イノシシの駆除・退治法|生態や被害、駆除の注意点など徹底解説!

おすすめイノシシ対策グッズ6選を紹介!使い方や効果、駆除の注意点など解説

イノシシは山に生息している動物ですが、餌を求めて人里に降りてくることがあります。一度イノシシが出ると何度も被害にあうことがあるので、早めに対策を立てて駆除・退治しなければなりません。

こちらの記事ではおすすめのイノシシ対策方法8選を紹介し、それぞれの対策についてやり方や効果を具体的に解説します。またイノシシを駆除・退治するうえで注意しなければならない法的規制があるので、これについても説明します。正しい知識をもち、イノシシを撃退して被害を最低限に抑えましょう。

目次

イノシシの生態や習性、食べ物など解説

イノシシは警戒心が強く、臆病な性格をした動物です。人里では人との接触を極力避けるため、基本的には夜間に出没することが多いです。餌が取れて身を隠す茂み等がある場所に好む習性があり、安全な場所だとわかると大胆になるため、一度住み着くと追い出すのが難しいというのが特徴です。

繁殖時期は4〜6月頃で、一度に5匹程度の子供を産むため繁殖力は強いといわれています。普段臆病なイノシシですが、子育て時期のイノシシは攻撃的になり人を襲うことも多いため、退治・駆除の際には特に注意しなければなりません。

イノシシによる被害

イノシシによる被害

イノシシを駆除・退治せずに放置しておくと、以下のような被害にあうことがあります。

・農作物を食い散らかす
・田んぼを荒らす
・ゴルフ場にも出現しグリーンを掘り起こす

それぞれ被害の実態について、詳しく説明します。

農作物を食い散らかす

イノシシはイモ類、たけのこ、豆類、かぼちゃ、とうもろこしといった、さまざまな農作物を食べます。これらの農作物を栽培している畑では、イノシシの被害に合わないよう対策をとらなければなりません。

またイノシシは葉物野菜を食べることはあまりありませんが、地面の中にいるミミズや昆虫類を探すために地面を掘り起こすことがあります。その際に葉物野菜が掘り返された地面の近くにあると、食害にはあわないものの荒らされてだめになってしまうことも少なくありません。

田んぼを荒らす

イノシシは自分の身体についた寄生虫を落とすたびに泥浴びをするという習性がありますが、これを田んぼでおこなうことがあるのです。イノシシが泥浴びをすることで、田んぼの畦が崩れて田んぼは荒れてしまいます。

田んぼであれば畑のように食害にあうことはないため対策を怠りがちですが、このように泥浴びによって荒らされる恐れもあるのでしっかり対策をとらなければなりません。

ゴルフ場にも出現しグリーンを掘り起こす

イノシシは農地や田んぼだけでなく、ゴルフ場にも出現してグリーンを掘り起こすことがあります。餌がない場所にはイノシシがやってくることはないため、ゴルフ場に侵入してくるのは予想外と考える人も多いでしょう。

しかしゴルフ場の地面の中にもミミズなど餌となる生物がおり、また泥浴びもできます。またゴルフ場は大勢の人が集まる場所でもないため、イノシシにとっては意外と都合がよい場所ともいえるのです。”

自分でできるイノシシ対策8選|駆除・撃退法や予防対策

自分でできるイノシシ対策8選|駆除・撃退法や予防対策

自分でできるイノシシの対策方法を8つ紹介します。

・忌避剤を使って追い払う
・柵を張って侵入を防ぐ
・音で追い払う
・光を使って寄せ付けない
・天敵の尿を使う
・畑の手入れを欠かさない
・餌を与えない
・猪犬を飼う

それぞれどのような方法でおこない、どんな効果があるのかを具体的に解説します。

忌避剤を使って追い払う

イノシシは唐辛子やハーブなど苦手とする匂いがいくつかあるので、これらを忌避剤として使うことができます。イノシシがどこにいるのかを把握して忌避剤をおいておくことで、その場所にはイノシシが近づきにくくなります。

このようにイノシシの嫌う匂いがするものをそのまま使用してもよいですが、イノシシが嫌う匂いを成分に使った市販の忌避剤を使ってもよいでしょう。

DIY FACTORY ONLINE SHOP
¥1,648 (2022/09/05 12:15時点 | 楽天市場調べ)

柵を張って侵入を防ぐ

イノシシよけにおすすめの柵は、以下の3種類です。

・トタン板
・ワイヤーメッシュ
・電気柵

トタン板はイノシシの視界を遮断して農作物を見えなくする効果がありますが、高さが足りないので乗り越えられてしまうことがあります。

ワイヤーメッシュは強度が弱いと持ち上げられてしまうので注意しましょう。電気柵は電気を流してイノシシを撃退できるので、もっとも効果が高い対策方法です。

音で追い払う

動物が嫌がる超音波や大きな音を立てるといった方法で、イノシシを近づけなくすることができます。超音波発生器などを使えば超音波を出すことができますが、人の耳には聞き取れない周波数の音なので安心して使用できるでしょう。

あとは登山用の鈴などを使って人間がいることをイノシシに知らせることで、臆病な正確であるイノシシはその場所に近づきにくくなるという効果があります。

光を使って寄せ付けない

センターライトなどを使って光を当てることにより、イノシシがびっくりして畑に近づきにくくなります。夜になると畑は真っ暗になり、臆病なイノシシでも近づきやすくなってしまうので、夜間はずっと光を当てておきましょう。

センターライトを使用する際は設置場所をよく考えて、できるだけ光の足らない場所をなくすことがポイントです。

天敵の尿を使う

野生動物は自分の尿でマーキングして縄張りを示す習性がありますが、この習性を利用したのが天敵の尿を使った対策方法です。天敵の尿を使うことでイノシシはその場所が天敵の縄張りだと勘違いし、近づきにくくなるという効果があります。

害獣対策によく用いられるのがウルフピーという狼の尿100%の対策グッズです。ウルフピーはイノシシにも効果があるので、忌避剤として活用しましょう。

野生動物は自分の尿でマーキングし、自分のテリトリーを示す習性があります。そしてこの習性を利用して天敵の尿を使い、イノシシを近づけさせない対策ができます。

畑の手入れを欠かさない

イノシシは臆病な性格をしているため、身を隠す場所が少ない畑には近寄りません。そのため畑の手入れを欠かさずにおこない、背の高い草は刈り取ってきれいにしておきましょう。

身を隠しやすい藪や茂みがあるとイノシシは安心してその場所に来られるので、そのような場所ができないよう常に手入れしておくことが大事です。

餌を与えない

イノシシは餌のある場所にやってくるので、餌を与えないようにすれば寄り付かなくなります。餌付けはもちろん厳禁ですが、それだけでなくイノシシに食べられそうな農作物はすぐに収穫したりネットをかけたりすることが重要です。

特に柿などの放任果樹はそのままにしておきがちですが、これらもイノシシの餌になるためしっかり収穫し、落ちた果実も処分しなければいけません。

猪犬を飼う

猪犬とはイノシシを撃退する猟犬のことで、狩猟の際にも活躍するほど高い能力を有します。猪犬がいればイノシシが来ても飼い主に教えてくれ、自分でもイノシシを追い払って退治してくれます。
飼い犬を猪犬に調教するには、幼い頃からしっかり訓練しなければなりません。

そのため猪犬を飼うのであれば、ブリーダーから購入するか猟師から譲ってもらう必要があるでしょう。

法律違反に注意|無断で駆除してはいけない

イノシシ退治をする上で注意しなければならないのは、役所の許可なく勝手に駆除・捕獲してはいけないということです。普通の人がイノシシを撃退するためにできることは、イノシシを追い払うことと侵入を防ぐことだけであり、罠を張って捕獲したり殺傷したりすることは、鳥獣保護法で禁止されています。

もし無断で駆除や捕獲をすれば、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課されることもあるので注意しなければいけません。”

自分で対策が困難な時は業者に依頼

自分でおこなえる対策は効果が一時的な場合が多く、一度被害がなくなってもしばらくすれば再発する場合が少なくありません。そこでイノシシを確実に撃退・駆除するのであれば、業者に依頼するのがおすすめです。

きちんと資格を持ったイノシシ駆除業者なら被害状況に合わせて適切な対策をおこない、イノシシを駆除・捕獲して再発を防いでくれます。害獣駆除業者のなかでもイノシシ駆除に実績のある業者は少ないので、きちんと優良な業者を選びたいという方は以下の記事も参考にしてください。

まとめ

イノシシは畑の農作物を食べたり田んぼを荒らしたりと、さまざまな被害をもたらすので、もし一度でも現れたらすぐに対策をとることをおすすめします。畑をきれいに手入れして、餌となる農作物を収穫したり処分したりするといった基本的な対策から実践していきましょう。

忌避剤や音、光を使った対策も、設置したらあとは放っておけばよいので手軽にできる対策方法としてはおすすめです。それでも被害がなくならないようであれば、柵を設置するか、業者に依頼して駆除をお願いしたほうがよいでしょう。

専門の駆除業者であれば罠を使った捕獲もできるので、自分でできる対策よりも効果的です。状況に合わせ、適切に対処してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる