繁忙期などは、電話がなかなか繋がらない場合があります。

      電話で開通する場合には、できるだけ土日や繁忙期を避けるようにしましょう。

      当日中に開通したいけど電話が繋がらないという場合、WEB申し込みもおすすめです。

      例えば、楽々でんきではWEB申し込みができ、申し込むフォームから必要事項を記入するだけで簡単に手続きが可能です。

      電気の即日開通に関するFAQ

      電気の即日開通に関するFAQを紹介するので、困ったときはまず一度こちらをご確認ください。

      クリックすると好きなところの回答を見れます。

      電気の即日開通には立ち会いは必要?
      スマートメーターかどうかの確認方法は?
      土日でも電気の即日開通ができる?
      供給地点番号の調べ方は?
      一般的に電気の開通まで何日かかる?
      当日に開通できる場合は何時から可能?
      ガスや水道は申込んでいつから使える?
      au電気は即日開通に対応していない?
      引っ越し日まで時間がある場合のおすすめの切り替え先は?

      電気の即日開通には立ち会いは必要?

      即日開通の場合でも、電気の開通には基本的に立ち会う必要はありません

      ただし、オール電化住宅などで立ち会いが必要なこともあるので、立ち合いが必要かどうかを事前に確認しておくとよいでしょう。

      スマートメーターかどうかの確認方法は?

      アナログメーターは回転式ディスプレイで電気の使用量が表示されるのに対し、スマートメーターは液晶モニターに数値が表示されるので、メーターを見ればどちらかを判断できます。

      土日でも電気の即日開通ができる?

      土曜日・日曜日でも電気の即日開通は可能です。

      ただし、土日は電力会社との電話がつながりにくいことも多いため、WEB申し込みに対応している電力会社を選ぶなどの対応が必要なこともあります。

      供給地点番号の調べ方は?

      供給地点特定番号は、電力会社からの通知や請求書、マイページなどで確認できます。

      確認方法は電力会社によっても異なるので、わからない場合には電力会社に問い合わせてみましょう。

      一般的に電気の開通まで何日かかる?

      電気の開通には一週間ほどの期間をみておくのが無難です。

      本記事で紹介した電力会社は即日開通できますが、一般的に早くても申し込んでから2営業日はかかるケースがほとんどです。

      東京電力や中部電力など大手であれば、即日開通できるケースもありますが、時期によって対応が難しいこともあります。

      また新電力会社では、基本的に即日開通が難しいケースが多く、例えばLooopでんきの場合は引っ越し予定日の2日前までに申し込む必要があります。

      ※土日を開通日にすることは特に問題ありません。

      当日に開通できる場合は何時から可能?

      電気を開通する時間に決まりはないので、手続きが完了していれば電力会社の対応時間外であっても電気は使用可能です。

      当日に開通する場合には、何時から使用できるかは開通手続が完了した時間にもよるので、適宜電力会社に確認しておきましょう。

      ガスや水道は申し込んでどのくらいで使える?

      ガスや水道も即日利用が可能な場合があります

      ただし、電気と同じく繁忙期などの場合はすぐに使用できないこともあるので、余裕をもって使用する1~2週間前までには手続きを完了させておくのがよいでしょう。

      au電気は即日開通に対応していない?

      auでんきは、申し込んでから5営業日+2日以降で開通するため、当日中に電気を使うことはできません

      また引越し先がスマートメーターではない場合、取り替え作業も加わるため+5営業日が追加されます。

      どうしてもauでんきを使いたい方は、本記事で紹介した電力会社や東京電力などの大手に一旦切り替えて、後日auへ申し込みするようにしましょう。

      引っ越し日まで時間がある場合のおすすめの切り替え先は?

      引っ越しまでに時間がある場合、できる限り料金が安い電力会社を選びましょう

      電気とのセット割がある東京ガス、市場連動型の料金プランのLooopでんき、環境に配慮した電気を安価に使用できるオクトパスエナジーなどがおすすめです。

      もっとも、おすすめの電力会社は住んでいる地域によっても異なるため、詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

      北海道のおすすめ電力会社

      東北のおすすめ電力会社

      関東のおすすめ電力会社

      中部のおすすめ電力会社

      関西のおすすめ電力会社

      中国地方のおすすめ電力会社

      四国のおすすめ電力会社

      九州のおすすめ電力会社

      沖縄のおすすめ電力会社

      電気即日開通のまとめ

      スマートメーターの場合は即日開通可能ですが、契約する電力会社や時期によっては難しい場合もあります。

      そのため、電気の開通は余裕をもって1~2週間前に手続きを行っておきましょう。

      電力会社を選ぶうえではまず、住んでいる地域が供給エリア内であるかどうかを確認します。

      そして即日開通できる電力会社を選び、電話かWEBで申し込み手続きをおこないましょう。

      自分に合った最適なプランを選び、キャンペーンなども活用して電力会社に乗り換えることで、電気代をお得にすることが重要です。

      即日開通ができる電力会社の一覧表まで移動する

      〜関連記事〜

      東京ガスエリアのおすすめ都市ガス会社
      東邦ガスエリアのおすすめ都市ガス会社
      大阪ガスエリアのおすすめ都市ガス会社

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!