無料で使える名刺管理アプリ6選|導入するメリットや選び方のポイントを徹底解説!

無料で使える名刺管理アプリ6選|導入するメリットや選び方のポイントを徹底解説!

無料で使える名刺管理アプリを知りたい方へ。本記事では、導入するメリットから、選び方のポイントまで大公開!おすすめのサービスも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

目次

名刺管理アプリとはどんなサービス?

名刺管理アプリとはどんなサービス?

名刺管理アプリとは紙の名刺をクラウド上で一元管理できるサービスです。紙の名刺をスマホやスキャナーで読み込んでデータ化することによって、ファイリングや探す手間を省いて管理を行う事ができるので業務を効率化する事ができます。

また名刺をデータ化する事によって、取引先との関係が可視化できるため新たな施策のアプローチやサービスの提案が可能になります。
オンラインでの名刺交換にも対応しているのでリモート会議やウェビナー(Webのセミナー)を行う際にも活躍してくれます。

当ブログでは名刺管理アプリをまとめた記事を公開しています。名刺管理アプリをもっと知りたい方はそちらの記事も参考にしてみてください。「【2022最新】名刺管理アプリおすすめの10選|導入メリットや選び方を徹底解説!」の記事はこちら

無料の名刺管理アプリの選び方|押さえておくべきポイントは?

名刺管理アプリの選び方|押さえておくべきポイントとは?

名刺管理アプリを導入する上で押さえておくべきポイントを4つ紹介していきます。サービス選択の大切なポイントをわかりやすく紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

ポイント1. 保存枚数の制限はどのくらい

無料の名刺管理アプリのほとんどのサービスは、名刺登録無制限で利用する事ができますが一部制限があるサービスもあります。

名刺の枚数制限がある場合、追加料金が発生したり他サービスへ乗り換えを行う必要が出てくる可能性がありますので、サービスの利用前に確認しておきましょう。自身が持つ名刺の枚数や、今後どのくらいの枚数を登録したいか把握しておくことをおすすめします。

ポイント2. 使いやすい操作性か

名刺管理アプリを利用する上で使いやすいサービスを導入することは大切なことです。
実際に名刺を登録する際の使用感や名刺管理画面からどのように検索できるのか、メモ機能などはあるのかを事前に公式サイトから確認しておきましょう。

操作性が悪く使いにくいサービスを導入してしまうと、充分に機能を使いこなせなかったりそもそも使用しなくなってしまう可能性があります。実際に使用している人物に話を来てみたりネットの口コミなどを見て使用感を確認しておきましょう。

ポイント3. 名刺をデータ化する方法は簡単か

名刺をデータ化する場合、スマホで撮影して文字にする方法とスキャナーで名刺を読み込む方法、手入力で名刺を登録する方法があります。

名刺をデータ化する上で大切なのは鮮明に読み込めるかです。画像データのテキスト部分を文字に変換するOCR機能(Optical Charactor Reader /Recognition)を用いてデータ化される場合、高い精度でデータ化する事ができるので事前にOCR機能が備わっているか確認しておきましょう。

また名刺をCSVファイルに変換できるのかもサービス選択で大切なことです。CSVファイルはエクセルファイルよりも他サービスと互換性が高く、エクセルを使用していない相手にもデータを送信する事ができるので、ファイルをデータ化して送信したい場合はCSV変換できるサービスを選択するようにしましょう。

ポイント5. セキュリティ対策はされているか

名刺をデータ化して保存する場合個人情報を取り扱う事になるので、セキュリティ対策が行われているサービスを選択するようにしましょう。

しっかりとしたセキュリティ対策が行われていないサービスを導入してしまうと、不正アクセスやサイバー攻撃によって個人情報の漏洩になってしまいます。データ暗号化(SSL)プライバシーマークを取得しているサービスを選択し、安全な情報管理を行いましょう。

無料で使えるおすすめの名刺管理アプリ6選|おすすめサービスを徹底比較!

無料で使えるおすすめの名刺管理アプリ6選|おすすめサービスを徹底比較!

