SNS

インスタグラムとフェイスブックを連携するメリット&デメリット|連携・解除方法も紹介!

インスタグラムとフェイスブックを連携するメリット&デメリット|連携・解除方法も紹介!

InstagramとFacebookを連携すると、拡散力アップや運用・管理の効率化など、多くのメリットが得られます。しかし、使い方を工夫しないとフォロワー減少やアカウント停止、インスタのサブアカウントがバレたりなどのデメリットもあるため、注意が必要です。

連動を最大限に生かした運用をするためにも、正しく長所と短所を理解しておくのが理想的ですね。

InstagramとFacebook連動によるメリットとデメリット、各SNSからの連携や解消のやり方を解説していきます。

インスタグラムとフェイスブックの違いは?

インスタグラムとフェイスブックの違いは?

インスタグラムとフェイスブックの違いは、8点あります。

・発信コンテンツの内容
・実名制と匿名制
・共有機能の有無
・拡散性の高さ
・登録ユーザーの属性
・予約配信の有無
・ハッシュタグの利用率
・複数アカウントと単数アカウント

両SNSには長所と短所があり、連携によってそれぞれの長所を活かしながら短所をカバーし、効率的かつ効果的な発信ができるのです。インスタグラムとフェイスブックをリンクする利点をご紹介します。

インスタグラムとフェイスブックを連携するメリット

インスタグラムとフェイスブックを連携するメリット

InstagramとFacebookのリンクで、発信や管理の手間と時間を最小限に抑えて、広範囲への発信が可能です。また、InstagramにあってFacebookにはない機能もいくつかあり、連動設定でどちらも活用できるなどメリットが多いのです。

では、インスタグラムとフェイスブックの連動設定のメリットを見ていきましょう。

メリット① SNS運用・管理がラクになる

連携により同時配信や連動管理が可能になると、管理・運用の簡略化につながります。

同時配信では全く同じ内容を同じタイミングで発信可能。また、連動管理ではフェイスブックからインスタグラムのメッセージやコメントなどを確認し対応できます

管理と運用の手間が省けると更新率が上がり、更新ペースも安定しますね。SNSマーケティングやフォローしてくれる友達獲得にとって更新率やペースが重要ですから、リンクによる管理や運用の簡略化は、マーケティングに良い効果をもたらすのです。

メリット② 拡散力が大きくなる

インスタグラムでは共有機能が充実していない点がデメリットですが、連動設定によりフェイスブックのシェア機能を利用できるためアピール効力が高まります。

インスタグラムにはリポストなどのシェア機能があるのにも関わらず、実際には利用しない利用者が多いです。しかし、フェイスブックではシェア文化が浸透しているため、インスタグラムでは無反応だったコンテンツ内容でも、連動発信への変更でフェイスブックにてシェアされる可能性が高いのです。

メリット③ フォロワーが増えやすい

投稿発信範囲が広がると閲覧数の上昇につながります。見てもらえるチャンスが増えるとフォロワー獲得率も上がるはず。素晴らしいコンテンツを発信していたとしても、閲覧数が見込めなければ、フォロワーの獲得が難しいです。

また、それぞれのSNSからの流入も見込め、連携により両SNSをフォローしてもらえる確率が高くなるため、トータル的なフォロワー増加も夢ではありません。

メリット④ 同時投稿できる

インスタグラムとフェイスブックをリンクすると、同じタイミングで配信できる同時発信が可能な機能が使えるようになります。同時配信できる機能はインスタグラムに発信したものがフェイスブックにも反映されるシステムになっており、いつもと同じ方法で同時シェアが可能です。

同時シェアによりSNS運用の時間や手間を軽減できる分、配信内容の充実に力を入れられます。

メリット⑤ 予約投稿機能が使える

予約投稿とは、前もって配信時間を設定できる機能でFacebookでしか使えません。

しかし、連携によりFacebook側で予約発信を設定しておくと、同時配信機能にてInstagramにも同じタイミングで反映されます。つまり、Instagramだけでは予約発信が利用できませんが、Facebookとリンクすれば両SNSで予約発信ができるようになるのです。

