通信

PPPoE接続とIPoE接続の違いとは?わかりやすく簡単に解説!

PPPoE接続とIPoE接続の違いとは?わかりやすく簡単に解説!

インターネット回線を選ぶ上で、PPPoEとIPoEという言葉を目にすることがありますが、それぞれの違いがよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にインターネット初心者の方にとっては馴染みのない言葉なので、イメージがしづらいかもしれません。こちらの記事ではPPPoEとIPoEの仕組みや違い、そしてそれぞれに対応する通信規格であるIPv4・IPv6について解説します。

記事を読めば、初心者の方でもPPPoEとIPoEの仕組みや手続きを一通り理解することができます。インターネット初心者でもわかりやすい内容になっているので、ぜひ最後まで読んでください。

そもそもPPPoEとIPoEとは?わかりやすく簡単に解説します。

そもそもPPPoEとIPoEとは?わかりやすく簡単に解説します。

PPPoEとIPoEとは、どちらもインターネットに接続する際の接続方式です。それではそれぞれどのような違いがあるのか、具体的に確認していきましょう。

PPPoEとは?従来の接続方式

PPPoEとは?従来の接続方式

PPPoEとはインターネットの接続方式の一つであり、電話回線の技術を応用した従来式の接続方式のことです。PPPoEに契約するとプロバイダから接続するために必要なID・パスワードを割り当てられるので、それを使ってインターネットに接続します。

通常インターネットに接続するときはまずプロバイダに接続する必要がありますが、PPPoE方式ではその際に電話回線網とプロバイダを接続する「網終端装置」を経由することになります。

そして後ほど説明しますが、このような仕組みが回線混雑の原因にもなっているのです。

IPoEとは?新しい接続方式

IPoEとは?新しい接続方式

現在あるインターネットの接続方式は、PPPoEとIPoEの2種類ですが、電話回線を使った従来型のPPPoEに対してIPoEは次世代型の新しい接続方式です。

PPPoE方式では電話回線網とプロバイダを接続する網終端装置を必ず経由しますが、IPoEはルーターを介さず直接インターネットに接続できるという仕組みになっています。

この直接データの送受信できるという仕組みによってネットワークにも直接接続できるため、接続するためのIDやパスワードは必要なく回線速度も安定しているというのがIPoEの特徴です。

PPPoEとIPoEの違いとは?通信速度や接続方法など比較

PPPoEとIPoEの違いとは?通信速度や接続方法など比較

PPPoEとIPoEでは仕組みが異なるため、それによって利用する前も様々な違いが表れます。通信速度や接続方法など比較して、両者の違いについて確認していきましょう。

PPPoEとIPoEの違い①通信速度

PPPoEとIPoEの違い①通信速度

従来の接続方式であるIPPPoEでは光回線の速度が遅いですが、これはPPPoEとIPoE両者の仕組みの違いが原因です。PPPoEではインターネット接続の際に網終端装置を経由しますが、インターネットの利用が多い夜間などは回線が混雑し、通信速度が遅いことがあります。

一方IPv6に対応しているIPoEは、ルーターを通さずに直接データ送受信することが可能です。そのためIPv4と違って回線速度が改善されるので、結果的にIPv6はIPv4より通信速度が速くなるというわけです。

PPPoEとIPoEの違い②安定性

PPPoEとIPoEの違い②安定性

PPPoEとIPoEでは、通信の安定性にも違いが表れますが、これは通信速度の場合と同じく両者の仕組みの違いからくるものです。

インターネット接続時に網終端装置を経由するPPPoEと比べ、ルーターを通さずに直接データ送受信できるIPoEでは回線が混雑して遅いということが少なくなります

そのため光速度の通信が可能であるのと同時に、安定した通信も可能となっているのです。

PPPoEとIPoEの違い③セキュリティ

PPPoEとIPoEの違い③セキュリティ

IPv6はIPv4と違い、暗号化通信機能が標準装備されているため、他人からアクセス解析されにくいという特徴があります。

インターネットの知識がないと、セキュリティに関してはよくわからず対策がしづらいということも多いでしょう。IPv6では標準搭載の機能によってある程度のセキュリティが担保されているので、初心者の方でも安心してい使うことができます。

PPPoEとIPoEの違い④設定方法

PPPoEとIPoEの違い⑤接続方法

設定方法の違いとしては、結論としてIPoEの方が簡単です。

電話回線の技術をインターネット接続に応用して作られた従来のPPPoEでIPv6に接続しようとした場合、ホームゲートウェイやアダプターなどの機器が必要でした。

しかしIPoEではこのような機器は必要なく、比較的簡単に設定が可能なのです。

PPPoEとIPoEの違い⑤接続方法

PPPoEとIPoEの違い⑤接続方法

PPPoEでは接続時にユーザー名とパスワードを入力して認証しなければならないという手間がかかります。

しかし IPoEでは直接インターネットに接続しているためユーザー名とパスワードを入力する必要がなく、PPPoEよりも簡単に設定することができます

PPPoEとIPoEの違い⑥通信可能なサイト

PPPoEとIPoEの違い⑥通信可能なサイト

IPv4にしか対応していないサイトにはアクセスできないという点はIPv6の大きなデメリットです。IPv6対応サイトはまだまだ少ないのが現状です。

例えば有名なものではyahoo、TwitterなどがIPv4に対応していないサイトです。

PPPoEとIPoEの違い⑦対応IP規格

PPPoEとIPoEの違い⑦対応IP規格

PPPoEとIPoEでは、それぞれIPv4とIPv6が対応するインターネットプロトコル(IP)の通信規格となっています。IPとはコンピューターがインターネットを経由して情報をやりとりする際のルールを定めたものです。

現在通信規格の主流はIPv4ですが、IPv4ではその仕組み上IPアドレスの数が約40億個に限られるため、新しくIPv6が誕生しました。このようなIPv4・IPv6という2つの通信規格については、後ほどより詳しく説明します。

PPPoE接続のIPv4・IPoE接続のIPv6とは?

PPPoE接続のIPv4・IPoE接続のIPv6とは?

PPPoEとIPoEではそれぞれIPv4・IPv6というように対応するIP規格の違いがあることを説明しました。

このように、インターネットの接続方式であるPPPoE・IPoEと、通信規格であるIPv4・IPv6は密接に関連します。そこでIPv4・IPv6についてさらに詳しく解説します。

IPv4・IPv6とは?

IPv4は、現在もっとも広く使われているIPの規格です。お互いのコンピューターを識別するための番号であるIPアドレスを割り振り、IPアドレスを32ビット(32桁の2進数)で表します。

そのため、割り振れるIPアドレスの数は2の32乗の約43億通りとなります。一方IPv6は、新しく登場したインターネットプロトコル(IP)の次世代規格です。

インターネットに接続するコンピューターが急増したため使用可能なIPv4アドレスの数は残りわずかになったことからIPv4に代わるIPv6という次世代規格が登場しました。

IPv6はIPv4方式と違い、IPアドレスを128ビット(128桁の2進数)で表すためアドレスの総数はきわめて膨大なので、現在のところ枯渇する心配はありません。

IPv4・IPv6違いについてはこちらで詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください。

回線速度を速くするには「IPoE IPv6」がおすすめ

光回線が遅い原因は、従来の「IPv4 PPPoE」接続方式にあります。IPv4 PPPoE方式ではプロバイダーを経由してインターネットに接続するため、途中で必ずネットワーク終端装置を経由します。

特にインターネットの利用が増える夕方から夜間にかけての時間帯や、加入者の多いエリアでは、ネットワーク終端装置が混雑し、ベストエフォート値よりも通信速度が低下する原因になります。

一方「IPv6 IPoE」では、網終端装置を通さずに直接データ送受信できるためIPv4と違って混雑しているルートを回避でき、回線速度が改善されるのです。

そのためIPv6にすると通信速度が速くなるのです。

IPv4 over IPv6がおすすめ

IPv4 over IPv6がおすすめ

「IPv4 over IPv6」を利用すれば、IPv6とIPv4両方の対応サイトにアクセスできます。IPv4 over IPv6なら、IPv4にしか対応していないサイトにはアクセスできないというデメリットが解決します。

IPv6でも両方使えますが、契約するプロバイダによってはPPPoEしか利用できない場合があるので、IPv4 over IPv6を使うメリットは大きいでしょう。しかもIPv6と同等の通信品質でIPv4通信できるため、回線の混雑を防ぎ、快適なインターネット通信が可能となるのです。

まとめ

電話回線を使った従来型のPPPoEに対し、次世代型のIPoEは直接インターネットに接続できるという仕組みになっています。接続方式は通信規格とも関わっていて、IPv4はPPPoEに、IPv4はIPoEにそれぞれ対応します。

IPoEは通信速度・安定性・セキュリティなど様々な面でメリットがあるので、基本的にはPPPoEよりもおすすめといえるでしょう。以上を踏まえてPPPoEとIPoEどちらを利用するのかを考え、光回線やプロバイダ選びの参考にしてください。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-通信

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.