サービス

【注文者】Wolt(ウォルト)のメリット&デメリット|UberEatsとの違いも紹介します!

【注文者】Wolt(ウォルト)のメリット&デメリット|UberEatsとの違いも紹介します!

北欧フィンランド発祥のフードデリバリーサービスであるWoltは、コロナ禍でも安心してお店の味を楽しめることから、今、急速に注目度が上がり、利用率が高まってきています。

日本でのサービスは2020年に開始したばかりなので、まだよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

今回は、Woltのメリットやデメリットと同時に、同じフードデリバリーサービスであるUberEatsとどのような違いがあるのかをご紹介します。

フードデリバリーサービスを利用したいと思っている方や、どのサービスを利用すべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

関連記事

【東京】wolt(ウォルト)とは?デリバリーの配達エリアや支払い方法なども紹介します!
【東京】Wolt(ウォルト)とは?デリバリーの配達エリアや支払い方法なども紹介します!

wolt(ウォルト)とは、北欧フィンランドのヘルシンキが発祥のフードデリバリーサービスです。日本では、2020年3月に広島からサービスが展開され、2020年10月から東京でサービスがスタートしました。 ...

続きを見る

【注文者】Wolt(ウォルト)のメリット|UberEatsや出前館との違いも紹介します。

wolt(ウォルト)とは?口コミや評判も紹介します。

Woltには、料金面やサービス面など、ほかのフードデリバリーサービスと比較した上でのメリットがたくさんあります。

UberEatsや出前館にはないWoltの良さをまとめたので、フードデリバリーサービス選びに迷ったときはぜひチェックしてみてください。

Woltが日本全国のユーザーから注目を集め、利用者数が増えてきている理由が分かるはずです。

メリット1. 配送料が安い

WoltはUberEatsや出前館と違い、配送手数料が安いという特徴があります。

Woltの配送手数料はお店から配達先までの直線距離で決まり、以下のように設定されています。

1.5㎞以内:99円
1.5㎞~2.5㎞:199円
2.5㎞~4.0㎞:299円

配達先の住所やそのとき配達可能な配達員の数によって配送手数料が変動するUberEatsや、店舗によって配送手数料が異なる出前館と違い、利用しやすいと評判を集めています。

メリット2. サポートセンターの対応が良い

Woltはサポートセンターの対応が非常に良いと評判です。1分以内に返信がくるという迅速さと、丁寧な対応の仕方に「感動した」という口コミも多くなっています。

注文者がクレームを言う前に宅配遅延にも素早く対応してくれるため、安心して待っていられるでしょう。

UberEatsや出前館と比べて満足度が高いのは、サポートセンターの対応が良いことも大きく関係しているようです。

メリット3. Woltでしか頼めないお店がある

ほかのフードデリバリーサービスが対応していない、Woltだけで頼めるお店も多数あります。流行りの人気店だけでなく地元の名店もそろっているので、Woltでしか頼めないお店があるのは大変嬉しいことです。

また、Woltでしか頼めないメニューを用意しているお店もあるため、特別感を味わいながら楽しむことができます。

メリット4. 同じ商品でもWoltの方がお得なものもある

同じ商品でも、ほかのフードデリバリーサービスよりWoltのほうが安いものもあります。

商品の料金はお店がメニューごとに設定していますが、この金額には、加盟店としてフードデリバリーサービスに支払う売上手数料が加算されています。

Woltの場合、加盟店が支払う売上手数料がほかと比べて安いため、商品の料金設定も安い傾向があるのです。

メリット5. テイクアウトもできる

Woltは商品のテイクアウトを予約するという方法で利用することもできます。アプリで注文したいお店を選ぶと「配達」か「テイクアウト」を選ぶことができるのです。

テイクアウトを選んで支払いを済ませておけば、指定した時間に注文者が商品を取りに行くだけです。

人混みを避けたいときなど、待たずに商品を受け取ることができる方法になっているのは大きなメリットですよね。

メリット6. 配達遅延が起きにくい

配達遅延が起きにくいのも、ほかのフードデリバリーサービスとの違いでしょう。Woltの場合は、配達員の数を確保しやすく、商品を効率よく受け取れる仕組みが整っているためです。

配達員が決まるまで時間がかかることがないため、商品のお届けまで時間がかかってしまうことが多いほかのフードデリバリーサービスとは違います。

「届くのが大幅に遅れて料理が冷めていた」ということは少ないでしょう。

メリット7. 屋外でも注文できる

Woltは配達範囲内であればどこへでも配達してもらえます。

注文者の自宅でなくても、職場や公園、友人の家などにも届けてもらうことが可能なので、さまざまなシチュエーションで利用できるのもメリットです。

屋外でも商品を受け取ることができるため、自宅の場所が分かりにくいときや、一人暮らしなので家を知られたくないときなども安心の方法となっています。

メリット8. 配達状況がリアルタイムでわかる

Woltでは、アプリで注文した商品が今どこにあるのか、配達状況をリアルタイムで確認することが可能です。

配達員がどこまで来ているのか、あとどのくらいで到着するのかが一目で分かるように、マップと所要時間が画面に表示されます。

注文者が「いつ届くのか?」とイライラしたり心配したりしながら待つ必要がないのも、利用率が伸びてきている理由でしょう。

【注文者】Wolt(ウォルト)のデメリット|UberEatsや出前館との違いも紹介します。

引用元:Wolt

Woltには、利用エリアや支払い方法などの面で利用者がデメリットに感じるであろうこともいくつかあります。

デメリットも知った上で、UberEatsや出前館など、ほかのフードデリバリーサービスと比較してみるとよいでしょう。

メリットとデメリットの両方を知ることで、自分に合っているか、利用したいと思うサービスか、などが分かるはずです。

デメリット1. 最低注文額がある

Woltでは最低注文額が1,000円に設定されています。1,000円以下の商品を注文することもできますが、その場合は不足分を追加で支払う必要があるのです。

そのため、安い商品を注文したいときは割高になってしまいます。1,000円以上の注文をするときだけWoltを利用する、という賢い方法で利用している人も少なくありません。

デメリット2. エリアが狭い

Woltは日本でのサービスを開始してから日が浅いため、利用エリアが狭いのもデメリットの一つでしょう。

2020年3月に広島でサービスを開始し、札幌・仙台・呉・東京など限られたエリアでしか利用できません。

ただし、2021年には全国各地にエリアを拡大していく予定があるようなので、期待して待ちましょう。

デメリット3. 店舗数が少ない

WoltはUberEatsや出前館などと比較して加盟している店舗数が少ないのもデメリットです。「このお店のご飯が食べたい」と思っても、そのお店がWoltに加盟していなければ利用できません。

サービス内容が非常によくても、注文したいお店を利用できなければ、ほかのフードデリバリーサービスを利用することになってしまうでしょう。

デメリット4. 全国チェーン店の加盟店がほとんどない

Woltの加盟店には、全国チェーン店がほとんどありません。どちらかというと地域密着型のお店が多く、その点をメリットと考えるかデメリットと考えるかは人それぞれでしょう。

全国チェーン店を利用したいときと地域密着型のお店を利用したいときで、UberEatsや出前館などと使い分けるユーザーも多くなっています。

デメリット5. 配達員の顔が確認できない

Woltでは、配達員の顔写真を非公開にしています。

UberEatsや出前館では注文者は配達員の顔写真を見ることができるため、Woltに対して不安を感じる人もいるようです。

特に、商品を直接手渡しで受け取りたいという人の中には、「どんな人が配達に来るのか分からないと怖い」と思っている人もいるでしょう。

デメリット6. 現金払いができない

現金での支払いができないのもWoltのデメリットといえるでしょう。現時点では、クレジットカード払いかデビットカード払い、スマホ決済での支払いとなっています。

カードを所有していない人、カードでの支払いやスマホ決済に抵抗がある人などにとっては利用のしにくさを感じることになるでしょう。また、PaypayやLine payなどにもまだ対応していません。

デメリット7. 悪天候の時に注文すると時間がかかる|注文できない場合も

Woltに限らず、フードデリバリーサービスの配達員は基本的に自転車やバイクで商品を配達するため、当然、天候による影響を受けます。

悪天候の日は稼働できる配達員の人数が減ることもあり、商品が到着するまで時間がかかってしまうこともあるのです。

天気が悪い日はフードデリバリーサービスの利用者数が増えるにも関わらず、場合によっては注文できないこともあるということを覚えておきましょう。

デメリット8. 料理が崩れてる可能性がある|または冷めている

こちらもWoltに限った話ではありませんが、細心の注意を払って配達しても料理が崩れたり冷めたりするのを完全に防ぐことはできません。

特に、冬場は料理が冷めるスピードも速いため、到着してがっかり、ということもないわけではありません。

お店で食べるのと同じ状態で料理を楽しみたいという人には、デリバリーサービスは不向きでしょう。

まとめ

Woltにはメリットもデメリットもあり、何を重視して選ぶかが重要ですね。

ただ、エリア内の方であれば、全体的に評判はいいですし、配達料金が安く、何かしらの問題があった時のサポートの手厚さは非常にポイントですね。

フードデリバリーを賢く使い、自宅にいながらも美味しい料理を食べれるようにぜひ参考にしてみてください。

初めてwolt(ウォルト)を利用される方はお得な600円のクーポンもついてくるので、ぜひ活用してください。

AppStoreからダウンロード

Google Play で手に入れよう

プロモコード:UFFGB

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-サービス

Copyright© コストモンスター , 2021 All Rights Reserved.