メリット⑥ ショッピング機能が使える

2018年にリリースされたInstagramのショッピング機能は自社商品の売上アップにつなげられると非常に注目されています。また、Facebookのショップ機能もアップデートされ、以前よりもECサイトへの誘導がスムーズになりました。

しかし、リンクしない状態では個別にショップ機能を使わなければいけないため、効率が悪くなります。InstagramとFacebookを連携すると、商品に埋め込むECサイトへの誘導を同時に管理でき、作業を簡略化できるのです。

メリット⑦ さまざまなターゲットへアプローチできる

Facebookの利用者は30代から40代が多く、実名登録制の影響もありビジネスマンが多い傾向にあります。Instagramの利用者は20代から40代の女性が多く、ここ数年では男性の利用者も増加傾向です。

このように登録しているユーザの属性が違うため、連動にて同時配信すれば、これまでよりも幅広いターゲット層にアプローチできます。

インスタグラムとフェイスブックを連携するデメリット

インスタグラムとフェイスブックを連携するデメリット

インスタグラムとフェイスブックの連携でフォロワーの減少、アカウント停止、裏アカがバレるなどのデメリットも想定されます。連携による欠点も把握した上で、友達リンクを解除させない、アカウントが停止されない、裏アカウントがバレないようにしたいですね。

インスタグラムとフェイスブックの連携による3つのデメリットをご紹介します。

デメリット① ターゲットが異なりフォロワーが減る可能性がある

インスタグラムとフェイスブックをリンクすれば、狙えるターゲット層が広がる反面、ターゲット層を絞るのが難しくなります

ターゲティングが甘くなることでフォロワーにとって必要のないコンテンツの発信が増えフォロー解除にもなりかねません。また、興味のないコンテンツは売り上げにもつながりにくい傾向にあります。

デメリット② アカウント停止のリスクが高くなる

インスタグラムやフェイスブックで発信や集客を行う際には、それぞれのSNSの規約を守る必要があります。実際に違反をしていなくても、連動により規約違反を疑われるような行為があった場合に、アカウント停止のリスクが高まるのです。

各SNSの規約をしっかり確認し、アカウント停止になった場合はその指示に従えば凍結解除が可能です。

デメリット③ 複数のアカウントが連携される

Facebookでは単一アカウントが規則ですが、Instagramでは複数アカウントの作成が許可されています。そのため、Instagramでは本アカウントのほかにサブアカウントを複数所有する利用者が多いことでしょう。

複数アカウントがある状態でFacebookと連携すると、サブアカウントと紐付けされて裏アカウントの存在も明らかになるケースがあります

インスタグラムとフェイスブックを連携する方法

インスタグラムとフェイスブックを連携する方法

インスタグラムとフェイスブックを連動するやり方は、インスタグラムとフェイスブックで違います。いずれの場合も簡単に設定できるので、使い慣れているSNSの方から設定するのがおすすめです。

以下でインスタグラムとフェイスブックの連携のやり方を解説していきます。

連携方法① インスタグラム(Instagram)から連携する

①Instagramのアプリを開いたら画面の下部の右にある自分のプロフィールアイコンをタップします。
②右上にある三本線をタップします。
③複数の項目の中の「設定」をタップすると、設定画面に表示されます。
④「アカウント」をタップしてから「他のアプリへのシェア」を選択します。
⑤「Facebook」を選択すると、Facebookのログイン画面に移ります。いつも通り、Facebookにてログインをしたら完了です。

連携方法② フェイスブック(Facebook)から連携する

Facebookからの連動の設定はFacebookページを作成した上で行います。

①PCからFacebookページの管理画面を開きます。
②管理画面の右上にある「設定」を選んでから左横の一覧の中の「Instagram」を選択します。
③「ログイン」をクリックし、Instagramでログインしたら完了です。

インスタで複数アカウントを持っている場合は、連携したいInstagramアカウントでログインしましょう。

インスタグラムとフェイスブックの連携ができない原因と対処法

インスタグラムとフェイスブックの連携ができない原因と対処法

インスタグラムとフェイスブックの連動を設定をしてもなぜかうまくいかない…。そんな時はよくある原因を確認してから対処してみるべきです。うまくリンクできない時に考えられる原因と原因別の対処法をご紹介します。

連携できない原因

インスタグラムとフェイスブックの連携がうまくいかない時、次のような原因が考えられます。

・アプリに不具合がある
アップデートができていない時に不具合が起こりやすいです。

・アカウントに問題がある
インスタグラムやフェイスブックのアカウント状態に問題があり連携できない可能性があります。

・スマホに問題がある
スマートフォンのOSのバージョンアップができていないなどの理由が考えられます。

・電波状況に問題がある
インターネット回線の状況が悪いなどの理由です。

・サーバーエラーが起こっている
SNSのプログラムを管理しているサーバーのエラーが障害になり、連動できないケースがあります。

連携できない時の対処法

うまく連動設定ができない原因別に、対処法を説明していきます。

・アプリに不具合がある
アプリのアップデート状態を確認し、必要に応じてアップデートを行いましょう。アップデートをしても解決しないときは、アプリをインストールし直す手段を試してみるべきです。

・アカウントに問題がある
まずは、ログインしなおしてみましょう。それでも解決しないなら、規約違反などでアカウント状態に問題がないかのチェックが必要です。

・スマホに問題がある
スマートフォンのOSのバージョンをチェックし、バージョンが古い場合はバージョンアップを行います。それでも解決しないなら、スマホの電源の入れなおしも検討してみましょう。

・電波状況に問題がある
Wi-Fiや光回線などのインターネット回線の状態をチェックして、悪い場合は改善法を試すべきです。

・サーバーエラーが起こっている
SNS側のサーバーエラーは、問題が解決するまで待つしかありません。

インスタグラムとフェイスブックの連携を解除する方法

インスタグラムとフェイスブックの連携を解除する方法

連動解除のやり方は、インスタグラムとフェイスブックで違います。それぞれの解消方法を解説していきます。

・インスタグラムからの解除方法

①アプリからインスタグラムを開いてアカウントページを開きます。
②右上の三本線をタップして「設定」を選択します。
③「アカウント」をタップし、「他のアプリへのシェア」を選びます。
④「フェイスブック」をタップすると下部に出てくる「アカウントセンター」を選択します。
⑤「アカウントとプロフィール」のページに移ったら「フェイスブック」をタップします。
⑥「アカウントセンターから削除」をクリックして完了です。

・ フェイスブックからの解除方法

①アプリからフェイスブックを開き、右下にある三本線をタップします。
②下のほうにある「設定とプライバシー」を選択してから「設定」をタップします。
③下までスクロールすると「アカウントセンター」が出てくるので、タップします。
④「フェイスブック」をタップすると下部に出てくる「アカウントセンター」を選択します。
⑤「アカウントとプロフィール」をタップしたら「フェイスブック」をタップします。
⑥「アカウントセンターから削除」をクリックして完了です。

まとめ

インスタグラムとフェイスブックをリンクするメリットやデメリット、連携や解消するやり方を説明してきました。

連携するメリット・デメリットは以下の通りです。

連携するメリット 連携するデメリット
・運用や発信、管理の負担が減る
・拡散力がアップする
・フォロワーが増えやすい
・同時投稿できる
・予約投稿機能が使える
・ショッピング機能を利用できる
・さまざまなターゲットへアプローチできる
・フォロワーが減る可能性がある
・アカウント停止になる恐れがある
・サブアカウントがバレるケースがある

また、連携と解除はインスタグラムとフェイスブックのそれぞれで設定できるため、使い慣れているSNSから設定するとスムーズです。

連携設定による広範囲へのアピール力を最大限に活用し、運用や管理の手間をできるだけ省いて効率的なSNSマーケティングを実践していきましょう。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-SNS

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.