コスト削減 電気代

オール電化住宅はauでんきに切り替えできる?auでんきが高い理由を徹底解説!

オール電化住宅はauでんきに切り替えできる?auでんきが高い理由を徹底解説!

電力自由化にともない新電力会社を探している方の中には、auでんきへの乗り換えを検討している方もいるでしょう。

確かにauスマホユーザーであればauでんきへの切り替えにより、au WALLETが貯まるなどのメリットもあります。

しかしオール電化住宅に住んでいる方の場合、auでんきへの乗り換えによって電気代が高くなってしまう危険もあるので注意してください。

こちらの記事ではオール電化住宅でauでんきに乗り換えた場合の電気代や、お得なオール電化プランがある他の新電力会社を紹介します。

auでんきの乗り換えた結果「以前より電気代が高くなった…」と後悔しないよう、ぜひこちらの記事をお得な新電力会社選びの参考にしてください。

auでんきにオール電化プランはあるの?

auでんきにオール電化プランはあるの?

auでんきにはオール電化プランがありません

オール電化住宅の場合、通常オール電化に合わせた料金プランになっている「オール電化プラン」で契約をします。

オール電化プランは各地域の大手電力会社の他にも新電力会社から選べますが、auでんきにはこのオール電化プランがないのです。

そのため、もしオール電化住宅でauでんきと契約する場合、通常のプランで契約することになります。

オール電化住宅でauでんきに切り替えたら高くなる

オール電化住宅でauでんきに切り替えたら高くなる

大手電力会社や新電力会社が用意しているオール電化プランは、オール電化住宅の特徴に合わせてうまく節約できるような料金設定になっています。

そのためオール電化住宅なのにオール電化プランのないauでんきに切り替えてしまった場合、通常よりも料金が割高になってしまうのでおすすめできません

auでんきに乗り換えると高くなる理由

オール電化プランの料金設定は各電力会社によってさまざまですが、基本的にどの電力会社でも「夜間の料金が安い」という点で共通しています。

そしてオール電化住宅ではエコキュートや蓄熱暖房機など使い、夜間の安い電気を日中に回すことで節約できるという仕組みになっているのです。

このような仕組みにより、本来通常の家庭よりも電気代が高くなるオール電化住宅でも電気代を抑えることができます。

ですから夜間の電気代が安いオール電化プランがなければ当然電気代は高くなり、オール電化住宅の特性が活かせなくなってしまうわけです。

これがauでんきに乗り換えると電気代が高くなってしまう理由ですね。

具体的にどのくらい高い?

仮にオール電化住宅でauでんきを使った場合、東京電力のオール電化プラン「スマートライフS/L」とどれくらい料金が違うかを電力使用量に応じてシミュレーションしました。

東京電力
スマートライフS/L
auでんき 年間差額
300kwh
6KVA
8,553円 8,878円 3,900円
500kwh
8KVA
13,684円 15,564円 22,560円
800kwh
10KVA
21,094円 25,307円 50,556円

※昼:深夜=5:3の割合で計算しています。

上記の比較表みてもわかるとおり、どの電力使用量においても東京電力のスマートライフS/Lの方が安くなっています。

しかも料金の差は電力使用量が増えれば増えるほど拡大しており、10KVAで800kwhの電力使用量になると年間5万円以上もの差が出てしまうのです。

オール電化住宅の場合、オール電化プランを使うことが節約の大きなポイントになるということがわかるでしょう。

おすすめのオール電化プランがある新電力

おすすめのオール電化プランがある新電力

以上のようにauでんきはオール電化住宅には向いていないので、代わりにオール電化プランがあるおすすめの新電力会社を3社紹介します。

東京電力HTBエナジーLooopでんき九電みらいエナジー
時間帯 季節 料金単価
基本料金:1kWあたり 286円
従量料金
6-1時 オールシーズン 25.8円
1-6時 オールシーズン 17.78円
時間帯 季節 料金単価
基本料金:1kWあたり 286円
従量料金
10-17時
夏季 35.5円
その他季 29.09円
7-10時
17-23時
オールシーズン 23.84円
23-7時 オールシーズン 12.48円
時間帯 季節 料金単価
基本料金:1kWあたり 0円
従量料金
8-18時
夏・冬 37.5円
春・秋 17.5円
6-8時
18-22時
夏・冬
27.5円
6-10時
16-22時
春・秋
22-6時 オールシーズン 20.5
時間帯 季節 料金単価
基本料金:1kWあたり 285.19円
従量料金
7-23時 オールシーズン 25.26円
23-7時 オールシーズン 17.72円

・HTBエナジー(HISでんき)

HTBエナジーはオール電化旧プランをもとに料金単価が決められています。(例えば、東京電力でいう電化上手)

そのため、電気の使い方によっては大幅に電気代を節約することができます。

特に夜間や早朝に電気を利用する家庭では非常におすすめです。

ただ、日中に電気を利用する家庭では、電気代が高くなってしまう可能性があるので注意してください。

HTBエナジー 公式HP

・Looopでんき

Looopでんきのオール電化プランの特徴は、春・秋の日中の電気料金が極端に安いことと基本料金ゼロということ。

年間通して電力使用量が大きく変化しない家庭や、一人暮らしで電力使用量が少ないという家庭におすすめです。

Looopでんき 公式HP

・九電みらいエナジー

日中・夜間の2パターンというシンプルでわかりやすいプランが特徴的な九電みらいエナジー。

電力使用が集中する夏季・冬季や日中のピーク時に電力をたくさん使う家庭には特におすすめです。

九電みらいエナジー 公式HP

まとめ|オール電化の節約方法も紹介!

オール電化住宅では、オール電化プランを使うことが電気代節約のポイントになるのです。

しかしauでんきにはオール電化プランがないため、オール電化住宅の方にはおすすめできません。

ですからオール電化住宅の方はこちらで紹介した他のおすすめ新電力会社を参考にして、ご自身のライフスタイルに合わせたオール電化プランを選ぶようにしてください。

またオール電化住宅で、電気代を節約する方法は他にもいくつかあるので、こちらを参考にしてさらに電気代をお得にしましょう。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.