Facebookビジネスアカウントと個人アカウントの違い|作り方やメリットなど解説!

Facebookビジネスアカウントと個人アカウントの違い|作り方やメリットなど解説!

Facebook(フェイスブック)のアカウントには、個人アカウントとビジネスアカウントの2種類がありますが、ビジネスアカウントで開設するページをFacebookページといいます。

ビジネスアカウントと個人アカウントは利用方法や規約が異なるので、目的や活用方法に合わせてアカウントを切り替える必要があります。

この記事では、ビジネスアカウントと個人アカウントの機能の違い、Facebookページのメリット・デメリットについてお伝えします。実際にページの開き方も紹介しているので、記事を読み終わってすぐに開設できまますのでぜひ参考にしてみてください。

目次

Facebookページとは?

Facebookページとは?

Facebook(フェイスブック)ページとは、企業や会社が運営するビジネス向けのページで、個人アカウントのページとは異なりビジネスを目的としてユーザーと交流できるのが特徴です。

アカウントの管理を複数人でおこなったり、有料で広告を出したりできるので広報活動の一環としてFacebookページを活用する企業も多くあります。ユーザーとの距離が近いものの、個人アカウントよりも信頼性が高く、商品の販売やサービスへの誘導がおこないやすい性質もあります。

個人アカウントと同様にビジネスアカウントにもメリットとデメリットがありますので次から具体的に説明していきます。

ビジネスアカウント(Facebookページ)と個人アカウントの違いとは?

ビジネスアカウント(Facebookページ)と個人アカウントの違いとは?

Facebookビジネスアカウントと個人アカウントの違いを簡単にみていきましょう。

Facebookビジネスアカウント個人アカウント
アカウント名会社・団体・サービス名、商品名、本名以外の個人名も可実名
管理者人数複数人(割り当てる権限の変更も可能)1人(本人のみ)
友達制限や申請機能なし
友達申請の代わりにページに「いいね!」をしてくれたユーザーをファンと認定する。ファンの数に上限なし。
あり(5,000人まで)
いいね・コメント機能個人の投稿へは不可
Facebookページの投稿へは可能
管理するFacebookページへのコメントへの返信は可能
可能
予約投稿機能可能Facebookグループ内のみ可能
公開・検索範囲Facebook利用していない人でも閲覧可能
検索エンジン内で検索される
Facebook登録者のみ閲覧可能
検索エンジン内では検索されない
広告配信機能ありなし
インサイト機能ありなし

ビジネスアカウント(Facebookページ)のメリットやデメリット

ビジネスアカウント(Facebookページ)のメリットやデメリット

Facebook(フェイスブック)ページは、企業や団体がマーケティングや販売促進に活用するケースがほとんどです。多くの企業や団体がページを作成していますが、より効果的に運用していくためには気をつけなくてはならない点があります。ビジネスアカウントの取得をする前に参考にしたい方や、Facebookページのメリット・デメリットについて知りたい方はぜひチェックしてください。

ビジネスアカウント(Facebookページ)のメリット

・ページの開設が無料でできる

ビジネスアカウントを取得すれば、Facebook(フェイスブック)ページの開設は無料でできます。記事の投稿、管理、運営などは個人アカウントと違いはありません。つまり、人件費を考慮する必要がなければ、最低限は無料で運営できます。

広告は有料になりますが、年齢・地域・関心などでターゲットを絞ることができます。そのため通常の広告よりも費用対効果は高いと考えられます。

・ユーザーとの距離が近い

投稿に対して『いいね!』やコメントがつくので、ダイレクトにユーザーの反応を知ることができます。管理者がビジネスアカウントでコメントに返信することもできるので、ユーザーがより熱狂的なファンになる可能性が高まります。

ユーザーの声を商品やサービスに反映しやすいので商品開発にも活用できます。

・投稿の拡散が見込める

有益な情報は『いいね!』だけではなく、シェアが望めます。個人アカウントはプライベートなつながりが重視されるため、似たようなターゲットに拡散される確率が上がります。実名登録なので、むやみにシェアされることが少ないのも特徴です。

また、投稿のシェアはFacebook(フェイスブック)以外のSNSにもできるので幅広いユーザーへの拡散が期待できます。

・投稿が炎上しにくい

個人アカウントは実名での登録が義務づけられています。匿名でできるSNSに対して、投稿に対するコメントに誹謗中傷が書き込まれる可能性は低い傾向があります。ネガティブなコメントよりもポジティブなコメントが集めやすいのは魅力的なメリットといえます。

