コスト削減 通信

プラチナ光(テレマーカー)は評判が悪い?|メリット・デメリットや勧誘の評判まで解説!

プラチナ光(テレマーカー)は評判が悪い?|メリット・デメリットや勧誘の評判まで解説!

本記事ではプラチナ光の評判が気になっている方に向けて、メリットやデメリットを評判や口コミと一緒に詳しく解説しています。

結論をいうと、残念ながらプラチナ光の評判や口コミは決して良いとはいえません悪い評判は、過去に総務省に行政指導されたほどのテレマーカーの迷惑な営業方法が理由である場合がほとんです。

テレマーカーは過去に電気通信事業(NTT)を装って強引な営業をしていたため信用も失っている状態です。またサービス内容も違約金が高額であったり、キャンペーンが実施されていなかったりとおすすめできるものではありません。

ただ中には、比較的安いプランも提供されています。最後には申込方法に加えて、解約方法も解説しているので、気になる方はこの記事を最後まで読み進めてみてください。

プラチナ光(テレマーカー)とは?会社概要や基本料金や工事費など紹介!

運営会社 株式会社テレマーカー
使用回線 フレッツ光(NTT回線)
エリア 全国(NTT東日本・西日本)
最大速度 100Mbps・200Mbps・1Gbps
月額費用
ホームタイプ 単独プラン(光回線のみ)
・プランF(東日本):5,060円
・プランP(東日本):4,400円
・プランF(西日本):4,730円
・プランP(西日本):4,070円プラチナネットプラン(光回線+プロバイダ)
・プランF:5,940円
・プランP:5,280円二段階定額プラン[ライト](光回線のみ)
【3,000MBまで】
・プランF:3,520円
・プランP:2,860円
【5,000MBまで】
・プランF:4,510円
・プランP:3,850円
【超過後】
・ 37円/100MB毎二段階定額プラン[ライト](光回線+プロバイダ)
【3,000MBまで】
・プランF:4,400円
・プランP:3,740円
【5,000MBまで】
・プランF:5,390円
・プランP:4,730円
【超過後】
・ 37円/100MB毎※ライトプランはホームタイプのみ提供
マンションタイプ 単独プラン(光回線のみ)
・プランF(東日本):3,960円
・プランP(東日本):3,300円
・プランF(西日本):3,630円
・プランP(西日本):2,970円プラチナネットプラン(光回線+プロバイダ)
・プランF:4,840円
・プランP:4,180円
初期費用
事務手数料 880円
工事費 19,800円
セット割 なし
キャンペーン なし
契約期間 3年
解約金 プランF:なし
プランP:22,000円

プラチナ光は株式会社テレマーカーから提供されている光回線サービス。テレマーカーは、本社が北海道札幌市で東京都豊島区に本部を構えているITコンサルティング会社です。

テレマーカーが手掛けるさまざまな事業の1つとして、光コラボのプラチナ光を提供しています。光コラボとはフレッツ光の回線を利用している光回線のことで、最大速度1Gbpsでインターネットが利用できるのが特徴です。

ただ結論からいうとプラチナ光の評判は決して良いとはいえません。違約金が高額であったり、お得なキャンペーンを実施していなかったりとデメリットが多いためです。

プラチナ光のメリット・デメリット|口コミや評判は?

プラチナ光のメリット・デメリット|口コミや評判は?

プラチナ光は以下2パターンに当てはまる方ならおすすめと言ってもいいでしょう。

・戸建てで光回線を検討している人
・3年間は継続して利用予定の人

一般的にほとんどの光回線はデータ容量無制限のところばかりです。

しかしプラチナ光を安く利用するなら月間のデータ使用量3GBまでに抑える必要があるため、使用量がとにかく少ない方にしかおすすめはできません

プラチナ光の中には月額料金が安めのプランも存在しますが、違約金が高額なので最低でも3年間は継続して利用する予定の人にしかおすすめとはいえないでしょう。

プラチナ光のメリット2つ|評判や口コミも紹介

プラチナ光のメリット2つ|評判や口コミも紹介

プラチナ光が自分に向いているかどうかは、メリットに惹かれるかどうかで判断するといいでしょう。

プラチナ光のメリットは以下の2つです。

・インターネットの利用が少ない人向け|通信料に応じた2段階プラン
・プロバイダセットのプランは比較的料金が安い

上記2点について、それぞれ深堀りしていきます。

メリット①インターネットの利用が少ない人向け|通信料に応じた2段階プラン

プラチナ光ではインターネットの利用頻度が低い方に向けて2段階プランを提供しています。プラチナ光の2段階プランは、3GBまでと5GBまでで料金が変わる仕組みで、それぞれ容量を超えてしまうと100MBごとに37円の料金は発生します。

ただ2段階プランは最高速度が100Mbpsである点には注意が必要です。

光コラボだからといって最大速度1Gbpsで接続できるわけではないことを覚えておきましょう。2段階プランはホームタイプ専用で、マンションタイプでは契約できないこともあわせて頭に入れておいてくださいね。

メリット②プロバイダセットのプランは比較的料金が安い

プラチナ光の「プラチナネットプラン」は、光回線とプロバイダの一体型のプランです。

プラチナ光は全体的に月額料金が高めですが、このプラチナネットプランであれば比較的お得に利用できます。他社光回線と比較しましたので、どのくらい安いのか確認してみてください。

ホームタイプマンションタイプ
光回線 月額費用
プラチナ光 5,280円
auひかり 5,610円
ソフトバンク光 5,720円
ドコモ光 5,720円
光回線 月額費用
プラチナ光 4,180円
auひかり 4,180円
ソフトバンク光 4,180円
ドコモ光 4,400円

マンションタイプは平均的な料金ですが、ホームタイプは約300〜400円ほど他社より安いことがわかりますね。プラチナ光でデータ容量無制限で利用するなら、プラチナネットプラン一択と言っていいでしょう。

プラチナ光のデメリット6つ|評判や口コミを紹介

プラチナ光のデメリット6つ|評判や口コミを紹介

プラチナ光にはメリット以上にデメリットが目立ちます。申し込みを検討されている方は必ずすべてに目を通しておきましょう。

・3年の契約期間縛りと20,000円の違約金がある
・18,000円の工事費がかかる
・キャッシュバックのキャンペーンがない
・初期費用がかかる
・スマホとのセット割引がない
・電話営業等で執拗な勧誘がある

上記6つのデメリットについて深堀りしていきます。

デメリット①3年の契約期間縛りと20,000円の違約金がある

プラチナ光は3年の契約期間縛りがあり、光回線の中でもやや長めです。また契約期間内に解約した場合、22,000円という高額の違約金が発生するので注意しなければなりません。

以下のように、22,000円という違約金は他社光回線と比較しても高額なほうだといえます。

・auひかり(3年):16,500円
・ソフトバンク光(2年):10,450円
・ドコモ光(2年):14,300円

このように、2万円を超える違約金が設定されている光回線はほとんどありません。プラチナ光を契約するなら「最低でも3年間は利用する」というつもりで申し込みしましょう。

デメリット②19,800円の工事費がかかる

プラチナ光では新規で契約する際、工事費19,800円を支払う必要があります。他社でも工事費が発生すること自体に変わりはありませんが、キャンペーンによって無料になる場合がほとんどです。

一方プラチナ光では工事費無料キャンペーンが実施されていません。つまり19,800円の高額な工事費を満額そのまま支払わなければならないのです。

約20,000円も他社より多く請求されることを考慮すると、損している気持ちになる方も多いでしょう。工事費を支払いたくない方は他社光回線を検討したほうが懸命です。

デメリット③キャッシュバックのキャンペーンがない

プラチナ光ではキャッシュバックキャンペーンも実施していません。他社光回線では、キャッシュバックキャンペーンを行っている光回線が多く、その金額も高額です。

たとえば、NURO光では45,000円ものキャッシュバックキャンペーンを実施しています。プラチナ光は月額料金が決して安いほうではないので、キャッシュバックがない分、他社より割高になるケースがほとんどです。

