ガス代 コスト削減 電気代

九州電力と西部ガスどっちがお得?料金プランやメリット・デメリット徹底比較!

九州電力と西部ガスどっちがお得?料金プランやメリット・デメリット徹底比較!

電力・ガスの自由化にともない、一つの会社で電気・ガスの両方を提供している会社が増えました。

九州でも九州電力・西部ガスがそれぞれ電気・ガスを提供していますが、どちらのプランがお得になるのか気になっている方もいるでしょう。

こちらの記事では九州電力・西部ガスそれぞれの料金やセット割引の内容を紹介し、一定の使用量ごとに電気代・ガス代がいくらになるかをシミュレーションしました。

九州エリアではどちらがお得なのか気になる方、また電気代・ガス代をとにかく安くしたいという方にも参考になる内容なので、ぜひ最後まで読んでください。

【九州電力と西部ガス】電気とガスの料金プラン|セット割プランも紹介!

【九州電力と西部ガス】電気とガスの料金プラン|セット割プランも紹介!

九州電力のと西部ガスそれぞれの料金プランを確認しておきましょう。

ちなみに都市ガスについては、九州電力のきゅうでんガスと西部ガスはどっちも同じ料金設定になっているようです。

またセット割りの内容についてもここで紹介しておくので、こちらも参考にしてください。

九州電力と西部ガスの電気料金プラン

基本料金/従量料金 九州電力 西部ガス
基本料金:10Aあたり 297円 295.37円
従量:~120kwh 17.46円 17.4円
従量:120~300kwh 23.06円 23円
従量:300kwh~ 24.96円 24.89円

九州電力と西部ガスのガス料金プラン

料金表 使用量 きゅうでんガス
基本料金
西部ガス
基本料金
きゅうでんガス
従量料金
西部ガス
従量料金
A表 ~15m3 913円 913円 211.2円 211.2円
B表 16~30m3 1,133円 1,133円 196.54円 196.54円
C表 31~100m3 1,562円 1,562円 182.24円 182.24円
D表 100m3~ 2,167円 2,167円 176.19円 176.19円

九州電力と西部ガスの電気とガスのセット割引

九州電力のセット割りは、電気の契約容量とガスの使用量に応じて一定金額の割引が適用されます。

契約容量・使用量が少なくても最低100円は割引され、多くなると1,000円から最大1,300円もの割引があります。

一方西部ガスの場合、セット割りによってガス代が3%割引になるという内容です。

ただし西部ガスではセット割り適用のプランが「ヒナタメリット」「家庭用厨房・給湯・暖房契約」「床暖房契約」に限られているので、この点は注意しましょう。

【九州電力と西部ガス】電気とガスをまとめるならどっちがお得?

【九州電力と西部ガス】電気とガスをまとめるならどっちがお得?

上記の料金表をもとに、九州電力・西部ガスの料金をシミュレーションしてみましょう。

それぞれのセット割りを適用した場合の料金についても比較するので、電気ガスセットではどちらがお得なのかもチェックしてください。

【電気】九州電力ガスと西部ガスの比較|どっちが安い?

使用量(アンペア) 九州電力 西部ガス 年間差額
120kwh(30A) 2,986円 2,974円 145円
200kwh(40A) 5,128円 5,109円 222円
400kwh(50A) 10,227円 10,193円 397円
500kwh(60A) 13,020円 12,978円 501円

わずかな差ではありますが、電気単体で比較した場合には西部ガスの方がお得になります。

電気単体でどちらがお得かを選ぶのであれば、西部ガスの方がおすすめということです。

【ガス】九州電力と西部ガス電気の比較|どっちが安い?

使用量 九州電力 西部ガス 年間差額
10㎥ 3,025円 3,025円 0
20㎥ 5,064円 5,064円 0
30㎥ 7,029円 7,029円 0
50㎥ 10,674円 10,674円 0

都市ガスに関しては基本料金・従量料金がどちらも同じなので、ガス代も同じになります。

【電気+ガス】セットプランはどっちが安い?

使用量(アンペア) 九州電力 西部ガス 年間差額
ガス:10㎥ 2,625円 2,934円 3,711円
電気:120kwh(30A) 2,986円 2,974円 145円
ガス:20㎥ 4,364円 4,912円 6,577円
電気:200kwh(40A) 5,128円 5,109円 222円
ガス:30㎥ 6,229円 6,818円 7,069円
電気:400kwh(50A) 10,227円 10,194円 398円
ガス:50㎥ 9,574円 10,354円 9,357円
電気:500kwh(60A) 13,020円 12,978円 501円

セット割りを適用したときの電気ガス合計を比較すると、どの使用量でも九州電力の方が安くなりました。

九州電力・西部ガスのセット割りは、九州電力の方がお得ということになります。

一人暮らし・ファミリー層問わず、電気ガスセットでの乗り換えを考えているなら九州電力の方に乗り換えるとよいでしょう。

【九州電力】電気とガスのセット割プランのメリット・デメリット

【九州電力】電気とガスのセット割プランのメリット・デメリット

 

九電ガスのセット割りは口コミでも良い評判が多数みられました

西武ガスと料金を比較した口コミも多くみられます。

【西部ガス】電気とガスのセット割プランのメリット・デメリット

【西部ガス】電気とガスのセット割プランのメリット・デメリット

西武ガスに関する口コミも、九州電力との比較で悩んでいるものが多かったです。

きちんと料金をシミュレーションしたうえで比較をしている口コミは、九州電力のほうが多い印象でした。

九州エリアは電気とガスを別々の会社にした方がお得?

九州エリアは電気とガスを別々の会社にした方がお得?

電気ガスをセットにするとお得なように感じますが、料金を最安にするためにはそれぞれ別々に最適な会社を選んだ方がお得になります。

なぜなら電気ガスの使用量のバランスは家庭によってそれぞれなので、一つの会社の電気・ガスのプランが自分のライフスタイルに最適とは限らないからです。

この点は、電気ガスセットのデメリットといえるでしょう。

また九州では都市ガスの供給があるエリアが限られていて、セット割りの数も多くはありません。

このようにセット割引があると一見セットにした方がお得な感じがしますが、料金を最安にしたいのであればそれぞれ別々に選ぶようにしてください。

九州電力エリアでおすすめの新電力は以下になります。

使用量 九州電力 あしたでんき リミックスでんき HTBエナジー
170Kwh(30A)
一人暮らし
3,992円 3,910円 3,961円 3,896円
340Kwh(40A)
二人暮らし
7,945円 7,820円 7,922円 8,526円
370Kwh(50A)
三人暮らし
9,024円 8,510円 8,621円 8,353円
400Kwh(60A)
四人暮らし
10,103円 9,200円 9,320円 9,119円
1位 HTBエナジー 料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら
2位 あしたでんき 料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら
3位 リミックスでんき 料金プラン、口コミや評判、メリットデメリットの解説はこちら

ぴったりの会社に切り替えて電気・ガス代を節約しましょう!

電気ガスセットで契約するのなら九州電力の方がおすすめできます。

口コミでも九州電力の電気ガスセットは評判がよく、きちんと料金をシミュレーションしたうえで九州電力を選ぶような口コミもみられました。

ただしセット割りには自分のライフスタイルに最適な電気・ガスのプランをそれぞれ選べないというデメリットもあります。

このようにセット割りが最安とは限らないので、料金の安さで選ぶなら電気・ガスはそれぞれ別に会社を選びましょう。

自分に合った電力・ガス会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では、お客さまの利用状況に合わせて最適なガス会社を提案しております。どのガス会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。

また、電気に関しても、700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しておりますので、合わせてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-ガス代, コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.