コスト削減 サービス

おすすめの勤怠管理システム10選|導入すべき理由や基本機能、サービス選択のポイントを徹底解説!

おすすめの勤怠管理システム10選|導入すべき理由や基本機能、サービス選択のポイントを徹底解説!

おすすめの勤怠管理システムを知りたい方へ。本記事では、人気の勤怠管理システムから、サービス選択のポイントまで大公開!基本機能も紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

目次

勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムとは、従業員のシフト管理、打刻、休暇申請などを管理できるシステムのことです。導入することで勤怠管理の業務を効率化できるだけなく、多様な働き方に対応した勤務計画を立てる事ができるので多くの企業で導入されているシステムです。

勤怠管理システムが必要な理由|導入するメリットとは?

勤怠管理システムが必要な理由|導入するメリットとは?

勤怠管理システムを導入する事によって、様々なメリットがあります。ここではそんな勤怠管理システムのメリットを3つ紹介しますので、システムの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

メリット1. 勤怠管理の業務を効率化できる

勤怠管理システムを導入する事でシフト作成などの管理業務を効率化できます。飲食店やアパレル業界など土日祭日も営業を行なっている業種の場合、在庫管理や書類業務に加えてシフト作成を行わなければならず、サービス残業や長時間労働が問題になっていました。

しかし、シフト管理システムを導入する事によってシフト作成業務が簡単になるだけでなく、従業員も簡単にスマホからシフトを提出できるのでシフト勤務時間を間違えたり、シフト提出忘れを減らす事ができ、円滑に業務を遂行する事ができます。

シフト作成業務が効率化できる事によってシフト作成を行う時間が短縮でき、人件費削減や店舗営業の人員確保ができるので多くの企業が導入を行なっています。

メリット2. 正確な勤怠管理ができる

シフト管理システムを導入する事で正確な勤怠管理が行えるようになります。勤怠管理システムは、打刻機能を搭載しているため正しい打刻時刻を把握したり、手書きによる改ざんや不正を防止する事ができます。

また店舗管理者が休日の場合でもスマホやパソコンからいつでも勤務状況を把握できるので、正しくシフト表に従って勤務を行なっているか、勝手に変わりの人物をシフトインさせていないか把握する事ができます。このように勤務管理システムを導入する事で、業務の効率化が行えるだけでなくミスや不正を防止する事ができるので安心・安全な店舗運営が行えるようになります。

メリット3. 法令遵守の徹底

正しく法令を遵守してシフト管理を行えていないと行政からの是正勧告を受けたり、最悪の場合訴訟のリスクが発生してしまう恐れがあるため、労働基準法を守った店舗運営は企業の義務です。

手作業でシフト作成を行なっていると、知らぬ間に法令で定められた以上の勤務をさせてしまっていたり、休暇を管理できないなどのリスクがありましたがシフト管理システムを導入する事で、法改正の内容をシステムに反映させれるので労働基準法を守った店舗運営を行えるようになります。

また、長時間勤務してしまっている場合など法令違反を犯してしまう前にアラートで通知を行なってくれるサービスもあるので導入の際は事前に確認しておくようにしましょう。

勤怠管理システムの基本機能

勤怠管理システムの基本機能

次に勤怠管理システムの豊富な基本機能について紹介します。代表的な機能を紹介しますので導入したいサービスの詳しい機能が知りたい方は、この後紹介するおすすめ10選の内容や公式サイトを確認してください。

機能1. 打刻機能

勤怠管理システムは様々な方法で打刻を行う事ができます。

モバイル打刻
Webブラウザ打刻(個人PC、共有PC)
チャットアプリ打刻
指紋認証打刻(導入費用有)
ICカード打刻(導入費用有)

このようにスマホやパソコンから打刻ができるだけでなく、機材を購入すれば指紋による打刻やICカードでの打刻も可能になります。自社で導入したい打刻方法を選択しましょう。おすすめは導入費用が発生しない「モバイル打刻」「Webブラウザ打刻」「チャットアプリ打刻」です。

機能2. シフト管理

勤務形態を設定することでシフト作成を簡単に行えるようになるので、自社で導入したい勤務形態が対応しているか確認しておきましょう。

通常勤務
シフト勤務
フレックスタイム制
変形労働時間制
雇用形態の設定

など詳細情報を設定するだけで簡単に勤務シフトが作成できるので、作成の手間を省き業務を効率化できます。

機能3. 休暇・申請管理

シフト管理システムでは、スマホやWebから各種申請が行えます。職場にいなくても申請の手続きが行えるので手間を省き業務を効率化する事ができます。

打刻漏れや誤打刻などの勤怠修正
深夜残業
休日出勤
有給休暇申請
など

このようにシフト管理システムでは各種申請が簡単に行えます。さらに承認者側で申請を棄却したりコメントを残して、フィードバックを与える事ができるのでどこにいても申請を行なって手続きができるようになります。

機能4. アラート機能

シフト管理システムではアラート機能を設定する事ができるので、勤務時間の超過や法令を守った勤務が可能になります。

打刻忘れ
未申請残業通知
有給休暇未消化
週、月の勤務時間超過
エラー勤怠通知

通知したい内容を自身で設定できるので、自社に合った内容をカスタマイズする事ができます。アラート機能を活用することで法令を遵守した働き方を実現できるので必ず活用しましょう。

機能5. 集計機能

シフト管理システムは勤怠や残業時間の集計を行えます。集計をおこなって可視化する事で、誰がどのくらい残業しているかやアルバイトの勤務率などを可視化できるので、業務フローを改善して人件費削減を行なったり、安定した企業運営を行うツールとして活用することができます。

また集計したデータをExcelファイルとして出力できるので、必要部署への報告や考課時の資料として活用すると効率的な業務を行う事ができます。

機能6. 外部サービス連携

勤怠管理システムと外部サービスを連携させることで、更なる業務効率化を行う事ができます。「Slack」「LINE WORKS」などのビジネスチャットと連携させることでビジネス用のチャット機能に加えて、チャットアプリから打刻や各種申請が行えるようになります。

その他にも「Money Forwardクラウド給与」「弥生給与」などの給与計算ソフトと連携させる事で、簡単に給与計算を行えるので業務をさらに効率化する事が可能です。

勤怠管理システムの選び方|押さえておくべきポイントとは?

勤怠管理システムの選び方|押さえておくべきポイントとは?

次に勤怠管理システムを導入する際の選び方のポイントを紹介していきます。企業規模にあったサービスを導入しないと、不要な機能やコストが発生してしまうのでこれから紹介する4つのポイントを参考にしてください。

ポイント1. 機能と使いやすさ

勤怠管理システムには数多くの便利機能が搭載されています。自社で活用したい機能はどのようなサービスか、どのような機能が不要なのか事前に検討しておきましょう。
外部サービスと連携させて勤怠管理を行いたい場合には、自社で利用しているサービスと連携させる事ができるか、今後連携させたいサービスはあるか事前に把握しておく事が大切です。

計画的な導入を行わないと、うまく活用できず失敗してしまう恐れがあります。計画な導入を行なって業務効率化を行いましょう。

ポイント2. 自社の勤務形態に合うか

勤怠管理システムの基本機能でも解説しましたが、自社の勤務形態にあった勤怠管理が行えるか事前に確認してから導入を行いましょう。

飲食店などの業態での運用の場合、勤務時間を柔軟に設定できたり従業員ごとの雇用契約を反映させる事が求められます。中には特定の業種に特化したサービスや多くの業界で活用できるものがありますので、自社に合ったサービスを導入しましょう。

ポイント3. 月額の費用やランニングコスト

勤怠管理システムでは利用人数に合わせた料金形態を採用しています。勤怠管理システムの料金相場はおよそ1人200円〜です。そのため自社で利用する人数や導入規模を把握して、かかるコストを事前に把握しておきましょう。

システムの導入には多額の費用が発生します。初期費用無料のサービスや、フリープランやトライアルで試用してから導入することをおすすめします。

ポイント4. 外部サービスと連携できるか

勤務管理システムは外部サービスと連携させる事で更なる効率化を行えます。導入したいサービスが自社で利用しているサービスと連携させる事ができるのか事前に確認してから導入を行いましょう。

また連携させる事で円滑に業務を遂行でき、効率化を行えます。更なる業務効率化を行うためにどのような外部サービスと連携させる事ができるか、導入したいサービスについても確認しましょう。

勤怠管理システムおすすめ10選|人気サービスを徹底比較!

勤怠管理システムおすすめ10選|人気サービスを徹底比較!

次におすすめの勤怠管理システム10選を紹介します。選び方のポイントを交えて解説していきますので、サービス選択の参考にしてください。

おすすめ1. KING OF TIME(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

画像参照元:「KING OF TIME」公式サイト

KING OF TIMEは勤怠クラウド市場シェアNo.1で導入実績4万社を誇るクラウド型に勤怠管理サービスです。豊富な機能を1人300円〜初期費用0円で利用する事ができるので多くの企業で導入されているサービスです。

またKING OF TIMEは30日間の無料トライアルを利用する事ができるので、有料プランを導入する前に活用しましょう。

公式サイトを見る

おすすめ2. Money Forwardクラウド勤怠(株式会社マネーフォワード)

画像参照元:「Money Forwardクラウド勤怠」公式サイト

様々な勤務形態に対応することができる勤怠管理システムで、マネーフォワードクラウドソリューションのサービスとシームレスに連携が行える特徴があります。マネーフォワードのサービスと連携を行う事で基本の勤怠管理機能に加えて「人事管理」「給与」「年末調整」「社会保険」「マイナンバー」あらゆる業務を効率化できます。

Money Forwardクラウド勤怠は個人事業主向けと企業向けのプランで料金が異なります。オプションによる追加機能もありますので、導入の前に使用人数や利用したい機能を把握してから導入を行いましょう。

公式サイトを見る

おすすめ3. ジョブカン勤怠管理(株式会社DONUT)

画像参照元:「ジョブカン勤怠管理」公式サイト

ジョブカン勤怠管理は導入実績15万社を誇る誰でも使いやすいUIが魅力のサービスです。様々な勤務形態に対応しており、あらゆる企業で業種を問わず利用する事ができます。

ジョブカン勤怠管理には4つの料金プランが用意されています。「出勤管理」「シフト管理」「休暇・申請管理」「工数管理(単独利用不可)」これらのプランから自由に組み合わせて利用する事ができるので企業規模にあった運用が可能なサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ4. Touch On Time(株式会社テジジャパン)

画像参照元:「Touch On Time」公式サイト

Touch On Timeは働き方改革に対応した勤怠管理システムで10年以上の提供歴と4万社の導入実績を誇る信頼されているサービスです。初期費用0円で1人300円から利用する事ができるので、多くの企業で導入されています。

中でもタッチオンタイムレコーダーという「生体認証」「ICカード認証」「ID+パスワード認証」などの打刻機能を利用できるので、中小企業から大企業まで様々な企業で活用する事ができるサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ5. jinjer勤怠(jinjer株式会社)

画像参照元:「 jinjer勤怠」公式サイト

法改正に自動で対応できる勤怠管理システムです。電話、チャット、Webでのサポートが手厚く、シンプルで使いやすいUIなので初めての勤怠管理システムでも安心して導入することができます。

またjinjerは企業のバックオフィスを効率化しDXを促進を進めており、「人事労務」「勤怠管理」「給与計算」「ワークフロー」「経理計算」「請求書」などバックオフィスに関わる全てのデータを1つのデータベースで管理することができるので、大幅な業務の削減を行う事ができます。

公式サイトを見る

おすすめ6. freee人事労務(freee株式会社)

画像参照元:「freee人事労務」公式サイト

勤怠管理や給与計算まで行う事ができる勤怠管理システムで、打刻をすると自動的に給与計算を行なってくれるので大幅な業務の効率化を行う事ができます。

最新の法令改正や料率変更を自動でアップデートを行い、常に最新の情報に対応して人事労務処理を行えます。人事労務業務を一括管理したい企業はおすすめのサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ7. kinnosuke(HOYA株式会社

画像参照元:「kinnosuke」公式サイト

あらゆる業界や業種、企業規模に対応した勤怠管理システムです。誰でも操作しやすいUIが特徴で、これまで人の手で行ってきた勤怠管理を自動化し一元管理する事ができるサービスです。

kinnosukeは1人350円から利用する事ができ、追加オプションで「マルチランゲージ」や「統計分析」「工数管理」を利用する事ができるので、ニーズに合った運用を行える魅了くのサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ8. バイバイタイムカード(株式会社ネオレックス)

画像参照元:「バイバイタイムカード」公式サイト

バイバイタイムカードは120社33万人が利用している勤怠管理システムで、多くの有名企業が導入しています。サポート面が充実しており導入を行う際は事前に担当者と入念なヒアリングを受けてから、目的に合ったサービス選択を行えるので安心して導入を行える信頼度の高いサービスです。

豊富な実績があるサービスを手厚いサポートを受けて始められるので、初めて勤怠管理システムを導入する企業や自社に合ったカスタマイズをしたい企業におすすめのサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ9. TeamSprit(株式会社チームスピリット)

画像参照元:「TeamSprit」公式サイト

次に紹介するのは中小企業の導入数No.1を誇るTeamSpritです。通常の勤怠管理に加えて「経費精算」や「電子稟議」「社内SNS」機能まで利用する事ができるので、業務を効率化できるだけでなく社内のコミュニケーション促進を行う事ができます。

またTeamSpritはクラウド型のシステムのため、導入してからのメンテナンスは不要なので自動的に法改正やデータアップデートを行なってくれる中小企業に人気のサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ10. kincone(株式会社ソウルウェア)

画像参照元:「kincone」公式サイト

kinconeとは、わずか1人200円から利用できるサービスでスマホから簡単にサービスを始める事ができる特徴があります。kincone最大の魅力はなんと言っても外部サービスとの連携です。「kintone」「Slack」「LINE WORKS」「Chatwork」と連携する事ができるのでチャットアプリから簡単に打刻ができたり、訪問先での交通費精算を自動で行なったり使いやすく多機能な勤怠管理システムです。

さらに最大2ヶ月間の無料トライアルを行なってから導入できるので、失敗のリスクをなくして導入できる人気のサービスです。

公式サイトを見る

勤怠管理システムを導入して業務を効率化しよう!

勤怠管理システムを導入することでシフト作成業務を効率化できるだけでなく、コスト削減も行えます。計画的な導入を行わないと、うまく活用できず無断なコストや業務が増えてしまいますので導入は慎重に行いましょう。

自社の勤務形態に対応しているか、導入したいサービスか事前に確認して導入を行って業務効率化して社内DXを促進させましょう!

火災保険を申請すると平均91万円の保険金受け取れます!

火災保険申請ドットコム

-コスト削減, サービス

Copyright© コストモンスター , 2022 All Rights Reserved.