次に無料の名刺管理アプリ6選を紹介します。選び方のポイントを交えて解説していきますので、サービス選択の参考にしてください。

おすすめ1. Eight(Sansan株式会社)

画像参照元:「Eight」公式サイト

まず初めに紹介するのは、法人向け名刺管理Sansanを提供するSansan株式会社が提供するEightです。Eightは個人向けの名刺管理アプリで完全無料で名刺の登録制限なく利用する事ができるサービスです。
さらに自身の名刺をスキャンするとプロフィールを自動生成できるので、転職の際に人脈をアピールできたりスカウトを受け取る事ができる人気のサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ2. Wantedly PEOPLE(ウォンテッドリー株式会社)

画像参照元:「Wantedly PEOPLE」公式サイト

次に紹介するのは同時に10枚の名刺をデータ化する事ができる完全無料のサービスWantedly PEOPLEです。シンプルでわかりやすく使いやすい操作性のため名刺管理を楽に行えます。またいつでも名刺の検索や所属する会社の情報を閲覧して相手をもっと知ることができるので営業活動を手助けしてくれます。

さらに全ての名刺情報は人工知能によって処理されており、「TLSプロトコルv1,2(SSL)」によって暗号化されているので安心安全なセキュリティ対策で名刺管理を行えます。

公式サイトを見る

おすすめ3. Evernote Scannable

画像参照元:「Evernote Scannable」公式サイト

Evernote ScannableはOCR機能で名刺を鮮明に取り込んで管理できる名刺管理アプリです。無料の料金プランから有料のプランまで利用目的に合ったプラン選定が可能なため、多くの人が使用している人気のサービスです。
スマートフォンの連絡アプリやパソコンメールのアドレス帳、Evernoteと連携させることで、簡単に電話やメールを送信できたり自動でノートに情報を書き出してくれるなど、スピード感を持って情報の活用を行えます。

また取り込んだデータをPDFや画像ファイルとして利用できるため、あらゆる用途に対応できる人気のサービスです。

公式サイトを見る

おすすめ4. CAMCARD (ワウテック株式会社)

画像参照元:「CAMCARD」公式サイト

次に紹介するのは1億人以上のビジネスパーソンに利用されているCAMCARDです。CAMCARDは名刺のスキャン交換、管理、共有を一元管理できる名刺管理アプリで、データをスキャンする事で端末の連絡先自動的に名刺の情報が反映されるので入力の手間を省いて効率化する事ができます。

さらにアプリで名刺交換をした人物に直接チャットを送信する事もできるので、他のアプリを利用しなくても簡単に連絡が行えて非常に便利です。無料版の場合500枚の登録数の制限がついてしまいますが、個人で使用する場合には全く問題なく使用する事ができるのでコストパフォーマンスも最強の名刺管理アプリです。

公式サイトを見る

おすすめ5. my Bridge(LINE株式会社)

画像参照元:「my Bridge」公式サイト

my BridgeはLINEが提供する名刺管理アプリで完全無料で利用できるサービスです。スマホから撮影するだけで簡単に名刺をデータ化でき、いつでも必要な情報から簡単に名刺情報を検索できるので使いやすい人気のあるサービスです。

さらに連絡先に取引先の情報を登録していなくても、my Bridgeに名刺情報を登録しておくだけで着信時に名刺情報を表示してくれたり、LINEで簡単に情報の共有が行えるので業務の効率化や営業活動の手助けをしてくれます。


公式サイトを見る

おすすめ6. 名刺ファイリングCLOUD(株式会社エヌジェーケー)

画像参照元:「名刺ファイリングCLOUD」公式サイト

名刺ファイリングCLOUDは名刺をスキャナーやスマホで撮影するだけで簡単にデータ化する事や、データの共有までの一元管理ができる名刺管理アプリです。

基本使用料0円で名刺登録制限100枚まで完全無料で利用する事ができます。100枚を超える場合1000枚まで年額2,400円の追加オプションを利用できるのでニーズに合わせた使い方ができる人気のサービスです。さらにOCR機能を用いて画像をデータ化するため、正確に情報を記録することができる人気のサービスです。

公式サイトを見る

無料の名刺管理アプリを導入して顧客情報を一元管理しよう!

ここまで無料で使用できる名刺管理アプリを6つ紹介してきました。名刺管理アプリを導入することで名刺管理を簡単に行えるだけでなく顧客情報を効率的に管理できるので、営業活動の効率化を行う事ができます。

情報管理を簡略化して営業活動を効率化したい人は名刺管理アプリの導入をおすすめします。無料版での個人利用でも充分な機能を利用する事ができるので目的に合ったサービスの導入を行いましょう。

当ブログでは他にも名刺管理アプリについてまとめています。是非そちらの記事も見てみてください。

【2022最新】名刺管理アプリおすすめの10選|導入メリットや選び方を徹底解説!」の記事はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる