動画制作・映像制作の違いとは?7つの観点からわかりやすく解説!

動画制作と映像制作の違い

ビジネスにおける動画・映像コンテンツの利用が一般的になっている昨今、宣伝活動もSNSを通して盛んに行われ、その需要はますます増加しています。

もはや動画や映像は、ビジネス上でも生活する上でも欠かせない存在といっても過言ではありません。

しかし、動画と映像の意味や違いについて、よくわからない人も少なくないでしょう。

そこで今回の記事では、「動画や映像を利用したいが違いがよく分からない」という方に向けて両者の違いやメリット・デメリットについて解説していきます。

この記事を読むことで

・「動画」と「映像」の違い
・動画・映像制作をするメリット・デメリット

が分かるようになります。ぜひ、参考にしてみて下さい。

目次

そもそも動画と映像の違いとは?

動画と映像の違い

「動画」と「映像」は似ているようで、異なる歴史的背景や意味を持ちます。

結論から述べると、現代では動画や映像は似たような概念として認識されており、違いはあれど意識して区別する必要はあまりありません。なぜなら、個人や企業の解釈によってその定義や呼称が変化するためです。

相手の定義や理解を深めた上で、適切なコミュニケーションを図ることの方がはるかに重要と言えます。しかし、やはり言葉の意味は知っておいた方が良いのも事実。

では、「動画」と「映像」とは何か。それぞれについて解説していきます。

動画とは?

動画とは、一つの静止画を連続的に再生することで、動いているように見せる画像のこと。もともとは、テレビとともに生まれた「アニメーション」を指す日本語訳として当てられた言葉です。

しかし時代の流れとともに言葉の意味は広がり、現在ではインターネットの普及によりパソコンやスマートフォンで視聴するデジタル作品を総称して「動画」と呼ぶことが多くなっています。

映像と比較して手軽に短時間で楽しめるものが多いのが特徴。動画配信プラットフォームなどオンライン上での視聴を前提として作成されるコンテンツが動画です。

映像とは?

映像とは、映画やテレビなどレンズを通して他のものに映し出された画像のこと。映画の後、テレビの誕生とともに生まれた言葉で、主に映画やテレビなど放送する目的をもって制作された種類のものです。

動画と比べ、作品の意図や想いを考えながら映画館やテレビなどでじっくり時間をかけ鑑賞するコンテンツが多いことが特徴。作り手の「意図」が詰まった作品であり、メッセージ性が高く芸術的な側面が高いです。

企画・演出・編集と、最初から最後の工程まで、プロの集団が手掛け、業務用機材を使い撮影するなど、本格的で高品質なものが「映像」と言えるでしょう。

動画制作と映像制作の違い7つ

動画と映像7つの違い

動画と映像について解説いたしましたが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

この章では、動画と映像の違いについて7つの観点からご説明していきます。

違い1.情報量(IPT)

動画と映像の違いの1つ目は、情報量の違いです。それぞれの情報量の差を示す言葉として、IPTという指標を使います。

IPT(Information per Time)とは「時間に対する情報の濃度」のことで、一般的に動画はIPTが高く、映像はIPTが低い傾向です。

例えば、スマホで視聴するYou Tube動画を代表とした動画コンテンツは、短時間で情報を伝えていく必要があり、そのため情報量を凝縮しなければなりません。

一方、作り手の意図を盛り込む映像コンテンツは独創性や世界観を創るためにも情報量を減らしメッセージ性を重視します。

まとめると以下の通り。

・動画は情報量(IPT)が多く短時間=アニメや広告に向いている
・映像は情報量(IPT)が低く長時間=映画やテレビ番組に向いている

IPTにより必ずしも動画と映像が区別されるわけではありませんが、違いを判別する特徴の一つと言えるでしょう。

違い2.メッセージ性

動画と映像の違いの2つ目は、メッセージ性です。動画に比べ、映像はメッセージを強く訴えかけられるといった特徴があります。

そもそも映画やテレビは、意図や想いを伝えるために最適な作り方です。映像は視聴する時間を長めにとっています。そのため、多様なストーリー展開や表現が可能となり演出や編集を行い、メッセージ性を強く表現することが可能です。