キャッシュバックが欲しい方は他社光回線の申し込みを検討してみてください。

デメリット④初期費用がかかる

プラチナ光は初期費用の合計金額が高いこともデメリットの1つでしょう。開通工事費の19,800円に加えてそのほかに契約料として800円が発生します。

転用の場合、工事費は不要ですが、転用手数料3,300円を支払わなければなりません。またテレビサービスを利用する場合は、工事費を含めて23,676円も請求されるので注意してください。

大部分が工事費が占めているとはいえ、2万円超えの初期費用はなかなか痛い出費と言えるでしょう。プラチナ光に申し込みの際は、初期費用が高額である点は頭に入れておいてくださいね。

デメリット⑤スマホとのセット割引がない

プラチナ光はスマホとのセット割に対応していません。他社ではドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアスマホとセット割が組める光回線がいくつもあります。

たとえばauひかりでは「auスマートバリュー」というauスマホとのセット割が適用可能で、スマホ1回線あたり1,100円の割引が最大10回線まで受けられます。

また光回線の中には格安SIMとのセット割が適用できるところもあるのですが、プラチナ光は格安SIMとのセット割にも対応していません。光回線を契約する際は、利用中のスマホとセット割に対応しているサービスを選ぶことがベストな選択です。

そのためセット割で通信費を節約したい方には、プラチナ光はおすすめとはいえません。

デメリット⑥電話営業等で執拗な勧誘がある

プラチナ光の評判では、とにかくテレマーカーの電話営業の迷惑な勧誘を挙げている方が多いです。テレマーカーは過去に迷惑な営業電話で総務省から行政指導がなされています。

令和2年10月に総務省のHPで「大手電気通信事業者やその販売代理店を名乗って勧誘しているとする苦情が相次いでいた」という内容の行政指導が公表されています。

NTTの販売代理店を名乗り、テレマーカー社が強引な営業をしていたことがわかったのです。

現在は総務省の行政指導のおかげで改善された可能性は高いですが、過去にNTTを名乗って迷惑な営業方法で信用を失っていることは事実なので、念のため頭に入れておいたほうがいいでしょう。

プラチナ光の評判|料金やキャンペーン、サポートまで口コミから分析します!

プラチナ光の評判|料金やキャンペーン、サポートまで口コミから分析します!

ここまで読まれた方であれば、プラチナ光がデメリットの目立つ光回線であることは理解していただけたでしょう。しかしプラチナ光の実態を掴むためには、ユーザーの評判も参考にするべきです。

ここからは料金や速度など項目ごとにわけてユーザーの評判や口コミをピックアップしていきます。

【料金】プラチナ光の評判や口コミ

まずはプラチナ光の料金についての評判を2つほどピックアップしました。

プラチナ光は強引な営業電話によって、総務省から行政指導を受けています。

少しでも不安に思う内容がある場合は、一度自分で確認してみることをおすすめします。

約5年前の書き込みですが、強引な営業電話は最近まで続いていたことがわかっています。

プラチナ光から営業電話で料金が安くなると言われた場合は、契約中の光回線と自分で比較するといいでしょう。スマホとのセット割を適用している場合は、その分だけ割高になるケースがほとんどです。

【速度】プラチナ光の評判や口コミ

続いてはプラチナ光の通信速度についての評判を確認してみましょう。

プラチナ光は光コラボとはいえ、最大速度1Gbpsで利用できるとは限りません。最大100Mbpsのプランであれば、60Mbpsも出ていれば十分と言えるでしょう。

インターネットは30Mbpsほど出ていればほとんどの用途で問題なく使えるので、実測値を確認してみてください。

これは上記と同じ方の口コミです。この方が体感しているように、プラチナ光はIPv6に対応していません。

そのため混雑時に速度が低下しやすく、場合によってはつながらない可能性も考えられるので注意しましょう。

【キャンペーン】プラチナ光の評判や口コミ

現在、プラチナ光ではお得なキャンペーンが一切実施されていません過去の評判を探しても、キャンペーンに関する口コミは見当たりませんでした。

他社光回線では高額キャッシュバックや違約金負担など、お得なキャンペーンを実施している場合がほとんどです。

ほかにもセキュリティソフトの利用料が無料になったり、設定サポートが無料だったりと特典内容はさまざまです。キャンペーンを期待する方にとっても、残念ながらプラチナ光はおすすめの光回線とは言えません。

【カスタマーサポート】プラチナ光の評判や口コミ

プラチナ光のカスタマーサポートについての評判もご紹介しておきます。

プラチナ光に限らず、光回線のカスタマーサポートは問い合わせしてもつながらないという評判や口コミが多いです。

スタッフとユーザーの数の違いを考慮すると、ある程度問い合わせ窓口がつながりづらい点は仕方ない部分といえるでしょう。

こちらもカスタマーサポートに問い合わせしてもつながらないという口コミですね。

何度問い合わせしてもつながらない場合は、時間帯をずらすか別日に再度かけ直したほうが早いかもしれません。

【勧誘・営業】プラチナ光の評判や口コミ

最後にプラチナ光の評判が悪い理由にもなっている、総務省に行政指導を受けるほどの勧誘・営業についての口コミも2つピックアップしました。

テレマーカーの営業電話は一般の家庭だけではなく、企業にもかけているようですね。

強引な営業電話は職場で対応に困ると思いますが、契約が不要な場合はすぐに拒否しましょう。

プラチナ光の営業電話は、テレマーカーから直接かかってきます。

2021年5月の口コミなので、総務省から行政指導を受けたあとも強引な営業方法は続いている可能性があります。

プラチナ光の申込方法|申し込みから開通、解約方法まで解説します!

プラチナ光の申込方法|申し込みから開通、解約方法まで解説します!

ここまで読まれた方の中には、プラチナ光に申し込みをされている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に向けて、ここからは新規と転用・事業者変更にわけて手順を解説していきます。申し込みの際は手順通りに進めてスムーズに手続きを済ませましょう。

【新規】プラチナ光の申込方法

プラチナ光で新規申込する方法は以下の5ステップです。

1.プラチナ光の公式サイトから申し込みをする
2.申込内容の確認と工事日調整の連絡が入る
3.開通工事が実施される
4.「開通のご案内」が郵送される
5.プラチナ光の利用開始

開通工事の時間は約1〜2時間で完了する場合がほとんどです。立ち会いが必要なので、ある程度まとまった時間がとれる日を工事日にあてるようにしましょう。

【転用・事業者変更】プラチナ光の申込方法

フレッツ光から乗り換えの方はNTT東日本かNTT西日本の窓口に問い合わせして転用承諾番号を取得しましょう。他社光コラボから乗り換えの場合は、契約しているサービスに問い合わせて事業者変更承諾番号を取得する必要があります。

1.転用・事業者変更承諾番号を取得する
2.プラチナ光に電話で転用の申し込みをする
3.「開通のご案内」が郵送される
4.プラチナ光の利用開始

各種承諾番号は取得後5日以内にプラチナ光へ申し込みしなければなりません。再度問い合わせしなくても済むように、取得後は早めに申し込みすることをおすすめします。

プラチナ光の解約方法

最後にプラチナ光の解約方法についてもかんたんに触れておきましょう。プラチナ光の解約は「プラチナ光コールセンター」に問い合わせすることで手続きができます。

主な解約手順は以下のとおりです。

1.プラチナ光コールセンター「0120-877-572」に問い合わせをする
2.オペレーターに解約の旨を伝える
3.解約申込書が送付される
4.申込書と本人確認書類を郵送する
5.解約手続きが完了

解約申込書を記入する手間はかかりますが、窓口に問い合わせすれば、比較的かんたんに解約できることがわかりますね。

プラチナ光よりもおすすめの光回線!

おすすめの光回線!

プラチナ光以外の光回線を検討する際は、ご利用中のスマホベースで以下4社から選ぶのがおすすめです。

・auひかり
・ドコモ光
・NURO光
・ソフトバンク光

それぞれどのような特徴の光回線なのか、詳しく解説していきます。

auひかり|auユーザーならauひかりがおすすめ


運営会社 KDDI
使用回線 auひかり
エリア 対象外エリア:大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
最大速度 1Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,100円
マンションタイプ 3,800円
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費 戸建て37,500円、マンション30,000円(実質無料)
セット割 ~1,000円
キャンペーン 最大61,000円(GMOとくとくBB)
契約期間 2年
解約金 3年契約15,000円
2年契約9,500円、マンションタイプ7,000円

auのスマホユーザーがauひかりを使えば、お得なスマホ割であるauスマートバリューが適用されるので、auユーザーであればauひかりがおすすめです。

auひかりにもキャッシュバックもあり、さらに工事費が毎月の割引の適用で実質無料のためおすすめです。ただし、auひかりは全国対応ではないため注意してください。

auひかり

ドコモ光|ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

運営会社 NTT
使用回線 ドコモ光
エリア ほぼ全国
最大速度 1Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,200円
マンションタイプ 4,000円
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費 戸建て18,000円、マンション15,000円
セット割 ~1,000円
キャンペーン キャッシュバック20,000円・dポイント2,000ポイント(GMOとくとくBB)
契約期間 2年
解約金 戸建て13,000円、マンション8,000円

ドコモのスマホを使っているのであれば、スマホ割の使えるドコモ光を使うのがお得です。ドコモのスマホ割で最低でも500円が割引され、結果的にはドコモ光の方が料金がお得になるので、ドコモユーザーの方はぜひ検討してみてください。

ドコモ光

NURO光|ソフトバンク・格安SIMユーザーならNuro光がおすすめ

運営会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ
使用回線 NURO光
エリア 北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・福岡・佐賀
最大速度 2Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,217円
マンションタイプ 2,090~2,750円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費 44,000円(実質無料)
セット割 ~1,100円
キャンペーン 45,000円キャッシュバック(公式HP)
契約期間 2年
解約金 続契約期間中に解約で、契約解除料10,450円

ソフトバンクユーザーでNURO光の供給エリア内の方であればスマホ割も適用されるため、NURO光がおすすめです。また、NURO光は回線速度も非常に評判が良く、マンションタイプもソフトバンク光よりも安い価格で契約できるので検討してみてください。

NURO光

ソフトバンク光|NURO光のエリア外の方におすすめ

運営会社 ソフトバンク
使用回線 ソフトバンク光
エリア ほぼ全国
最大速度 1Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,200円
マンションタイプ 3,800円
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費 24,000円
セット割 ~1,000円
キャンペーン キャッシュバック最大36,000円(NEXT)
契約期間 2年
解約金 9,500円

NURO光は対象エリアが全国ではなく利用できない地域もあるため、NURO光対象エリア外のソフトバンクユーザーの場合、ソフトバンク光がおすすめです。

DTI光の料金は大手携帯キャリアに比べて安いですが、やはりスマホ割が使えるならスマホ割の適用できる回線を選ぶのが一番お得になります。

そのため、NURO光のエリア対象外のソフトバンクユーザーであれば、ソフトバンク光を使うのがおすすめです。

ソフトバンク光

まとめ

今回はプラチナ光の評判が気になっている方に向けて、メリットやデメリットをユーザーの評判や口コミと一緒に解説してきました。

プラチナ光がおすすめの人をピックアップしたので確認しておきましょう。

・戸建てで光回線を検討している人
・3年間は継続して利用予定の人

ただプラチナ光は速度が遅く不安定であったり、料金が全体的に高めだったりするため、基本的におすすめできません

<ほかの光回線がおすすめな人>

・契約期間内に解約する可能性がある人
・工事費を支払いたくない人
・お得なキャンペーンを適用したい人
・スマホとのセット割を期待している人

ユーザーの評判でも紹介しましたが、総務省に行政指導を受けたあとも迷惑な営業電話が続いていることが考えられます。プラチナ光の評判が気になっている方は、今回の記事を参考にして、本当に申し込みするべきか見きわめたうえで、契約を検討してください。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, 通信

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.