通信

ぷらら光の解約方法|解約手順、違約金、おすすめの乗り換え先も紹介します!

ぷらら光の解約方法|具体的な解約手順から違約金、おすすめの乗り換え先も紹介します!

・ぷらら光の解約方法を具体的に知りたい
・ぷらら光を解約する際、どのくらいの違約金がかかる?
・ぷらら光をお得に(違約金なし)解約する方法はある?

このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

実際ぷらら光の解約に際しては、工事費の分割代金やひかりTVの違約金など、様々な形で料金が発生する可能性があります。

そこでこちらの記事では、ぷらら光の違約金や解約の手順、そして解約の際の注意点と解約金を抑える方法などについてを解説します。

こちらの記事を読んで、解約時に発生する料金を極力抑え、お得に安い回線へ乗り換えましょう。

ぷらら光の解約違約金はいくら?工事費残債分もチェック

ぷらら光の解約違約金はいくら?工事費残債分もチェック

引用元:ぷらら光

多くのインタ―ネット回線では2年縛りがあったり、工事費の残債分を解約時に一括して支払わなければならなかったりします。

それではぷらら光の解約時には、どのような料金が発生するのでしょうか。順番に解説していきます。

ぷらら光の解約金

まず、ぷらら光には基本的に2年縛りがないため解約違約金は発生しません

多くのインターネット回線契約は2年縛りがあるので途中解約すると違約金が発生するのですが、ぷらら光は契約期間の縛りがないため違約金も発生しないのです。

工事費残債分

ぷらら光では工事費を分割して支払っている場合、解約時に残金を一括で支払わなければなりません。

工事費の分割方法は30回に分けて支払う形式であり、ホームタイプの場合毎月600円(税抜き)、マンションタイプでは毎月500円というのが基本的なプランになっています。

そのため、この工事費残債の一括支払いが実質的にぷらら光の解約金ともいえます。

解約金は新規か移転かによっても異なりますが、分割残金の計算方法はそれぞれ以下のようになります。

ホームタイプ(新規) 18,000円 -(600円×契約月数)
ホームタイプ(移転) 9,000円 -(300円×契約月数)
マンションタイプ(新規) 15,000円 -(500円×契約月数)
マンションタイプ(移転) 7,500円 -(250円×契約月数)

ひかりTV

ぷらら光には本来契約期間の縛りがないのですが、毎月のひかりTVの料金が割引になる「ひかりTV2ねん割 」というセット割りを使った場合、ぷらら光にも2年契約縛りが発生します。

そのため本来契約期間縛りによる解約金はかかりませんが、ひかりTVのセット割によって2年以内の解約で9,000円(税抜き)の違約金が発生してしまいます。

ただしひかりTV2ねん割は、2年で割引自体が終了します。つまり自動更新ではないので、25ヶ月目以降であれば違約金はかかりません

ぷらら光の解約方法|具体的な手順を紹介します。

ぷらら光の解約方法|具体的な手順を紹介します。

解約の手続き方法は電話連絡の後レンタル機器を返却し、撤去工事をするという流れですが、この流れはどこの回線でも大体同じです。

ただし、ぷらら光を解約するにはぷららダイヤルへの電話が必要で、インターネット、チャット、メール等の他の方法では解約手続きができません。

また、違約金全額負担キャンペーンを実施している他の回線へ乗り換える場合、解約証明書の発行も忘れないようにしましょう。

ここでは各手続き方法について順番に説明していくので、解約前に一通りの手順を確認しておきましょう。

解約手順1. ぷらら光へ電話して解約を申し込む

まずは電話で解約の申し込みをしますが、解約には工事までの日数などを見込んでおいた方が無難です。

解約時には回線廃止工事が必要で、この廃止工事が終了することでぷらら光の解約が成立するので手続きが遅れるとその分無駄な料金が発生します。

また廃止工事は解約申し込みの受付から最短7営業日に行うことができます。

しかし、2~4月の引越しの繁忙期などは撤去工事の予約できる日が2週以上先になることもあるので特に繁忙期には出来るだけ早めに手続きをしましょう。

ぷらら光の解約用の問い合わせ電話番号

フリーダイヤル:009192-33
ひかり電話から:0120-971-391
携帯電話:050-7560-0033
受付時間:10:00 - 19:00(年中無休)

解約手順2. レンタル機器の返却|解約日が過ぎてから

解約手続き完了後は、レンタルしていた機器の返却を忘れずに行ってください。

NTT返却物(回収キットへ入れて返送)

・単体型 ONU
・ONU一体型ひかり電話ルーター
・ONU一体型ひかり電話ルーター(映像回線終端装置一体型)
・VDSL宅内装置
・VDSL宅内装置一体型ひかり電話ルーター

ぷらら光返却物(自分で伝票を下記送付先へ返送)

・ぷららv6エクスプレス対応Wi-Fiルーター

解約手順3. 回線設備の撤去工事

前述のとおり、撤去工事は解約の申し込み受付から最短7営業日に行うことができますが、繁忙期は2週以上先になることもあります。

マンションでの引っ越しに伴う解約などの場合、工事の日程が遅いと部屋の賃貸借契約を解除できないというような不都合もあるため、できるだけ早めに工事日を設定しておきましょう。

また利用環境によっては撤去工事が不要な場合もありますが、その場合でも賃貸で原状回復が求められれば撤去工事をしなければなりません。

ちなみに撤去工事が必要な場合でも、撤去工事費用自体は無料なので費用の発生はありません。

解約手順4. 解約証明書を発行する

解約証明書は、解約手続き自体に必要なものではありません。

ぷらら光を解約し後に違約金全額負担キャンペーンを実施している光回線に乗り換える場合、解約証明書の提出が不可欠なので必ず発行してもらわなければなりません。

ちなみに「解約証明書」という書類がぷらら光から発行されるわけではなく、ぷらら光を解約したことを証明できるような書類を解約証明書と呼んでいるのです。

ぷらら光の場合にはマイページから解約月の料金明細書を発行できるので、こちらを解約証明書と考えて問題ありません。

引越し先でもぷらら光を利用する場合

引越し先でもぷらら光を利用する場合

引越し先が決まったら、電話等で移転の申し込みをして工事の日程を調整をしますが、移転に際しては工事費が再度発生します。

工事費

ホームタイプ
NTT東日本・西日本をまたぐ場合
18,000円
マンションタイプ
NTT東日本・西日本をまたぐ場合
15,000円
ホームタイプ
NTT東日本・西日本をまたがない場合
9,000円
マンションタイプ
NTT東日本・西日本をまたがない場合
7,500円

また、宅内工事不要の場合は7,600円、さらに派遣工事不要なら2,000円となり、この場合はこれらエリアに関係なく一定の金額となります。

ぷらら光を解約する際の注意点

ぷらら光を解約する際の注意点

ぷらら光を解約する際には、いくつかの注意点があります。ここではその注意点について解説するので、解約をする前にチェックしておきましょう。

注意点1. 解約と退会の違い

解約とにている手続きに、「退会」がありますが、退会は会員としての登録を解除することでユーザーIDやメールサービスなどがすべて使用できなくなります

これに対して解約は契約の休止状態のことで、正確には「ぷららライト」という月額基本料無料のコースへ変更することで料金を発生しないようにする手続きであり、解約なら再度契約コースを変更すればサービスを再開できます。

したがって、簡単にまとめると以下のようになります。

・解約:サービスを一時停止したい場合
・退会:今後すべてのサービスを利用しない

注意点2. ひかりTVが利用できなくなるケースもある

ひかりTVを利用する場合、フレッツ光回線または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスが必要です。

そのためぷらら光の解約によって自宅に光回線の環境がなくなれば、ひかりTVを見ることができなくなってしまいます。

注意点3. ひかり電話をセットで契約している

ぷらら光を解約した場合、ひかり電話も解約になるので、利用してい電話番号を継続して使うことができなくなります。

ただし、ぷらら光電話で利用していた電話番号をNTT東日本・NTT西日本の加入電話で利用したい場合、利用していた電話番号を番号ポータビリティによりぷらら光電話で利用していれば、再度の番号の利用は可能です。

注意点4. ぷらら光とフレッツ光をセットで契約している

ひかり電話を利用していて光回線も解約したい場合、電話を廃止するかアナログ回線へ戻す手続きが必要となりますが、使用している番号によっては同じ番号を使えない場合があります。

そのため継続して今の番号を使いたいときは、事前にNTT西日本またはNTT東日本へ問い合わせて確認してみましょう。

ぷらら光の解約金を0円にする方法

ぷらら光の解約金を0円にする方法

ぷらら光には契約期間の縛りはありませんが、ひかりTV2年割りの解約金や工事費の残代金がかかることもあります。

そのため、解約時に一切料金が発生しないとは限らないので注意しましょう。

それでは解約時にどのような費用がかかる可能性があるか、また費用を発生させないためにはどんな方法があるかを紹介します。

解約金がかからない期間で解約手続きを行う

まずひかりTVのセット割ですが、利用開始月から24ヶ月間割引が適用され、25ヶ月目以降は通常料金となるという2年縛りの契約となっているため、25ヶ月目以降の乗り換えであれば違約金がかかりません

また、ぷらら光の工事費を分割にしている場合は解約時に工事費用の残債を一括で支払わなければいけません。

この場合、分割は30回が基本なので、31ヶ月目以降であれば工事費も全額支払い終えているため残債を請求されることもなくなります。

そしてキャンペーンの契約期間縛りですが、新規での場合3年縛りで35,000円、転用・事業者変更の場合2年縛りで10,000円のキャッシュバックがあり、契約期間中の解約でキャッシュバックの金額がそのまま違約金になります。

そのため最大でも3年縛りの期間経過後であれば、キャッシュバックの違約金も防ぐことができます。

乗り換えキャンペーンを活用する

乗り換えキャンペーンを実施している回線であれば発生した違約金等を負担してくれるので、これによって違約金が発生しても実質的に自己負担する必要はなくなります。

負担してくれる金額の上限が設定されている場合があるものの、上限内であればキャンペーン違約金や工事費残債などあらゆる解約金を負担してくれるので、負担金額を比較して高額のキャンペーンがあれば乗り換えを検討すると良いでしょう。

ぷらら光から乗り換えるおすすめの光回線

ぷらら光から乗り換えるおすすめの光回線

ここからはぷらら光から乗り換えるおすすめの光回線を紹介していきます。

基本的に現在使っているスマホのキャリアと合わせて、セット割ができるサービスを選ぶのをおすすめします。

おすすめ光回線1. auひかり

運営会社 KDDI
使用回線 auひかり
エリア 対象外エリア:大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
最大速度 1Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,100円
マンションタイプ 3,800円
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費 戸建て37,500円、マンション30,000円(実質無料)
セット割 ~1,000円
キャンペーン 最大61,000円(GMOとくとくBB)
他社からの乗り換え最大30,000円キャッシュバック
契約期間 2年
解約金 3年契約15,000円
2年契約9,500円、マンションタイプ7,000円

auのスマホを契約している人なら、auひかりがおすすめです。他社からの乗り換えで最大30,000円のキャッシュバックが受けられます。

auのスマホとauひかりのインターネット+電話サービスをセットで申し込むと「スマートバリュー」という割引を受けられ、スマホの利用料が1台ごとに月額500~2,000円程度安くなります。

また、関東の一部エリア限定ですが同じ料金で速度が5倍の「auひかりホーム5ギガ」、+780円で速度が10倍になる「auひかりホーム10ギガ」も提供しています。

さらにauひかりは、キャンペーンが充実している点もメリットです。

他社の違約金の負担や工事費実質無料など高額なキャッシュバックキャンペーンを行っています。

申し込みはコチラ

おすすめ光回線2. ドコモ光

運営会社 NTT
使用回線 ドコモ光
エリア ほぼ全国
最大速度 1Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,200円
マンションタイプ 4,000円
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費 戸建て18,000円、マンション15,000円
セット割 ~1,000円
キャンペーン キャッシュバック20,000円・dポイント2,000ポイント(GMOとくとくBB)
他社からの乗り換えで最大20,000円キャッシュバック
契約期間 2年
解約金 戸建て13,000円、マンション8,000円

ドコモのスマホを使っている人なら、ドコモ光が最適です。他社からの乗り換えで最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。

ドコモの携帯電話を利用している場合、スマホ1回線ごとに永年最大1,000円(税抜)割引になる「ドコモ光セット割」を提供しているため、ドコモユーザーならお得です。

ひとりだけでなく、ファミリー分適用になります。ほかにもドコモ光電話やひかりTV、ドコモ光テレビオプションなど映像をはじめとしたサービスも充実しています。

申し込みはコチラ

おすすめ光回線3. NURO光

運営会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ
使用回線 NURO光
エリア 北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・福岡・佐賀
最大速度 2Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,217円
マンションタイプ 2,090~2,750円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費 44,000円(実質無料)
セット割 ~1,100円
キャンペーン 45,000円キャッシュバック(公式HP)
契約期間 2年
解約金 続契約期間中に解約で、契約解除料10,450円

ソフトバンクユーザーなら、NURO光への加入を検討してみましょう。

ソフトバンクには「おうち割光セット」というキャンペーンがあり、NURO光でんわとスマホをセットで利用することで、スマホの加入プランごとに月額500~1,000円の割引を受けられます。

さらにNURO光は、下り最大2Gbpsの通信速度の速さが魅力で「インターネットが繋がらない」といった心配もほとんどありません。

工事費実質無料で、高額キャッシュバックや接続設定サポートといった特典も豊富です。

接続設定サポートが無料で受けられれば、機器に詳しくない人も安心して利用できます。

申し込みはコチラ

おすすめ光回線4. ソフトバンク光

運営会社 ソフトバンク
使用回線 ソフトバンク光
エリア ほぼ全国
最大速度 1Gbps
月額費用 ホームタイプ 5,200円
マンションタイプ 3,800円
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費 24,000円
セット割 ~1,000円
キャンペーン キャッシュバック最大36,000円(NEXT)
他社からの乗り換えで最大100,000円キャッシュバック
契約期間 2年
解約金 9,500円

ソフトバンクユーザーのうち、NURO光の提供エリアに対応していない人は、ソフトバンク光を検討してみてください。

他社からの乗り換えで最大100,000円のキャッシュバックが受けられます。

ソフトバンクユーザーがソフトバンク光を利用すると、永年毎月1,000円割引の適用を受けられます。

また、1回線あたり1,000円の割引を最大10回線まで適用できるため、家族で利用すればさらにお得です。

申し込みはコチラ

まとめ

ぷらら光を解約するときは、まず解約に際して請求される金額がいくらになるかをよく確認し、高額の料金が発生するのであればどのタイミングで解約するのが一番お得なのかをよく考えましょう。

また解約時に料金が発生する場合でも、こちらで紹介したようにキャンペーンをうまく活用することでお得に乗り換えすることもできます。

回線の乗り換えには注意しないと違約金等の無駄な料金が発生してしまうので、こちらの記事を参考にできるだけ解約金を抑え、お得に回線の乗り換えができるようになりましょう。

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

記事を探す

-通信

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.