ビジネスアカウント(Facebookページ)のデメリット

・継続して時間を確保する必要がある

企業や団体でWEBページを運用する場合、一度サイトを制作してしまえば一定期間更新する必要はありません。しかし、Facebookページの場合はWEBページと違い、継続的な更新が必要になります。

SNSは流れるメディアのため、常に新しい投稿をして鮮度を維持する必要があります。ユーザーも更新頻度を企業や団体の信用度として判断する傾向があるので、ビジネアカウント開設にあたって更新を頻繁におこなうことができるか確認する必要があります。

・迅速な対応を求められる

SNSの特性の1つにスピーディーなコミュニケーションがあります。投稿に対するリアクションにはできるだけ早く対応することが求められるため、ファンの数が増える前にリアクション対応の方針を定める必要性があります。

あらかじめ、コメントを返す時間を決めておいたり、早急な問い合わせ窓口は別に用意しておいたり、ユーザーが不信感をもたない工夫が求められます。Facebookページのメリットでもあった、拡散性が悪い方に働くと一気にネガティブな情報が広がる危険性もあります。

・仕様変更に対する学習が必要になる

SNSはデザインや機能が日々更新されます。ビジネスアアカウントの管理者はその都度、仕様を学習しページを切り替える必要があります。同時に、インサイトを分析してユーザーの反応を把握して投稿やデザインを改善していくことも大切です。

ユーザーのタイムラインに投稿を優先的に流すためのアルゴリズムが予告なく変更になる場合もあるので、常に研究と対策をとることが欠かせません。

ビジネスアカウント(Facebookページ)の作り方

ビジネスアカウント(Facebookページ)の作り方

Facebook(フェイスブック)ページの作り方はWEBページとは違い、手順を追えば簡単です。

作り方の基本は、個人アカウントを取得してからビジネスアカウントを作成します。ページの運用は、個人アカウントからビジネスアカウントに切り替えて作業します。個人アカウントのログインから、ビジネスアカウントの作り方、設定方法を紹介していきます。

手順① 個人アカウントへログインする

Facebook(フェイスブック)ページを作成するにあたって、ページの管理者は必ず個人アカウントを用意する必要があります。個人アカウントの情報はビジネスアカウントに切り替えても反映されることはありません。ページの管理者は公開後に追加したり、変更したりできます。

個人アカウントが用意できたら、個人アカウントのページにログインし、右上の『メニューボタン』をクリックして、『ページ』をクリックします。

手順② ビジネスアカウントの作成する

表示されている画面の指示に従って、『ページ名』、『カテゴリ』、『詳細』を入力。ページ名は企業名や団体名、サービス名などを入力します。

次にカテゴリは、ビジネスアカウントの形態がわかるものを入力しますが、Facebookが用意しているカテゴリに合わないと入力できないので注意が必要です。カテゴリの内容は作成してからも変更できるので、迷ったらローカルWEBサイトと入力しておきます。詳細は任意入力です。

最後に左下の『Facebookページを作成する』をクリックすればページの作成が完了します。

手順③ ビジネスアカウントの設定する

プロフィールとカバー画像を設定します。サイズは、Facebookヘルプセンターで確認できます。ユーザーネームを作成のため、プロフィール画像横の『ユーザーネームを作成』をクリックします。

ページを訪れたユーザーに求めるアクションボタンを実行してもらうためのボタンを追加します。ユーザーネームの右隣にある『+ボタンを追加』をクリックして、ユーザーに求める行動を選択します。

次に、ページ情報を編集します。左側の『ページ設定』にある『ページ情報を編集』をクリックし、上から順に入力していけば必要な情報はすべて設定できます。

まとめ

Facebook(フェイスブック)にはビジネスアカウントと個人アカウントがあるとお伝えしました。ビジネスアカウントは検索エンジンの検索対象にもなるので、ビジネスにも活用できます。また、Facebookにページを認証してもらうと検索でより上位に表示されます。

Facebookページの開き方は個人アカウントからビジネスアカウントに切り替えることで設定でき、複数人の管理者を追加することもできるので権限の機能を振り分けて業務できるメリットもあります。

Facebookページの開設は無料でできるので、興味をもった方はビジネスアカウントの作り方を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。

北海道のおすすめ電力会社

東北のおすすめ電力会社

関東のおすすめ電力会社

中部のおすすめ電力会社

関西のおすすめ電力会社

中国地方のおすすめ電力会社

四国のおすすめ電力会社

九州のおすすめ電力会社

沖縄のおすすめ電力会社

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次