コウモリ駆除の費用相場はいくら?業者の見積り料金チェックポイントも解説!

コウモリ駆除の費用相場はいくら?業者の見積り料金チェックポイントも解説!

コウモリの駆除を業者に依頼したいけど、どれくらい費用がかかるのか気になるという方もいるでしょう。害獣駆除業者のなかには詐欺まがいの会社もあるため、費用相場を把握したうえで適切な価格の業者を選ぶことが大事です。

こちらの記事ではコウモリ駆除業者にかかる費用相場や業者の選び方、そして料金の比較方法について詳しく解説します。

家に住み着いたコウモリを放置しておくと悪臭や健康被害などさまざまな被害を発生するため、こちらの記事を参考にして適切な値段の優良業者を選び、すぐに駆除しましょう。

目次

コウモリ駆除業者にかかる費用相場はいくら?

コウモリ駆除業者にかかる費用相場はいくら?

まずは業者の費用相場を紹介します。具体的にどのくらいの費用が適切なのか、またどういった場合に料金が高くなるのかを解説するので、まずはコウモリ駆除の料金の費用相場を抑えましょう。

料金の相場は1万8千円から3万円前後

コウモリ駆除を業者に依頼した場合の料金相場は、一箇所あたり1万8千円から3万円前後です。

ただしこれは一箇所あたりの料金なので被害箇所が多いほど費用も高額になるため、必ずしもこの範囲内に収まるわけではありません。また施工箇所が高所であったり被害状況が酷い場合には、さらに多くの費用がかかります。

このように駆除にかかる費用は状況によって異なるので、費用相場はあくまで目安と考え、必ず複数の業者から見積もりをとって料金を比較するようにしましょう。

50万円かかる場合も!駆除費用が変動する要因とは?

駆除費用は数万円程度で済む場合もあれば、状況次第で50~100万円程度かかる場合もあります。

多くの場合、一回の駆除で2~3箇所程度の場所を対処しますが、二階建ての住宅などでは高所の作業が必要なので料金は高くなるでしょう。
古い日本家屋などの場合、再侵入を防ぐために埋めなければならない隙間がたくさんあるため、料金はより高額になります。

さらに瓦屋根の住宅の場合には屋根の隙間を埋める作業も必要になるため、50~100万円近くになることもあるでしょう。どのくらいの費用がかかるかは状況次第なので、まずは一度信頼できる業者に相談してみてください。

コウモリ駆除業者の選び方と注意点

コウモリ駆除業者の選び方と注意点

コウモリ駆除業者の選ぶ際は、以下の点に気を付けましょう。

・再侵入の防止が念入りか
・保証はあるか
・業者が損害保険に加入しているか
・専門資格を持った業者か

まずコウモリは一度追い出してもすぐに戻ってきてしまうので、侵入防止措置を念入りにおこなっているかは重要なポイントでしょう。また再発した場合の保証が付いていると、安心して依頼できます。

そして駆除の際に家財が傷ついてしまったとき、損害保険に加入している業者であれば保険で賠償してくれますが、無保険の業者は責任を負わないために言い逃れをすることもあります。

家財の修理に10万円近くかかった事例もあるので、損害保険の加入有無もしっかりチェックしてくください。

コウモリ駆除のおすすめ業者はこちら!ランキング形式で15社紹介しています

自分でコウモリを駆除する場合の料金は?

自分でコウモリを駆除する場合の料金は?

コウモリ駆除は自分でできる対策もあるので、自分でコウモリを駆除する場合の料金について解説します。業者に依頼した場合の料金と比較してみてください。

安いと1000円、高いと6000円が相場

自分で駆除する際に最低限必要なものは、忌避剤と清掃用具です。

忌避剤は1,000円以下で買えるものもあるので、あとはホウキとちりとりを使ってフンを取り除くといった最小限の駆除であれば1,000円程度で済ませられます。ただしより徹底して駆除をおこなうのであれば、そのほかにも感染症対策として手袋やゴーグル、帽子などが必要です。

また掃除した箇所を消毒するために雑巾や漂白剤を使えばより効果的に駆除できるでしょう。さらに侵入防止対策をするなら、金網などを購入する必要もあります。

これらの物品をすべて揃えるためには、6,000円程度かかる場合があります。

自分で駆除する場合はケガやウイルスに注意!

コウモリを媒介して引き起こされる感染症があるので、駆除の際は素手で触ってはいけませんまたコウモリのフンには大量のダニやノミがいるうえ、空気中に漂っている乾燥したフンを吸い込んでしまうとアレルギー症状が出ることがあります。

フンを清掃する際も手袋やマスクでしっかり対策しましょう。コウモリは鳥獣保護法によって駆除が禁止されている動物なので、追い出す際に傷つけたり死なせないよう注意しなければなりません。誤ってコウモリを傷つけると1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

コウモリ駆除は補助金の対象?

コウモリ駆除は補助金の対象?

コウモリをはじめとした害獣駆除のための補助金はあります。

ただし害獣駆除の補助金制度を実施している自治体は数が少なく、また対象となる害獣にも制限があり、コウモリは基本的に対象にはなりませんもっともすべての自治体にないとまでは言いきれないので、気になる場合には住んでいる地域の市役所などで確認してみましょう。

ちなみに市役所や保健所に直接コウモリ駆除を依頼することはできませんが、駆除に関する相談にはのってくれます。

コウモリ駆除業者の料金を比較する方法

コウモリ駆除業者の料金を比較する方法

コウモリ駆除業者の料金を比較する際に、注意しておくべきことを説明します。単純に料金を比較するのではなく、こちらで紹介する内容を踏まえて正しく相見積もりをとりましょう。

現地調査と相見積もりをおすすめ

前述のとおり、駆除の費用は施行箇所の数や被害状況などによって大きく異なるため、まずは現地調査を依頼して見積もりをとりましょう

ただし見積もりが一社だけでは相場に合っているかどうかを判断しにくいため、必ず相見積もりを取るようにしてください。各社の施行内容と料金をよく比較したうえで、納得いく業者を選ぶことが業者選びのコツでしょう。

注意点は、見積もりや現地調査に料金が発生するかどうかを事前に確認しておくことです。見積もりや調査がすべて無料の業者もあれば、そうでない業者もあります。

また基本的には見積もりが無料でも遠方の場合には出張費がかかるという場合もあるので、どんな場合に費用がかかるのかということも事前に確認しておくことが大事です。

見積もり料金内訳はここをチェック!

見積もりをとる際、料金内訳について特にチェックすべき点がいくつかあります。

駆除費用と作業内容

駆除費用をみる際は、作業内容として何が含まれているのかも同時に確認しましょう。

たとえば一見安い料金に見えたとしても、それは追い出しだけの料金かもしれません。その場合、清掃や消毒、予防対策などに別途費用がかかるため、結果的にかかる費用は他社よりも高額であるということもあり得ます。

ホームページなどで大きく打ち出している安い料金は、作業内容が限定されている場合も多いので注意してください。業者を選ぶ際は、表面的な安さに惑わされることなく作業内容をしっかり確認し、必要な作業をすべておこなうためにはいくらかかるかをきちんと把握しましょう。

再発保証はどこまでが対象か

業者を選ぶうえでは再発保証の有無が重要ですが、それだけでなく保証の範囲も確認しておかなければなりません。

まず保証期間内であれば無料で再駆除してくれるという場合が多いですが、業者によってはそうでない場合もあります。また再施工できるのは同一箇所のみなのか、それとも同一建物ならどの箇所でもよいのかも確認しておきましょう。

ほかにも注意点として、保証は無料なのか有料のオプションなのか、保証期間は何年なのか、施行箇所は何箇所まで可能なのかといった点もチェックが必要です。保証が適用されることは、契約前にチェックしておきましょう。

高所作業や足場代とは

コウモリを駆除するためには高所での作業が必要な場合もあるため、その場合には高所作業用の足場代がかかります。

足場の設置費用は1平方メートルあたり700円から1,000円程度が相場であり、足場面積は以下のような計算式で求めることができます。

・(足場の外周+4メートル)×(高さ+1メートル)=足場面積

実際にかかる費用としては、30坪程度の住宅でおおよそ10万円から20万円程度でしょう。

以上のことから、足場を設置する大がかりの作業の場合には料金もかさむということがわかると思います。無駄な費用を避けるためには足場代の詳細もきちんと確認し、上記の相場からかけ離れた料金を支払うことがないよう注意してください。

まとめ

コウモリ駆除の料金相場は1万8千円から3万円前後ですが、作業内容や時期などによっても費用は大きく異なります。

業者選びの際は、再発防止措置や保証の有無、そして損害保険の加入などに着目しましょう。そして料金を比較する際は現地調査と相見積もりをおこなうだけでなく、料金の内訳もチェックしてください。

作業内容はどこまで含まれるのか、保証はどこまで対象なのかといった点は、最終的な料金に大きく影響します。以上の点を踏まえ、正確な費用相場を割り出したうえで適切な見積もりを出してくれる業者を選ぶようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる