コスト削減 電気代

坊っちゃん電力の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します。

坊っちゃん電力の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します。

電力会社を変えようかと迷っている、または引っ越しをして新規で加入する会社はどこが良いかわからないという場合は、供給エリア内のそれぞれの会社をより深く知る必要がありますよね。

その1つとして、今回は「坊ちゃん電力」の口コミや評判、メリット・デメリットについて解説していきます。まずはこの坊ちゃん電力がどのような会社なのかを把握し、その上で料金プランを見てどんな家庭にメリットがあるのかを見ていきます。

坊っちゃん電力とは?会社概要とサービス内容

坊っちゃん電力がどのような会社なのか見るために、会社概要とサービス内容を掘り下げていきます。供給可能エリアはどこなのか、もし仮に解約したとしたらその解約金や違約金は発生するのかは知っておきたいところですよね。

また、具体的な支払い方法や申し込み方法も紹介するので参考にしてみてください。

会社概要|どんな会社なの?

引用元:坊っちゃん電力

・運営会社名:株式会社坊っちゃん電力
・設立:2015年5月27日
・会社住所:愛媛県松山市日の出町7-8 カサグランデ越智4階
・資本金:11,000,000円

坊ちゃん電力の理念と目的は以下のようになっています。

■電力の地産地消を進めることにより、地域を活性化する。
■公平・公正・妥当な価格設定により、お客さまからの信頼を得る。
■分散型クリーンエネルギーの普及を進めることにより、災害に強い持続可能な社会を後世に残す。

設立年を見ても若い会社で、これからを意識している会社であることがわかります。「株式会社デンカシンキ」が設立した新電力事業で、デンカシンキは愛媛県松山市のソーラーパネルの販売などを手掛けています。

また、坊ちゃん電力はサイサンに買収され、買収したサイサンはエネワンでんきのブランドで新電力事業に力を入れています。ガスと電気に特化していることから、その道のスペシャリストとして情報提供してくれると期待できます。売電などもできることが魅力の会社です。

供給可能エリアは?

供給可能エリアは、東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力エリアです。

事務手数料・解約金や違約金は?

契約期間に関わらず、解約違約金はかかりません。ただし、契約事務手数料が2,500円かかるため、シミュレーションをする際にはこのお金の分を考えて見積もる必要があります。

支払い方法は?

支払い方法はクレジットカード払いのみとなります。使えるカードはVISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、JCBの5種類です。

申し込み方法は?

坊ちゃん電力への切り替えはWEBにて申し込むことができます。エリアによってページが異なりますので注意してください。

電話での問い合わせの場合

電話での問い合わせ:0800-777-1414
受付時間:9:00~18:00

坊っちゃん電力専用アプリはある?

坊ちゃん電力に専用アプリはありませんが、ユーザー情報やお知らせ、電力契約状況や明細を確認できるマイページの評判が良いです。

坊っちゃん電力のメリット・デメリットとは?料金プランから分析!

引用元:坊っちゃん電力

坊ちゃん電力の概要について見てきましたが、ここからはメリットとデメリットを評判・口コミを絡めながらより具体的に調査していきます。料金プランから見てどんな家庭がお得と感じるのか、反対にお得と感じないところはどこなのかをチェックしていきましょう。

基本的には電気使用量が多い家庭であるほどお得になる電力会社という印象が強いです。

坊っちゃん電力のメリット

引用元:坊っちゃん電力

 

坊ちゃん電力のメリットは、電気を使う量が多い家庭ほど得をするという点ですね。また、オール電化の家庭へ向けたプランもありますし、太陽光電気の買取をしているため電気契約をすると高く売れるというメリットもあります。オール電化、または太陽光パネルを設置している家庭におすすめです。

メリット① 使用量が多い家庭であればあるほどメリットが大きい

引用元:坊っちゃん電力

口コミ:月の電気代が合計4万円~5万円もかかるケースで、年間4〜5万程度の節約につながる試算結果 、大変良かったと感じています。

月の電気代が高いと感じているならば坊ちゃん電力に切り替えるとよりお得に感じることができます。WEBでシミュレーションもできるので、気になったら一度試してみてください。

メリット② オール電化プランがある

口コミ:オール電化プランがあるのはありがたい!

坊ちゃん電力には、オール電化の家庭向けのプランがあります。ガスを使わない分電気の使用量は多くなるので、それに沿った形です。このプラン名は「マドンナプラン」といい、23時から翌朝9時までの料金がかなり割安となっています。

昼間は仕事で出かけていて人がいない家庭など、どちらかとういと夜に電気を多く使う家庭におすすめです。*四国電力のスマートeプラン[タイプL+]と同じ形式のプランです。

*2018年に新規申し込みは終了しています。

メリット③ 太陽光電気の買取を行っており、電気契約すると高く売れる

引用元:坊っちゃん電力

口コミ:電気の買取を相場よりも高単価で買い取ってくれるので魅力を感じる

坊ちゃん電力には太陽光電気の買い取りをお行う余剰電力買取制度があります。家庭にソーラーパネルがあるなら、余った電力を坊ちゃん電力に売電することができるのでお小遣い稼ぎになるでしょう。

余剰電力を一定の価格で買い取る制度があると、せっかく生産したのに使えなかった電気はなくなります。これから太陽光発電を取り入れようと検討している家庭にもおすすめです。

 

シミュレーションはコチラ

坊っちゃん電力のデメリット

では、坊ちゃん電力のデメリットも見ていきましょう。メリットで書いた通り、使用する電気が多い家庭ほどお得になる仕組みなので、逆に電気をあまり使わない家庭にはおすすめできない会社です。1人暮らしや2人暮らしだとあまりお得感は感じられないかもしれません。

デメリット① 契約時に事務手数料がかかる

口コミ:解約金はないけど、契約時に手数料を取られるのは損した気分になった

上記で事務手数料について書いた通り、坊ちゃん電力では契約事務手数料が2,500円かかります。他の電力会社と比較してもこれくらいは仕方ないかなと思う人もいる一方で、無料でないと契約したい方にはおすすめできませんね。

デメリット② ポイント、特典がない

口コミ:ポイントとかあればもっといいのにな

電気を使用した分だけTポイントやPontaポイントなどが貯まるという仕組みの電力会社もあるのですが、坊ちゃん電力の場合そのようなシステムはありません。そのためポイントを貯めたい人や、その他の特典を期待している人には向きませんね。

デメリット③ 使用量が少ない人は割高

口コミ:一人暮らしだけどほとんど安くなっていないのでは?

先ほど紹介した口コミでは月の電気料金が4〜5万円という方がいましたが、それほど多くない人にとっては逆に割高になってしまうため坊ちゃん電力の魅力を味わえないと言えます。もし電気使用量が少ないのであれば別の会社をおすすめします。

1人暮らし用など、電力使用量が少ないプランで比較してみると違いがよくわかります。政府総計の家計調査では、1人暮らしの平均的な電気代は約4,000円となっているので、これだけ安ければ坊っちゃん電力に切り替えメリットはないかもしれません。

坊っちゃん電力の料金プラン|大手電力会社に比べて安いの?

坊っちゃん電力の口コミや評判は?メリット&デメリットも解説します。

引用元:坊っちゃん電力

坊ちゃん電力の料金プランですが、大手電力会社に比べて本当に安いのでしょうか。比較して本当にメリットがあるのか、切り替えした方が良い場合とそうでない場合について見ていきます。

料金プラン

坊ちゃん電力の料金プランは以下の4つです。

坊っちゃんプラン:契約容量が60A以下(従量電灯B相当)の方向け。
赤シャツプラン:契約容量が6kVA以上(従量電灯C相当)の方向け。
マドンナプラン:オール電化プランを契約している方向け。
山嵐プラン:低圧電力(動力)を契約している方向け。

各大手電力会社との比較

四国電力との比較
坊っちゃんプラン
四国電力 坊っちゃん電力
基本料金:~11kwh 411.4円 -
基本料金:~100kwh - 2,444.44円
従量:~120kwh 20.37円 23.42円
従量:121~300kwh 26.99円
従量:301kwh~ 30.5円 25.46円
赤シャツプラン
四国電力 坊っちゃん電力
基本料金:1kVAあたり 374円 336.11円
従量:~120kwh 16.97円 15.27円
従量:121~300kwh 22.5円 20.37円
従量:301kwh~ 25.42円 23.42円
東北電力との比較
めんこい坊っちゃんプラン
東北電力 坊っちゃん電力
基本料金:30A 990円 1,018.51円
基本料金:40A 1,320円 1,222.22円
基本料金:50A 1,650円 1,425.92円
基本料金:60A 1,980円 1,629.62円
従量:~120kwh 18.58円 21.38円
従量:121~300kwh 25.33円
従量:301kwh~ 29.28円 25.46円
めんこい赤シャツプラン
東北電力 坊っちゃん電力
基本料金:10Aあたり 330円 271.63円
従量:~120kwh 18.58円 21.38円
従量:121~300kwh 25.33円
従量:301kwh~ 29.28円 25.46円
東京電力との比較
粋な坊っちゃんプラン
東北電力 坊っちゃん電力
基本料金:30A 990円 1,018.51円
基本料金:40A 1,320円 1,222.22円
基本料金:50A 1,650円 1,425.92円
基本料金:60A 1,980円 1,629.62円
従量:~120kwh 18.58円 22.4円
従量:121~300kwh 25.33円
従量:301kwh~ 29.28円 25.46円
粋な赤シャツプラン
東京電力 坊っちゃん電力
基本料金:10Aあたり 286円 271.63円
従量:~120kwh 19.88円 22.40円
従量:121~300kwh 26.48円
従量:201~300kwh 30.57円 25.46円
中部電力との比較
どえりゃあ坊っちゃんプラン
中部電力 坊っちゃん電力
基本料金:30A 858円 916.66円
基本料金:40A 1,144円 1,120.37
基本料金:50A 1,430円 1,324.07
基本料金:60A 1,716円 1,527.77
従量:~120kwh 21.04円 22.4円
従量:121~300kwh 25.51円
従量:301kwh~ 28.46円 25.46円
どえりゃあ赤シャツプラン
中部電力 坊っちゃん電力
基本料金:10Aあたり 286円 254.62円
従量:~120kwh 21.04円 22.4円
従量:121~300kwh 25.51円
従量:301kwh~ 28.46円 25.46円
関西電力との比較
まいど坊っちゃんプラン
大阪電力 坊っちゃん電力
基本料金:~11kwh 1,716円 -
基本料金:~100kwh - 2,444.44円
従量:~120kwh 21.04円 23.42円
従量:121~300kwh 25.51円
従量:301kwh~ 28.46円 25.46円
まいど赤シャツプラン
大阪電力 坊っちゃん電力
基本料金:1kVAあたり 286円 356.48円
従量:~120kwh 21.04円 18.33円
従量:121~300kwh 25.51円 22.4円
従量:301kwh~ 28.46円 23.42円
中国電力との比較
瀬戸の坊っちゃんプラン
中国電力 坊っちゃん電力
基本料金:~14kwh 336.87円 -
基本料金:~100kwh - 2,444.44円
従量:15~120kwh 20.76円 23.42円
従量:121~300kwh 27.44円
従量:301kwh~ 29.56円 25.46円
瀬戸の赤シャツプラン
中国電力 坊っちゃん電力
基本料金:1kVAあたり 407円 336.11円
従量:~120kwh 18.07円 15.27円
従量:121~300kwh 24.16円 20.37円
従量:301kwh~ 26.03円 23.42円
九電電力との比較
よかばい坊っちゃんプラン
九電電力 坊っちゃん電力
基本料金:30A 990円 916.66円
基本料金:40A 1,320円 1,120.37円
基本料金:50A 1,650円 1,324.07円
基本料金:60A 1,980円 1,527.77円
従量:~120kwh 17.46円 19.35円
従量:121~300kwh 23.06円
従量:301kwh~ 26.06円 24.44円
よかばい赤シャツプラン
九電電力 坊っちゃん電力
基本料金:10Aあたり 286円 271.63円
従量:~120kwh 19.88円 19.35円
従量:121~300kwh 26.48円
従量:201~300kwh 30.57円 22.4円

その他、オール電化、低圧電力など料金単価はこちらからチェックしてみてください。

坊っちゃん電力より安くなる?おすすめの電力会社!

坊っちゃん電力より安く、解約金も発生しないおすすめの電力会社を紹介していきます。また、どのような方におすすめなのかについても解説していきます。
※東京電力エリアでの比較となります。

おすすめ新電力1. エルピオでんき

新電力おすすめのエルピオでんき

おすすめポイント!

  • とにかく電気代が安い!
  • エルピオガス管内でガスを使っている人はセット割有り
  • 24時間365日電気トラブル時に駆けつけサービス有り
  • キャンペーン:3ヶ月間15%割引 + 最大20,000円キャッシュバック
  • ガスとセット契約:有り
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:全般
  • 支払い方法:銀行口座振替、クレジットカード

一人暮らし〜二人暮らしの方であれば、エルピオでんきの方がおすすめです。ただ、電気を多く使用するファミリー層や、事業などで使っている方であれば熊本電力の方が電気代が安くなります。

坊っちゃん電力 エルピオでんき
150kwhの場合 4,582円 4,013円
250kwhの場合 6,822円 6,316円
400kwhの場合 10,491円 10,048円

※契約容量は40A、基本料金と従量料金のみで算出しています。

詳しくはコチラ

おすすめ新電力2. Looopでんき

新電力でおすすめのループでんき

おすすめポイント!

  • 基本料金0円なので、電気をあまり使わない一人暮らしの人におすすめ
  • ガスと電気のセット割有り
  • アプリで電気の使用量をリアルタイムで確認できる
  • キャンペーン:-
  • ガスとセット契約:有り
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:一人暮らし、契約容量が大きい人、東京電力管内以外の人
  • 支払い方法:クレジットカード

Looopでんきは、基本料金が0円なので、一人暮らしで電気をあまり利用しない方にぴったりです。ただ、電気を200kwh以上使う方は、熊本電力の方がお得に使うことができます。

坊っちゃん電力 Looopでんき
150kwhの場合 4,582円 3,960円
250kwhの場合 6,822円 6,600円
400kwhの場合 10,491円 10,560円

※契約容量は40A、基本料金と従量料金のみで算出しています。

詳しくはコチラ

おすすめ新電力3. シンエナジー

おすすめの新電力会社のシンエナジー

おすすめポイント!

  • 基本料金が10%オフ
  • JALマイルが貯められる
  • 環境負荷の低い再生可能エネルギーを利用
  • キャンペーン:ギフト券をプレゼント
  • ガスとセット契約:有り
  • 事務手数料や解約違約金:無し
  • ライフスタイル:東京電力管内以外の人
  • 支払い方法:銀行口座振替、クレジットカード

こちらも一人暮らしなどの方におすすめの新電力です。また、マイルを貯めたいという方にはおすすめできます。熊本電力がポイント還元などがないので、ポイント重視の方であればこちらの方がいいですね。

坊っちゃん電力 シンエナジー
150kwhの場合 4,582円 4,133円
250kwhの場合 6,822円 6,611円
400kwhの場合 10,491円 10,624円

※契約容量は40A、基本料金と従量料金のみで算出しています。

詳しくはコチラ

自分に合った電力会社が分からない方は、弊社に相談ください

弊社では700社程度ある電力会社の中から、お客さまの利用状況に合わせて最適な電力会社を提案しております。どの電力会社がいいのか分からない方は弊社にお問い合わせください。また、ガスに関しても、お客さまの利用状況に合わせて最適なガス会社を提案しておりますので、合わせてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

記事を探す

-コスト削減, 電気代

Copyright© コストモンスター , 2020 All Rights Reserved.