動画は、ストーリーよりもインパクトに重きを置きます。広告や販促に多様される特徴から、30秒や1分といった短時間で多くの物事を伝えていく必要があるため、重要なポイントに絞る必要があるのです。

制作者が、視聴者に何を伝えたいのかをストーリーを通して伝えやすいコンテンツが映像と言えるでしょう。

違い3.クオリティ

動画と映像の違いの3つ目は、クオリティです。

一般的に、動画コンテンツよりも映像コンテンツの方がクオリティが高い傾向にあります。言葉が持つイメージとしても、動画は「アマチュア」的で、映像は「プロ」の仕事として想起される場合が多いのではないでしょうか。

映像コンテンツの場合、企画から演出まで緻密に設計され、撮影後は編集も丁寧に実行されます。制作自体も各分野のプロにより手掛けられ、作り手の意図やメッセージを伝えていくためにも、高いクオリティが必要なのです。

反面、動画は手軽に撮影し、投稿できるというカジュアル度が高いコンテンツです。投稿者も一般の方が多く、スマホで撮影・未編集のまま投稿される場合もあります。視聴者の需要があったり、面白い内容であれば、クオリティが高くなくても問題になりません。

違い4.媒体

動画と映像の違いの4つ目は、使用する媒体です。違いを分けるポイントは「インターネット上で見るコンテンツかどうか」で決まります。

基本的に、

・映画館やテレビで見るコンテンツ=「映像」
・インターネット上で見るコンテンツ=「動画」

といえるでしょう。

もともと動画は映画やテレビなどの映像作品と区別するために使われ始め、インターネットの登場により浸透するようになった概念。インターネット上で配信される映画やドラマをスマホやパソコンで見る時に「動画」と言われたりするのはこのためです。

Web媒体を使用しているかどうかが、映像と動画を区別する一つの判断基準と言えます。

違い5.規模

動画と映像の違いの5つ目は、両者の規模です。

動画は、スマホが一台あれば一人でも撮影可能で、短時間でも投稿可能なコンテンツです。対して、映像制作は多くの人が時間とコストをかけ制作するためスケールが大きくなります。

企画作りから始まり、スタッフやキャストを手配し、ロケ地へ移動し撮影。撮影後も一つ一つのシーンを丁寧に編集。たとえば、映画であれば脚本家やプロダクション・マネージャーから始まりカメラ、照明、メイク、スタイリスト、音響、出演者、編集者などなど多種多様な人員が携わり、時間と手間をかけて制作されます。

大規模な映画になると、数千人以上もの人々が関わるため、一人でも完結できる動画と比較して規模が大きくなる傾向が高くなります。

違い6.費用

動画と映像の違いの6つ目は、費用の差です。

種別や用途によりますが、動画制作の費用相場は10万円〜300万円。テレビ番組は200万円〜3000万円、映画だと5000万円〜が費用の相場です。

費用の違いがなぜ生まれるかは、携わる人数や長さ(尺)、機材費がそれぞれ異なるから。

「動画」作品➔ 短時間+一人+スマホ一台でも作成可能
「映像」作品➔ 長時間+多人数+本格的な機材を使用して作る

手元にあるスマホで撮影すれば費用がかからない動画に対して、各分野のプロが集い、時には有名なキャストを起用し、専用の撮影機材の準備を行うなど必然的に費用は高額になっていきます。

もちろんクオリティや長さのこだわりによって動画の方が高くなる場合もあり、必ずしもそうとは言い切れません。ですが、映像作品の方が費用が高額になりがちです。

違い7.将来性

動画と映像の違いの5つ目は、将来性です。

スマートフォンの普及拡大とともに、動画市場はますます拡大しています。全世代で見ても、スマートフォンがインターネット利用のメインデバイスとなり、動画視聴時間も急速に伸びているのがわかります。

スマートフォンの動画視聴時間

画像出典:全世代でスマートフォンがネット利用のメインデバイスに~ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表~

その背景には以下のような理由が推測されます。

・スマートフォンの普及
・YouTubeやTikTokなどの動画プラットフォームの急成長
・SNSの利用拡大
・2020年より5G通信が利用可能なる

気軽にいつでも使えるスマートフォンの普及と、各動画配信サービスやSNS利用の拡大により市場はインターネット上へと変化しています。

さらに、2020年に通信回線が4Gから5Gへと移行しました。5G回線は通信速度が4Gの10倍とも言われ、これまで以上にスムーズに動画視聴ができるようになっています。

ただ、映画館やテレビで見ていた映像コンテンツがなくなるわけではありません。動画配信サービスなどのインターネット上のサービスへと活躍の場を移しているため、今後ますます動画市場の規模は拡大していくと予想されています。

動画・映像制作のメリットとデメリット

動画映像制作のメリット・デメリットは?

近年、企業が動画・映像を活用し、マーケティングを行っていくことが一般化してきました。SNSの普及や5G導入により今後活躍の場がますます広がっていくことでしょう。

一方、導入を検討していてもそれぞれにメリット・デメリットがあるのも事実です。そのためこの章では、動画・映像制作を行うメリット・デメリットは何かについてご紹介していきます。

動画・映像制作のメリット

急速に動画市場が拡大している近年、動画・映像を制作することで得られるメリットは以下の通りです。

・多くの情報を正確に伝えられる
・音声と映像で印象に残りやすい
・SNSなど拡散性が高い
・一度作れば何度でも利用できる
・商品・サービスの理解度を深められる
・実店舗にいないユーザーにも訴求効果が期待できる

動画・映像を使うことで、視覚や聴覚の両方に情報を伝えることができるため、利用するメリットは多岐に渡ります。

例えば、実物を触ってみないと使用感や効果がわからないような商品の魅力を伝えたり、実店舗に訪れなくともユーザーへ商品・サービスへの訴求が可能です。

また、現代のライフスタイルにも合致しており、その拡散性の高さからビジネスシーンでの活躍も期待できます。そのためさまざまな企業がビジネスやマーケティングに活用しており、今後もさらにその需要は増えていくと言えるでしょう。

動画・映像制作のデメリット

一方で、動画・映像制作する上でデメリットも存在しています。

・制作費用と労力がかかる
・スキル・ノウハウが必要になる
・悪印象を与えてしまう場合も

動画・映像制作では、多くの情報を正確に伝えメッセージを訴求していくため、撮影・機材・キャスト・編集などが必要です。クオリティの低い動画・映像は、効果の有無に影響するため企画や構成段階からしっかり練り込まなくてはなりません。

また、品質が低いとイメージに悪影響を及ぼすこともあるため一定以上の技術力も重要です。このように、費用や時間、クオリティやイメージを損なわないためのスキル・ノウハウが必要不可欠と言えます。

まとめ

今回の記事では、動画・映像制作について、7つの違いそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきました。

ただし現代において、動画や映像といった意味の違いは曖昧になっており、個人や企業の解釈により呼び方や認識が変わります。言葉の使い方も厳密ではなく、動画がビデオやムービーといった呼び方をされることもしばしば。

結局のところ、うまくコミュニケーションがとれるよう相手や企業側がどのように動画や映像を使い分けているか理解することが重要となってくるでしょう。

これからの時代、マーケティング方法の有効な手段として、動画・映像を活用することは必須と言えます。目的に合った最適な動画・映像制作をお考えの場合、制作会社に頼むことも検討してみてはいかがでしょうか。

動画制作のご相談から見積もり、制作まで弊社で実施していますのでぜひお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる